3カ月ぶりに大学病院

もね母の引率で、もねココ、久しぶりに大学病院へ。

ココちんは無菌性脂肪織炎 or 無菌性肉芽腫の経過観察。
もねさんは変性性脊髄症(DM)の進み具合のチェックが目的。

ココちんは尿、血液ともに異常なし。
ステロイドを飲み続けているが、肝機能の数値も問題なし。
エコー検査の結果、片方の腎臓はもう機能していないようだが、もう一方の腎臓は正常。
肉芽の大きさは前回と変わらず。
線維化して硬くなっているとすると、もうこれ以上、小さくならないかもしれないとのこと。
ということで、現状で問題ないので、今までどおりステロイド投与を継続しましょうとの結論になった。

もねさんは、血中酸素が若干低下、逆に二酸化炭素は若干上昇。
やはりわずかずつ呼吸機能は低下しているらしい。
最近、オシッコ臭が気になったので、膀胱炎かどうか調べてもらったが、尿検査では異常なし。
ニオイは、尿が少しずつ漏れているためかもしれないとのこと。
あと、肝機能の数値が少し高いので、気になるようだったら、かかりつけ医に相談するよう勧められた。

大学病院では、診ているDM犬のデータを整理して、近く学会発表するとのこと。
その中で、もねさんは症状の進み方がかなりゆっくりで、DMを発症してからの生存期間が断トツで長いらしい。
単なる偶然かもしれないが、もしかしたらプール運動やサプリが少しは効いたのかもしれない。
でも一番大きいのは、DMをものともしない、もねさんの気力だと思う。
もねさんが人間だったら、すごくうるさくて鬱陶しい患者だとは思うけどね(^^;)

ココちん、ステロイドさらに半減へ

昨日、かかりつけ医へ。

まずココちん。
順調なのでステロイドの量をさらに半減することに。免疫抑制効果が十分期待できる量ではなくなってくるので、体調等にさらに注意を払うようにとの指示あり。
ステロイドを減らし始めたら、減っていた後肢の筋肉が戻ってきたような気がする。
膀胱炎用抗生剤は継続。飲み始めから計6週間程度は続ける必要があるらしい。

もねさんの傷もまずまず順調。
大きい傷と小さい傷が1個ずつあるが、小さい方は自然にくっつき始めているとのこと。大きい方も回復傾向だが、大きいだけにもうしばらく時間がかかりそう。

「劇的に回復」

もねココ、動物病院へ。

21121126夜もねまず、もねさんから。
わきの下の傷は「劇的に回復」\(^o^)/
銀イオン被覆保護材(アクアセルAg)による治癒促進がうまく作用しているもよう。
傷の底が盛り上がってきて、新しい組織ができつつあるらしい。
経過が順調なのでこのまま治療を継続して様子見。
伸縮包帯がどうしてもずれてしまうので今回はさらに多めに巻き巻き(^^;)

21121126夜ココ次、ココちん。
尿検査は今回はなし。
炎症の程度を示すCRPは0.25で正常\(^o^)/
抗生剤は念のためもう少し続けるが、ステロイドを半減し、2日に1回にすることになった。
ココちん、ステロイドの副作用のうち、「筋肉が落ちる」が出始めている。
具体的な悪影響は今のところないが、両目の外側の筋肉が落ちて少し凹んだ。
この場所や頬の筋肉が落ちやすいらしい。
膀胱炎による炎症はなくなったはずなので、今度はステロイドを減らしても前回のようにはCRPが再上昇しないことを期待したい。