6月 162013
 

この14年半の間、わが家の原動力であり、かけがえのない宝ものだったもねさんが、15日午前4時ごろ、静かに息を引き取った。

20130615-052730

変性性脊髄症(DM)を発症してから4年超。
症状が進行しながらも、期待以上の粘りを見せ続けてきたもねさん。
最後だけ急だったが、もうちょっとがんばって欲しかったなんて言っちゃいけないよね。

14日夜、ドライフードに鶏がらスープをかけた夕ごはんを、口にスプーンで入れてもらいながらだけどしっかり食べ、お刺身もパクパクと食べた。
立派なウンチも出た。
まさかその夜、急変するとは思いもしなかった。

いつもの夜と同じように時々「アゥアゥ」と騒ぐので、そのたびにもね母が抱っこしたり寝返りを打たせたりしていた。
最後に寝返りを打たせたのが午前3時半。
4時半ごろ、もねさんのお腹が動いておらず、呼吸が止まっているのにもね母が気づいた。
身体はまだ温かく、一見、普通に寝ているようだった。
だが、口を開けると舌が紫色に変色し、コットがオシッコで濡れていた。

慌ててワシはもねさんのマズルを口にくわえて、鼻から息を吹き込み人工呼吸をした。
もね母も胸部を押して心臓マッサージを試みた。
でも反応はなかった。
仮に蘇生に成功したとしてもDMが治るわけではない。
もねさんが逝ってしまったという事実を受け入れるしかなかった。

いつ急変してもおかしくないと頭では分かっていた。
でも、3年程度とされるDMの生存期間を乗り越え、「何とか年越しを」「もう一度、雪遊びができるまで」「もう一度、みんなで一緒にお花見ができるまで」というワシらの勝手な希望を次々とかなえてきてくれたもねさん。
このまま夏も乗り切れちゃうかも、とちょっと期待していた。

今にして思えば、最近少し食欲が落ちていたのが兆候だったのかもしれない。
以前は首を支えてあげれば必ず自分で食べていた。
それが、スプーンで口に入れてあげないと食べないことが増えていた。
ご飯を目の前にしてもなかなか目が覚めないことが多くなっていた。
血中酸素濃度が低下して、少しずつ意識レベルが下がっていたのかもしれない。

数日前から目の瞬膜が少し出たままになっていた。
片目だけだが、1週間ほど前にいったんなり、1日ほどですぐに治ったが、2日ほど前から再び発症していた。
何日か治らなかったら病院で診てもらうつもりだったが、もしかしたら脊髄の変性が進んでいたことを示していたのかもしれない。

今日、ワシともね母とココで見送った。

20130616-134448

いまは小さな骨壷に入っている。
もねさんのいた場所がポッカリと空いて、家の中にスペースができてしまった。

北海道から沖縄まで、いろいろな所に一緒に行った。
海でも雪山でも、どこででも一緒に遊べた。
毎週のように出たフリスビーの大会では悪コンディションの時ほど頼りになるパートナーだった。
強くて優しいもねさんは、いつもワシの誇りだった。

もねさんはワシらと一緒で幸せだったかなぁ?
麻痺が進んで首から上しか動かなくなったもねさんが、何か言いたげにワシの顔をウルウルした目でじっと見つめていた様子が目に浮かぶ。
ワシはもねさんと暮らせて本当に幸せだったよ。
もね母も同じだと思う。
ありがとな、もねさん。

しばしのお別れだけど待っててな

しばしのお別れだけど待っててな~

5月 082013
 

もね母の引率で、もねココ、久しぶりに大学病院へ。

ココちんは無菌性脂肪織炎 or 無菌性肉芽腫の経過観察。
もねさんは変性性脊髄症(DM)の進み具合のチェックが目的。

ココちんは尿、血液ともに異常なし。
ステロイドを飲み続けているが、肝機能の数値も問題なし。
エコー検査の結果、片方の腎臓はもう機能していないようだが、もう一方の腎臓は正常。
肉芽の大きさは前回と変わらず。
線維化して硬くなっているとすると、もうこれ以上、小さくならないかもしれないとのこと。
ということで、現状で問題ないので、今までどおりステロイド投与を継続しましょうとの結論になった。

もねさんは、血中酸素が若干低下、逆に二酸化炭素は若干上昇。
やはりわずかずつ呼吸機能は低下しているらしい。
最近、オシッコ臭が気になったので、膀胱炎かどうか調べてもらったが、尿検査では異常なし。
ニオイは、尿が少しずつ漏れているためかもしれないとのこと。
あと、肝機能の数値が少し高いので、気になるようだったら、かかりつけ医に相談するよう勧められた。

大学病院では、診ているDM犬のデータを整理して、近く学会発表するとのこと。
その中で、もねさんは症状の進み方がかなりゆっくりで、DMを発症してからの生存期間が断トツで長いらしい。
単なる偶然かもしれないが、もしかしたらプール運動やサプリが少しは効いたのかもしれない。
でも一番大きいのは、DMをものともしない、もねさんの気力だと思う。
もねさんが人間だったら、すごくうるさくて鬱陶しい患者だとは思うけどね(^^;)

3月 012013
 

久しぶりに山へ。
2月は「もね母風邪?」と「FRハイエース雪道不安」のため2度ほど山行きを自重した。
冬になると、雪道に強くて、乗り心地のいい車に買い換えたくなる。
でも、ハイエースを上回る便利な車は今のところ見当たらないんだよね~

20130225-162838

ハイエースじゃないと、もねさん用の大量のグッズを載せられないかも

ベッド、コット、カート、酸素濃縮器…
不測の事態に対応できるよう、毎度かなりの量を運ぶのである。

復旧した笹子トンネルを抜け、中央有料ウェーを一路西へ!

20130225-163241

山の雰囲気が少し春っぽくなったかも

約3週間ぶりに小屋に到着。
そして翌朝。

20130226-065942

表面が解けて凍って、春の残雪って感じ

20130226-083127

雪が解け、黄色いかき氷作れず(^^;)

20130226-090442

朝パンのおすそわけ(^_^)

20130226-123927

春っぽいけど、まだ冬だった!

20130226-122445

50%off!

20130226-125106

こちらも50%off!

いや~、今年の冬は「50%off」連発でお店も大変だったことでしょう。
これに懲りずに、また来冬もお願いします(^^;)

 

20130226-132516

小屋の北側には屋根から落ちた雪がまだてんこ盛り!

20130226-134045

明るいうちから飲むワインはなぜかうまい(^^;)

20130226-163754

地面がぬかるんでて、ココちん、お腹が泥だらけ(^^;)

そして夜、まだ寒い。

20130226-191323

熱いストーブ(の上)に熱い視線を投げかけるココちん

そこにあったものは、

20130226-194000

干しいもほしい~♪

20130226-194023

便通が良くなりますよ(^^;)

深夜、雪になった。

20130226-231157

黄色いかき氷製造犬、復活!

翌朝、

20130227-070418

バードフィーダーのヒマワリに群がるヒワ子たち!

雪に埋もれてエサが見つからなくなったのかな?

さあ、雪散歩へ参りましょう♪

20130227-083506

ココちん、そのへんなベロはやめなさいっ!

20130227-083918

汚れなくてちょうどいいね♪

20130227-085325

新雪10センチ弱。カートでも問題なし

20130227-085746

もねさん、ちょっと笑顔が減ったような気がするが、がんばっている!

夜、一緒の布団に寝ていて「呼吸が止まっているかもっ?!」とドキッとすることもあるが、夜中にあまりにアウアウ騒ぎ続け「もう静かに寝てくれ~」と思うことも多々ある(^^;)

首から上しか動かなくなって、水を飲むのも、ゴハンを食べるのも、シッコもウンチも、寝返りも、すべて介護が必要になった。

だが、抱っこしてほしい時や牛乳薄め水を飲みたい時、オシッコをしたい時などに、もねさんは自らの要求を明確にワシら伝えることができる。

何か希望(不満)があるとき、身体の下に敷いてあるタオルを首の力だけで引きちぎってボロボロにする技を新たに会得したのだ。

晩年になっても状況に応じて創意工夫し自らを高め続ける、このもねさんの向上心は見習わねばなるまい(^_^;)

でも、タオルに噛みつきながら、こちらをチラ見して「ニヤリ」と笑うのはやめて下さい、いや、やめなくてもいいかも(^^ゞ

20130227-144830

落ち葉の間からスノードロップの芽が出ていた!

もうすぐ春ですねえ♪

2月 062013
 

もね母に連れられ、もねココ、久しぶりに大学病院へ。
雪が心配されたが、問題なく到着。

まずはもねさんの神経科から。

血液検査はほとんど問題なし。
血液ガス分析は、酸素が前回(9月)よりも少し低下、逆に二酸化炭素が高くなって警戒値に近づいていた。
二酸化炭素が高いのは換気が充分でないことを示しており、さらに高くなるとボーっとしたりするようになるという。

先月、診察の予約を都合によりキャンセルしたため、担当の先生は「もねちゃん、死んじゃったのかと心配していた」らしいが、久しぶりにもねさんの様子を見て「表情に力があって、元気そうでよかったぁ」とのこと。

この先については、ぶっちゃけた話、どうなるかよく分からないが、「朝になっても起きない」みたいなこともあるらしい。
まあ、これについてはあれこれ考えても仕方がない。とにかく苦しまないことを望む。

呼吸が苦しくなさそうでも、定期的に酸素を吸わせたほうが呼吸が楽になるとのこと。
もねさんは酸素マスクから出る風を当てられると嫌がるが、せっかく酸素ハウスを借りたままなので、できる範囲でやってみることに。

最後に先生に「また会おうね、もねちゃん!」と言われて終了。

次はココちんの泌尿器科。

検査を終えて説明に現れた医師は開口一番「ココちゃん、良いですね~♪」\(^o^)/

血液検査は問題なし。
炎症の程度を示すCRPはゼロ。
尿検査も問題なし。
超音波検査の結果、肉芽腫?の大きさは半分程度に小さくなっていた。
ということで、肉芽腫自体の経過は良好。
肝臓などへの副作用も見られないため、ステロイドを現在の量のまま継続することになった。

一方、「悪い話」として、右腎臓は「ほとんど機能していないと思われる」。
でも、左腎臓は異常なし。
心配がないわけではないが、腎臓は片方が正常なら機能上問題ないので、現状をキープできれば大丈夫だろう。

次回検査は2カ月後。
もねもココも元気で検査に来れるようにがんばりましょう♪

11月 232012
 

ワーイ、山がクッキリ!

20121121-123932

空気が澄んでいて山がよく見える♪

いよいよ冬ですなあ。

ところが、

20121121-155352

もねさんが一瞬呼吸困難に(>_<)

いつも通り抱っこしていたら、急に様子がおかしくなり、口から泡を吹いて舌が白っぽい変な色に…
慌てて抱っこをやめて、コットに寝かせたらすぐに回復したが、念のためしばらく酸素テントに入れた。

いつも通りに抱っこしてお庭を見せてあげようとしただけなのに…(泣)
抱っこで胸やおなかに体重が掛かり、圧迫されて呼吸できなかったのかもしれない。
やはり呼吸機能が落ちているということなんだろうなぁ。
普通にしていればまだ大丈夫だが、これまで以上に気をつけねば。

(ピンクの包帯は、わきの下の傷に当てたガーゼ固定用。
すぐにずれちゃうので足全体に巻いてある。
傷自体は回復傾向)

20121122-093645

ヤマモミジ、だいぶ散っちゃった

 今年も紅葉のピークは見逃してしまった。

20121122-094104

イタヤカエデがまたシカに折られていた

折られたのはこれで3回目か?
春になればまた伸びる。
ガンバレ!

イタヤカエデ以外にもいろんな木が折られていた。
ウルフピーはシカ避け効果があっても、蒸発したり凍ったりすると効かないので、定住じゃないと管理が難しい。

20121122-102615

お散歩帰りのもねココちゃん

もねさん、大丈夫なようですね。
よかった、よかった。

20121122-111153

ココちんは気持ちよさそうにお昼寝♪

20121122-114019

ワシはベーコン燻製、もね母は庭の手入れ、もねココはベーコン監視(^^)

20121122-124534

もねさん、もうすぐ雪ですよ。 もう一度、雪遊びしましょうね!

20121122-140430

スパゲッチココちん

なんとなく芸術的な構図である(^^;)

20121122-140515

「もねもがんばる~」

20121122-140638

食欲はある。 まだまだいけるぞ!

20121122-153723

ココちんはベーコンの横でマテをさせられ、こわばった顔つき(^^;)

20121122-161538

食べさせてあげるから、しばし待つべし!(^^)

 

【今回の主な作業】

庭木の剪定
庭木にシカ避け布巻き
シカ避けネット掛け
ベーコン燻製
凍結防止のため蓄熱暖房を常時ONに

10月 152012
 

もねさんが大学病院での検査で「動脈血の酸素分圧がかなり下がっている」と指摘され、「短い場合は1カ月程度しかもたないこともありうる」と告げられたのが9月5日。

さらに、ココちんがかかりつけ病院で膀胱移行上皮癌の疑いを指摘され、「何もしなければ余命1、2カ月」と言われたのが9月18日。

ダブルショックに打ちのめされてから早くも約1カ月たった。
でも、もねさんもココちんも元気に生きている!

もねさんは先日の検査でなぜか?酸素分圧が正常値に回復(^o^)
暑くて「ハアハア」することはあるが、呼吸自体が苦しそうな様子はない。

ココちんも、一時体調が悪化したが、癌ではない可能性が浮上\(^o^)/
体調もステロイド投与で劇的に回復し、以前と同じようにニコニコ笑顔で過ごしている。

ありがたいことであるなぁ。
神さま、ありがとうですよ、ホントに。

20121015もねココ

このままGo!Go!ですよ~

9月 272012
 

もねさんに加え、ココちんまで大変なことになってしまった。

ココちん、2カ月ほど前から散歩におしっこの回数が多いのに出にくくて時間がかかるようになった。
赤ちゃん時代を除いて家の中では絶対にしなかったのに、ときどきしちゃうようにもなった。

近医で尿検査をしてストルバイト結晶を発見。
これが原因だろうということでしばらく処方食に。
でも改善せず、様子見になっていた。

おしっこの出方以外はまったく普通通り。
でもやっぱりなにか変だということで18日に別のかかりつけ医に。
尿検査、異常なし。
血液検査、白血球の数値が少し低いが気にするほどではないということで、これも異常なし。
しかし、超音波検査で膀胱になにかがあるのが見つかった。
これがおしっこの出を悪くしているらしい。
医師の見解では膀胱移行上皮癌の可能性が高いとのことだった。

膀胱移行上皮癌であるとすれば、何もしなければ余命は1、2カ月。
化学療法や外科手術もあまり有効ではなく、やったとしても余命は数ヶ月から、かなりうまくいって1、2年というところらしい。

ココちん、見た目はまったく異常なしで元気。
あまりの事態に衝撃を受けたが、嘆いていても何も改善しない。
直ちにサンプルを病理検査に外注し、同時にこの日からピロキシカムと抗生剤の投与を始めることになった 。

ピロキシカムはいわゆる抗癌剤ではないが、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬) の一種で膀胱移行上皮癌の抑制効果がある程度期待される薬。

今後の治療方針を決めるため、膀胱移行上皮癌の外科手術で国内有数の症例数の大学附属動物病院の診察を予約。
(もねが変性性脊髄症(DM)を診てもらっているのも、この病院の別の診療科)
26日に予約が取れ、ココを連れて行くことになった。

その間、24日に病理検査の結果が出たが、はっきりと悪性と分かる細胞は検体に含まれてなく、「灰色」みたいな内容。
たまたま癌細胞が入らなかったのではないかということで、確定診断は持ち越しになった。

ところが、大学病院診察前日の25日夕方散歩後、元気だったココちんが突然の不調。
散歩は元気だったのに、夕食を待つ1時間ほどの間に、急変化。
元気消失、食欲なしに。
散歩中になにか変なものを食べたとかは、まったく思い当たらず。
一夜明けても回復せず、さらに悪化した。
これまで10年以上ココちんを見守ってきた経験から、ココちんの食欲なしは赤信号。
手術のための全身麻酔下CT検査などは不可能と判断したが、とにかく目先の不調の検査のため予定通り大学病院へ向かった。

「膀胱移行上皮癌の外科手術の相談のため予約を入れたが、昨夕から突然体調が悪化した」と説明し、とにかく調べてもらうことに。
3時間以上かけて検査した主な結果は、

  • 膀胱の三角部(腎臓からの尿管が膀胱につながる付近)と、尿道の膀胱に近い部分に腫瘍が見られる
  • 尿の流れが悪くなっている影響で、片方の腎臓が水腎症気味。もう片方は正常
  • X線検査では肺など他の臓器への転移は見られない
  • 血液検査で白血球の数値が大幅に下がっている
  • 熱が40度以上ある
  • 脾臓が腫れている

―など。

腫瘍については、

  • 採取した細胞を病理に回して調べるが、膀胱移行上皮癌でほぼ間違いない
  • 化学療法はあまり効果がない
  • 放射線治療の対象でもない
  • 外科手術をするとすれば根治を目指して膀胱、尿道を全摘出。尿管を膣につなぎ、おしっこ垂れ流しのオムツ生活になる

だが、膀胱移行上皮癌の手術を考えるにしても、目先の白血球数の低下が大問題。
これ自体が急変してもおかしくないぐらい異常に低いレベル。
これが改善しないと手術どころではない、とのこと。

だが、白血球数低下の原因は不明。
「敗血症の末期にこれぐらい低くなることがある」「何らかの自己免疫疾患の可能性?」「脾臓の腫れに関係か?」などが考えられるが、 解熱剤と抗生剤を与えて経過を見るぐらいしかできないという。

さてどうしましょう?ということになり

  1. このまま入院
  2. 自宅に連れ帰り、投薬で様子見
  3. 自宅近くのかかりつけ医に入院

の提案があり、2はさすがに怖いので3を選択。車で直ちにかかりつけ医に向かった。

1時間強で到着。
ところが、この頃から、全然元気のなかったココちんが微妙に回復し、食べ物に関心を示したり、ほかの犬に「ワン」と言ったりし始めた。
入院受け入れにあたり再度検査したところ、白血球数は正常値にはまったく届かないが、朝の時点よりはかなり改善。
待ち時間に病院周辺をオシッコ散歩したが、そこそこ元気に歩いた。

獣医師と相談の結果、「自宅に連れ帰ることもできるが、急変の可能性も否定できない」とのことで、やはり予定通り一晩は入院して様子を見ることにした。
一晩明けて電話したところ「見た目ではココちゃん、いつもと変わらず元気です」とのことで一安心。


…といった経過です。

時間がないので推敲せずダラダラ書きました。
後で読みなおして修正するかもしれません。

とにかくココちんの緊急事態。
ワシらの持てるものをすべて投入し、最大の努力をしてがんばります。

昨日は、大学病院でココの検査中にもねも検査。
血中酸素濃度がなぜかほぼ正常値に改善していた(^^;)
今後症状が進行することは避けられないが、とりあえずは明るい材料だった。

と、ここまで書きアップ直前、ココちんの病院から電話。

「ココちゃん、白血球の数値、正常値にまで改善しています」

良かった! でも何だったんだ?!
ただ、炎症を示すCRPという数値が依然高いとのこと。
炎症の原因は分からないが、癌で高い数値を示すこともあるという。

とにかく夕方迎えに行って、そこで今後の方針を相談することに。
医師は「この状態が続けば、癌の治療に入ることは可能」と言っている。
仕切りなおしといった感じだが、使える情報をすべて使い、あらゆる可能性を模索したい。

20120926-162232

密かに回復中の頃のココちん(^^;) 不思議パワーでがんばれ!

9月 252012
 

もねさん、昨晩(ワシ不在)、左側を下にして寝かせたら左前脚がむくんだとのこと。
朝(もね母出勤後)、入れ替わりに帰宅して見たら、確かに少しむくんで右前脚に比べて熱を持っている気がする。
現在、左側を上にして様子見中。少しむくみはひいてきた気はする。
局所のむくみであり、たぶん長時間下側にしていたためなので、問題ないと思われるが、一応要注意。

酸素ハウスはまだダメだが、酸素マスクには少し慣れたらしい。
呼吸が楽なのかどうかは不明だが、少なくとも払いのけたりはしはくなった(^^;)

酸素マスク慣れた?
9月 242012
 

滞在中に久しぶりにまとまった雨が降った。
芝の種、発芽してくれるかな?

20120921-092825

首が下がり気味になってきたので「あご乗せ」を作ってみた

お手軽な割に実用性は高そうである(^^)

ホームセンターでアルミパイプを買ってきて、金ノコで適当な長さに切断。怪我防止のため両端にプラスチックのキャップを付けた。
それを2本用意し、車いすの両サイドに結束バンドで固定。車いすのネジの部分を利用し、固定位置が下がらないようにした。
緑色の布?は、もね母の洗顔用ヘアバンド。100均で買ったらしい。適度な長さ、伸縮性でちょうどいい。

20120921-093102

ココちん、おしっこ場所を求めてお庭をウロウロ

ココちんのおしっこ問題ついては深刻な事態が発覚。
詳細が判明したら後日書きます。

20120921-100706

「お散歩、行って来ましたぁ」

一気に涼しくなった。
もね母なんて上着、着てやんの。

涼しいので久しぶりに清泉寮に行ってみた。

20120921-141321

到着。ココちんはいつ見ても子犬ちゃんみたいだなぁ(^_^)

20120921-142311

ハイ、いい笑顔です~♪

20120921-142419

森の小道へGo!

20120921-142550

「ワーイ!」とココちん、山の散歩はいつも楽しそう♪

20120921-142601

ぬかるみ、段差も大径タイヤで問題なし!

20120921-144026

カピカピの残暑が嘘のようですね♪

20120921-144740

展望テラスに到着!

20120921-145200

セルフタイマーで記念写真♪

もねココにはカメラの方をじ~っと見る理由がなんにもない(^^;)
全員同じ方を向いた写真を撮るのは至難の業なのである!

 

20120921-145840

ココちんはいつでも笑顔~ もねさんは理由がないと笑わない(^^;)

20120921-150302

草原脇の小道をさらに前進

もねさんもカートのお陰でいろんな所に一緒に行けて良かったね。
高かったけど完全に元は取ったな。
宣伝するわけじゃないけど、舗装路以外を歩く機会が多いなら、ほんとお勧めですよ、このカート。
(折りたたみサイズはちょっと大きいけど)

20120921-150714

「何をブツブツ言ってるのさ。 早く押して!」

ハイハイ(^^;)

20120921-151307

みんなで歩くと楽しいね~♪

お店に到着。

20120921-154023

もねさん、食べ方は遅くなったが、食欲自体は衰えず(^^

20120921-154335

「ココも~」と脇の下からニョッキリ(^^;)

ベロがお母ちゃんと一緒だね♪

20120921-160235

いっぱい歩いたので「ちょっと疲れたぁ」のココちん

そして夜、

20120921-182402

まだまだ続くバーベキュー

上着がないと肌寒いぐらい。
灯りに群がる蛾などの虫が一気に減り、すんごい快適♪

20120921-185442

いつでもどこでも一粒懸命の自主フセココちん(^^)

20120921-192740

苦しくないですか、もねさん?

ハアハアしたりすると気が気じゃない。
でも、タオルに包んだ保冷剤をあてたりすると落ち着くので、たぶん暑いだけで苦しいわけではないらしい、今のところ。
まあ、ジタバタしてもしょうがないので、備えだけはして、怖がりすぎず無理せずいきましょう。

 

なんかデカイ虫が飛んできた~!と思ったら、

20120921-193416

カマキリさん登場!

肉食カマキリ、焼肉の匂いに誘われたのか?!

20120921-193624

「うるさいわねえ」と、見返りカマキリさん(^^;)

20120921-193951

も~ねさん、冥土の土産にいっぱい美味しいもの食べてな~!

翌朝、

20120922-062419

おはよう、もねさん。よく眠れましたか?

もねさんがムニョムニョ言うので、ワシは寝不足ですよ(汗)

20120922-080411

ココちん、それっ!

20120922-080412-1

よく見て~っ!

20120922-080412-2

「やりましたっ!」 ココちん、えらい~♪

涼しくなって雨が降って、芝が伸びてきた。

20120922-095655

芝刈りが終わるまでちょっと待ちましょう

芝刈り終了。

20120922-102520

クリの木の下は夏枯れ被害少なく、なかなかいい感じ

20120922-102817

緑の絨毯、気持ちいいね~♪

20120922-103201

芝生のお庭、喜んでくれてるかな?

20120922-103543

いつも可愛いココちん、よだれがタラ~リ

「芝生もいいけどササミもねっ!」ってか(^^;)

 

20120922-111740

「おおきなクリの~木の下で~」

気持ちよさそうなお昼寝もねさん。
いい夢見られたかな?

でも、あんまり昼寝しすぎると夜寝れなくなるから、適当なところで起きようね~(^^;)

 

 

【今回の主な作業】

  • もねさんの車いす用あご乗せ作製
  • もねさんのコット用透明カバー作製(酸素ハウス代用)
  • 芝刈り
  • 草刈り
  • 芝の種まき(ケンタッキーブルーグラス・サドンインパクト)
  • 芝の種をまいていないところに肥料散布