12月 032013
 

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO

変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

10月 072012
 

もねココ、本日、もね母に連れられ動物病院へ。

もねさんは脇の下の傷を診てもらうため。
ココちんはステロイドの効果を見るための血液検査。

まず、もねさんは、傷がちょっと深かった。
抗生剤を飲みながら傷口を清潔に保ち、肉が盛り上がるのを待って縫うことになりそう。
見えにくい場所とはいえ、傷に気が付くのがちょっと遅かった。
体重が掛かるところなので傷が深くなってしまったらしい。
ゴメンゴメン。

ココちんの血液検査の結果は、炎症を示すCRP以外はすべて正常範囲内(^O^)
CRPもあともう少しで正常範囲というところまで下がった。
念のためステロイドの投与量はもうちょいキープし、次回検査で正常範囲に入ったら投与量を減らす予定。
獣医師は手術までに4分の1に減らしたいとしている。

10月 052012
 

昨日午前、もね母に連れられココちん動物病院で血液検査。

[主な結果]

  • 血小板 少し低めだが正常範囲内に上昇
  • ヘマトクリット 正常
  • 白血球 基準値を下回る
  • CRP まだ高いが大幅に減少

炎症がおさまり改善傾向だが、ステロイド投与で増えるはずの白血球が減り、依然として獣医師も首を傾げる不思議ちゃんココちん(汗)
とはいえ全体的には白血球がもう少し増えれば手術を受けることも可能なレベルにまで改善した。
元気さ、食欲も問題ない。
ステロイドを投与するため、膀胱移行上皮癌を抑えるための非ステロイド系抗炎症剤ピロキシカムを切っているが、オシッコの出方も今のところあまり悪くはない。
このままステロイドと抗生剤を続けてさらに様子を見ることになった。

もねさん、今朝、左脇の下に傷があるのを発見。
車いすの前脚用サドルが擦れたらしい。
4輪に改造直後に擦れたことがあったが、調整してからは大丈夫だった。
傷ができたのは左前脚がむくんだ時期と重なるような気がするが、関係あるのかないのか?
前脚周辺の筋肉が落ちて体形が変化したことも関係あるかもしれない。

とりあえず傷が治るまでは車いすの使用を中断し、カートでのお散歩に。
今朝は、怪しいサングラスの中年男が犬を乗せたカートをピュ~ッと押して歩くという非日常的光景に、通りがかった人が不審の視線を投げかけていたような(^^;)
もねさんは散歩に行く前、なにやらアウアウわめいていたが、散歩から帰ってきたらスヤスヤとお昼寝。
車いすでもカートでもどっちでもいいから、とにかく散歩に行かないと納得してくれないようですなあ。

3月 202012
 
  1. ワラワラと届いた。ロックジャルダン用ポット苗。前列左からキクバクワガタ、千島ラッキョウ、コマクサ。後列左から筑紫カラマツ、姫シャジン、千島ウスユキソウ、タカネビランジ。 http://t.co/6z42qqiA
    山野草ポット苗


  2. もねさん、先日の検査結果を聞きに動物病院へ。血液、X線(胸部、腹部、背骨)、エコー(心臓)いずれも異常なし。DMの影響ははまだ呼吸器まで来ていないとの判定。フィラリア陰性。予防接種が必要か判断するため抗体検査を依頼。
  3. クリスマスローズ「アシュードオレンジペコ」。先日、もね母がミヨシ・ペレニアルガーデンのクリスマスローズ即売会で購入。暖かくなったら庭に植える予定。 http://t.co/383mKzhq
    Helleborus


Powered by t2b

10月 222010
 


約1年ぶりに麻布大学附属動物病院脳神経科へ。
症状の進み具合などを久しぶりに診てもらおうという趣旨。

以下、付き添いのもね母の説明。

血液と神経反射を調べ、その後、医師の説明があった。
最近、血液検査で変性性脊髄症(DM)の症状の進み具合を調べられるようになった、とか言われたが詳細不明。

検査結果概要

  1. 血液検査:特に異常なし
  2. 神経反射:発症後1年以上たっている割にはかなり良好

検査後の医師の説明要旨

  1. 神経反射がいいのに後ろ脚で立てなくなるのが早過ぎる。リハビリをしましょう。効果があるはず
  2. 最近、マウスを使ったDMの研究でL-カルニチンを投与すると寿命が延びることが報告された。カルニチンを使ってみましょう

リハビリについては、もねの場合はまだ神経反射が良好なので、もっと後肢に体重を掛けるようなリハビリが必要との見解。足をひきずると傷になるのは分かるが、車いすで後肢を浮かせてしまうのはまだ早いとのことだった。車いすの方がよく歩くということであれば、散歩とかは車いすを使ってもいいので、家の中で腰を支えて後肢に体重を掛けさせるようなリハビリを毎日5分でも10分でもしたほうがいい。死んだ神経細胞は元には戻らないが、新たにバイパスができる可能性があるとの説明だった。

L-カルニチンについては、人のサプリとしても使われているので、副作用等の心配はほとんどない。似たような人の病気でも既に使われているとのこと。ただ、血中濃度を調べて高かったら使えない?ので、後日、検査結果が出てから決めましょうということになった。


もね母報告を受けてのワシの見解

  1. 後肢に体重を掛けるリハビリ:同意
  2. L-カルニチン:同意

確かに、もねさん、後ろ脚の力は衰えたとはいえ、動かないわけではない。車いすで遊ぶときとか、腰サポートで支えられてはいるが、普通に走っているかのようにブンブン後ろ脚が動く。リハビリをすれば効果があるはずというのは、うなずける説明。ただ、もねさんは自我が強いオンナなので、納得できないことはやらないタイプ。後肢をもっと使わせるためには、もねさんのモチベーションをいかに高めるかが課題といえよう(^^;)

サプリは既にビタミンC、ビタミンB12、ビタミンEなどを与えているが、神経反射は良好と聞いて一安心。効果があるのかどうかは確認しようがないが、今のところ害はないようなので継続する方針。L-カルニチンもダメもとで試す方向。

以上

4月 282010
 

まずは、もね母による報告から。

———-

[触診]
全体と足や腰、肩・首などの関節、異常なし。

カマキリ?

カマキリ?

[レントゲン結果]
ヘルニア等を疑う所見なし。
これだけではヘルニアがないとはいえないが、変形している骨はほとんどなし。
臓器等の大きさ(腫れ等)も問題なし。

[超音波による診断]
内臓の異変なし。
腫瘍なども見つからず、詰まっている個所もなし。

[血液検査の結果]
通常値から外れていたのは、GPT 数値101
ここ数日の体調が悪かったことが影響しているのかも知れないので、しばらく期間を空けて、再検査したほうが良いとのこと。
今回は肝臓の薬の処方なし。
肝臓数値以外は異常なし。

[フィラリア]
問題なし。

検査中、先生が触診しようと手を触れたときと、採血後の止血で押さえているときに、3度ほど、「キャイン」と鳴いた。
声の様子から、精神的なものではなく、やはりどこか痛いのだろうとの所見。
癲癇(てんかん)などの場合は、少なくとも10秒間ほど鳴き続けるので、明らかに鳴き方が違うとのこと。

というわけで、結局原因つかめず。
ただ、元気はあり、またその後は一度も鳴いていないので、快方に向かっているのではないかとのこと。
一応、消炎鎮痛剤(プレビコックス)を3日分出してみるので、明日になっても鳴くようだったら飲ませてみるようにとのこと。
それで、収まるかどうか様子を見て、収まったら薬をやめて、再度様子を見るようにとのこと。

以上

———-


昨日の午前中ぐらいまでは、触られないように部屋の片隅に逃げてうずくまっているような状態だったが、それに比べると明らかに改善してきた。
「遊ぼうっ!」と誘いに来るし、笑顔もだいぶ戻った。
でも平常の50%ぐらいの感じ。
触ろうとすると、微妙に嫌がるような感じも残っている。
まだしばらくは注意が必要そう。


検査しても原因は分からず、痛み止めを出して様子を見るぐらいだろうというのは事前の予想通り。
症状は改善傾向にあるが、原因がはっきりしない以上、再発の恐れは残っている。
できることは、疲労やストレスを貯めないようにすることぐらいか?
ココちんも、もうすぐ9歳。無理のできない年齢になってきたということだろう。


ワシのつたない知識では、今回のココちんの症状は、最もひどいときは、人間の病気の「線維筋痛症」と似ている感じがした。

人の線維筋痛症があまり知られていないぐらいだから、犬の線維筋痛症なんて聞いたことは当然ない。
だが、「原因不明」「血液検査などで異常が出ない」「中高年女性に多い」など、なんとなく類似点が多い。
症状も、最悪のときは線維筋痛症の各種説明とよく似た状態で、かなりつらそうだった。
痛みに強いはずの犬であるココちんがつらそうだったのだから、相当な痛みだったと思われる。

やっとリラックスして寝られるようになった

やっとリラックスして寝られるようになった


二度とあんな状態にならないことを願う。

11月 082009
 

ココちん、一昨日、昨日と連続で軽くゲロったので、念のため病院で診てもらった。
ココちんがゲロって元気ないのは危険な兆候で、これまでも何度もおおごとになったことがあるのでね。
で、血液検査の結果、異常なし。
肝機能の数値も、GPT/ALTが基準値をわずかに上回っていたが問題ない範囲であった。
念のためブスコパンを3日分、出してもらって様子見ということに。
ワシも風邪かなんかで急に腹を壊したし、ココちんも風邪みたいなもんかな?
ちなみにもねさんは、ココと同じもの食べているが全く異常なし(^^;)

9月 122009
 

昨日、もね母に連れられ、麻布大学附属動物病院脳神経科を初受診。
病院通いの日記が続いてしまったが、たまたま予約日が近くなっただけで、症状が悪化したわけではないのでご心配なく。
ワシも同行すべきではあったが、2日連続夜勤で前夜は3時間ぐらいしか寝れなかったので、朝いったん起きたが、もね母に任せ二度寝に突入してしまった(^^;)

大学病院なんて行くのは、鹿児島時代に骨折で鹿児島大学農学部附属動物病院へ行って以来である。
その時は鹿児島の動物病院を全然知らなかったので、とりあえず大学病院に行ったのであった。
今回大学病院に行ったのは、かかりつけ病院の紹介があったからである。
もねさんの症状から変性性脊髄症が可能性の一つとして疑われ、麻布大病院なら症例を多く見ているから判断できるであろう、ということであった。

20090911-1

診察では、血液検査、X線撮影(かかりつけ病院から資料が送られていなかったので再撮影)をして歩く様子などをチェック。
診た範囲では変性性脊髄症と特定できる所見はない、ヘルニアでこういう症状になることもある、とのことであった。

ただ、変性性脊髄症ではないと断定もできないので、念のため、アメリカの検査機関に血液サンプルを送って、DNA検査することになった。

DNA検査はアメリカの研究機関が研究目的でやっているものなので、検査費は無料。
ただし血液サンプルを送るのは自費(クール宅急便みたいので送るのでちょっと高い=約1万円?)。

DNA検査の結果が陰性であれば、変性性脊髄症の可能性は否定される。
陽性であれば、変性性脊髄症の可能性は残る。(遺伝的素因を持っていても、発症するとは限らないので、断定はできない)
陰性ならばいいが、コーギーは陽性率がかなり高いらしいから、もねも陽性の可能性は高い。
結果を待たねばならんが、DNA検査をしても原因の確定はあまり期待できないであろう。


もねさん、診察室では、診察台を取り囲んだペーペーの獣医のタマゴをじ~~っとにらんで「ナデレ!」と強要していたらしい(^^;)


その間、ココちんは

20090911-2

お家の近くの神社の裏でこんなことして遊んでおりました。

この切り株、年輪数えたが、30ぐらいしか分からなかった。
30年ぐらいでこんなにぶっとくなるのか?!
ワシの小屋も、成長の速いコナラとか植えたら、ワシが生きとるうちにこんなにデカクなるのだろか???

7月 302009
 

今日はワシが夕方からのお仕事なので、ワシが担当。

まずは血液検査。
麻酔で血圧が下がると高齢犬は腎臓や肝臓に影響が出ることがまれにあるので、そのための検査だそうである。
結果は1項目だけちょびっと基準値を上回ったが、ほかはすべて基準範囲内で問題なし。

その後、レーザー治療。
見ていないので詳細は分からないが、皮膚の上からヘルニア患部周辺にレーザーを当てる。
効くこともあるけど、効かないこともあるらしい。
手術やステロイドなどと違って、リスクがほとんどないのでよくおこなわれるらしい。
お灸みたいなもんですかね?

このほか、獣医師との間で今後の治療方針を確認。
内容をワシなりにまとめると、治療の選択肢としてはリスクの低い順に

  • ビタミン剤(B12)投与
  • レーザー
  • ステロイド点滴投与
  • 手術

ほかに

  • 針灸
  • マッサージ

などがある。

もねさんの状態を見ると、

  • 画像診断上、中程度からごく軽度の椎間板ヘルニアが4カ所
  • 後肢に若干の麻痺あり(前後方向の動きはあまり問題なし、横方向の力に対してふらつく)
  • 痛みはないもよう

という感じ。
そして、もうじき11歳というのも大きな判断材料。

治療方法については、

  • 手術はごく簡単に言ってしまえば、症状は改善することもあるが、改善しないこともある。リスクは当然ある。
  • ステロイド点滴投与は、3日連続通院で行い、費用6、7万円。嘔吐などの副作用はありうる。急性の椎間板ヘルニアでは効果がかなり期待できるが、もねの場合は、慢性?あるいは加齢に伴うもの?なので、急性の場合よりは効果がないかもしれない。
  • レーザーは患部周辺の血行を良くしたりする。症状は改善することもあるが、効果がないこともある。副作用は少ない。
  • ビタミンB12は神経の再生?を促進する。副作用は少ない。
  • 針灸やマッサージは、患部周囲の筋肉をほぐすなどして、症状を楽にすることが主な目的だが、症状が改善することもある。

―などなど。

これらの条件を総合的に考え、

  • とりあえずビタミン剤&レーザー治療で様子を見る。レーザーは1週間に1回程度。
  • 場合によっては、マッサージなどを取り入れることも検討。
  • 痛みが出たり、麻痺が進んだりしたら、ステロイド点滴投与などを検討する

―という方針で治療することを再確認した。

あと、MRI画像データのコピーを頼んだので次回もらえるかもしれん。

もうそろそろ仕事に行かねばならんので、今日はここまで。

急にグキッときて、痛くて動けないとか、下半身麻痺になったとかなら、手術するしかないが、もねさんの場合は、多発性だけど症状が軽いだけに、リスクの高い治療はしにくく、かえって治療方針が難しい。

リスクの低い治療を選びつつ、現状維持、あわよくば改善を、って感じですかなあ。

7月 232009
 

もね母が連れて動物病院へ。
以下、もね母の報告。

きょうはこの前とは別の獣医が診たが、やはり後ろ脚の反応が悪いとのこと。
股関節は触診で異常なし。
背中の神経反射の反応は良。
ふらつくとか目が揺れることもないので、脳も問題なし。
X線検査もしたが、内臓、関節とも問題となるような異常はなし。
背骨に若干の変形はあるが、麻痺が出るほどではなし。
血液検査も異常なし。
やはり腰のヘルニアなどが考えられるが、これだけでははっきりしないので、来週、検査専門機関でMRI検査を受けることになった。
治療法はMRIの結果を見て検討する。
ステロイドは効かなかったようなので、とりあえず打ち切りビタミンB系の薬を継続する。

以上