2月 132014
 

7日未明に到着。

20140207-103722

いい天気。お庭で「それっ!」


そして10時現在、-7℃、50%offで、いざ出陣!

が、1店目は50%off商品既に売り切れ。
客が増えるだけで儲からないのか、商品数を限定している店が増えている気がする。
別の店へ転戦。

20140207-132626

食後写真のみ(汗)

 こちらの店はガラガラであった。
寒いほどお得フェアも宣伝的には成功しているが、経営的にはあまり貢献していないのかも。

20140207-134237

ココちん、お待たせ~

20140207-134540

八ヶ岳ブルー!

翌日の雪予報が「ホントかな~」という感じの快晴であった。

20140207-153412

せっかくなので谷戸城址へ

昨春、もねさんと来て以来である。

20140207-153914

寒いね。また桜の時期に来ようね

小屋に帰り昼寝したら、もね母が「風邪引いた」とダウン。
翌日の悪天候予報を聞き、この晩東京に戻ることも検討したが、もね母が「無理!」。
晩飯も作らず寝込んでしまったので、ワシが作って、ココちんと食した。

20140207-202747

煮こむ前の炒めがちょっと足りませんでしたね

美味しかった?

20140207-203658

ご機嫌犬

美味しかったらしい(^^;)

翌朝、

20140208-070013

予報通り雪

朝散歩へ。

20140208-084832

ラッセル、ラッセル!

だいぶ降ってはいたが、まだ長靴で歩けた。

20140208-094351

小鳥たちがエサを争い大騒ぎ!

雪で食べ物が埋まっちゃったのか?

20140208-123811

ココちん、怒ってる?(^^;

20140208-125917

昼すぎ、車が埋まってきた

やばそうなので、早めの夕方散歩へ。
久しぶりに小屋からスノーシューで出発。

雪まみれ

 

20140208-141911

誰も歩いていない

ココちん、かわいい(^^)

 

スノーシューでも膝ぐらいまで潜り、ご近所散歩も重労働であった。

20140208-145914

薪小屋から薪を持ってくるのも一仕事

20140208-150259

「雪がなくてヘン!」とか言い過ぎたかな(汗)

中央道も通行止めに。

20140208-164039

雪景色はイイね~

翌日の東京帰宅が若干心配になり始める。
夕方から仕事なので帰らねばならぬのだが…

一夜明けて、雪は止んだみたい。

20140209-065650

雪景色、最高!

20140209-070531

ココちんは、ワシの寝床で巣ごもり(^^;

20140209-074103

見慣れぬモヒカン鳥が来た

「ミヤマホオジロ」らしい。

20140209-074643

もね母復活。ココちん、朝ごはんにワクワク(^^

20140209-074654

久しぶりに甲斐駒が見えた!

しかし、

20140209-084734

雪が深すぎ、進めないココちん

帰宅へ向け、雪かき開始。

20140209-092015

何とか車は掘り出した

20140209-095546

ココちんともね母は小屋の前の道を踏み踏み

20140209-095826

埋もれちん(^^;)

20140209-115621

気温が上がり、屋根の雪がずり落ち始めた

昼ごろ、東京へ向け小屋を出発!
が、小屋の前でいきなりスタック。
下り坂だし、スノーシューで踏み固めたから大丈夫だと思ったが、前輪が雪に埋まって全然ダメ。
さすが、雪道弱車FRハイエース。
フロントヘビーの後輪駆動だから、こういう時はどうにもならんですな。
タイヤを掘り出し、チェーンを付けてやっとこさ脱出できた。

北陸、東北、北海道と約10年の雪国暮らしで、FF、クロカン4駆を乗り継いできた経験から言うと、FRハイエースの悪路性能は、FF、4WD車と比べ、比較にならないぐらい弱い。
「えっ、この程度でスタックしちゃうのか」ということがたびたびである。
チェーン、スコップ、タイヤの下に敷くスノーヘルパー、滑り止めの砂などを常に積んでなんとか対処している。
4WDのハイエースならばフロントヘビーで前輪が十分グリップするだろうから、かえって雪道に強いような気もするけどね。

さて、予想以上の大雪に緊張運転を強いられたが、なんとか国道20号まで到達。
中央道は通行止めのままだったが、この時点では、なんとか夜の仕事に間に合うかもという希望を持っていた。

20140209-145758

富士山きれい♪

なんて言っている場合ではなかった。

20号は片側交互通行区間は一部あるものの、通行止めはなくなったので、大丈夫だろうと思ったが、笹子トンネルを抜けたらピタリと停止。
なんでこんなに動かないのか、情報がなく全然分からない。
夕方になり、この日の仕事は断念。職場に連絡を入れたが、その後もほとんど動かず、深夜に。
路面が凍結し始め、危険を感じたので、大月のコンビニ駐車場で久しぶりに車中泊することにした。

20140209-231516

ココちんに逃避するもね母(^^;)

走行性能は悪いが、こういう時は無敵の強さを発揮する我がハイエースちゃん♪
ベッド、FFヒーター、冷蔵庫完備。緊急用のトイレまであるでよ(^^)
この便利さと、走行性能と乗り心地の良さを兼ね備えた車があるといいんですけどね~

一夜明けて、チェーンを再装着し、7時大月出発した。
大月を過ぎてからは道は悪いが渋滞はあまりなく、スピードは出ないながらも順調に進行。
だが、上野原、藤野でまたまた大渋滞。
普段中央道を通っている大型トラックが20号に迂回してきて、狭いカーブですれ違うのにすごく時間がかかる。
今まで、中央道通行止めの時は国道411号「大菩薩ライン」経由か、野辺山から佐久へ抜けて関越道経由で帰っていたので、20号がこんな状況だとは知らなかった。

20140210-094907

そこでそのすれ違いは無理ですよ!

今回も、国道137号「御坂みち」で河口湖へ抜け、御殿場から東名で帰ることを検討したが、雪道弱車で雪の富士山の麓へ登ることをためらってしまった。

結局、自宅へ辿り着いたのは小屋を出発してから約24時間後。
久しぶりの大旅行であった(^^;)

まあ、45年ぶりの大雪だから、ある程度はしょうがないが、次はこういう事態に陥らないように気をつけないとね。
一番いいのは「こういう時は行かない」だが、こういう時に限って行きたくなる。
特に「大雪」とか聞くと、無性に行きたくなる。
困ったもんですなあ(^^;)

11月 302009
 

20091129-1

仙台の犬が滋賀にもいたっ!
もしかして毎回いるの?
ワシが気付かなかっただけで・・・(^^;)


今回のGPSログはここをクリック->Google Map


以前はスタート前に、あれに気をつけろとか、あそこはこうした方がいいとか、ワシなりにいろいろ指摘していたのですが、あれこれ考え過ぎるとどうもうまくいかないようなので、最近は、あまり難しいアドバイス?はしないように心がけています。

で、ワシからの今回のアドバイスはこれだけ。

落ち着け! 慌てるな!!

さて、結果はどうだったでしょうか(^^;)


1日目JP3=ノーミス、タイムオーバー

1日目AG3=失格

2日目AG3=クリーンラン、0.21秒差でセーフ

2日目JP3=ノーミス、タイムオーバー


ちょっとした大きなミスはありましたが、全体的な流れはいい感じですね。

以前は無理に急いで、あたふたして、「なにやってんだよっ(怒)」と言いたくなる失敗が非常に多かったですが、1年以上費やして、やっと堅実なココちんの走りが戻ってきたようです。
スピードはないけど、堅実さがココちんの売りですからね。
それを引き出すのがハンドラーの役目です
これでいいんじゃないでしょうか。


では最後に、失格の瞬間をスローで振りかえってみましょう。
再生ボタンをクリックしてください。

ハイ、一目瞭然ですね。
大事なところで、ココちんから目を離してしまいました。
ココちんがドッグウォークに向かっているのに気が付くのが遅れ、対処が完全に遅れてしまいました。
以前から「右目の端でココを見て、左目の端で次の障害を見ろっ!」と厳しく指導しているのですが、なかなかできないようです。
目の間隔が狭いから難しいのでしょうか?(^^)
ワシは目の間隔が比較的広いので、できそうなんですけどね(^__^;)

20091129-2

10月 262009
 

紅葉がきれいでしたね・・・(写真は無し)


20091025-1

仙台の犬


仙台に来た東京の犬(娘)20091025-3
仙台に来た東京の犬(左:娘、右:母)


1日目AG2=「馬鹿でぇ」のコースミスで失格


1日目JP2 バー落下1


(温泉入って、牛タン弁当食って会場で車中泊)


2日目AG3 「ココちん、石でも踏んじゃったの?」の拒絶1


2日目JP3 やっとノーミス(タイムオーバー)


ということでJKCのAGで11連敗(たぶん)。

今回もいい感じでしたね♪
次も期待してるよぉ!(爆)

2月 042009
 
玉原高原ブナ平
玉原高原ブナ平

今季、スノーシュー第2弾で、昨年に続き玉原高原に行ってきた。

2日夜、仕事から帰宅後出発し、赤城高原SAにて車中泊。
翌朝、あまり寒くなく、高速を降りても雪は全然ない。

20090203-01

が、スキー場が近づいてくると雪道に。

20090203-02

ワシの後ろについていたアメ車みたいな車が、ヘアピンカーブの直後の急坂を登れず脱落。
ルームミラーから消えていく。さようなら~
と余裕こいていたが、スタッドレスを履いているものの雪道に圧倒的に弱いFR車ハイエースのワシも徐々に不安に(^^;)
そしてチェーンを付けずになんとかたどりつけるかと思われた残り3キロほどの急坂でついにスタック!
路面は表面に雪がのっているが、その下は氷でつるつるな感じ。
暖かい日があったので、いったん溶けて、その後凍って滑りやすくなったとみられる。
去年はちゃんと登れたのに! 無念!!
と、そこへ登場したのがスタック救助の雪道「お助け隊」
おおっ! 神さま、仏さま、お助け隊さまって感じ(^o^)
お助け隊のおっちゃんは「もっと勢い付けていけば登れたのに」とかブツクサ言いながら、ささっと牽引ロープをつないで、ぐいぐい引っ張ってくれた。
頼もし~い。ありがとう。また次もよろしくね(爆)
(次は早めにチェーン付けて自力でがんばりますです、はい)

そんなこんなで若干のタイムロスはあったものの、スキー場へたどりつき、スノーシュースタート。
もねさんは駐車場内から既に子犬のようにはしゃぎ、「ワンちゃん、かわいい~」と黄色い声を浴びて、ご満悦に(^^;)

はい、それでは出発しましょう。

20090203-03

もねココも足跡をたどれば楽チンと知っているので、一列縦隊で整然と前進(^^;)

20090203-04

しばらく歩いて、ホイ着きました。
第1のチェックポイント「オオヤマザクラの標識」。

20090203-05

さらに前進。ホイ着きました。
第2のチェックポイント「東銅金沢のトチの巨木」。

20090203-07

この辺、基本的に登り坂だけど傾斜はきつくないのでラク。
こんな感じ。

上の方はかなりなだらか。

20090203-08

誰もいない静かな森。
小雪の舞う中を進む。

20090203-09

もねさん、雪で少し白くなっちゃいましたね。
寒くないですか?

20090203-10

そうこうするうちに「熊棚丘」に到着。
初めて来た去年は結構遠い気がしたが、今回はあっという間。
これ、熊棚ですかね?

20090203-11

ここから先はなだらかな下り坂をブナ平へ。

この辺から雪がやんできた。
またまた一列縦隊でブナ平へ到着。

20090203-12

「大」の字になって寝る女

20090203-13

遊ぶもねココ

20090203-14

ココちん、もねにつきまといすぎて、どやされないように警戒か?(^^;)

20090203-15

もねさん、ひゃっほう!

20090203-16

ワシも足だけ登場。
スノーシューのおかげでここまで来れました。

20090203-17

もう一つの必須アイテムはコチラ→ワシのガミ子です(笑)
日本に帰化したガミ子は異常にお高いので、米国から個人的にお招きしました。
そのため、日本語は全く通じませんが意思の疎通はなんとか可能(笑)
ガミ子なしでは白銀の世界で途方に暮れることでしょう。
地図とコンパスを持っていても、たぶん道に迷うと思われる(汗)

さて、遊んだあとは雪をハミハミ。

20090203-18

もねさんはその後も行ったり

20090203-19

来たり

20090203-20

するうちに、ピタッと立ち止まり「向こうに何かいるっ!」

20090203-21

「だめだあ、もねさん。ワシには分からん」

20090203-22

「何かいるのに!」

20090203-23

もねさんにつられてココちんも「なにっ?」

20090203-24

「と思ったけど、分かんないから、とりあえずオシッコしとこっと」(爆)

20090203-25

冬来たりなば春遠からじ
春も近そうな、穏やかな天気であった。

20090203-26

さあ、いっぱい遊んだのでそろそろ戻りましょう。

20090203-27

道なき斜面を下って…

20090203-28

はい、もうすぐゴールですよ。
お疲れ様でした。

今回のGPSログ→20090203e78e89e58e9fe382b9e3838ee383bce382b7e383a5e383bc(クリックすると拡大)

(参考:山と渓谷社「スノーシュー・コースプランGUIDE」

帰り道は高速代を節約するため前橋まで下道を走り、途中で、もつ煮のお店へ。

20090203-30

いつも混んでる有名店らしいが、時間が中途半端だったので比較的すいていた。
「普通」が山盛りで、「半ライス」が普通盛りであった。ビックリ!

20090203-29

9月 272008
 

大雪高原沼めぐりを終え、北海道旅行もいよいよ後半である。

20080915-29

日本離れした雄大な景色の中を一路、然別湖(しかりべつこ)へ!

然別湖に到着したのは午後3時すぎ。

20080915-30

大雪高原で車中留守番が長かったもねココを早速、湖水に漬け込み~

もねさんは、「水、水っ♪」と湖畔へ勝手に一直線(^o^;)
もねさんにはかなわないけど、ココちんも結構意欲的に泳ぐようになりましたね♪

 

泳いだ後は湖畔の草地で、ココちん、思う存分スリスリを満喫。

あっ、もねさんまで(汗)

なんか臭いものでも擦り付けていると嫌だが、特に付けてなさそう。
まあ、付けちゃったとしても、また水に漬けこめば落ちる。
何だか楽しそうなので、好きにさせときましょう。

 

20080915-31

近くの山田温泉に入って、帰ってきてバーベキュー


キャンプ場のおねえさんによると、前日は80人も泊っていたそうだが、この日はガラガラでせいぜい10人ぐらい。
犬嫌いの人もいなさそうで、気が楽だ~
もねココも野放しで楽しそう♪
やっぱり、人が少ないのはいい。
これが東京周辺だったらたぶん芋洗い状態。
というか、こんな自然はとっくになくなっちゃっているだろう。


(一夜明けて)

20080916-01

早朝の然別湖


小雨だが、波はなく、風も弱い。

よしっ、OKだ!この日のために用意したインフレータブルカヌーの進水式だ!

20080916-02
前々から「もねココ乗せて遊べたらなあ」と、ず~っと欲しかったのだ。
値段が結構高くて手が出せなかったのだが、ある日、63%OFF!で売っているのを発見。
今回の旅行を前に、もね母が「然別湖でカヌーをしたい」とぼそっと言ったのを聞き逃さず、すかさずポチっとしたのである(^^;)

足踏みポンプで膨らますこと数分間。
水辺に浮かべ、もねココを乗っけて一緒に乗り込むと、おお、浮いた浮いた!
結構しっかりしているし、安定してるやん♪

水の上は静かで気持ちいい~♪
鳥の声とかがよく聞こえる。

20080916-03

もねココはしばらくごそごそ動いたり、くっついてきたりして、漕ぎにくかったが、時間がたつと慣れてきたのか、縁にあごを載せてボーっと景色を見たり、だいぶ落ち着いてきた。
カヌーとかラフティングとかは何度かやったことがあったので、まあ大丈夫だろうとは思っていたが、思った以上にしっかりと安定していたので、岸沿いにしばらく進んだのち、そのまま1.5キロほど先の弁天島へ。

 

上陸!

20080916-04

両手にもねココ(^^;)

のんびり漕いで30分ぐらいかかったかな。

以前、台風翌日にガイド付きカヌーで釧路川下りをしたとき、南からの強い逆風のため川下りなのに全然前に進めず、2、3時間必死で漕ぎまくって湿原の景色を見るどころじゃなかったことがあった(汗)
その時のことを思えば楽ちん楽ちん。
やっぱ、必死で漕ぎまくるより、のんびりムードの方がいいですな。
これも時間に縛られる「ガイド付き」とかじゃなくて、マイカヌーのおかげと言えよう♪

 

せっかくなので弁天島にて、もねココ水泳。
もねさんはやはりカヌーに乗っているだけより、泳いで遊ぶ方が好きらしい♪
ココちんはカヌーで揺られている方が好きかも(^^;)
湖上の孤島なので、思わぬところから犬や人がやって来る心配がなく、安心して遊べた。

 

帰途に就く。

遠い眼をして、もの想うココちん♪

20080916-05

「あぁ、アタシは犬なのに、なんでこんなところにいるんだろう?」(^^;)

途中、観光遊覧船が接近してきて、結構な波が発生。
横波を受けると沈しそうで怖かったので、念のため、船体を波に垂直に向けてやり過ごす。
ライジャケ着けているとはいえ、沖で沈するとどうなることやら。
一度、安全なところで沈の練習しないといかんですな。

 

岸が近くなってきたので、もねココを湖面に投入! 「さあ、あとは自力で泳いで帰るんですよ」

 

(早朝から遊んだのでお昼寝~)

もね母がキャンプ場から直接行ける遊歩道みたいな小路を発見。

20080916-06

今まで行ったことがなかったので行ってみることに。

 

20080916-07

しばらく進むと分岐があり、ヤンベツ川に出た。


水がきれいで、魚がちょろちょろ見える。
こりゃあ、新兵器投入のチャンスなり!

いやぁ、思った以上にきれいに撮れた。
オショロコマミヤベイワナ)?がいっぱい! すごいね~

 

20080916-08

お魚さんを見たあと、さらに先へ


もねココもこういう自然の中の散歩はご機嫌ですなあ!

途中で結構木が倒れて道をふさいでいた。

もねもココもこれぐらいなら自力で乗り越えられる。
自動車とかが入れないようにわざと倒してあったのかも?







そうこうするうちに








緩いカーブを過ぎて、前方が開けると








あっ、シカだ!









20080916-09










「ココちゃん、シカさんですよっ!」

20080916-10

見えないふり、見えないふり~(爆)

「いいんですか、そんなことでっ!」

 

20080916-11

親子ですかね?

しばらく逃げもせず、じっとこちらを見ていた。

そうこうするうちに、後ろを歩いていたもねさんが追い付いてきてシカさんを発見。

20080916-12

「2対2、親子対決?!」

もねさんはさすが大人。
見えないふりなどはしない(^^;)

そして、シカに反応するもねを真似て、ココちんもいまさらながら「あっ、シカさんっ!」(爆)
もねがずいっと前に出たらシカさん、森の中へ逃げちゃいました。

ふぅ~。
なかなか緊張の一瞬でしたな。

北海道ではシカはよく見るが、こんな誰もいない森の中で、しかももねココ連れで至近距離で出くわすとは思わなかった。
シカさん、元気でね~

シカに遭遇した後、もねさんは野生の血が目覚めたのか、においをクンクン嗅ぎながら「あっちだっ!」「こっちだっ!」と道の両脇の森の中に入りまくる。

そして再び川沿いに出ればこの通り。
もねさん、久しぶりにバカッ走りだぁ!

なんつーか、こみあげてくる衝動を抑えきれないって感じですな。
これぞ、もねさん!
もねさんのこういうところが、ワシは好きです♪
魚の動画を取ろうとちょうどカメラを準備していたので、久しぶりに貴重な映像が撮れてうれしい\(^_^)/

 

20080916-13

川の浅瀬を下ると、然別湖への流入口付近に出た

 秋になると産卵のため、湖から川にミヤベイワナが上ってくるらしい。
さあ、お魚さんの大事なすみかを邪魔しちゃ悪いので、もうそろそろ戻りましょう。
次にいつ来れるか分からないけど、ずっとこのままの自然であってほしいなあ。

キャンプ場に戻って、風が弱まった夕方、再びカヌーで出撃。

20080916-14

今度は一人(+2匹)ずつ交替で。

もねココはカヌーの上から「なんでココ爺(もね母)は乗らないのさっ!」と、ず~っと岸の方を見ている。
慣れない湖上で、群れのメンバーが団体行動の和を乱すと不安なんですかね?(笑)

20080916-15

「なんでそんなとこにいるのさっ!」

20080916-16

「そんなにくっついたら、漕ぎにくいです」

日が暮れたので、この日も山田温泉に行ったのち、連夜のバーベキュータイムに。
風が全くない静かな夜であった。
昼間歩いた森の方から、「ホー、ホー」と低い声が時々聞こえる。
シマフクロウさんでしょうか?

静かないい夜ですねぇと、もねココの熱い視線を浴びつつバーベキューを食していると、何の前触れもなく フワ~ッ と、うちわで扇いだような風?がワシの頭の真上を通過。

「なっ、なんだ?」

次の瞬間、暗がりの中、目の前の木の幹を何かがスルスルッと登っていくのが見えた。

20080916-17

↑この木の幹を、手前から裏側へ何かがスルスルッと。いったい、なんだったんでしょうね~?

 

20080916-18-2

ワシが思うに、こんな感じだったのではないかと…

そうに違いない!
きっとそうだったに違いない(^o^)/

ワイルドな一夜が明けて、今日は苫小牧からフェリーに乗って内地に帰る日。
おっと、その前に最後の早朝カヌーだぁ。

20080917-01

朝霧の立ち込める中、時折、シカさんの「キューーーン」という甲高い声が湖面に響き渡り、いい感じ♪
もねさんも「あの声はっ?!」と色めき立つ(^^;)

こんどはキャンプ場近くの藻場みたいなところで撮影。

いそうだなあ、と思ってカメラを水中に入れたらやっぱりいっぱいいた!

然別湖に来たのは5、6回目ぐらい。
今回はまた新たな魅力を発見したなあ~と余韻に浸りつつ、

20080917-03

「さあ、フェリーに乗り遅れないように撤収しますよ!」
また来ようね~

もねさん、ラクしたいのは分かるけど・・・
手伝ってくれなくてもいいから、邪魔はしないでください。

20080917-04

涼しかった然別湖をあとにし、下界に下りると、「ゲッ、暑い。まだ夏だ」でも景色は広くて北海道らしい~

 

20080917-05

港へ行く前に毎度のノーザンホースパークへ。
もねココ連れて、乗船前の最後の散歩をしていると、馬が遠くからわらわら寄ってきた。

「なんだ、あのちっこいのは?」って感じか?(笑)

20080917-06

どんどん来る来る、わらわらわら。

20080917-07

うまづらですね(爆)

懐っこくて、つぶらな瞳がかわいい♪

 

20080917-08

そうこうするうちに時間がなくなってきたので港へ。おお、今回乗るフェリーはなんだか立派だぞ!
太平洋フェリー「きそ」

20080917-09

船の中の駐車スペースもなんだか余裕の造り。
空いてただけか?(汗)

20080917-10

デッキの端にあるペットルーム

空調完備。
去年乗った太平洋フェリーの別の船は、物置みたいなペットルームだったが、今回の「きそ」はちゃんとした常設の「部屋」だった。

20080917-11

深夜早朝以外はデッキに出られる。
ペット連れじゃない人も時々来る。
犬がいるのを見てビックリする人もいるけど、ここは犬OK。

 

20080917-12

静かな夜間航路

たまには船に乗るのもいいもんすよ。(揺れなければ)

20080918-01

ほれ、客室もきれいだし

(今回7泊8日の旅行で、ちゃんとした部屋で寝たのは往復のフェリー2泊のみ。あとは全部車中泊)部屋はカードキーだし、展望風呂にはサウナもあった。
「シアターラウンジ」で「ラウンジショー」もやっていた。(見なかったけど)
ちょっとした、というか、普通のホテル並み。
テレビ番組のロケにも何度か使われたみたい。

20080918-02

は~い、朝ですよ

もうすぐ仙台に到着。
お疲れさま。もねココちゃん、旅行、楽しかったかな?
蒸し暑くて、狭いけど、「わが家」に帰ろうね~

『2008/9/11-18北海道アジ旅行』はこれにておしまい。

あれっ、アジもしたんだっけ?(汗)

9月 252008
 

アジを終えて次に向かったのは大雪高原である。

「日本で最も早く紅葉が訪れる」

「日本一美しい紅葉」

などと称される、大雪高原なのだ!

↓↓↓この辺↓↓↓


大きな地図で見る

実はここも約10年前の札幌在住中に一度だけ来たことがある。

だがその時は8月中で、まだ紅葉には早かった。

しかも、ヒグマが出没し、沼めぐりの途中までしか行くことができなかった。

大雪高原の紅葉のピークは9月下旬ごろとされるので、今回の旅行は時期的に若干早すぎる。

そして紅葉ピーク時にはマイカー規制が実施されるため、シャトルバスで往復しなければならない。

ところが今年は8月下旬の冷え込みで紅葉が早いとの情報を発見。

旅行の時期は紅葉ピークの直前でマイカー規制に引っ掛からないじゃん♪ということで、10年ぶりに沼めぐり完全制覇を果たしに行くことにしたのである。

ということで、14日夕方、そそくさとアジ会場をあとにし、一路層雲峡へ。

無料駐車場で車中泊し、翌朝、大雪高原へ向かったのだった。

(写真はすべて、クリックすると大きくなります)

20080915-02層雲峡から車で30分弱。大雪湖から大雪高原温泉に向かうダート路の入り口にはホレこの通り。

ヒグマの生息地なので、もねココ連れでは歩けないが、遠く離れた臨時駐車場に残すのは心配だからねえ。

紅葉ピークには早いが、近くまで車で行けて良かった。

20080915-03こんなダートを通って、終点の大雪高原に向かう。

ゆっくり走っても20分ぐらいだった。

すれ違いに苦労しそうな所もあるが、でかいキャンピングカーも来ていた。

20080915-04大雪高原温泉に着いた。

快晴である!

右奥が大雪高原山荘。約10年前に宿泊した。

左に見えるのがヒグマ情報センター。ここでレクチャーを受けなければ沼めぐりに行けないことになっている。

今日は沼めぐりコース一周できるとのこと。

ラッキー!!!(^o^)

車に銀ネット掛けて、窓に換気扇を付けて、ハンドルロックして準備完了。

もねココちゃんはしばらく待っててね~

20080915-05センター内にあるヒグマ情報板。

赤印が「個体確認」、青印が「足跡痕」など。

ヒグマさん、いっぱいいるようですね。

ヒグマのすみかに人間が入っていくのだから当然か。

ちょっとだけ失礼しますよ~

20080915-06沼に向かう道はこんな感じ。

スタート直後は紅葉は見えなかった。

9月に入って暖かい日が続いたせいかな~

20080915-07でもしばらく進むと、ところどころに赤い葉っぱがチラホラ。

標高が上がれば、もっと増えるのかな♪と期待膨らむ。

歩き始めて50分弱。土俵沼に出た!

20080915-08

絶景なり!!

いや~、いいですね~

紅葉が進めばもっと素晴らしくなるはずだが、天気もいいし、これで十分。

さあ、説明は省いて、どんどん行きますよ!

20080915-09

バショウ沼です。

「この沼の中にはミズバショウが咲くのでバショウ沼と名付けられました。ミズバショウは本州では高山に行かなければ見られませんが、北海道では平地でも見られ、ここでは7月頃咲きます。」

20080915-10

滝見沼です。

ここまではるばる来たかいがあるというもの!

紅葉が水面に映えて素晴らしい~

20080915-11

緑沼です。

いいですね~

以前来た時はヒグマ出没のためここで引き返した。

ここから先は未知の領域なり。

20080915-12

エゾ沼です。

さわやかな空だ~!

20080915-13

式部沼と高根ケ原の東斜面が見えてきた。

山岳風景が広がってきましたねえ!

20080915-14

式部沼の畔(ほとり)まで来ました。

青空と紅葉の山と沼。

絶妙なバランスですね。

20080915-15

反対側から見た式部沼です。

20080915-16

大学沼です。

休憩ポイントだが、沼の縁にヒグマの足跡がありそうな雰囲気。

向こう側の斜面にヒグマ個体確認情報多数あり。

20080915-17

高原沼と緑岳です。

スタートしてからここまで2時間。

自信のない人はこの辺で引き返した方がいいらしい。

ワシらは前進あるのみ!

20080915-18

雄大な景色の中を進む。

左が高根ケ原。前方は緑岳。

この辺がコースの最高地点か。

標高約1500メートル。

20080915-19

反対側から見た高原沼です。

20080915-20

青空とナナカマドです。

左上に万年雪が見えます。

20080915-21

左の高根ケ原東斜面には、初夏には餌を食べるヒグマの姿が見られるそうです。

斜面を登っていく三笠新道はヒグマ多数生息のため、冬以外はほぼ閉鎖状態とか。

20080915-22

空沼です。

「この沼はコース中で最大のもので、雪どけの頃は満々と水をたたえていますが、秋になると干上がってしまいます。それで空沼(カラヌマ)と名付けられています。紅葉の頃は特に美しいところです」

<20080915-23
反対側からみた空沼です。

主な沼はこれにて終了。

各ポイントにはヒグマ情報センターの係員?が配置されている。

さあ先に進もうとしたら、近くにいた空沼の係員の無線に連絡が入った。

「この先でヒグマが目撃されました。気を付けてください」

気を付けろと言われても…

「森のクマさん」でも歌いながら行きますか(爆)

20080915-24もねココが車で待っているので、急いで歩いていると、三笠新道の分岐のところにいた係員に追い抜かれた。

「この先でヒグマが出たので確認に行きます」

しばらく進むと、さっき追い抜いて行った係員がいた。

「ここにいたようです」と登山道のすぐ脇を示す。

「斜面を登って行ったようです。この先に高台があるので、そこにいるかもしれないので気を付けてください」

気を付けてくださいと言われても…

「ぼくはくま」でも歌いながら行きますか(最初のところしか知らない~)

20080915-25分かりにくいけど、これが足跡。

幅13センチぐらい。若いヒグマらしい

20080915-26くまさんに出会うこともなく、一応無事に帰ってきた。

所要時間4時間弱。

生還を記念して、くまさんとハイタッチ(汗)


この数日後、大雪高原じゃないけどこんな事故があった。

ヒグマに襲われ死亡 : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

普段じゃたいして気にも留めないが、ヒグマの生息地を歩いた直後だけに生々しいニュースであった。

気を付けていれば、滅多なことじゃ事故は起こらないらしいが、やはり野生動物は甘く見ちゃいかんということでしょうか。


20080915-27急いで車へ。

気温は20度前後とはいえ、晴れていたので、もねココのいる車内の温度が気になっていた。

でも銀ネット&換気扇効果で特に問題なし。

お待たせいたしました~

おかげさまで絶景が見られたよ\^o^/

くまさんのホットな足跡もね(^_^;)

20080915-28沼めぐりから戻ってから、もう一度、ヒグマ情報センターの掲示(写真とは別)を見に行くと、緑沼までしか行けないように変更になっていた。

さっきのヒグマの目撃情報のせいですかな。

早めにスタートしたおかげで一周できた。

ワシらはかなりラッキーだったらしい。

GPSログ

20080915%25E5%25A4%25A7%25E9%259B%25AA%25E9%25AB%2598%25E5%258E%259Fmap.gif

今回は色づきがもう一つだったが、あと1週間もすれば、もっと紅葉が進みそう。

そして何年かに一度、大雪高原はこの世のものとは思われない、すごい紅葉になるのだという。

チャンスがあれば、そういう時期に来てみたいものだ。

今回の紅葉でも十分満足だけどね♪

さあ、雄大な景色の中を歩いて、不甲斐ないアジの結果もすっかり忘れたぞぉ(爆)

ということで、さて、次は然別湖へ移動だぁ

(さらに続く)

9月 232008
 

昨年に続き、北海道アジに出陣である!
今年は昨年より若干休みを長めに取った。
はるばる北海道まで行くので、アジだけではなく、ほかにもイベントを企画したのである。
ウッシッシッ!

11日夕方、大洗からフェリーに乗船、苫小牧まで約19時間の船旅だ。

もねココはペットルームへ。
相部屋は凶暴そうな?チワワと、おとなしそうなシェルティーのみ。
長時間だががんばれよ~

ジジババは相部屋では疲労が抜けない年齢になったため個室を確保(爆)
快適であ~る。
許せ、もねココ

一夜明けて昼すぎ。
はい、苫小牧に到着です(笑)
長時間お疲れ~
港近くの芝生でシッコしてンコして、まずは支笏湖へ出発!
アジを翌日に控え、ワシの企画第1弾である。

道中、もねさん、助手席で異様に楽しそうな笑顔。

着いたところはいとう温泉。支笏湖畔の露天風呂なのだ。
札幌在住時代に近くの丸駒温泉には来ていたが、いとう温泉は初めて。
「もう、温泉行っちゃったもんね~」と、ふやけて翌日のアジ会場に乗り込もうという作戦である(^^;)

そのまま湖に降りられそうな近さである。
対岸に見えるは風不死岳ですかな。
曇ってはいるが絶景である。
やはり北海道の温泉は良いなあ。

温泉に入れなかったもねココさんは代わりに支笏湖で水遊び。
水が透明できれいだ~
ココちんは明日アジだからほどほどに。
もねさんは存分に泳ぎなされ。

その後、恵庭に下りて、びっくりドンキーででかいハンバーグ食って道の駅で車中泊…

(一夜明けて)
おおっ! 朝日がきれいだ!
早起きは三文の徳と言えよう(もね母爆睡中)

朝飯食って車で数分の会場に着くと、おおっ!
きれいな芝生だ~
天気もいいし最高のコンディションですな、こりゃ。
あとは結果が伴えば言うことなし!
でもココちんの出番は午後遅く。
3度だから仕方がないとはいえ、待ち時間が長い~

暇だな~と会場をぶらついていると、おおっ!
なんとこんなところにイクラ丼が落ちているではないか!
さすが北海道のアジ大会は一味違う!
もねもココも釘付けだあ。
さっそく拾って、おいしくいただきましたよ(^o^)/
もねココにもイクラを一粒ずつおすそ分け♪

===この項、一部ウソあり。スミマセン、暇だったもので(汗)===

そうこうするうちにやっとココちんの出番が来た。

2008/9/13 AG3=失格

 

2008/9/13 JP3=タイム減点

 

(…ビール園でジンギスカン食べて、翌日へ…)

2008/9/14 AG3=タイム減点

 

2008/9/14 JP3=タイム減点

4走してクリーンランゼロであった。
最近のもね母の口ぶりから、ちょっとはうまくなったのかと思いこんでいたが、勘違いだったらしい。
いきなり温泉に行って、ふやけたせいもあったのだろうか?
ココがヒートだったことも影響したのかもしれない(と、ここでようやくココがヒート中だったことを思い出す)。

まあ、いい。
今回の旅行でアジは余興みたいなものである。(ワシにとっては)
明日からが本番だあ!

(続く)

9月 142008
 

車中泊@層雲峡駐車場

暗くなってから着いたので写真はなし。
寒いので、旭川ラーメン食って、黒岳の湯に入って寝る〜

明日、あさっては携帯電話のつながらないところへ行く予定なり。

〓HTTP://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B43.43.37.848&lon=%2B142.56.45.129&geo=wgs84&x-acc=3&alt=663
8月 212008
 

 今年の夏は、もねが骨折したので、もともとあまり出かけないつもりだったが、ぺきんオリンピックのせいで仕事も忙しく、休みらしい休みはなし。

 でも全くどこにも行かないのもつまらないので、㊙プロジェクトYのついでに入笠山と千代田湖に行ってきた。

 千代田湖は昨夏も行こうとしたが、直前まで行きながら、林道が通行止めのため断念した因縁の場所である。今回はちゃんと行けたかな?

20080814-00

 用事を済ませ、13日夜は入笠山にて車中泊。標高約1800メートルはやはり涼しいですな~。
 一夜明けて午前6時前の気温が15.6度。高度が100メートル上がると0.6~0.7度ぐらい下がるから、1800メートルだと下界より11~13度ぐらい低いはずである♪

20080814-01

 千代田湖へ行く前に近くの牧草地をお散歩。ここはこの間の冬にスノーシューで来たところである。冬の景色はこんなでしたなあ→ここをクリック

20080814-03
もねさんもお目目がキラキラしてますね♪

さて千代田湖へ

20080814-04

 30分ほど山道をくねくねと走って今度こそ千代田湖に到着。水辺ぎりぎりまで原っぱが広がっていていい感じですねえ。ココちん、車から降りて原っぱをクンクンしながら歩いていたら、いきなり地面がなくなり湖に落っこちちゃった。ココちんらしいですなあ(爆笑)

20080814-05 もねさんは早速ひと泳ぎ。
 今年の夏はどこにも連れて行ってあげられなくて申し訳なかったが、これで少しは満足してくれたかな?
 もねさんはまだ足に若干不安があるので、ここは一つ、ココちんに活躍してもらいましょう!

20080814-0620080814-0720080814-0820080814-0920080814-1020080814-1120080814-1220080814-1320080814-14

 ちっちゃくて何だかよく分からないという人は、写真をクリックしてください。’PLAY’ボタンを押すとスライドショーで見れます。
 水遊びに来ると最近いつもこうですな。変な恒例行事ができちゃいましたね。ココちんも強くなったなあ(爆)

20080814-15
「ふぅっ、ひどい目にあったぁ」

20080814-16

 岸辺の原っぱはテントサイト。
 お盆休み中だが、空っぽのテントがいくつか張ってあったほか、数人いただけ。
 途中でコーギーの姿が遠くに見えたが、すぐに行っちゃったので、気兼ねすることなく遊べて良かった。
 いい場所なのにずいぶん空いていた。ちょっと不便な場所だからですかね? それとも知られていないだけですかね?

20080814-17

 休憩した後は、もねさん、またひと泳ぎ。
 いい感じですねえ。カヌーが欲しいですねえ。
 もねココ乗せて、時々、落っことしたりして遊んだら楽しいだろうなあ(爆)

20080814-18
もねさん、ご満悦

 最後にココちんにもう1回頑張ってもらいましょう

20080814-20
20080814-21
20080814-22
20080814-23
踏ん張れっ!
20080814-24
駄目かぁ(^o^;)
20080814-25
20080814-26
20080814-27
20080814-28
20080814-29
浮上っ!
20080814-30
20080814-31
20080814-32
20080814-33
生還!\(^O^)/
(不確実な追加情報)
千代田湖キャンプ場は「新宿区指定キャンプ場のため、区利用中は使用不可」「一般利用も可能だが、7、8月の混雑する時期は要問い合わせ」らしい。
8月 122008
 
200808122125000.jpg

標高1000メートル弱かな。
涼しくて体がラク〜♪
よく眠れそう

〓HTTP://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B35.52.44.023&lon=%2B138.18.57.077&geo=wgs84&x-acc=3&alt=1031