もねさん、動物病院でレントゲン撮影

昨日のことである。

朝、家の中でもねがいきなりびっこになり、右前足を舐めたり気にしだした。
その後、散歩では普通に歩いていたが、念のため動物病院へ。
様子を見るしかないだろうとは思ったが、もねは骨折など足の故障が多いので、ちょっとのことでもすごく心配になってしまうのである。

動物病院では、獣医師の先生が歩く様子を見たり、指を一本ずつ触ったりしたが痛がる様子もなく、問題なし。
前回骨折個所の経過を見ることも兼ねて、一応、レントゲン撮影をすることにした。

20081227x-ray

半年前の前回撮影時(左)には、骨折個所に隙間がはっきりと写っている。
かなり長期間、テーピングで固定していたが、「偽関節になってしまった可能性がある」との判断であった。

それに比べて今回の撮影(右)では、隙間がかなり白っぽくなっている。
この写真だけでは良く分からないらしいが、もしかしたら骨が再生して骨折が治ったという可能性もないわけじゃないらしい。
骨でなく軟組織で隙間が埋まっているだけかもしれないが…。

一時びっこになった点については原因は分からず、予想通り「様子を見ましょう」という結果に(^^;)
まあ、新たな故障が見つからなかったということでよしとしておこう。

もねの足その後&ココ血液検査

 昨日、もね母がもねココを動物病院に連れて行った。
 目的は、もねの足のX線検査とココの血液検査。
 もねは偽関節になってしまったとみられる指の骨折個所のその後の状態を調べるため。いったん偽関節になってしまったら、通常は手術しないと骨がくっつくことはないが、「あれっ、いつの間にかくっついちゃっていました!」というかすかな期待がないわけではなかった。
 ココは9月の北海道アジ&旅行を控え、肝機能に異常がないかどうか調べるため。ココは普段から肝機能の数値が正常より高い傾向があり、過去に原因不明で急激に高くなり入院治療したこともあったので、肝臓は数カ月ごとに定期検査することにしているのである。
 結果は、もねの骨折個所は変化なし。くっついていなかった。残念。ただ、痛みなどもなく安定しており、普通に生活する上では全く問題なし。足に負担を掛け過ぎないように注意し、2カ月後ぐらいにまた検査することになった。医者は「いつの間にかくっついちゃうこともあります」と言っていたそうな。まあ、あまり期待しないで様子を見ましょう。
 ココの血液検査はGPT、GOTとも高めながら正常範囲内。良かった! この状態をキープすれば北海道遠征も大丈夫だろう。数日前にヒートが始まっちゃって、北海道アジのころはたぶん終わりきっていないだろうから、アジの出走順は昨年に続き一番最後になってしまうだろうが・・・(^^;)

(おまけ)
 もね母が1か月前にもらい忘れてきたもねの歯肉腫の病理診断書をやっともらってきた。
 内容は以下の通り。

病理組織診断 : 歯肉過形成 gingival hyperplasia

 歯肉の腫瘤部では粘膜下には分化の高い膠原繊維の増生が認められます。表層部の粘膜も過形成を示し肥厚しています。また少数のリンパ球、形質細胞の浸潤が認められます。

 歯肉の病変は歯肉過形成と診断されます。本病変に関しては、外科的な摘出により予後は良好と考えられますが、歯肉炎や歯石などの慢性刺激が続くようであれば、新しく他の部位にも同様病変が形成される可能性があります。

 やっぱり歯はちゃんと磨けということですね。
 もねさんにガウられながら、なだめすかして何とかやっていますよ。
 もね母がやらないのでワシが。