術後1カ月、問題なし♪

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO
変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

ココ、血液検査ほぼ正常に♪

もねココ、本日、もね母に連れられ動物病院へ。

もねさんは脇の下の傷を診てもらうため。
ココちんはステロイドの効果を見るための血液検査。

まず、もねさんは、傷がちょっと深かった。
抗生剤を飲みながら傷口を清潔に保ち、肉が盛り上がるのを待って縫うことになりそう。
見えにくい場所とはいえ、傷に気が付くのがちょっと遅かった。
体重が掛かるところなので傷が深くなってしまったらしい。
ゴメンゴメン。

ココちんの血液検査の結果は、炎症を示すCRP以外はすべて正常範囲内(^O^)
CRPもあともう少しで正常範囲というところまで下がった。
念のためステロイドの投与量はもうちょいキープし、次回検査で正常範囲に入ったら投与量を減らす予定。
獣医師は手術までに4分の1に減らしたいとしている。

ココちん、血小板改善♪

昨日午前、もね母に連れられココちん動物病院で血液検査。

[主な結果]

  • 血小板 少し低めだが正常範囲内に上昇
  • ヘマトクリット 正常
  • 白血球 基準値を下回る
  • CRP まだ高いが大幅に減少

炎症がおさまり改善傾向だが、ステロイド投与で増えるはずの白血球が減り、依然として獣医師も首を傾げる不思議ちゃんココちん(汗)
とはいえ全体的には白血球がもう少し増えれば手術を受けることも可能なレベルにまで改善した。
元気さ、食欲も問題ない。
ステロイドを投与するため、膀胱移行上皮癌を抑えるための非ステロイド系抗炎症剤ピロキシカムを切っているが、オシッコの出方も今のところあまり悪くはない。
このままステロイドと抗生剤を続けてさらに様子を見ることになった。

もねさん、今朝、左脇の下に傷があるのを発見。
車いすの前脚用サドルが擦れたらしい。
4輪に改造直後に擦れたことがあったが、調整してからは大丈夫だった。
傷ができたのは左前脚がむくんだ時期と重なるような気がするが、関係あるのかないのか?
前脚周辺の筋肉が落ちて体形が変化したことも関係あるかもしれない。

とりあえず傷が治るまでは車いすの使用を中断し、カートでのお散歩に。
今朝は、怪しいサングラスの中年男が犬を乗せたカートをピュ~ッと押して歩くという非日常的光景に、通りがかった人が不審の視線を投げかけていたような(^^;)
もねさんは散歩に行く前、なにやらアウアウわめいていたが、散歩から帰ってきたらスヤスヤとお昼寝。
車いすでもカートでもどっちでもいいから、とにかく散歩に行かないと納得してくれないようですなあ。