12月 282008
 

昨日のことである。

朝、家の中でもねがいきなりびっこになり、右前足を舐めたり気にしだした。
その後、散歩では普通に歩いていたが、念のため動物病院へ。
様子を見るしかないだろうとは思ったが、もねは骨折など足の故障が多いので、ちょっとのことでもすごく心配になってしまうのである。

動物病院では、獣医師の先生が歩く様子を見たり、指を一本ずつ触ったりしたが痛がる様子もなく、問題なし。
前回骨折個所の経過を見ることも兼ねて、一応、レントゲン撮影をすることにした。

20081227x-ray

半年前の前回撮影時(左)には、骨折個所に隙間がはっきりと写っている。
かなり長期間、テーピングで固定していたが、「偽関節になってしまった可能性がある」との判断であった。

それに比べて今回の撮影(右)では、隙間がかなり白っぽくなっている。
この写真だけでは良く分からないらしいが、もしかしたら骨が再生して骨折が治ったという可能性もないわけじゃないらしい。
骨でなく軟組織で隙間が埋まっているだけかもしれないが…。

一時びっこになった点については原因は分からず、予想通り「様子を見ましょう」という結果に(^^;)
まあ、新たな故障が見つからなかったということでよしとしておこう。

8月 272008
 

 昨日、もね母がもねココを動物病院に連れて行った。
 目的は、もねの足のX線検査とココの血液検査。
 もねは偽関節になってしまったとみられる指の骨折個所のその後の状態を調べるため。いったん偽関節になってしまったら、通常は手術しないと骨がくっつくことはないが、「あれっ、いつの間にかくっついちゃっていました!」というかすかな期待がないわけではなかった。
 ココは9月の北海道アジ&旅行を控え、肝機能に異常がないかどうか調べるため。ココは普段から肝機能の数値が正常より高い傾向があり、過去に原因不明で急激に高くなり入院治療したこともあったので、肝臓は数カ月ごとに定期検査することにしているのである。
 結果は、もねの骨折個所は変化なし。くっついていなかった。残念。ただ、痛みなどもなく安定しており、普通に生活する上では全く問題なし。足に負担を掛け過ぎないように注意し、2カ月後ぐらいにまた検査することになった。医者は「いつの間にかくっついちゃうこともあります」と言っていたそうな。まあ、あまり期待しないで様子を見ましょう。
 ココの血液検査はGPT、GOTとも高めながら正常範囲内。良かった! この状態をキープすれば北海道遠征も大丈夫だろう。数日前にヒートが始まっちゃって、北海道アジのころはたぶん終わりきっていないだろうから、アジの出走順は昨年に続き一番最後になってしまうだろうが・・・(^^;)

(おまけ)
 もね母が1か月前にもらい忘れてきたもねの歯肉腫の病理診断書をやっともらってきた。
 内容は以下の通り。

病理組織診断 : 歯肉過形成 gingival hyperplasia

 歯肉の腫瘤部では粘膜下には分化の高い膠原繊維の増生が認められます。表層部の粘膜も過形成を示し肥厚しています。また少数のリンパ球、形質細胞の浸潤が認められます。

 歯肉の病変は歯肉過形成と診断されます。本病変に関しては、外科的な摘出により予後は良好と考えられますが、歯肉炎や歯石などの慢性刺激が続くようであれば、新しく他の部位にも同様病変が形成される可能性があります。

 やっぱり歯はちゃんと磨けということですね。
 もねさんにガウられながら、なだめすかして何とかやっていますよ。
 もね母がやらないのでワシが。

8月 212008
 

 今年の夏は、もねが骨折したので、もともとあまり出かけないつもりだったが、ぺきんオリンピックのせいで仕事も忙しく、休みらしい休みはなし。

 でも全くどこにも行かないのもつまらないので、㊙プロジェクトYのついでに入笠山と千代田湖に行ってきた。

 千代田湖は昨夏も行こうとしたが、直前まで行きながら、林道が通行止めのため断念した因縁の場所である。今回はちゃんと行けたかな?

20080814-00

 用事を済ませ、13日夜は入笠山にて車中泊。標高約1800メートルはやはり涼しいですな~。
 一夜明けて午前6時前の気温が15.6度。高度が100メートル上がると0.6~0.7度ぐらい下がるから、1800メートルだと下界より11~13度ぐらい低いはずである♪

20080814-01

 千代田湖へ行く前に近くの牧草地をお散歩。ここはこの間の冬にスノーシューで来たところである。冬の景色はこんなでしたなあ→ここをクリック

20080814-03
もねさんもお目目がキラキラしてますね♪

さて千代田湖へ

20080814-04

 30分ほど山道をくねくねと走って今度こそ千代田湖に到着。水辺ぎりぎりまで原っぱが広がっていていい感じですねえ。ココちん、車から降りて原っぱをクンクンしながら歩いていたら、いきなり地面がなくなり湖に落っこちちゃった。ココちんらしいですなあ(爆笑)

20080814-05 もねさんは早速ひと泳ぎ。
 今年の夏はどこにも連れて行ってあげられなくて申し訳なかったが、これで少しは満足してくれたかな?
 もねさんはまだ足に若干不安があるので、ここは一つ、ココちんに活躍してもらいましょう!

20080814-0620080814-0720080814-0820080814-0920080814-1020080814-1120080814-1220080814-1320080814-14

 ちっちゃくて何だかよく分からないという人は、写真をクリックしてください。’PLAY’ボタンを押すとスライドショーで見れます。
 水遊びに来ると最近いつもこうですな。変な恒例行事ができちゃいましたね。ココちんも強くなったなあ(爆)

20080814-15
「ふぅっ、ひどい目にあったぁ」

20080814-16

 岸辺の原っぱはテントサイト。
 お盆休み中だが、空っぽのテントがいくつか張ってあったほか、数人いただけ。
 途中でコーギーの姿が遠くに見えたが、すぐに行っちゃったので、気兼ねすることなく遊べて良かった。
 いい場所なのにずいぶん空いていた。ちょっと不便な場所だからですかね? それとも知られていないだけですかね?

20080814-17

 休憩した後は、もねさん、またひと泳ぎ。
 いい感じですねえ。カヌーが欲しいですねえ。
 もねココ乗せて、時々、落っことしたりして遊んだら楽しいだろうなあ(爆)

20080814-18
もねさん、ご満悦

 最後にココちんにもう1回頑張ってもらいましょう

20080814-20
20080814-21
20080814-22
20080814-23
踏ん張れっ!
20080814-24
駄目かぁ(^o^;)
20080814-25
20080814-26
20080814-27
20080814-28
20080814-29
浮上っ!
20080814-30
20080814-31
20080814-32
20080814-33
生還!\(^O^)/
(不確実な追加情報)
千代田湖キャンプ場は「新宿区指定キャンプ場のため、区利用中は使用不可」「一般利用も可能だが、7、8月の混雑する時期は要問い合わせ」らしい。
7月 282008
 

 もねさん、つい数日前に金属プレートを当てテープでぐるぐる巻きに固定し直されたばかりだが、おとといあたりからずれて固定の意味をなさなくなっていた。きのうにはかなり斜めにずれてしまったので、かえって悪影響があるのではないかと考え、病院には行かず自主判断でテープとプレートを外してあげた。

 かかりつけの動物病院がきょう、1カ月に1度の整形外科専門医が来る日だったので、もね母が連れて行って診てもらった。

 結果から言うと、固定は全部外して様子を見ることになった。

 もね母によると、レントゲンは撮らず触診しただけだったが、骨折個所が偽関節になっている可能性があるとのこと。偽関節というのは、骨折個所が元通りにつながらず、関節のように曲がる状態になったままのこと。

 今後の対応としては、
(1)手術でプレートを入れて固定する
(2)ギプスで固める
(3)固定しないで様子を見る
―などがあるが、
(1)は、指の細い骨なのできちんと固定できない可能性がある
(2)は、骨折から時間がたっており、骨折個所の間に肉が入り込んでいると固めても骨が付かない可能性がある(「50%ぐらい」)
―とのことで、(3)を選択することになった。

 もねさん自身は、骨折個所を触って動かしても全然痛がらないし、普通に生活する分には問題ないとのこと。また今後、自然に骨がくっつく可能性もないわけではないという。

 今後もしも痛がったりしたらギプスで固めなければならないかもしれないが、そうでなければ1週間後に経過観察、1ヶ月後にレントゲン撮影の予定。

 ただ、指先を引っかけたりするとよろしくないことには変わりないので、ちょうどあした、歯肉腫&歯石取りで麻酔をかけることもあり、前足の爪を血管ごと短く切ってもらうことにした。

 過去3回はちゃんと治ったし、今度も同じように治るだろうと思ってちょっと油断したかもしれない。最初からがっちり固定しておけば良かったという思いもないわけではない。だが、指先の骨折は固定しにくいし、特に足の短いコーギーは固定しにくい。しょうがなかったのかもしれない・・・

 いずれにしても、もねさんももうすぐ10歳だし、どっちにしても激しい運動をさせるつもりはない。いつまでも固定し続けて不自由な生活をさせるより、普通の生活に戻してあげたほうがいいだろう。

 偽関節になっても日常生活には影響ないだろうが、正常な関節よりはやはり炎症を起こしたり痛みが出たりしやすいはず。長距離の山歩きや、ディスク、ボール遊びは一切禁止するつもりだ。

 ディスクやボール遊びは、もねさんの最も好きな遊びである。これまでのもねさんとの本当に楽しかったディスク生活を振り返ればワシとしても忍びないが、こうなっちゃった以上しょうがない。ワシとしてはこうならないように、細く長く続けられるように最大限努力したつもりなんだけどね。

 で、このブログを見ている人にお願い。

もしも、ワシのいないところで、もね母が性懲りもなく、もねとボールやディスクなどで遊ぼうとしているのを見かけたら、やめさせてください!

 今まで、「気をつけろ」「やりすぎるな」「やめろ」と、何十回、何百回、口が酸っぱくなるほど言ってきたが、無視された結果、今回の事態になったのでね。
 今度こそ気をつけるだろうとは思うが、念のため。

7月 212008
 

 もねさん、本日病院でレントゲン撮影。骨のくっつきかたが悪く、金属のブレートでさらにがっちりと固定されてしまった。もうそろそろ外せるかもと思っていたのに、あと数週間は着けたままになりそうだ。今年の夏は始まることなく終わってしまったも同然。かわいそうな、もねさん。

 もねの名誉のためにあえて説明するが、もねは決して脚が悪いわけではなく、骨が弱いわけでもない。その証拠に、普通に遊んでいてけがをしたことはほとんどない。骨折したのはすべてディスクかボールで遊んでいる最中の、キャッチした前後である。

 もねはボールやディスクに対して執着がすごく強いので、スライディングしながらでも根性でキャッチしようとする。きちんと整備された芝生のグラウンドならば問題ないが、スライディングしたときに爪が引っ掛かるような地面だと危ない。何百回に1回、突き指のような状態になってけがをする。そして運が悪いと骨折する。たぶんそういうことである。

 骨折した4回のうち3回は、草がまばらに生えたちょっと硬めの土のグラウンド。もう1回は、表面はふかふかだが下の方が凍ってざくざくになった雪原だった。

 何度も骨折させて、もういい加減、どういうところでどういうことをすると骨折しやすいかは分かっていた。

 だからワシはもう、もねとディスクで遊ぶのはほとんどやめていた。やるとしても、ここなら大丈夫だろうというきれいな芝生の上でだけ。多くても1カ月に4、5投程度にしていた。

 家の中でボールで遊ぶときも気を付けていた。カーペットの上なので爪が引っ掛かる危険は少ないが、それでもスライディングをさせず、走り抜けながらキャッチできるように工夫していた。

 それなのに、ああ、それなのになぜだ?!

 元気なもねさんとあと何回、楽しい夏を迎えられるか分からない。それなのにこんなことにしてしまうなんて・・・

7月 142008
 

もねさん、本日通院。

足はまだテーピングを取るには早いとの判断で、テーピングを巻き直しただけ。
2週間ぐらい巻きっぱなしだったので、若干蒸れていたもよう。
来週、エックス線撮影し、テーピングを取れるか判断する。

歯肉が腫れている件については、「たぶん歯肉炎などからくる過形成で、悪性ではないでしょう」との見立て。
ただ、正確な判定は切除して病理検査しないと分からないとのこと。
で、2週間後に麻酔をかけて切除&歯石取りの予約を入れてもらった。
来週、足のエックス線撮影と同時に麻酔用の事前検査(血液検査など)をする予定。

本日は、もねの骨折後、ワシも初めて付き添い。
骨折当日と11日後のエックス線写真を見せてもらった。

もね母は骨折初診時、「右前足の人差し指」と言っていたが、正確には「右前足の中指」。
来週エックス線撮影するときは、右の写真からさらに3週間以上たっていることになるので、もうちょい、骨がもやもやっと写ることがことが期待されますなあ。

先生たちに「ナデレ」と強要するのはやめてください。
なでてくれないと唸ったり吠えたりするのもやめてください(汗)

7月 102008
 

骨折から3週間強。
まだテーピングをしたままで、歩きにくいためかわずかにびっこ気味だが、大きな問題はなし。
もね母に「あんたの手づくり食は水分があまりにも多すぎっ!」ときつく言い渡したおかげか、その後は尿漏れもなし(笑)

1回目の骨折のときは、大学病院で大げさなギプスをされたのにきちんと固定できておらず、はずすまで2カ月もかかった。
2、3回目のときは、テーピングによる固定のみで、はずすまで約3週間~1カ月だった(完治はもうちょい先)。

今回は、ワシはレントゲン写真を直接見ていないのだが、もね母によると「ひびじゃなく、ボッキリ折れていた」ので、テーピングを外せるまでもうちょいかかるのではなかろうか。
まあ、テーピングをしているといっても、完全に固定できているわけではなく、「走らせないためのテーピング」といった意味合いが強いような気がする。
基本的には治療というより、自然治癒を待つという感じですな。

という感じで、骨折のほうはまあまあ順調そうなのでいいのだが、気になる点がまた一つ。

だいぶ前から気になっていたのだが、奥歯の横の歯ぐきがなんだか変なふうに腫れて、すこ~しずつ大きくなってきていた。
前は気にならない程度の大きさだったので様子を見ていたのだが、歯磨きをするのに少しじゃまになるぐらいの大きさになってしまった。

歯肉腫?

で、ネットで調べてみたのだが、どうやらこれは「歯肉腫(エプーリス or エプリス)」のようであるなあ。(あくまでワシの素人判断)

基本的には良性で、レーザーメスとかで切っちゃえばいいらしいが、まれに悪性の場合もあって区別がつきにくいらしい。
次回、足の経過観察で病院に行ったとき、ついでに診てもらわなきゃならん。

6月 222008
 

もねさん、骨折しているにもかかわらず、テーピングしている以外、ほとんど普段と変わらず。
運動不足でストレスがたまっているのか、昨夜もココとけんか勃発寸前。
もね母が必死に食い止めていたが、テーピングがとれちゃいました(汗)

とりあえず巻きなおしておいたが、ちゃんと固定できていないとよろしくないので、今朝、病院に巻きなおしてもらいに行った。

その間、ココちんはワシとお留守番。

また遠吠えすると近所迷惑なので、遠吠えさせないために気をそらしてみた。

かえって、うるさかったでしょうか(^^ゞ

6月 202008
 

意固地といえば もね母、もね母といえば意固地という もね母なので、もねを骨折させたことについて決して謝罪や反省の弁は語らず沈黙を保っている。

だが、内心ではちょっとは反省している模様で、早朝から もねだけを連れてトイレ散歩へ。

ひとり残されたココちんは、なぜ自分だけ残されたのか分からず、早朝から近所迷惑な遠吠え~(汗)

おかあちゃんが怪我をしているんだから、あんたもちょっとはわきまえて大人になりなさい!

では、ココちんの哀愁漂う遠吠えをどうぞ → 20080620coco.mp3(1分52秒、怨霊音量に注意

もね、4度目の骨折

 日記, 骨折  もね、4度目の骨折 はコメントを受け付けていません。
6月 182008
 

もね母とボール遊びをしている最中に、今度は右前足の人差し指。

大好きなディスクの大会に出るのをやめ、ディスクやボールで遊ぶのもなるべく我慢し、遊ぶときにも怪我をさせないように細心の注意を払ってきたのに・・・

言葉も出ない。詳しい状況を聞く気にもなれない。

もねが初めて骨折したときはかなりショックを受け、なんで骨折したのか考え、ちょっとはほかの人の役に立ちたいと思い経過をHPにまとめたりもしたが、そんなことしてもほとんど意味はなかった。

要するに
飼い主が愚か者だと、犬は何度でも同じ骨折を繰り返す
ということだ。

もねさん、ごめん

20080619骨折.jpg