5月 082013
 

もね母の引率で、もねココ、久しぶりに大学病院へ。

ココちんは無菌性脂肪織炎 or 無菌性肉芽腫の経過観察。
もねさんは変性性脊髄症(DM)の進み具合のチェックが目的。

ココちんは尿、血液ともに異常なし。
ステロイドを飲み続けているが、肝機能の数値も問題なし。
エコー検査の結果、片方の腎臓はもう機能していないようだが、もう一方の腎臓は正常。
肉芽の大きさは前回と変わらず。
線維化して硬くなっているとすると、もうこれ以上、小さくならないかもしれないとのこと。
ということで、現状で問題ないので、今までどおりステロイド投与を継続しましょうとの結論になった。

もねさんは、血中酸素が若干低下、逆に二酸化炭素は若干上昇。
やはりわずかずつ呼吸機能は低下しているらしい。
最近、オシッコ臭が気になったので、膀胱炎かどうか調べてもらったが、尿検査では異常なし。
ニオイは、尿が少しずつ漏れているためかもしれないとのこと。
あと、肝機能の数値が少し高いので、気になるようだったら、かかりつけ医に相談するよう勧められた。

大学病院では、診ているDM犬のデータを整理して、近く学会発表するとのこと。
その中で、もねさんは症状の進み方がかなりゆっくりで、DMを発症してからの生存期間が断トツで長いらしい。
単なる偶然かもしれないが、もしかしたらプール運動やサプリが少しは効いたのかもしれない。
でも一番大きいのは、DMをものともしない、もねさんの気力だと思う。
もねさんが人間だったら、すごくうるさくて鬱陶しい患者だとは思うけどね(^^;)

12月 082012
 

昨日、かかりつけ医へ。

まずココちん。
順調なのでステロイドの量をさらに半減することに。免疫抑制効果が十分期待できる量ではなくなってくるので、体調等にさらに注意を払うようにとの指示あり。
ステロイドを減らし始めたら、減っていた後肢の筋肉が戻ってきたような気がする。
膀胱炎用抗生剤は継続。飲み始めから計6週間程度は続ける必要があるらしい。

もねさんの傷もまずまず順調。
大きい傷と小さい傷が1個ずつあるが、小さい方は自然にくっつき始めているとのこと。大きい方も回復傾向だが、大きいだけにもうしばらく時間がかかりそう。

11月 262012
 

もねココ、動物病院へ。

21121126夜もねまず、もねさんから。
わきの下の傷は「劇的に回復」\(^o^)/
銀イオン被覆保護材(アクアセルAg)による治癒促進がうまく作用しているもよう。
傷の底が盛り上がってきて、新しい組織ができつつあるらしい。
経過が順調なのでこのまま治療を継続して様子見。
伸縮包帯がどうしてもずれてしまうので今回はさらに多めに巻き巻き(^^;)

21121126夜ココ次、ココちん。
尿検査は今回はなし。
炎症の程度を示すCRPは0.25で正常\(^o^)/
抗生剤は念のためもう少し続けるが、ステロイドを半減し、2日に1回にすることになった。
ココちん、ステロイドの副作用のうち、「筋肉が落ちる」が出始めている。
具体的な悪影響は今のところないが、両目の外側の筋肉が落ちて少し凹んだ。
この場所や頬の筋肉が落ちやすいらしい。
膀胱炎による炎症はなくなったはずなので、今度はステロイドを減らしても前回のようにはCRPが再上昇しないことを期待したい。

11月 242012
 

20121124ココちんココちん、昨日、動物病院で尿検査。
わずかに菌が検出されたが、環境中に存在する菌程度のレベル。
膀胱炎の原因菌はほとんどなくなったと考えていいとのこと\(^o^)/
抗生剤を変えたらスカッと効いた!
万全を期すためもしばらく抗生剤を続けるが、今回の膀胱炎はたぶんもう大丈夫。
出が悪かったオシッコもジャ~っと出ている。
デキモノに対するステロイドの効果も出ているもよう。
もうそろそろステロイドの量を減らしても大丈夫かな?

もねさんはわきの下の傷をチェック。
化膿の状態はだいぶ良くなった。
銀イオンの殺菌効果で傷の治りを促進する綿?ゲル?を傷口に入れて様子を見る。
傷があるのはわきの下だけだが、伸縮性包帯がすぐにずれちゃうので、左前足全体をグルグル巻きに(^^;)
なかなか治らないが、化膿は治まり悪化していないので、とりあえず問題はないだろう。

11月 182012
 

約2週間前に大学病院で採取したココちんの尿の細菌学検査結果が数日前にようやく出た。

それによると同定されたのは以下の2種類の菌。

  1. Klebsiella pneumoniae(ESBL産生)
  2. Escherichia coli(ESBL産生)

いずれもサワシリン(アモキシシリン)に薬剤耐性があった。
これまでココちんに飲ませていたのがサワシリン。
どうりで治りが悪かったわけだ。

で、ファロム(ファロペネム)に抗生剤を変更。
これでバッチリ治しましょう!

20121117-132256

「オチッコ臭い」と言われて、洗われまちた

シャンプー臭くされたので、カーペットでスリスリちまちた♪
11月 012012
 

昨日、ココちん、大学病院で経過観察の検査。

エコー検査の結果、膀胱周辺のデキモノは「少し小さくなっているかも」。
水腎症ぎみの左腎は「変化なし」。
2週間前、尿管が少し太くなっているように見えた右腎側は今回は「異常なし」。
ステロイドを減らしたら上がっちゃったCRPは、ステロイドを元の量に戻したところ「低下傾向」。

ということで、「悪性腫瘍ではなく、無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫」という診断を変更する材料はなく、現在の治療を継続することに。
ただし、現在のステロイドの量は多いため、長期間の投与は副作用の懸念がある。
このため、毎日1回投与から2日に1回投与に半減して様子を見る。

膀胱炎については、菌を特定し、効果的な抗生剤を選ぶことになった。
菌が特定され次第、結果の連絡を受け、かかりつけ医で抗生剤を処方してもらう。

大学病院で次に検査を受けるのは1か月後の予定。

20121101朝ココ

頼むよ、ココちん(^^)

4月 172012
 
  1. 去年挿したドウダンツツジ。葉っぱが開いてきた♪ http://t.co/m7J3tPIC
    ドウダンツツジの挿し木

  2. 去年挿したドウダンツツジ。いきなり花が咲きそうなものも♪ http://t.co/kU1NWc0r
    ドウダンツツジの挿し木

  3. もねさんの膀胱炎の原因菌はEnterococcus sp(腸球菌)でセファレキシン耐性と判明。抗生剤をラリキシンからパセトシンに変更して2週間服用することに。

Powered by t2b

4月 072012
 
  1. 桜、結構咲いていた♪ もねさんは定期診断のため大学病院へ。 http://t.co/wzcFuneK
    桜

  2. FlipClipが5月でサービス終了しちゃうので、とりあえずアップしてあった動画194ファイル(主にココのアジ大会)をダウンロードした。元のファイルはハードディスクかDVテープを探せばあるはずだが念のため。
  3. 【もねさん、本日の大学病院での検査結果概要】
    ①呼吸機能:異常なし
    ②麻痺:(前回12月より)進んでいる。腰の下あたりまで刺激に対する反応が鈍くなっている
    ③膀胱穿刺による尿検査で菌検出。無症状だが初期の膀胱炎。要治療→かかりつけ医へ

    【その他】
    ①(前脚が動かなくなってから?)2カ月ぐらいで頭を上げられなくなるケースもある。フセの姿勢を維持できず横向きに寝るようにもなってくる。下側の肺に水がたまりやすいので、なるべくフセをさせるか寝返りさせたほうがいい
    ②呼吸機能が落ちてくると、ハアハアするというよりも、舌の色が紫色っぽくなってくる。舌の色に注意するように

    【帰宅後、近医へ】
    ①もねの膀胱炎はとりあえず一般的な抗生剤を1週間分処方。菌が同定できたらそれに効く抗生剤に変更する可能性あり
    ②もね、前回採血したウイルス抗体検査の結果判明。アデノ1型は十分だがジステンバーとパルボ2型は抗体足りず→6種混合ワクチン接種
    ③ココも健康診断。X線とエコーは異常なし。血液検査の結果は次回。6種混合ワクチン接種

Powered by t2b

4月 192011
 


もねさんが膀胱炎、ココちんが大腸炎&何らかの炎症による痛み?で体調万全ではなかったが、 病院で薬を処方してもらい、症状は落ち着いていたので、山に行ってみた。


20110416-065102

それぞれにお庭を散策


20110416-070338

もねさん、笑顔♪


20110416-070521

クリスマスローズ


20110416-080620

向かいのコナラバヤシにリスさん、お久しぶり!


20110416-104657

石を動かしたら出たっ、ヘビさん!


20110416-132134

派手なお顔のアカゲラさん


20110416-140149

ネムネム


20110417-054225

朝はまだ寒い


20110417-063152

甲斐駒、残雪


20110417-065845

ダンコウバイ咲いてた♪


20110417-070558

ムシカリ咲きそう!


20110417-071913

もねさん、前脚はまだ大丈夫。しっかり動く!


20110417-074903

コゲラさん


20110417-112234

ヤマガラさん


20110417-112531

ココちん、燻製のいい匂いに笑顔♪


20110417-113816

ポカポカ陽気ですね♪


20110417-114809

なにか植えてた


20110417-121312

燻製ササミ完成♪


20110417-145559

ムスカリ咲いた! ちょっとピンぼけ


20110417-145858

スイセンも咲いたよん!


帰りにたまたま通った新府桃源郷はちょうど桃の花が満開!
まだだろうと油断していたが、この数日の暖かさで一気に咲いたらしい。
危うく見逃すところだった(^^;)

20110417-164832

にっこりココちん。 良かったね♪


20110417-165028

来年もまた一緒に見に来ましょう!



4月 142011
 

4/13 麻布大学病院での診断

診察内容

  • もねの病気の進行状態のチェック(立ち会っていないので詳細不明)→前足に進行が進んでいるように見えるとのこと。後ろ足の機能は半年前に比べてかなり落ちてしまっているが、今後もリハビリ(プール・立っての食事等)は続けるようにとのこと。
  • 病気が遺伝的に変異をおこしているかどうかを調べるための血液検査→調査のため、費用は無料。結果判定には時間がかかるとのこと。
  • 呼吸器に進行しているかどうかを調べるため血中の酸素濃度検査→半年前、今回ともに問題なし。

今後の注意点

  • 前足の病気の進行は、後足よりも早い。(通常、発症してから半年ほどで動かなくなるとのこと)
  • 呼吸器に進行すると、たいした運動をしてなくてもハアハアするようになる。胸式呼吸ができなくなるので、腹式呼吸だけになる。舌が青くなったりするので、胸の動きとともに要注意。
  • 昔に比べて声が枯れてきていることについては、声にも病気の進行が現れることもあり、声に現れだすと脳に進行している可能性あり。単に声が枯れているだけかは判断できず。今後、要注意。進行の進み具合は、呼吸器より脳に先に出ることもあるとのこと。

新たな治療法

  • 人間のALSで現在実験的にされている治療法として、カルニチンの大量投与がある。
  • 海外ではネズミに処方したところ、寿命が延びたとの研究発表あり。
  • 副作用としては消化器系への副作用が考えられる。(下痢・嘔吐)
  • 始める場合には、定期的に処方してその効果を見る必要があるので、定期的(1~2ヶ月)に受診してほしいとのこと→膀胱炎が完治してから、再度診察をうけることにすると回答。

次回、こちらで用意すること

  • 飲んでいるサプリの分量の詳細(種類は今回伝えてある)
  • 睡眠中・歩行中のもねのビデオ(前回こちらで用意したユーチューブは見れていないらしい)

4/14 東京動物医療センター

もね

  • 昼近くに病院に連れて行ったが、おしっこが採れなかったため病院に預けて検査。
  • 尿検査の結果、潜血は++。エコーで膀胱が肥厚しているのも確認。
  • 症状は改善しているので、とりあえず同じ抗生剤を続ける。同時に菌を培養して種類を調べ、薬を変えるかどうか検討する。

ココ

  • 先週の土曜日朝には一度元気になったことを考え、昨晩、(残っていた)プレビコックスを私の判断で処方。今日、元気になっていることから、やはりどこかに痛み・炎症があると思われる。(獣医師も同意見)
  • CRP検査に出して、症状が改善されているかをみる。
  • 今朝のうんこは問題なし。採取して、潜血がないか検査→問題なし。
  • 整腸の薬は改善していることもあり、前回処方分を飲み切って終了。
  • プレビコックスで腸を傷めた可能性もあるので、別の消炎剤(後でもねを迎えに行ったときに薬をもらえるため、今は名称不明)に切り替えるとのこと→来週月曜日に再診察。改善していなければ、関節炎等の疑いもあるので、整形の専門科受診が必要とのこと。


以上