術後1カ月、問題なし♪

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO
変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

悪性であった

術後2週間、抜糸兼検査で大学病院へ行った。

20131106-093811
「なんかヤダな~」
手術が思い出されるのか、浮かないお顔のココちんであった(^^;)

抜糸と検査は比較的短時間で終了。
呼び出されて診察室へ行くと、簡単な説明の後、摘出した腫瘍の病理検査の結果を告げられた。

「悪性でした」

1年間、無菌性脂肪織炎?を抑えることができていたのに、最近急にステロイドが効かなくなったのは、新たにできたがんが原因だったということになる。

膀胱がんかと思ったら、そうじゃなくて無菌性脂肪織炎。無菌性脂肪織炎かと思っていたら今度は別のがん。
こんなことってあるのかなぁという気はするが、病理検査の結果は確かにそう言っている。

病理検査による診断は「脈管浸潤を伴う悪性間葉系腫瘍(肉腫)」。
報告書の中身は難しくて分かりにくいが、要するに「腫瘍は悪性であり、きれいに切除できているように見えるが、血管浸潤がわずかに認められ、腹腔内や肺などへの転移の可能性も考えられるので、経過観察が必要」ということらしい。

現時点で打てる手はあまりなく、今後は1カ月毎にエコーやレントゲンで検査することになった。
抗がん剤は副作用の割に効果があまり期待できず、予防的な使用は勧められないとのことだった。

悪性だったのは残念としか言いようがない。
だが、結果的に早めの膀胱全摘は正解だった。
難しい局面が続く中、有能な獣医師に恵まれ、かなり的確な対処ができていると思う。
このココちんの強運に期待して、とにかく転移しないことを祈るしかない。

20131106-113500
帰りに大学病院の近くの公園でお散歩♪

今年はなかなか紅葉を見に行けないね。

20131106-113636
来年も紅葉を見れるように頑張りましょう!
 帰る途中、深大寺に寄って蕎麦を食べることにした。
が、その前に、ここにはココちんのきょうだい犬が眠っているので、ココちんの今後の無事を祈ってお参りしましょう。

20131106-130858
ちゃんとお参りしなさい!
そして頭上のコナラの木からドングリ爆弾が降り注ぐ中、深大寺そばを食す。

20131106-132356
ブラックタイガーですか?(^^;)
食欲あり!

ウンチの調子、おしりのかぶれもだいぶ良くなってきた。
ワシがオシッコ垂れ流しになったら、ショボ~ンとしちゃうところだが、ココちんは全然気にせずQOLの低下は全くなし。
イヌは偉いなぁ。
この調子でいきましょう!