7月 232007
 

ANA-短頭犬種のお預かり中止について

「短頭犬種につきましては夏場の環境においては体調に変調をきたす恐れがあるとの専門家の見解を承りました」だってさ。ケッ!

Q&Aに

Q.空港カウンターで預けた後はどのようにして運ばれるの?
A.出発間際まで空調の効いたカウンターにてお預かりしております。その後、係員により飛行機へお乗せいたします。

Q.預けたペットは飛行機のどこに搭載されるの?
A.貨物室(バルクカーゴルーム)に搭載されます。貨物室はお客様の客室と同じ空調設備がありますので、温度は約15~20度程度に保たれております。

とか書いてあるがほんとうのところどうなのさ?
都合のいいことだけしか書いてないんじゃないの?
「短頭犬種」に限定しているが、短頭犬種以外は本当に大丈夫なのか?
短頭犬種のせいだけにするんじゃなくて、
 「ペット預かりサービスにつきましては、夏場の環境においては、
  お預かりしたペットが搭乗や到着などの際に高温にさらされる恐れがあり・・・」
とか書くべきなんじゃないの?

商売として命を預かる以上、どこにどういう危険があるのか具体的に説明すべきだ。

まったく、アベ内閣も社保庁も東電もJALもANAも、どいつもこいつも自分たちに都合の悪いことを隠そうとするやつらばっかりでウンザリだ。

7月 022007
 

まずはこちらをお読みください。

JAL – 特定犬種(ブルドッグ)お預かり中止に関するお知らせ

唖然としたな。
JALってここまでダメになっているのか。

「フレンチブルドッグとブルドッグは航空機における輸送環境の影響をより受けやすいと判断した」だと?
なんじゃそりゃ。
じゃあ、フレンチブルとブルドッグのミックスはどうなるのさ?
パグとかボストンテリアとか、暑さに弱いとされる他の短頭種とかはどうなるのさ!
犬のことを何も知らないやつが考えたとしか思えん。
ほんとにフレンチブルとブルドッグだけがほかの犬種に比べて明らかに飛行機に弱いというなら、ちゃんとしたデータを出しなさい。納得できるデータを!

昨夏、JAL機でフレンチブルドッグが熱中症?で死亡した件を受けての対応だろうが、全然対応になっていない。
とりあえず、死んで話題になった犬種は、また死んだら困るから、今後はお断りするというだけのことじゃないか。
人間で言えば、例えは適切でないかもしれないが、肥満の人が機内で心筋梗塞で死んだから、肥満の人は今後一切、搭乗をお断りしますと言っているようなものだ。

こんな馬鹿げたことをやっていないで、機内(乗り降り含む)での犬の環境を少しでも良くする努力をしなさいよ。
ちゃんとした対策を取らないで、フレンチブルとブルドッグ以外の犬種がもし死んだらどうするのよ?
「気圧や温度変化が原因でペットが死んでもJALの責任は問わない」という文書にサインさせるから大丈夫ってか?

こんな的外れな対応しかできない航空会社は、犬連れじゃなくても使いたくないぞ。

4月 302007
 

2007/4/28 JKCクラブアジリティー競技会@熊本・ホテルセキア

29日のつくばでのJKCアジに申し込みそびれたもね母(汗)
何を考えたか突如、熊本への遠征を決行した。
北は知床から南は与論島まで行ったことのあるもねココだが、ココ&もね母だけの飛行機での単独遠征は初めて。
(もねは沖縄・渡嘉敷島まで行ったことあり)
ちょいと心配だったが、結果はいかに・・・

まずはAG1から

おおっ!クリーンランだ!スラロームさえ失敗しなければ大丈夫だとは思っていたが、よかったよかった!!しかもココちん、ずいぶん速くなったやん!最近練習の時、コースの各所にえさを置きながら練習しているらしいが、その効果が出たのか?食べ物がかかった時のココは恐れを知らぬ集中力があるからなあ(汗)

 続いてJP1

最後が危なかったが一応クリーンラン。
こちらもココのやる気はなかなかいい感じであった♪
この調子で次も頼むぞぉ!

今回のビデオ撮影は、鹿児島在住中に九州でのディスクの大会で一緒だった広島のコーギー、JAMのパパさん。
JAMも今はアジリティーで頑張っているそうだ。
土砂降り、びしょぬれのJFA熊本大会を思い出すなあ(笑)
また次もどこかでよろしくお願いします。

そして福岡の叔母さんにはまたまたお世話になってしまった。
もねココが鹿児島時代に福岡までディスクをやりに行けたのは、叔母さんのおかげなのであった。
もねもココもいろんな人のおかげでいっぱい遊べて、大変ありがたいことである(^_^)

20070429.jpg

8月 182006
 

非常に気がかりな記事を見つけた。
コーギーBLOG:旅行の季節ですが
飛行機はもねココも何度も利用している。
貨物室だけど空調が効いているからと安心しきっていた。
こんなことがあるとは・・・(絶句)
何か改善策が取られるまで、少なくとも夏場は飛行機に載せられないな。

9月 022004
 

~ 2004/8/27-9/2 北海道 ~

8/27 自宅→羽田→(飛行機)→千歳→札幌
8/28 →千歳→鵡川→新冠→静内→浦河
8/29 →えりも→広尾→大樹
8/30 →中札内→池田→浦幌→釧路
8/31 →釧路
9/1 →弟子屈→斜里・ウトロ
9/2 →小清水→女満別→(飛行機)→羽田→自宅
4月 202004
 

6c4d12c0.jpg仕事で屋久島へ行った。
鹿児島空港から飛行機で片道約30分。
滞在時間約4時間。
仕事を済ませてとんぼ返り。
せっかく来たのだから、もうちょっと、ゆっくりしたかったねぇ。

暑ぢ~(--;)

 日記  暑ぢ~(--;) はコメントを受け付けていません。
11月 062003
 

暑い!
11月だというのに、なんでこんなに暑いのさ!
今日の鹿児島市の最高気温29.5℃。
半袖短パンで十分の暑さです。(^^;)

暑いといえば、ジャパンファイナルも暑かった。
一週間前の神戸は、“コート必要なくらい”寒かったはずなのに、なんなんだろうね~。

ちなみに、我が家がファイナル用に用意した服は、冬用ズボン、フリースのベスト、長袖Tシャツetc・・・・。(汗)
更に、スタジアムはふきっさらしで寒いかもと、防寒用のコート。
その上、雨用に雨具と替えの靴。
でも万が一暑かったら、とーちゃんが激怒するだろうと思って、一応、暑いときのために短パン&Tシャツも準備。(笑)
ってなわけで、出来上がった荷物は7泊8日の北海道旅行に匹敵する量!!
1泊2日なのになんでこんなに多いの~!(爆)

結果・・・・・ただ持っていっただけの服がいっぱいでした。
まあ、レンタカー&飛行機だったから、別にいいけどね。(^^;)

今日はお馬

 日記  今日はお馬 はコメントを受け付けていません。
11月 022003
 

ファイナルから一夜明けて、今日はもね母のお馬の大会。
昨晩、飛行機に乗って10時近くに帰宅し、やっと食事をもらい、『ふう~っ、これで休める』と思ったら、朝5時に起され、『さっさと食べてね!』とごはんを出され、そして再び車に乗せられたもねココさん。(^^;)
きっと、『今度はどこへ行くのさ!』と思っていたに違いない。(爆)
今日はとーちゃんが深夜までお仕事のため、もね母と一緒に行くしかないとはいえ、お疲れのところ、ごめんよ~(^^;)

んで、肝心のもね母の結果はといえば、相変わらず犬でも飛べる高さの障害戦に出場し(進歩がない^^;)、なんとか優勝できました!!
しがみついているだけで帰ってきてくれる賢いお馬さんのおかげ。(爆)

でも、さすがに夜帰宅した時にはヘロヘロ。
一日付き合ってくれたもねココ、感謝!感謝!
明日は寝坊するぞ~。

9月 012003
 

~ 2003/8/26-9/1 北海道旅行&もねさん復帰戦 ~

1日目 自宅→鹿児島空港→(飛行機)→千歳空港→(以後レンタカー)→十勝清水
2日目 →然別湖→三国峠→ナイタイ高原牧場→芽室→帯広→十勝清水
3日目 →旭岳→美瑛→北富良野
4日目 →美瑛→旭川→札幌
5日目 JFA札幌大会1日目
6日目 JFA札幌大会2日目
7日目 →支笏湖→ノーザンホースパーク→千歳空港→(飛行機)→鹿児島空港→自宅

もねもココも飛行機は慣れたもの♪
もねの復帰戦はぜひ北海道で!と思っていたが、
鹿児島~千歳は通常運賃約5万円。人間2人往復するだけで約20万円。
絶対に無理だぁ(泣)。
ところが、「バースデイ割引が使えるじゃん♪」と、もね母。
なんと、片道1万円(人間1人)で行けることになってしまったぁ!
しかもレンタカーもバースデイ割引が使えるじゃん!
ありがとう、もね母のとーちゃん&かーちゃん(爆)。
ちなみに、もねココは片道合計1万5千円なり。
人間1人より高い~(爆)

ペンション・ラーダニーヴァの庭は
都会の公園よりもはるかに広い草原
約2時間20分で北海道に到着。
約5年ぶりの北海道はやっぱり広くて清々しい。
レンタカーを借りて、一路、今夜の宿、十勝清水のラーダニーヴァに向かう。
日勝峠越えは、札幌に住んでいたころ、何度も何度も通った道。
見えるもの、何もかもが懐かしい。
途中でちょっとした休憩でも、目の前に広がる草原。
すがすがしい気候に、もねココも大爆走で大喜びだ。
峠を越えると目の前に広がる青空と広~い十勝平野。
やっと着いた!
帰ってきたぞ!北海道に!
今年の夏は晴れた日がほとんどなかったそうだが、
灼熱の南国鹿児島から来たもねココ家は、涼しい気候に「からだがラク~」。
ペンションの夕食は、焼きタラバにホタテにサーモン・・・。
北海道の味覚を満喫し、満足満足(^o^)
2日目は、まず然別湖へ。
もねココは大喜びで、オショロコマの棲む湖へドボン!
夏のキャンプ、冬の氷上ツアーと何度も来たことがあるが、いつ来てもここはいい。
いつまでも、このままであってほしいなぁ。

あっちにソフトクリームを食べている人が・・・
by もねココ
然別湖を後にして、三国峠へ。
原生林を貫く長~い直線道路を通り、峠を上ると、日本とは思えない、雄大な景色が広がる。
お次はナイタイ高原牧場。
日本一広い、東京ドームの358個分の面積の牧場。
青空の下、もねはウシ追いの血に目覚め、ココは美味しい牧草をつまみ食い(笑)

最上部の展望台からは十勝平野が一望のもとに見渡せ、もねココは濃厚な味のソフトクリームを堪能!


草を食み、

走り回り、

もねもココも大満足♪
宿への帰り道、鹿追の「大草原の小さな家」へ。
もうシーズンオフなのか、16時でお店は閉まっていて、観光客は皆無。
芝生広場が空いていたので、北海道入りしてから初のフリ練をした。
風が強くて、スローも悪かったけど、もねもココもほとんどキャッチ。
涼しいので戻りもいい。
この調子で札幌大会もがんばるぞ~
3日目。狩勝峠を越えて、富良野へ。
ココちん、トリックアート美術館で、額縁に収まって記念撮影。
後ろは十勝岳連峰。
隠れたつもりで全然隠れていないもね母が×(爆)。
この日のメインイベントはロープウェイに乗っての旭岳登山。
のはずだったが、ペット不可だった(怒)
以前は乗せてくれることもあったというが・・・。

代わりに近くの遊歩道を散策。
赤く色づき始めた木もあり、北海道の早い秋の訪れを実感した。

涼しいもんだから、もねもココもよく歩くこと!

ラベンダーの季節はとっくに終わっていたが、代わりにサルビア?の中で、それっぽい写真を一枚。
4日目。美瑛にて。
冷夏の北海道だけど、雨にはほとんど降られず、天気に恵まれた。
涼しい気候の中で存分に遊び、気力も体力も充実。
いよいよ札幌へ向けて出発だぁ!
砂川の広~いサービスエリアで投げ練して、札幌に到着。
以前住んでいた円山のマンションの前を通って、ちょっぴり感傷に浸った。
今夜の宿はすすきののど真ん中。
お散歩に行った中島公園は翌日行われる北海道マラソンの準備中だった。
夕食は予定通り、カニ食って、ウニ食って、ついでにサンマ刺しとイクラ丼も食って、それからホッケとクジラも食って(笑)、翌日の大会に備えた。
5、6日目。JFA札幌大会。骨折明け、4カ月ぶり、いよいよもねの復帰戦だ。
会場の月寒グリーンドーム横の芝生広場は普段からノーリードOKとか。
でも、広~いのであまり問題は起きないらしい。
うらやまし~。
かなり暑くて風もあったが、もねの復帰戦には絶好の舞台となった。
やったぜ!さすがはもねさん。
1日目優勝、2日目準優勝!
札幌まで来た甲斐があった。
本当に良かった。
北海道の皆さん、ありがとう!
7日目。いよいよ旅行も最終日。千歳空港へ向かう途中、試合の疲れを癒しに?支笏湖へ。
澄んだ水を見た途端、猛ダッシュするもねココ・・・
全然、疲れていないっちゅ~の。

「東シナ海とオホーツク海で泳いだ犬」の称号を目指すもねココ(爆)
次に北海道に来たら、オホーツク海で泳ぐぞ~

最後にノーザンホースパークへ。
何年も前、福島から札幌に引っ越したときに、フェリーで苫小牧に上陸して、最初に寄ったのがここ。
あの時も、爽やかな青空ときれいな景色に、「北海道に来たぁ!」と感激したが、いまも変わらないままだった。
違っていたのは、今度はもねココが一緒だということ。
なんだか、時の流れを感じるねぇ~
で、そうこうするうちに鹿児島空港に到着。飛行機のドアを出た途端、アチ~(涙)。
帰りの飛行機代は、もねココ合計2万円超!行きよりも高~い!
涼しいところで食べ過ぎてブタさんになったんかい(笑)

事故やけがもなく無事に帰れてよかった。
来年もまた行きたいね♪