11月 082009
 

ココちん、一昨日、昨日と連続で軽くゲロったので、念のため病院で診てもらった。
ココちんがゲロって元気ないのは危険な兆候で、これまでも何度もおおごとになったことがあるのでね。
で、血液検査の結果、異常なし。
肝機能の数値も、GPT/ALTが基準値をわずかに上回っていたが問題ない範囲であった。
念のためブスコパンを3日分、出してもらって様子見ということに。
ワシも風邪かなんかで急に腹を壊したし、ココちんも風邪みたいなもんかな?
ちなみにもねさんは、ココと同じもの食べているが全く異常なし(^^;)

4月 202009
 

もね母が連れて、いつもの動物病院へ健康診断&rabies予防注射に。

rabiesは哺乳類共通の感染症であり、犬に特有の病気ではない。
だから「狂犬病」という日本語名は誤解を招くので適切でないとワシは思う。
アメリカあたりじゃ予防注射も3年に1回らしいが、日本では医学的に過剰とも思える毎年1回。
まあ、日本は何が正しいかではなく、何事も利害関係者の思惑で動く国だからね。
ETC割引も、定額給付金もまた同じなり。
あー、やだやだ。

健康診断は触診と血液検査。いずれも問題なし。
ココちんの肝臓の数値も正常範囲内だった。
触診と血液検査だけじゃ分からないことも多いが、とりあえず一安心。

もねさんは犬歯の隣りの歯がいつの間にか折れてしまったので、これもついでに診てもらった。
結果はとりあえず、経過観察ということになった。
人間だったら当然治療するところだと思うが、もねさんの場合は全身麻酔で抜歯になるだろうから、そう安易にはできない。
歯磨きの時、折れた断面にブラシが触れると、ちょっと痛そうなそぶりを見せる。
だが、歯磨きの時は常に嫌がってガウるので、本当に痛いのかどうか、いまいちよく分からない(汗)
今のところ化膿や炎症などはないようなので、経過観察は、まあ、妥当な判断といえよう。

ていうか、先生、もねさんの口に触ることができず、ワシが念のために持たせた歯の写真を見て判断したらしい。
ま、そんなことになるだろうと思ったから、写真を持たせたんだけどさ(-_-;)

8月 272008
 

 昨日、もね母がもねココを動物病院に連れて行った。
 目的は、もねの足のX線検査とココの血液検査。
 もねは偽関節になってしまったとみられる指の骨折個所のその後の状態を調べるため。いったん偽関節になってしまったら、通常は手術しないと骨がくっつくことはないが、「あれっ、いつの間にかくっついちゃっていました!」というかすかな期待がないわけではなかった。
 ココは9月の北海道アジ&旅行を控え、肝機能に異常がないかどうか調べるため。ココは普段から肝機能の数値が正常より高い傾向があり、過去に原因不明で急激に高くなり入院治療したこともあったので、肝臓は数カ月ごとに定期検査することにしているのである。
 結果は、もねの骨折個所は変化なし。くっついていなかった。残念。ただ、痛みなどもなく安定しており、普通に生活する上では全く問題なし。足に負担を掛け過ぎないように注意し、2カ月後ぐらいにまた検査することになった。医者は「いつの間にかくっついちゃうこともあります」と言っていたそうな。まあ、あまり期待しないで様子を見ましょう。
 ココの血液検査はGPT、GOTとも高めながら正常範囲内。良かった! この状態をキープすれば北海道遠征も大丈夫だろう。数日前にヒートが始まっちゃって、北海道アジのころはたぶん終わりきっていないだろうから、アジの出走順は昨年に続き一番最後になってしまうだろうが・・・(^^;)

(おまけ)
 もね母が1か月前にもらい忘れてきたもねの歯肉腫の病理診断書をやっともらってきた。
 内容は以下の通り。

病理組織診断 : 歯肉過形成 gingival hyperplasia

 歯肉の腫瘤部では粘膜下には分化の高い膠原繊維の増生が認められます。表層部の粘膜も過形成を示し肥厚しています。また少数のリンパ球、形質細胞の浸潤が認められます。

 歯肉の病変は歯肉過形成と診断されます。本病変に関しては、外科的な摘出により予後は良好と考えられますが、歯肉炎や歯石などの慢性刺激が続くようであれば、新しく他の部位にも同様病変が形成される可能性があります。

 やっぱり歯はちゃんと磨けということですね。
 もねさんにガウられながら、なだめすかして何とかやっていますよ。
 もね母がやらないのでワシが。

3月 222008
 

明日、もう一度病院に連れて行くけど、とりあえず開腹じゃなくて回復したもよう(笑)
20080322coco.jpg
食欲も戻ってきた。
今日は病院で缶詰の餌を4回に分けて与えたそうだが、「食い付きが良かった」らしい(^_^;)
吐いてもいないので、食べたものがちゃんと胃から先に流れているのだろう。
膵炎の可能性も検査結果では否定的。
結局、胃の出口が閉じていた直接の原因は分からないままだが、食欲が戻ればとりあえず一安心。
今晩は帰宅できることになった♪

あす朝もう一度病院に連れて行き、念のため炎症を抑える薬?を点滴をする。
そして、造影剤を飲ませて、胃の先にちゃんと流れていくか確認する予定。

今日は、医者に昨日の内視鏡検査の動画などを見せてもらいながら説明を受けた。
胃の出口が閉じているのがどれほどのものかワシには評価できないが、医者は「これほどきっちり閉じて開かないのは見たことがない」と強調していた。
昨日の、開腹したほうがいいかもという話にはかなり驚いたが、このまま胃の出口が閉じたままだったら、確かにかなりヤバい状態だったことは間違いないようだ。

とにかく、にこにこココちんが戻ってきてホッとした。

前に肝臓が悪くなった時も最悪のケースを想像したが、今回も一時はかなり心配したぞ。
ココちんのせいで、これまで何度、枕を涙で濡らしたことか。(この時期だから鼻水かも?)
とにかく、ほんとに良かった!
いつかはお別れの日が来てしまうのは分かっているが、まだまだ早すぎる。
まだまだ一緒にやることがいっぱいあるのである。

今回、反省点があるとすれば、まだ吐いてはいなかったが食欲がなく、元気もなかったココを、ドラハまで連れて行ってしまったことだ。
往復10時間以上の道のりは、やはりかなり負担になった可能性がある。
食欲がないというだけで、もねココにとってはあり得ない事態なのだから、もっと気を付けるべきであった。

3月 212008
 

まだ吐き気が止まらないので病院へ。
本日はワシが夜勤なので、午前中にワシがお連れした。

病院ではまず体温を測り、持参した朝の便を検査。「悪玉菌がかなり繁殖している。これじゃあ、吐き気も下痢もするでしょう」との判定。

さらに「水を飲んでも吐くというのが少し気になる。でも腸閉塞とかならば飲んでからもっとすぐに吐いてしまう。たぶん大丈夫だろうが、さらに何度も繰り返し吐くようならばすぐに連絡を」とのこと。

で、とりあえず通常の大腸炎の処置をして経過を見ることに。

まずは抗生剤を注射。そして昨日から水分をほとんど取れていないので、脱水状態にならないようにリンゲル液を背中の皮下に注入。血管に直接点滴するのはゆっくりとしかできないので、このような方法に。犬猫は皮膚がたるんでいるので、こういう方法ができるらしい。

500mlリンゲル液を使用。全部は入らなかったようだが、かなり入った。ココちん、背中がもっこりラクダ状態に。時間がたったら重力で徐々に下がってきて、今度はわきの下がポッコリ。少しずつ体内に吸収されて、しばらくするとこぶはなくなるらしい。

前回の抗生剤とか整腸剤が残っており、今日、出された薬はとりあえず胃の保護剤のみ。水は少しずつ与え、与えるときは胃薬を溶かして飲ませる。

たぶんこれでよくなるだろうが、もし何日たっても良くならないようなら、もっと詳しい検査をする。とりあえず本日夕方、病院に連絡し、経過報告と今後の相談をする。

ココちん、全体的に元気はないが、肝臓が悪くなったときのようにグッタリするほどではない。ただ、帰りの車中のケージ内でゲロリン。家に着いてすぐ下痢ピーに。先週のもねの大腸炎のときとほとんど同じ経過である。

一般的には食べ物が怪しいらしいが、心当たりがないな~
先生に聞いても「難しい病気はよく研究されるけど、原因不明の大腸炎は『特発性大腸炎』ってことで、かたずけられちゃうんですよね」だとさ。
「えさを変えただけで、菌のバランスが崩れることもある。人間用のビオフェルミンをえさに入れるといいかも」とも。
まあ、ヘンなものは極力、口に入れさせず、清潔に気をつけるというところですかねえ。

2月 132008
 

ココちんが珍しく今朝からおなかの調子が悪く、午後も嘔吐2回&下痢。
で、アジの練習を休んで、もね母が夕方、病院に連れて行った。

ココちん、前に肝臓が悪くなった時も嘔吐から症状が始ったので若干心配した。
でも今回は血液検査の数値もすべて正常範囲内(肝機能含む)。
検便の結果と合わせて、「腸炎でしょう」との診断となった。
下痢止めの注射をして、薬をもらって、今日は夕食抜き。
元気もあるので、順調にいけば数日で治るだろう。
とりあえず一安心である。

もねさんの方は、ワシの最近の自己流触診で、乳腺が残っている側に何かしこりのようなものがあるような気がして気になっていた。
で、病院に行ったついでに獣医に触診してもらったところ、獣医も「かなり小さいけど腫瘍がありますね」との見立て。
取ってみなければ良悪性は分からず、もうちょい詳しく検査する必要はあるが、いずれにしても近いうちに手術をして取ることになりそう。
もねさんには去年の3月に続く手術で申し訳ないが、せっかく小さいうちに発見できたので、早めに取っちゃいましょう。
もねさんには、まだまだ元気に長生きしてもらわなきゃならないからね!

11月 162007
 

血球検査8項目、血液生化学検査3項目すべて正常範囲内。
X線検査も異常なし。
「小さめ」と言われていた肝臓も、今回は「特に小さいことはない」とのこと。

よって明日の歯石取りが正式決定。

歯磨きさせてくれれば、こんなことしなくていいのになあ。
口の中を触ろうとすると、ココちん、短いアンヨを巧みに使って、「イヤンッ」と邪魔をするので、歯磨きがまともにできないのである。

記録によると、前回歯石取りをしたのは2006/6/29。
前回も歯のきれいな状態を維持しようとちょっとだけ頑張ったが、ココちんの抵抗に遭い、あっさり挫折した。

ほんとは麻酔をかけてまで歯石を取るようなことはしたくはない。
でもココは肝臓があまり丈夫じゃないから、いつでも麻酔をかけられるとは限らない。
放置して歯周病になって全身状態に悪影響があっても困るしねえ。

歯磨きさせてちょうだいよ、ココちん。
保険が使えないから、ワシの歯石取りの何倍も費用がかかるんだよ(汗)
頼むよ、ホントに!

11月 132007
 

ココちん、9月以来、約2カ月ぶりに、もね母に連れられて肝機能の血液検査のため動物病院に行った。

結果は次の通り。

検査項目 検査結果 単位 正常値
BUN 15.5 mg/dl 9.2-29.2
GPT/ALT 82.0 U/l 17.0-78.0
ALP(1歳以上) 96.0 U/l 47.0-254.0
ALB 3.2 g/dl 2.6-4.0

GPT/ALTだけ、ちょびっと正常値よりも高いが問題なし。

このところ、肉を使っていないベジタリアンのドライフードにしているのが良かったようだ。

はっきりしたことは言えないが、ココちんの場合、どうやら(生)肉を取り過ぎると肝臓への負担が大きいみたい。

薬を使わなくても、食事に注意すれば肝臓の数値をコントロールできそうということで、とりあえず一安心だなあ。

良かったね、ココちん♪

9月 222007
 

久しぶりに動物病院でココの血液検査。

結果は
GPT/ALT 79.0 [U/l] (正常値17.0-78.0)
ALP 72.0 [U/l] (同47.0-254.0)
GGT 6.0 [U/l] (同5.0-14.0)

GPT/ALTだけ微妙に正常値より高め。
この程度なら大したことはないが、ウルソを飲むのをやめたら後、肝臓用処方食にしているが、わずかずつ上昇している。誤差範囲かもしれないが・・・

5/18 6/4 6/18 7/2 7/23 8/10 9/22
GPT/ALT 188 151 176 92 67 75 79

ま、定期的に検査しながら様子を見るしかないでしょう。
今後は手づくり食に戻して、次は約1カ月後に再検査の予定。

8月 312007
 

久しぶりに体重を測ったら

20070831weight.gif

ココちん、ちょっと肥えましたね。
1か月ぐらい前から肝臓用の処方食にしているけど、ドライフードだとどうしても体重が増えがちですねえ。
少しご飯の量を減らさないといけませんね。

20070831.jpg
壁にくっついて寝るのが好き♪