10月 242013
 

17日
ココのオシッコが急にすごく出にくくなった。
体調自体は悪くなく、普段通り元気。食欲もある。
だけど、お散歩中、何度オシッコポーズをとっても一滴も出ない。
それまでも出にくいことは出にくかったが、何度かに分けて出せていた。
でも、出るのは緩いウンチだけで、オシッコがほとんど出なくなった。
お腹を触ってみると硬くてパンパン。
たまに屋内で不定期に少量のオシッコは出たものの、十分出ているようには到底思えない。
「これはおかしい!」ということで、翌日、もね母が掛かり付けの病院に連れて行くことにした。

18日
病院でエコーで調べたところ、膀胱のまわりの肉芽がさらに少し大きくなっていた。
ステロイドを増やしているのに効いていない。
これが尿道を圧迫して狭くし、オシッコが出にくいらしい。
獣医師が膀胱圧迫で排尿させたら、全部は出せなかったが、200mlぐらい出た。
週明けに大学病院に予約が入れてあったので、それまで毎日通院して膀胱圧迫でオシッコを出してしのぐことになった。

19日
昼間はなんとか家で圧迫排尿で少し出させ、夕方、病院でさらに獣医師が圧迫排尿。

20日
圧迫排尿でもやはりオシッコが出しきれないので、病院で尿道カテーテル挿入。
かなり大量のオシッコが出て、張っていたお腹がスッキリした。
X線撮影をしたところ、肉芽が膀胱を圧迫しているだけでなく、反対側にも大きくなり、大腸を圧迫していることがわかった。
これがウンチがユルユルに少しずつ出る原因らしい。
掛かり付け病院の医師は「ステロイドで内科的に抑えるのは難しくなってきました。手術が必要だと思いますが、どれぐらい肉芽を取れるかはやってみないと分かりません」と状況を説明した。

21日
もね母が連れて、大学病院へ。
ここでも掛かり付け医とほとんど同じ見解で、手術が必要との判断。
23日に手術することになった。
ただし癒着していることが予想され、開けてみないとどの程度取れるかは分からないとの説明。
お腹を開けて状態を見てから方針を相談するので、手術中は近くで待機してほしいと言われた。

22日
ココは尿道にカテーテルを入れたままだが、特に気にした様子もなく至って元気。
オシッコが抜けてお腹の張りがなくなったためか、ウンチの出方も若干改善した感じ。

23日
いよいよ手術日。

20131023-110216

病院に到着。朝から絶食で不機嫌顔

20131023-110920

がんばるんですよ!

ココを預けるとき、執刀医(教授)から説明があった。

右腎は既に機能していないが、元気な方の左腎も危ない状況。
腫瘍が大きくなって、左腎側の尿管に迫り、既に尿管が少し太くなっている。
このままだと1カ月もかからず、左腎もやられてしまうかもしれない。
開けてみないとわからないが、癒着がひどいと腫瘍をほとんど取れないかもしれない。
取れないと、どんどん大きくなって、尿も便も出なくなる可能性が高い。
そうなると、人工尿道が必要になる。
人工肛門も必要になるが、犬の場合、管理が難しく、そこまでやるかどうかは飼い主次第。

―などなど。
とにかく、開けてみて、その場で判断ということになった。

前の患犬の処置が長引いて、午後3時すぎ、手術スタート。
手術室の上に中2階的な見学室があり、そこに案内された。
麻酔を掛けられ、ひっくり返ったカエルのように仰向けに寝かされたココちんがガラス越しに見えた。
がんばれっ!
手術部位以外を布で覆って、準備完了。

カッターナイフのようなメスを持った執刀医の右手がココちんのお腹をスーッとなぞった。
と思ったら、パクっと皮膚が開いた。
すんごい切れ味!
出血もあまりない。
少し血が出ても電気メスみたいので押さえるとすぐに止まる。
開き終わって、執刀医がお腹の中に指を入れて、いろいろ探っているもよう。
しばらくして不意に手術室から出て行ったと思ったら、見学室に現れた。

やはり腫瘍は膀胱にくっついていて、はがすのは難しい。
腫瘍をとるためには、膀胱も一緒に取らなければならないだろう。
その場合は、尿管と尿道を直接つなぐ。
幸い、腫瘍は大腸側には癒着していない。
腫瘍を取れば、大腸は助かる。

との説明だった。
目の前にお腹を開いたままのココちんが待っていることもあり、ゆっくり考えている時間はない。
「なるべく、一部でもいいから膀胱を残してほしいが、無理ならば全摘で構わない」と返答。
執刀医はすぐに手術室に戻り、手術を再開した。

20131023-161535

大勢で頑張ってくれています!(画像加工済み)

剥がせるところは剥がし、剥がせないところは少しずつ切っては止血、切っては止血。
忍耐強い、慎重な作業の繰り返しで、摘出しようとしている塊が少しずつ周囲の組織から離れてきた。
やっぱり膀胱は残せないらしい。
太めの血管らしき管は糸で縛ってから切断。
ついにボコっとした塊が取れた。

さらに手術は継続し、次は尿管と尿道をつなぐ作業。
右腎は既に機能していないため、尿管を縛るだけ。時間が経つと収縮していくという。
左腎側は、
「左腎」→「尿管」→「膀胱」→「尿道」→「尿道口」となっていたのを、
「左腎」→「尿管」→「尿道」→「尿道口」とつなぎ替える。
直径5ミリぐらい?の尿道と尿管に1本のカテーテルを通し、返しのない小さな釣り針みたいのを鉗子でつかんで、チクチクと縫い始めた。

すんごい器用!

ほどなく縫いもの完了。
最後にお腹の中を生理食塩水みたいのできれいにして、内側をチクチク縫って、さらに表面をホチキスみたいのでパチンパチンと留めて終了。
所要時間1.5時間ほどであった。

終了後、またすぐに執刀医が来て結果を説明。

膀胱は残せなかったが、腫瘍は全部取れた。
腫瘍は脚に行く血管も巻き込みそうになっていて、もう少し遅かったら全部取れなかったかもしれない。
尿道はきれいに残せたので、尿管を膣ではなく尿道につなぐことができた。
オシッコがポタポタ出ちゃうので家ではオムツが必要だが、散歩の時は外しても構わない。
川で泳がせたりしても問題ない。
尿道を残せたので、膣につなぐより感染を起こしにくい。
尿の色やニオイに注意が必要。もし感染したら抗生剤で治療することになる。
縫合には溶ける糸とナイロンの糸を使った。ナイロンの糸は免疫反応を起こしにくい。
1年間ステロイドで抑えられていたのに最近急に大きくなったのは、自己免疫疾患による肉芽とは別のものだからかもしれない。
例えば残っている膣の平滑筋腫とか。
周辺のリンパ節は大きくなっていなかったし、悪性ではないと思う。(このあたり、ちょっとワシの記憶があやふや)
いずれにしても病理検査に出して調べる。

執刀医の先生は汗だくであった。
かなり大変だったらしい。
本当にどうもありがとうございました。

待合室に戻って少し待っていたら診察室に呼ばれた。
急いでいくと、ココちんが台の上に寝かされていた。

20131023-173219

「が、がんばりまちたぁ」

よくがんばりました!
これでまだまだ一緒にいられますよっ!!

まだ麻酔から覚めきっていないのでトロンとした感じ。
ちょっと震えていたが、開腹するとお腹の中から体温を奪われて寒く感じるんだそうな。

若手獣医師?が持ってきてくれたのは摘出した腫瘍と膀胱。

20131023-172914

クリックすると大きくなるので注意!

ゴルフボール2~3個ぐらいの大きさ。
重さ約130グラム。
ココちんの体でこの大きさなら、人間の大人に換算したら重さ1キロぐらいの塊がお腹の中にできていたようなものか。
いやはや、ココちんも本当にお疲れ様でした。

このあとは1週間ぐらい入院の予定。
まだ術後間もないし、膀胱を取ったことの影響も気になるが、とりあえずは一安心というところである。
ふうっ、まったくココちんは心配かけてくれるよ!

お金もたぶんかなりかけてくれたとみられる(^^;)

10月 182012
 

昨日は動物病院ダブルヘッダー。

もねさんはわきの下の傷の縫合のため、かかりつけ医へ。
ココちんは、膀胱移行上皮癌ではないことを確定させるため大学病院へ。

で、ココちんがまたしても予想外のことをしてくれた。
検体を取るために全身麻酔をかけて太い針をお腹に刺したのに、なんと検体取れず!
この結果、病理検査による確定診断はできないままとなってしまった。
CTなどほかの検査で、「ほぼ間違いなく悪性腫瘍ではない」となったから、まあいいけどさ(^^;)

まず、朝、もねさんをかかりつけ医に搬送。
こちらは傷の表面の治りの悪い組織を取り除いて縫合するだけ。
治療を待つ間にもねさんが「あ゛~」とか「う゛~」とかうるさかったら、「水っ!」か「寝返りっ!」か「撫でれっ!」なので適当にヨロシクとお願いしてお預けに。

20121017-130322

朝食抜きでゲッソリしたココちん(^^;)

昼からはココちんを連れて大学病院へ。

この日の目的はCTと生検だが、全身麻酔をかけるため、まずは血液検査から。
結果は全く問題なし。CRPも0.1に低下していた。

予定通りCTと生検を行うことになり、待つこと3時間。
説明のため診察室に現れた獣医師は開口一番、「太い針をブスブス刺したんですけど、(検体を)取れませんでした」。
「ブスブス」という表現がちょっと気になったが(^^;)、それは置いといて…
通常ならば刺した針の中に細胞が入るはずなのだが、ココちんの膀胱付近のデキモノは硬く線維化?していて、うまく取れなかったとのこと。
リスクゼロではない全身麻酔までしたのに、検体が取れないのでは目的の病理検査はできない。
「なぬ~?!」と思ったが、「癌ならば細胞が針にポロポロ入るはず。細胞が取れなかったことは、むしろ癌ではない可能性を示している」との説明にひとまず納得した。

ココちんの赤裸々なCT画像

続いてCTの結果説明へ。
モニターに映しながら、「他の臓器への転移見つからず」「リンパ節転移もなし」と、まずは癌ではない可能性を補強する良い材料。
問題の膀胱内のデキモノについては「CTで見る限り、これは膀胱を外側から内側に押している」と獣医師。
やはり、避妊手術の断端にできた肉芽が大きくなった可能性が大で、病名としては「無菌性脂肪織炎」か「無菌性肉芽腫」とのこと。
以前は手術で使った縫合糸に対する免疫反応が原因と言われていたが、最近では手術そのものが刺激となった免疫異常との見方が強いらしい。

ということで、「100%とは言えないが、膀胱移行上皮癌ではないとみて間違いない」との結論に\(^o^)/

ただ手放しで喜べるわけではなく、デキモノによって頻尿などの排尿異常が起きていることに変わりはない。
造影剤を入れてみたところ、膀胱へ尿が流れにくくなっいる右腎は水腎症を起こしており、これ以上デキモノが大きくなると機能を失う可能性が高い。
左尿管もわずかに太く見え、負担がかかっている可能性がある。
ただ、腎臓は2つのうち1つが正常ならば問題なく、左腎そのものは今のところ問題ない。
しかしこちらも、デキモノが大きくなってくると影響を受ける可能性はあるとのこと。

で、提案された選択肢は、

  1. ステロイドを続け、デキモノの大きさや右腎の水腎症の程度などを経過観察する
  2. 開腹手術で右腎からの尿管を膀胱の別の場所につなぎ変えて流れを良くする。同時に、可能ならばデキモノを取り除く

―の2つ。

ステロイドが効いてデキモノがほとんどなくなるケースもあるらしい。
だが、ココの場合は線維化しているようなので、効いてもあまり小さくならないかもしれない。
開腹手術には11歳という年齢が微妙。
手術までしなくても、腎臓が1つ機能していれば、天寿を全うできる可能性はかなりある。
右腎の水腎症が悪化した場合、開腹手術以外の手段として、経皮的に尿管内にステントを留置する方法もある。

…などと考え、直ちに開腹手術はせず、当面はステロイドを続けて経過観察することにした。
デキモノが大きくなったりしなければ、ステロイドを少しずつ減らす方針。

次回は2週間後に大学病院でエコーで経過観察。
そのままいけそうなら、その後、かかりつけ医での経過観察(月1ぐらい?)に移行する予定。

そうこうするうちに外では雨が降り出し、「ありゃ大変、遅くなっちゃった」と、もねさんを迎えにかかりつけ医へ。

到着すると、もねさん、「いい子にしてましたよ~♪」とカートに乗せられて登場。
処置は問題なく終了していた。
皮膚を寄せて少し小さくなっていると思われるが、傷跡は長さ2cm弱で4針縫ってあった。
変に化膿したりしなければこれで大丈夫だろう。
順調ならば10日ぐらい後に抜糸の予定。

ということで、このところのバタバタはこれでおしまいにしてほしいな♪

 

【10/19追記】

9月16日に大学病院で採取した検体の細胞診報告書のコピーをもらった。
それによると、「診断:慢性炎症および線維芽細胞増殖;出血」となっていた。
難解なので分かりそうな場所だけ抜粋すると、

「6枚のスライドの評価を行った。
中等度数の紡錘形細胞などがみられる。
紡錘形細胞は…異形性はなく、おそらく線維芽細胞を示唆する。
病原体は見られない。
コメント:異形細胞や病原体は見られなかった。…」

ってことで、「あれ~っ、癌じゃないのかも?」となったもよう。

1月 302011
 


禁欲的なワシにも5年に1度ぐらい物欲が襲ってくるが、もねココの健康トラブルも2、3年に一度ドカンとやってくるような気がする。
今がその時期か?

1.もねさん、膀胱炎

1月23日、夕方の散歩を終え小屋に戻ったあと、もねさんが急におしっこを漏らしちゃったり、頻尿になってしまった。

もねさんは、屋内では絶対におしっこをしないオンナなのでかなり異常な事態。外に出すと、もうほとんど出ないのに、1、2分おきに何度も何度もおしっこをしぼりだそうとする。そしておしっこした後の尿道口にはなんとなく赤いしずく。「こりゃ、膀胱炎かも」ということで、急遽早めに東京へ戻り、動物病院へ直行した。

病院ではエコーで膀胱を調べ、カテーテルで採取して尿検査を実施。エコーでは膀胱壁が少し厚くなっているのが分かり、尿検査では潜血が確認された。詳しくは尿を培養して菌が感染しているかどうか調べる必要があるが、とりあえず膀胱炎の可能性が高いということになり、抗生剤と止血剤を処方された。

薬を飲み始めたら、翌日からお漏らしと頻尿はぱたっと止まり排尿は正常に戻った。ただしここで油断して薬をやめると、再発する可能性があるので、最低3週間は薬を飲み続ける必要があるとのこと。現在、外部機関で菌の同定を行っており、結果次第では薬の種類を変えることもあるらしい。

2.ココちん、避妊手術&乳腺腫瘍&卵胞嚢腫

もね母の希望により、28日にココちんの避妊手術を行った。♂のワシにはよく分からんが、ヒート期間中、精神的に不安定になったり、ヒートがなかなか終わらなかったりするのを気にしてのことらしい。

避妊手術は卵巣と子宮を両方取る方法で行われた。獣医師の説明では、すごく大雑把に言うと、アメリカは「卵巣と子宮を両方取る派」で、ヨーロッパは「卵巣だけ取る派」らしい。この病院では最近は卵巣だけ取り子宮を残すことが多いらしいが、ココちんは高齢であり子宮に腫瘍ができている可能性もないわけじゃないので、念のため両方取ることになった。

この病院では腹腔鏡手術も可能だが、ココちんは高齢で内臓脂肪が多いことが予想されるため、通常の開腹術で実施した。

ココちんを病院に預けて家で待機していると、病院から電話。「術前の検査で乳腺に小さなしこりが2箇所あるのが見つかった。乳腺腫瘍の可能性が高いと思う。一緒に取ったほうがいいと思うが、どうしますか?」

しこりが良性か悪性かは切除して検査に出さないと分からない。通常ならしばらく様子をみるという選択肢もありうるが、麻酔をして避妊手術をすることが決まっていたので、一緒に取ってもらうことにした。

乳腺腫瘍は、もねさんも以前見つかり、切除したことがあったので、ココちんについても気にしていた。もねさんの2回目の乳腺腫瘍はワシが自己流触診でかなり早期に見つけたが、ココちんは「女子体操選手」のような小柄だけど筋肉質の体型(^^;)。触っても内臓がパツンパツンに詰まっている感じがして、どうもよくわからなかった。病院での獣医師による触診でもいままで見つからなかったが、今回は手術のためお腹の毛を剃ったら、ポツンとしこりがあるのが見ただけで分かったという。

見つかったしこりはごく小さく、切除のための傷も小さくて済んだ。良悪性が分かるには10日ぐらいかかるが、仮に悪性だとしてもきれいに取れたはずという。(2/4追記)病理検査の結果、良性と判明!

あと、避妊のため卵巣を切除したら、軽度の卵胞嚢腫だったことも判明した。これについては、取ってしまえば問題ないのであまりよく聞いてないが、まあ、結果的に避妊手術をして良かったということになるのだろう。


久しぶりに字をいっぱい書いてしまった。字が多い記事って読まれないんだよね~(^^;)

12月 142010
 


20101214coco

「灰皿に入れたテキーラを飲ませようとなんてしてないです」


ココでございます(一礼)。

初めにいつも支え、応援してくださっている皆様、Jajauma corgisを愛してくださっている皆様、そして各関係者の皆様に大変なご迷惑とご心配をおかけしました。
まことに申し訳ございません。深く反省しております(一礼)。

この度、世の中の方々をお騒がせしてしまいまして心より深くおわびを申しあげます。
そのおわびの気持ちをお伝えしたく、そのような立場ではございませんが、会見の場を設けさせていただきました。

私がこのたびとりました行動は社会犬として節度を欠いていたということは十分に承知しております。
それによってこの上のないご迷惑をおかけしたことを大変反省しております(一礼)。


Q:いろいろな報道があるが、事件の詳細を。
A:記憶があいまいなところもございますが、自分の記憶の覚えている範囲でございましたら、お答えさせていただきたいと思うので、その都度質問をいただきたいと思います。
Q:まず一点、ココさんがもねさんに暴力をふるったことは?
A:そのようなことは一切ございません。
Q:現場で、事件の発端になるような原因を、もねさんはココさんが作ったと言っているが。
A:そのような記憶はございません。
Q:なぜ事件が発生したのか。
A:それは私も分かりません。


この度のことは、日ごろの自分のおごりが招いたことだと思います。
Jajauma corgisを愛してくださっている皆様、また犬関係者各位の皆様、そして、ご後援くださっている皆様、本当に申し訳ございませんでした(^^;)

事件の概要はこのへんを参照→12/11のぶつくさ
12/12のぶつくさ


12月 122010
 
  • [12:00] ココちん、帰宅。医師の説明「上歯茎の左右2カ所が裂け、上前歯3本が折れていた。折れた歯根を残すと感染の恐れがあるので麻酔かけて除去。裂けた歯茎を縫った。1週間はふやかしたご飯を与え、縫った糸を取らないように注意。1週間後に再診を」 #
  • [12:12] ココちん、社会化に失敗した典型例なんだろうなぁ。兄弟犬が死んじゃって一人っ子になっちゃったし、親がもねさんだし…(汗) #
  • [12:15] とにかくこれ以上危険を放置できないので家の中にベルリンの壁を築かねば。もねさんとワシが“西側”で、ココちんともね母が“東側”(^^;) #
  • [12:23] 医師によると、犬のあごの力はすごく強いので、今回のようなケースでは歯だけでなく上あごを骨折することも時々あるらしい。ココちんも一時、上あご骨折が疑われたが大事に至らなくてよかった。頼むよ、ココちん。もねさんにケンカ売ったらダメですよ! http://ow.ly/i/6jhI #
  • [12:35] もねさんはココちんにケンカを売られるとなるべく逃げようとしているが、後ろ足が不自由なので余裕がない。あまりにしつこいときとか、どうしても反撃しなければならないときもある。世界平和のためにはやっぱりベルリンの壁を作るしかないだろうな。暫定壁→ http://ow.ly/i/6jjj #
12月 112010
 
  • [11:02] もねココが出がけにまたケンカ。今度はココの歯が抜けた(折れた?)。もね母に連れられ病院へ。ちょっと二人きりにできなくなってきたなぁ(–;) #
  • [12:37] ココ、歯は折れていた。残った歯根を除去する必要があるため、このまま病院に預け今夜処置へ。このため今回のお山行きは中止。もねもココもいい子なのに母娘ケンカだけはどうにもならん。口輪でもはめてみるか。 #
  • [17:07] 病院から電話。ココちん、X線検査で上前歯3本の根元が折れていることが判明。3本抜歯することになってしまった。自業自得とはいえ、ちょっとひどいことになった。ココちん、かわいそう(;o;) #
  • [22:18] ココちん、遅くなったので今夜は病院泊に。抜歯は無事に終わり、麻酔から覚醒中とのこと。外来が多くて手術開始が遅れたらしい。 #
5月 072010
 

ココちんの検査に行ってきた。

MRI画像は省略。

以下、CT画像。

20100507-1

くっついているはずのところに亀裂あり


20100507-2

20100507-3

C7とT1、T2がくっついている。T4がつぶれ気味


20100507-4

この断面だとT1が見えない


20100507-5

C7、T1、T2がかなり変形。T2とT4に亀裂


20100507-6


所見

今回の頚部MRI検査では、矢状断像においてC7~T4椎体はT2強調画像とT1強調画像で不整な信号強度が認められる。
横断像においてC1~T9領域の脊髄に明らかな圧迫・炎症・梗塞・腫瘍を疑う所見は認められない。
胸腰部MRI検査では、矢状断像によりT12~L6椎間で腹側脊髄液ラインの消失を認める。
横断像においてT13~L3椎間で腹側から、L3~4椎間で腹側左寄りから軽度の脊髄圧迫所見が認められる。

頚部CT検査では、C7~T3椎体の変形が認められる。
C7・T1椎骨は癒合し、T1椎体はC7椎体右尾側およびT2椎体右頭側に半切存在しており、T1・T2椎骨も一部に癒合が見られる。
これにより肋骨は右側で13本、左側で12本となっている。
またT2椎体とT4またT3~4椎間腹側には骨増生が見られ、この部位では変形性脊椎症が疑われる。


なんだかよく分からんので、ワシなりに簡単にまとめると、

  • 疑われた頚椎の椎間板ヘルニアと腫瘍はなし
  • 腰の方に軽度のヘルニアがある(症状はなし)
  • 頚椎に先天性の奇形あり←これが痛みの原因らしい
  • 一部に変形性脊椎症の疑い(変性性脊髄症=DMとは別物)

てな感じ。

この検査結果を後日、かかりつけ病院に持ち帰り、獣医師に診てもらう。
検査施設の獣医師は、頚椎に奇形があるところに、加齢、疲労が積み重なり、何らかの力が加わったりした結果、炎症などが起きて痛みが出たのではないか?、との見解だった。

しかしまあ、お金かけるといろんなことが分かっちゃうのね。
このように亀裂が入って変形している脊椎は英語だとバタフライ・バーテブラ(蝶形椎体)とか言うらしいです。
ワシの諭吉も蝶のように軽やかに飛んで行った。しかも集団で(爆)

ココちんは以前、普通のレントゲン検査で「首の骨が寸詰まり」と指摘されたことはあるが、まさかこんなことになっていたとは!
小さい時にこういうことが分かっていたら、ディスクもアジもやらなかっただろうなぁ。
何でも分かっちゃうことがいいことなのか、よく分からなくなってきた。

かなり予想外の検査結果で驚いたが、いまさらちょっとぐらい奇形があることが分かってもどうってことはない(^^;)
普通に暮らす分にはほとんど問題ないらしいし、とりあえず重病じゃなくて良かったです。

でも痛くなる素因があることははっきりしたので、もう痛くならないように気をつけようね!

ちょっと疲れましたぁ

ちょっと疲れましたぁ

7月 302009
 

今日はワシが夕方からのお仕事なので、ワシが担当。

まずは血液検査。
麻酔で血圧が下がると高齢犬は腎臓や肝臓に影響が出ることがまれにあるので、そのための検査だそうである。
結果は1項目だけちょびっと基準値を上回ったが、ほかはすべて基準範囲内で問題なし。

その後、レーザー治療。
見ていないので詳細は分からないが、皮膚の上からヘルニア患部周辺にレーザーを当てる。
効くこともあるけど、効かないこともあるらしい。
手術やステロイドなどと違って、リスクがほとんどないのでよくおこなわれるらしい。
お灸みたいなもんですかね?

このほか、獣医師との間で今後の治療方針を確認。
内容をワシなりにまとめると、治療の選択肢としてはリスクの低い順に

  • ビタミン剤(B12)投与
  • レーザー
  • ステロイド点滴投与
  • 手術

ほかに

  • 針灸
  • マッサージ

などがある。

もねさんの状態を見ると、

  • 画像診断上、中程度からごく軽度の椎間板ヘルニアが4カ所
  • 後肢に若干の麻痺あり(前後方向の動きはあまり問題なし、横方向の力に対してふらつく)
  • 痛みはないもよう

という感じ。
そして、もうじき11歳というのも大きな判断材料。

治療方法については、

  • 手術はごく簡単に言ってしまえば、症状は改善することもあるが、改善しないこともある。リスクは当然ある。
  • ステロイド点滴投与は、3日連続通院で行い、費用6、7万円。嘔吐などの副作用はありうる。急性の椎間板ヘルニアでは効果がかなり期待できるが、もねの場合は、慢性?あるいは加齢に伴うもの?なので、急性の場合よりは効果がないかもしれない。
  • レーザーは患部周辺の血行を良くしたりする。症状は改善することもあるが、効果がないこともある。副作用は少ない。
  • ビタミンB12は神経の再生?を促進する。副作用は少ない。
  • 針灸やマッサージは、患部周囲の筋肉をほぐすなどして、症状を楽にすることが主な目的だが、症状が改善することもある。

―などなど。

これらの条件を総合的に考え、

  • とりあえずビタミン剤&レーザー治療で様子を見る。レーザーは1週間に1回程度。
  • 場合によっては、マッサージなどを取り入れることも検討。
  • 痛みが出たり、麻痺が進んだりしたら、ステロイド点滴投与などを検討する

―という方針で治療することを再確認した。

あと、MRI画像データのコピーを頼んだので次回もらえるかもしれん。

もうそろそろ仕事に行かねばならんので、今日はここまで。

急にグキッときて、痛くて動けないとか、下半身麻痺になったとかなら、手術するしかないが、もねさんの場合は、多発性だけど症状が軽いだけに、リスクの高い治療はしにくく、かえって治療方針が難しい。

リスクの低い治療を選びつつ、現状維持、あわよくば改善を、って感じですかなあ。

7月 292009
 

もねさん、本日、MRI検査実施。
所見は以下の通り。

「今回の胸腰部MRI検査では、矢状断像よりT12~L4椎間で腹側脊髄液ラインの消失が認められる。
横断像および冠状断像においてL3-4椎間で左右腹側(左でより重度)から中程度の脊髄圧迫所見が認められ、圧迫物質は造影剤により軽度の増強が認められる。その他にT12-13椎間でやや左腹側から軽度、T13-L1とL1-2椎間で腹側からのごく軽度の脊髄圧迫を認める」

MRI画像を載せられないので分かりにくいが、要するに中程度、軽度、ごく軽度、ごく軽度の4カ所の椎間板ヘルニアが認められたということのようである。

この結果を持ち帰り、かかりつけの獣医師と相談。「手術にはリスクがあるし、効果がない場合もある。今のところ痛みも出ていないし、レーザーとビタミン剤などの内科的な治療で様子を見ましょう」という治療方針でいくことになった。

決して楽観はできないが、ひそかに恐れていた変性性脊髄症ではないらしく、とりあえずホッとした。
(変性性脊髄症については

―など参照。「変形性脊椎症」とは別物)

もねさん、これからはしばらくおとなしくして、病院通いですな。
老犬らしく、まったりといきましょう(^^;)

5月 112009
 

もねさん、折れた歯を診てもらいに、もね母に連れられて動物病院へ。
今日は月1でこの病院に診療に来る犬の歯の専門医O医師の診察日なのだった。


O医師はまず「硬いものを噛んで折れるのは奥歯。前歯は同居犬とケンカして歯が当たったり、ボールやディスクを地面から拾おうとしたりするときに石とかに当たって折れることが多い」と指摘。

…もねさん、完全に当たっているじゃん(爆)

20090511-1
さすが犬の歯の専門医。いきなり図星の指摘。恐れ入りました。

さらに、ちょっと見ただけで、「折れた歯の隣の前歯も折れている」と指摘。
歯髄が露出し歯茎も少し赤く腫れており、「これだと痛みを感じているはず」という。
この歯の方が、折れてから時間たっている分、歯の根元への感染が進んでおり、要治療度は高かったらしい。
20090511-2
この歯が欠けていることにはワシも気付いていたが、歯髄が出ているほどだとは思っていなかった。

さらにさらに、レントゲンを撮ったり詳しく調べた結果、奥歯の一本も折れて歯髄が出ているのが判明。
20090511-3
これも欠けているのはだいぶ前から知っていたが、歯髄が出ているとは全く思ってもいなかった。

ということで、結局、診てもらいたかった1本を含め、計3本が折れて歯髄が露出していることが分かってしまった(汗)

いずれも残すことは可能だが、前歯は「残してもケンカしたら、また折れる可能性が高い」とO医師。
そして残すためには、まず歯根管治療が必要になるが、口の中の治療なんて麻酔をかけなければ絶対にできないもねさんにとって非現実的なのであった。
ということで全部抜くことになり、そのまま麻酔をかけて抜いてもらった。

もねさん、これで昔抜けた1本と合わせ計4本の歯抜けになっちゃいました。
わーい、ワシと一緒だぁ♪(爆)
(ワシ=親知らず3本+前歯1本の歯抜け)

というのは冗談で「う~む」という感じではあるが、「物を食べたりするのには全く支障ない」とのことだし、ほっといて痛くなったりするよりはよかった。
歯科専門獣医師にいろいろ発見してもらってラッキーだったといえよう。

(ワシのフトコロは「あ痛たた」であるが)

とにかくなにはともあれ、ココちんと歯を突き合わせてケンカするのは、もうやめましょう。


(追加)

一番最近のケンカの跡も発見されてしまった(汗)

20090511-4
ココの歯がもねの歯茎に刺さったらしい。
傷からばい菌が歯の根元に入っていると、この歯も抜ける可能性があると言われた。
抗生物質をのませて経過観察に。


とにかく、本当に、ケンカはもうやめてください!


20090511-5
お疲れ、もねさん ゆっくりお休み