薬がよく効く犬(^_^)

ココちん、昨日、経過観察のため病院へ。

血液検査の結果、CRPは順調に改善していた。
もうしばらくたてば、正常値に戻るであろう。
獣医師も「ココちゃんは薬がよく効くなあ」とニッコリ。
たしかにココちん、原因不明の変調が時々あるが、肝臓の数値が悪い時はウルソ、CRPが高い時はステロイドと、効く薬がだいたい分かっているので助かる。

一方、これまでオムツを着けていればまったく問題なかったオシッコが、気が付くと時々、ポタっと床に垂れるようになった。
どうやらオムツを肌の隙間から少し漏れているもよう。
手術前に毛を剃ったので、今まではオムツと肌がピッタリとフィットしていたが、毛が伸びてきて隙間ができるようになったらしい。
犬用のオムツは高いので、人間用のを使っている。
機能的ですごく便利なのだが、人間の赤ちゃんはこんなに毛深くないからねえ(爆)

とりあえず、皮膚を伝わって漏れ出る前にオムツに吸収させるため、オムツカバーを着けて、より密着するようにしてみた。

CIMG4815
しっぽがないので引っかからず、どうしても下がっちゃう(^^;)
しばらくこれで様子を見るべし。
暑かったら蒸れるかも。
冬で良かったね。

ココちん、ステロイド増量

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ
「分かったぁ」
ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

もねココ、久しぶりに大学病院

もね母に連れられ、もねココ、久しぶりに大学病院へ。
雪が心配されたが、問題なく到着。

まずはもねさんの神経科から。

血液検査はほとんど問題なし。
血液ガス分析は、酸素が前回(9月)よりも少し低下、逆に二酸化炭素が高くなって警戒値に近づいていた。
二酸化炭素が高いのは換気が充分でないことを示しており、さらに高くなるとボーっとしたりするようになるという。

先月、診察の予約を都合によりキャンセルしたため、担当の先生は「もねちゃん、死んじゃったのかと心配していた」らしいが、久しぶりにもねさんの様子を見て「表情に力があって、元気そうでよかったぁ」とのこと。

この先については、ぶっちゃけた話、どうなるかよく分からないが、「朝になっても起きない」みたいなこともあるらしい。
まあ、これについてはあれこれ考えても仕方がない。とにかく苦しまないことを望む。

呼吸が苦しくなさそうでも、定期的に酸素を吸わせたほうが呼吸が楽になるとのこと。
もねさんは酸素マスクから出る風を当てられると嫌がるが、せっかく酸素ハウスを借りたままなので、できる範囲でやってみることに。

最後に先生に「また会おうね、もねちゃん!」と言われて終了。

次はココちんの泌尿器科。

検査を終えて説明に現れた医師は開口一番「ココちゃん、良いですね~♪」\(^o^)/

血液検査は問題なし。
炎症の程度を示すCRPはゼロ。
尿検査も問題なし。
超音波検査の結果、肉芽腫?の大きさは半分程度に小さくなっていた。
ということで、肉芽腫自体の経過は良好。
肝臓などへの副作用も見られないため、ステロイドを現在の量のまま継続することになった。

一方、「悪い話」として、右腎臓は「ほとんど機能していないと思われる」。
でも、左腎臓は異常なし。
心配がないわけではないが、腎臓は片方が正常なら機能上問題ないので、現状をキープできれば大丈夫だろう。

次回検査は2カ月後。
もねもココも元気で検査に来れるようにがんばりましょう♪