10月 012010
 
  • [07:45] ココちん、首痛再発が懸念されたが、ここ数日はいたって元気。ワシと遊んだとき、足をひねるか何かして、一時的に痛かっただけかもしれん。 #
  • [16:52] ココちん、大丈夫かと思ったが、やっぱりなにか痛そうな変なときがある。要経過観察。いずれにしても、もう9歳だから無理は禁物。 #
  • [17:33] ワシが求める条件(防水、おサイフケータイ…)をかなり満たしているような気がする。「iPhone追撃、ワンセグ・おサイフ付き投入」http://ow.ly/2MMpi #
9月 252010
 
  • [09:56] 「地球温暖化」と言うことが多いが、正式には「climate change(気候変動)」であり、その影響は単なる気温の上昇ではなく、extreme weather(極端な気象)が増えるということを実感する今日この頃…この間まで酷暑だったのに、いきなり暖房が欲しいぐらい寒くなったな~ #
  • [10:07] で、ここまでズタボロのカン政権はどうなっちゃうんでしょ? 代えようにも、与野党含めて首相を任せられそうな顔が全然思い浮かばない。 #
  • [10:11] 暇なので朝食を食べながらつぶやきまくっていたら、もね母のヨーグルトを無意識のうちに食べてしまい、もね母に「これはなんなのよっ!」と空の器を証拠に追及され、窮地に立たされるワシ(^^;) #
  • [10:34] チケントクソーブなら「このお皿のヨーグルトは、もねココが食べたのである」とのストーリーをでっちあげ、なめ残しの皿を証拠として捏造するところであろうが、ワシにはそのような権力がないので潔く罪を認めた。でも、お天道様に誓って、本当に無意識だったんよ! 指揮権発動して釈放してよ!(爆) #
  • [12:20] お昼寝中 http://flic.kr/p/8DMWNW #
  • [13:13] ココちん、「キャイン」と一泣き。前回ほどではないが、やはりどこか痛いらしい。 #
  • [21:22] うなぎ♪ http://flic.kr/p/8DRWJ7 #
9月 242010
 
  • [08:37] もねココ、昨日帰ってきたが、ココちんの様子がちょっと変。触られるのを嫌がる。悲鳴をあげるほどではないが、また首の辺りが痛いのかも。2、3週間は超要注意。散歩以外の運動は厳禁。ディスクやアジ練をしたら厳罰に処す!(現にやらせようとするやつがいるから、こんなこと書かなきゃいかんのよ) #
  • [21:50] 本日は、土下座外交、司法崩壊の一日として歴史に刻まれちゃうんですかねぇ? #
5月 252010
 

もねココ連れて動物病院へ。

ココちんは首イテテ症の経過観察。
消炎鎮痛剤をやめて数日。
特に異常は出ていない。
獣医師が首のあたりを触っても痛がらずなんともなし。
ただ、いつも見てくれている整形外科医がいなかったので、よく分からなかったのかも。
さらに経過観察することに。

もねさんは変性性脊髄症(DM)の新たな治療法の相談に。
といっても、エビデンスのある確立した治療法ではなく、いわば臨床研究的な治療。
ということで、詳しい中身は書けないが、いわゆる再生医療ってやつ。
リスクが極めて少なく、ダメもとで効果が期待できるなら、やってみて損はなかろう、という感じ。
もねさんが若いころからずっと診てもらっている、信頼できる獣医師から提案があった。
公表された実績はないので、さらに安全性などの検討を進め、問題がなさそうなら、もねさんへの適用を試みる。

もねさん、右後ろ足はまだ大丈夫だが、左後ろ足は体重を支えることが難しくなった。
水泳などの理学療法だけでは、進行を遅らすことはできるかもしれないが、止めることはできない。
このまま手をこまねいて症状の進行を見ているよりは、できることは何でもやってみようということ。
ただし、(ベネフィット>>リスク)&(費用<ワシの支払い能力)が大前提。

5月 202010
 
  • [18:47] 今日はシモツケ(ゴールドフレーム)、アエゴポデュームを植えた。もね母もなにやら植えているもよう。午後、一時大雨。もねさん、朝夕、車椅子で砂利道アップダウン散歩よく歩いた。ココちん、消炎鎮痛剤やめて2日目。今のところ痛み出ず♪ #
5月 142010
 

久しぶりに小屋に行ってきたが、痛みも出ず、ほぼ全快状態。
カモさんを持って来て、足元にポイっと投げ出し「遊べっ!」とかやってる。
でもまだ薬が効いているだけかもしれないからダメ~
あとひと月はおとなしくしてなさい(^^

「遊べっ!」

「遊べっ!」

5月 102010
 

かかりつけ病院に先日のMRI&CT結果を持参、週1の整形外科医が診察した。
以下、もね母報告。

触診で首の左側の付け根付近を押すと、ココちん、体を硬くしてなんとなく痛そうな様子に。
触診の様子とMRI、CTの結果から、頚椎の変形している部分が何らかのきっかけで末梢神経に触って炎症が起き、痛みが出たのではないかとの獣医師見解。
こういうケースは治るまで通常6~8週間かかるので、もう1週間、消炎鎮痛剤を続け、その後、薬を切り、痛みが出ないか様子を見ることになった。
当然その間は安静を継続。

ちなみに、頚椎の変形については、フレンチブルやパグなどの犬種でよく見られるが、コーギーでは珍しいとのこと。「変形があっても痛みが出たりしなければ、気が付かないことも多い」らしい。

5月 102010
 

ココちん、痛み止めのNSAIDはまだ飲んでいるが、この2日間で痛そうに鳴いたのはワシの知る限り1回だけ。
鳴き方も以前の悲鳴のような感じではなく、「イテテテッ!」ぐらいの感じ?であった。
本日午後、もね母に連れられ病院へ行く予定。
先日のMRI&CTの結果について整形外科の獣医師と相談する。

もねさんは車椅子の散歩は快調。だいぶ慣れてきた。
腰の高さを一定に保てるので歩きやすそう。
犬用車椅子って使ってみて分かったが、車椅子じゃなくて歩行補助器ですな。
症状が進んだら車椅子的な使い方もできるけど。
で、もねさんの場合は今のところ、歩行補助器的な使い方。
立ち止まったりするときは足がちゃんと前に出ないでナックリング状態になる時もあるが、速足の時は後ろ足もちゃんと地面を蹴っている。
車椅子を付けていることを除けば、ほとんど普通に歩いているようにも見える。

ただし、やはり症状はじわじわと進んでいるもよう。
家の中では左後ろ足を引きずったままのことが多くなってきた。
全く使えなくなったわけではなく、宅配便が来たときなど興奮した時は後ろ足もちゃんと使って吠えながら玄関に走っていく(^^;)
強いて言えば、短距離をゆっくり移動するだけなら、がんばって立ってふらつきながら歩くより、引きずって行っちゃった方が楽ちん、と学んでしまった感じか?

5月 072010
 
  • [09:20] 検査ちう。ココちん、いい子でネンネしてなzzz #
  • [11:41] なんじゃ、このスコールは?! #
  • [11:50] 検査結果待ち中。ココちん、「麻酔から覚めたけど、寝ています」だってさ(^_^;) #
  • [13:51] かれこれ2時間近く待ち中。検査は無事終了し所見の作成に時間がかかっているとの説明だが…。悲痛な鳴き声がずーっと聞こえていて、ココちんの声ではないと思ったが、ちょっと心配だった。ダックスが帰っていったら静かになった。 #
  • [15:15] 帰宅~。とりあえず検査結果概要。腫瘍=なし。ヘルニア=腰などに軽度のものが多数あるがこれぐらいなら問題なし。今回の痛みの原因と思われるのは、頚椎(首の骨)の奇形。短かったり、Oの形であるべきものがCの形だったり。肋骨の本数も左右で1本違う。(続く) #
  • [15:22] (続き)画像診断で首や肩周辺の組織が左右非対称なのが分かる。加齢や疲労、運動しすぎなどで、この部分に炎症や筋肉痛などが生じたのではないか。でも炎症はもうおさまってきている。奇形は生まれつきのもの。激しい運動はしない方がいいが、普通に走る程度なら全く問題ないでしょう。(続く) #
  • [15:27] (続き)ということで、最悪の事態はまぬがれ、とりあえず一安心。車椅子が2台必要になったらどうしようかと思っていた(汗) そういえば、何年も前に普通のレントゲン検査で「ココは首の骨が寸詰まりになっている」と言われたことがあったのを思い出した。(続く) #
  • [15:34] (続き)一安心ではあるが、ココちんの悲鳴を思えば、ワシはやっぱりアジはやめた方がいいと思う。疲労がたまったり無理をしたりすれば、また痛くなることは十分ありうる。が、今まで実際にココちんとやってきたのはもね母であるから、あとはもね母の<良識>に任せる。皆様、ご心配おかけしました。 #