1月 302011
 


禁欲的なワシにも5年に1度ぐらい物欲が襲ってくるが、もねココの健康トラブルも2、3年に一度ドカンとやってくるような気がする。
今がその時期か?

1.もねさん、膀胱炎

1月23日、夕方の散歩を終え小屋に戻ったあと、もねさんが急におしっこを漏らしちゃったり、頻尿になってしまった。

もねさんは、屋内では絶対におしっこをしないオンナなのでかなり異常な事態。外に出すと、もうほとんど出ないのに、1、2分おきに何度も何度もおしっこをしぼりだそうとする。そしておしっこした後の尿道口にはなんとなく赤いしずく。「こりゃ、膀胱炎かも」ということで、急遽早めに東京へ戻り、動物病院へ直行した。

病院ではエコーで膀胱を調べ、カテーテルで採取して尿検査を実施。エコーでは膀胱壁が少し厚くなっているのが分かり、尿検査では潜血が確認された。詳しくは尿を培養して菌が感染しているかどうか調べる必要があるが、とりあえず膀胱炎の可能性が高いということになり、抗生剤と止血剤を処方された。

薬を飲み始めたら、翌日からお漏らしと頻尿はぱたっと止まり排尿は正常に戻った。ただしここで油断して薬をやめると、再発する可能性があるので、最低3週間は薬を飲み続ける必要があるとのこと。現在、外部機関で菌の同定を行っており、結果次第では薬の種類を変えることもあるらしい。

2.ココちん、避妊手術&乳腺腫瘍&卵胞嚢腫

もね母の希望により、28日にココちんの避妊手術を行った。♂のワシにはよく分からんが、ヒート期間中、精神的に不安定になったり、ヒートがなかなか終わらなかったりするのを気にしてのことらしい。

避妊手術は卵巣と子宮を両方取る方法で行われた。獣医師の説明では、すごく大雑把に言うと、アメリカは「卵巣と子宮を両方取る派」で、ヨーロッパは「卵巣だけ取る派」らしい。この病院では最近は卵巣だけ取り子宮を残すことが多いらしいが、ココちんは高齢であり子宮に腫瘍ができている可能性もないわけじゃないので、念のため両方取ることになった。

この病院では腹腔鏡手術も可能だが、ココちんは高齢で内臓脂肪が多いことが予想されるため、通常の開腹術で実施した。

ココちんを病院に預けて家で待機していると、病院から電話。「術前の検査で乳腺に小さなしこりが2箇所あるのが見つかった。乳腺腫瘍の可能性が高いと思う。一緒に取ったほうがいいと思うが、どうしますか?」

しこりが良性か悪性かは切除して検査に出さないと分からない。通常ならしばらく様子をみるという選択肢もありうるが、麻酔をして避妊手術をすることが決まっていたので、一緒に取ってもらうことにした。

乳腺腫瘍は、もねさんも以前見つかり、切除したことがあったので、ココちんについても気にしていた。もねさんの2回目の乳腺腫瘍はワシが自己流触診でかなり早期に見つけたが、ココちんは「女子体操選手」のような小柄だけど筋肉質の体型(^^;)。触っても内臓がパツンパツンに詰まっている感じがして、どうもよくわからなかった。病院での獣医師による触診でもいままで見つからなかったが、今回は手術のためお腹の毛を剃ったら、ポツンとしこりがあるのが見ただけで分かったという。

見つかったしこりはごく小さく、切除のための傷も小さくて済んだ。良悪性が分かるには10日ぐらいかかるが、仮に悪性だとしてもきれいに取れたはずという。(2/4追記)病理検査の結果、良性と判明!

あと、避妊のため卵巣を切除したら、軽度の卵胞嚢腫だったことも判明した。これについては、取ってしまえば問題ないのであまりよく聞いてないが、まあ、結果的に避妊手術をして良かったということになるのだろう。


久しぶりに字をいっぱい書いてしまった。字が多い記事って読まれないんだよね~(^^;)

5月 102010
 

かかりつけ病院に先日のMRI&CT結果を持参、週1の整形外科医が診察した。
以下、もね母報告。

触診で首の左側の付け根付近を押すと、ココちん、体を硬くしてなんとなく痛そうな様子に。
触診の様子とMRI、CTの結果から、頚椎の変形している部分が何らかのきっかけで末梢神経に触って炎症が起き、痛みが出たのではないかとの獣医師見解。
こういうケースは治るまで通常6~8週間かかるので、もう1週間、消炎鎮痛剤を続け、その後、薬を切り、痛みが出ないか様子を見ることになった。
当然その間は安静を継続。

ちなみに、頚椎の変形については、フレンチブルやパグなどの犬種でよく見られるが、コーギーでは珍しいとのこと。「変形があっても痛みが出たりしなければ、気が付かないことも多い」らしい。

5月 032010
 

一見元気にも見えるが、一日に何度か悲鳴を上げるのがおさまらないため、もね母が連れて再度病院に検査へ。

以下、もね母報告。

—–

整形の医師に診てもらったところ、頚椎の異常(ヘルニアあるいは腫瘍)が痛みの原因かもしれないとのこと。

触診で圧迫した時、首の右側は反応しないが、左の時、体をこわばらせる。

レントゲンを再度撮ったところ、該当箇所になにか異常が写っているらしい(詳細不明)。

これだけでは判断できないので、ほかの施設でMRIとCTを撮り、その結果で再度検討することになった。

—–

ちょっと時間がないのでとりあえずここまで。

4月 282010
 

まずは、もね母による報告から。

———-

[触診]
全体と足や腰、肩・首などの関節、異常なし。

カマキリ?

カマキリ?

[レントゲン結果]
ヘルニア等を疑う所見なし。
これだけではヘルニアがないとはいえないが、変形している骨はほとんどなし。
臓器等の大きさ(腫れ等)も問題なし。

[超音波による診断]
内臓の異変なし。
腫瘍なども見つからず、詰まっている個所もなし。

[血液検査の結果]
通常値から外れていたのは、GPT 数値101
ここ数日の体調が悪かったことが影響しているのかも知れないので、しばらく期間を空けて、再検査したほうが良いとのこと。
今回は肝臓の薬の処方なし。
肝臓数値以外は異常なし。

[フィラリア]
問題なし。

検査中、先生が触診しようと手を触れたときと、採血後の止血で押さえているときに、3度ほど、「キャイン」と鳴いた。
声の様子から、精神的なものではなく、やはりどこか痛いのだろうとの所見。
癲癇(てんかん)などの場合は、少なくとも10秒間ほど鳴き続けるので、明らかに鳴き方が違うとのこと。

というわけで、結局原因つかめず。
ただ、元気はあり、またその後は一度も鳴いていないので、快方に向かっているのではないかとのこと。
一応、消炎鎮痛剤(プレビコックス)を3日分出してみるので、明日になっても鳴くようだったら飲ませてみるようにとのこと。
それで、収まるかどうか様子を見て、収まったら薬をやめて、再度様子を見るようにとのこと。

以上

———-


昨日の午前中ぐらいまでは、触られないように部屋の片隅に逃げてうずくまっているような状態だったが、それに比べると明らかに改善してきた。
「遊ぼうっ!」と誘いに来るし、笑顔もだいぶ戻った。
でも平常の50%ぐらいの感じ。
触ろうとすると、微妙に嫌がるような感じも残っている。
まだしばらくは注意が必要そう。


検査しても原因は分からず、痛み止めを出して様子を見るぐらいだろうというのは事前の予想通り。
症状は改善傾向にあるが、原因がはっきりしない以上、再発の恐れは残っている。
できることは、疲労やストレスを貯めないようにすることぐらいか?
ココちんも、もうすぐ9歳。無理のできない年齢になってきたということだろう。


ワシのつたない知識では、今回のココちんの症状は、最もひどいときは、人間の病気の「線維筋痛症」と似ている感じがした。

人の線維筋痛症があまり知られていないぐらいだから、犬の線維筋痛症なんて聞いたことは当然ない。
だが、「原因不明」「血液検査などで異常が出ない」「中高年女性に多い」など、なんとなく類似点が多い。
症状も、最悪のときは線維筋痛症の各種説明とよく似た状態で、かなりつらそうだった。
痛みに強いはずの犬であるココちんがつらそうだったのだから、相当な痛みだったと思われる。

やっとリラックスして寝られるようになった

やっとリラックスして寝られるようになった


二度とあんな状態にならないことを願う。

7月 232009
 

もね母が連れて動物病院へ。
以下、もね母の報告。

きょうはこの前とは別の獣医が診たが、やはり後ろ脚の反応が悪いとのこと。
股関節は触診で異常なし。
背中の神経反射の反応は良。
ふらつくとか目が揺れることもないので、脳も問題なし。
X線検査もしたが、内臓、関節とも問題となるような異常はなし。
背骨に若干の変形はあるが、麻痺が出るほどではなし。
血液検査も異常なし。
やはり腰のヘルニアなどが考えられるが、これだけでははっきりしないので、来週、検査専門機関でMRI検査を受けることになった。
治療法はMRIの結果を見て検討する。
ステロイドは効かなかったようなので、とりあえず打ち切りビタミンB系の薬を継続する。

以上

6月 262009
 

きのう、ココちんのブラッシングをしていたら、背中左側の皮膚の下に直径6,7ミリぐらいのポコッとしたしこりがあるのを発見した。

以前、もねさんの乳腺腫瘍を触ったことがあるワシとしては、「これはもしやっ?!」と思ったわけですよ。

で、ネットで調べると、肥満細胞腫とか脂肪腫とかいろいろ出てきて、「検査しないと判断できないので、疑わしいと思ったら直ちに動物病院で調べてもらうべし」とか書いてある。

で、きょう、たまたま休みだったので、「え~ん、ココちんが肥満細胞腫だったら嫌だぁ」と動物病院へ車を走らせ先生に診てもらったら「う~ん、これは触った感じでは悪いものじゃなさそうですけど、針で細胞採って検査します?」と逆に聞かれた。

触診だけじゃ悪性でないと断言できるわけないし、細胞を採って調べても、針を刺した場所によって結果が異なることもあるので、当たる確率は50%ぐらい。結果はすぐに出るが、料金は5000円という。

いや~、10秒ほど悩んだわ。

で、念のため先生の感触を聞くと「断言は全然できないですけど、ニキビみたいなものでないかと…」

ニッ、ニキビですか(・_・)

ニキビとかなら、1,2週間で治っちゃうだろうし、経過を見てから検査するにしても、1,2週間後なら仮に悪性だとしても予後に大きな影響はないとのこと。

そ、そうですか。じゃあ、様子を見ることにします、と、そそくさと退散。

料金は診察のみで1050円。保険がだいぶ余っていたので使って半額の525円に。
受付のおねえさんに「お大事に♪」と言われ、「ど、どうも」と逃げるように立ち去ったのでありました。

ということで、「ニキビみたいなものの可能性が高いが、一応経過観察」で一段落。
病院へ行くのがちと早すぎたかもしれん(汗)

明日はクリーンランで頼むよぉ、ココちん!
これ以上ワシに恥をかかさないでくれよぉ!!

20090626-2
「アタチは何もしてないも~ん」

4月 202009
 

もね母が連れて、いつもの動物病院へ健康診断&rabies予防注射に。

rabiesは哺乳類共通の感染症であり、犬に特有の病気ではない。
だから「狂犬病」という日本語名は誤解を招くので適切でないとワシは思う。
アメリカあたりじゃ予防注射も3年に1回らしいが、日本では医学的に過剰とも思える毎年1回。
まあ、日本は何が正しいかではなく、何事も利害関係者の思惑で動く国だからね。
ETC割引も、定額給付金もまた同じなり。
あー、やだやだ。

健康診断は触診と血液検査。いずれも問題なし。
ココちんの肝臓の数値も正常範囲内だった。
触診と血液検査だけじゃ分からないことも多いが、とりあえず一安心。

もねさんは犬歯の隣りの歯がいつの間にか折れてしまったので、これもついでに診てもらった。
結果はとりあえず、経過観察ということになった。
人間だったら当然治療するところだと思うが、もねさんの場合は全身麻酔で抜歯になるだろうから、そう安易にはできない。
歯磨きの時、折れた断面にブラシが触れると、ちょっと痛そうなそぶりを見せる。
だが、歯磨きの時は常に嫌がってガウるので、本当に痛いのかどうか、いまいちよく分からない(汗)
今のところ化膿や炎症などはないようなので、経過観察は、まあ、妥当な判断といえよう。

ていうか、先生、もねさんの口に触ることができず、ワシが念のために持たせた歯の写真を見て判断したらしい。
ま、そんなことになるだろうと思ったから、写真を持たせたんだけどさ(-_-;)

11月 262008
 

久しぶりに動物病院へ。

もね、触診異常なし。
2月に切除した乳腺腫瘍については、現時点で再発の兆候はなく、「早く発見できたので良かったのでしょう」(獣医師)。
足の偽関節も「言われなければ分からない状態」で、痛みなどが出なければ問題なし。

ココも触診異常なし。

今年最後のフィラリアの薬をもらって終了。

7月 282008
 

 もねさん、つい数日前に金属プレートを当てテープでぐるぐる巻きに固定し直されたばかりだが、おとといあたりからずれて固定の意味をなさなくなっていた。きのうにはかなり斜めにずれてしまったので、かえって悪影響があるのではないかと考え、病院には行かず自主判断でテープとプレートを外してあげた。

 かかりつけの動物病院がきょう、1カ月に1度の整形外科専門医が来る日だったので、もね母が連れて行って診てもらった。

 結果から言うと、固定は全部外して様子を見ることになった。

 もね母によると、レントゲンは撮らず触診しただけだったが、骨折個所が偽関節になっている可能性があるとのこと。偽関節というのは、骨折個所が元通りにつながらず、関節のように曲がる状態になったままのこと。

 今後の対応としては、
(1)手術でプレートを入れて固定する
(2)ギプスで固める
(3)固定しないで様子を見る
―などがあるが、
(1)は、指の細い骨なのできちんと固定できない可能性がある
(2)は、骨折から時間がたっており、骨折個所の間に肉が入り込んでいると固めても骨が付かない可能性がある(「50%ぐらい」)
―とのことで、(3)を選択することになった。

 もねさん自身は、骨折個所を触って動かしても全然痛がらないし、普通に生活する分には問題ないとのこと。また今後、自然に骨がくっつく可能性もないわけではないという。

 今後もしも痛がったりしたらギプスで固めなければならないかもしれないが、そうでなければ1週間後に経過観察、1ヶ月後にレントゲン撮影の予定。

 ただ、指先を引っかけたりするとよろしくないことには変わりないので、ちょうどあした、歯肉腫&歯石取りで麻酔をかけることもあり、前足の爪を血管ごと短く切ってもらうことにした。

 過去3回はちゃんと治ったし、今度も同じように治るだろうと思ってちょっと油断したかもしれない。最初からがっちり固定しておけば良かったという思いもないわけではない。だが、指先の骨折は固定しにくいし、特に足の短いコーギーは固定しにくい。しょうがなかったのかもしれない・・・

 いずれにしても、もねさんももうすぐ10歳だし、どっちにしても激しい運動をさせるつもりはない。いつまでも固定し続けて不自由な生活をさせるより、普通の生活に戻してあげたほうがいいだろう。

 偽関節になっても日常生活には影響ないだろうが、正常な関節よりはやはり炎症を起こしたり痛みが出たりしやすいはず。長距離の山歩きや、ディスク、ボール遊びは一切禁止するつもりだ。

 ディスクやボール遊びは、もねさんの最も好きな遊びである。これまでのもねさんとの本当に楽しかったディスク生活を振り返ればワシとしても忍びないが、こうなっちゃった以上しょうがない。ワシとしてはこうならないように、細く長く続けられるように最大限努力したつもりなんだけどね。

 で、このブログを見ている人にお願い。

もしも、ワシのいないところで、もね母が性懲りもなく、もねとボールやディスクなどで遊ぼうとしているのを見かけたら、やめさせてください!

 今まで、「気をつけろ」「やりすぎるな」「やめろ」と、何十回、何百回、口が酸っぱくなるほど言ってきたが、無視された結果、今回の事態になったのでね。
 今度こそ気をつけるだろうとは思うが、念のため。

3月 052008
 

本日もねさん抜糸。
これにて治療終了♪

しかしまあ、結果的に見れば、最初に良性の腫瘍を経験して注意深くなっていたことが幸いした。
初めてできたしこりだったら、これだけすぐに見つけて手術で切除できて「良かった」と言えたかどうか、正直言って自信はない。

そして今回ばかりは「獣医さん、さすがだなあ」と感心した。
最初にワシの自己流触診で「もしや」と思ったことが発見のきっかけではあるが、手術をした根拠は獣医の触診のみ。獣医は触診したら即座に「確かにありますね」とすぐに分かり、手術して取ることを提案した。取ってみたらほんとに腫瘍だった。
触っただけでそこまで分かるというのは、やっぱり経験の積み重ねなんでしょうねえ。

最初の良性腫瘍摘出の時も、同じ動物病院の別の先生の触診がきっかけ。
健康診断で触診したらたまたま見つかったのだった。
だてに「先生」を名乗っているんじゃないんですねえ。
いやほんとに、助かりましたよ。

そして神様、仏様、ナントカ様。
どうかどうか、もねちゃんをこれ以上、つらい目にあわせないで済みますように!
もう2回も腫瘍ができたんだから、これ以上できませんように。
ワシの切なるお願いです。もねちゃんが元気で長生きできますように、どうか、どうか、よろしくお願いいたします。