12月 142013
 

ココちん、昨日、経過観察のため病院へ。

血液検査の結果、CRPは順調に改善していた。
もうしばらくたてば、正常値に戻るであろう。
獣医師も「ココちゃんは薬がよく効くなあ」とニッコリ。
たしかにココちん、原因不明の変調が時々あるが、肝臓の数値が悪い時はウルソ、CRPが高い時はステロイドと、効く薬がだいたい分かっているので助かる。

一方、これまでオムツを着けていればまったく問題なかったオシッコが、気が付くと時々、ポタっと床に垂れるようになった。
どうやらオムツを肌の隙間から少し漏れているもよう。
手術前に毛を剃ったので、今まではオムツと肌がピッタリとフィットしていたが、毛が伸びてきて隙間ができるようになったらしい。
犬用のオムツは高いので、人間用のを使っている。
機能的ですごく便利なのだが、人間の赤ちゃんはこんなに毛深くないからねえ(爆)

とりあえず、皮膚を伝わって漏れ出る前にオムツに吸収させるため、オムツカバーを着けて、より密着するようにしてみた。

CIMG4815

しっぽがないので引っかからず、どうしても下がっちゃう(^^;)

しばらくこれで様子を見るべし。
暑かったら蒸れるかも。
冬で良かったね。

10月 072013
 

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ

「分かったぁ」

ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

2月 062013
 

もね母に連れられ、もねココ、久しぶりに大学病院へ。
雪が心配されたが、問題なく到着。

まずはもねさんの神経科から。

血液検査はほとんど問題なし。
血液ガス分析は、酸素が前回(9月)よりも少し低下、逆に二酸化炭素が高くなって警戒値に近づいていた。
二酸化炭素が高いのは換気が充分でないことを示しており、さらに高くなるとボーっとしたりするようになるという。

先月、診察の予約を都合によりキャンセルしたため、担当の先生は「もねちゃん、死んじゃったのかと心配していた」らしいが、久しぶりにもねさんの様子を見て「表情に力があって、元気そうでよかったぁ」とのこと。

この先については、ぶっちゃけた話、どうなるかよく分からないが、「朝になっても起きない」みたいなこともあるらしい。
まあ、これについてはあれこれ考えても仕方がない。とにかく苦しまないことを望む。

呼吸が苦しくなさそうでも、定期的に酸素を吸わせたほうが呼吸が楽になるとのこと。
もねさんは酸素マスクから出る風を当てられると嫌がるが、せっかく酸素ハウスを借りたままなので、できる範囲でやってみることに。

最後に先生に「また会おうね、もねちゃん!」と言われて終了。

次はココちんの泌尿器科。

検査を終えて説明に現れた医師は開口一番「ココちゃん、良いですね~♪」\(^o^)/

血液検査は問題なし。
炎症の程度を示すCRPはゼロ。
尿検査も問題なし。
超音波検査の結果、肉芽腫?の大きさは半分程度に小さくなっていた。
ということで、肉芽腫自体の経過は良好。
肝臓などへの副作用も見られないため、ステロイドを現在の量のまま継続することになった。

一方、「悪い話」として、右腎臓は「ほとんど機能していないと思われる」。
でも、左腎臓は異常なし。
心配がないわけではないが、腎臓は片方が正常なら機能上問題ないので、現状をキープできれば大丈夫だろう。

次回検査は2カ月後。
もねもココも元気で検査に来れるようにがんばりましょう♪

1月 252013
 

もねさん、本日、動物病院にて傷の抜糸完了!

最初にわきの下の傷に気づいたのが10月5日だから、治るのに4カ月弱かかったことになる。
薬剤耐性菌のせいで随分と時間が掛かってしまった。

傷保護のため、一日中ほとんど横向きに寝かせていたが、これでフセもOKとなった。
ごはんも食べやすそうだし、水も飲みやすそうになった♪
よかった、よかった\(^o^)/
もねさん、頑張った!

20130125もね

1月 192013
 

昨日、もねココ病院へ。

20130118もね

もね専用「どこでもベッド」@待合室(^^;)

まず、もねさん。

左前足外側の傷は、もう小さなかさぶたが残っているだけで、放置してもOK♪

わきの下の傷は、1週間前よりも傷口の大きさがさらに小さくなり半分ぐらいに。
ただ、縫合糸が緩んだのか、傷口が少し開いていたため、一針縫い直してさらに1週間様子を見ることになった。
完治目前に若干足踏みが続くが、傷の奥の方はほとんどくっついた。
深さはほとんどなくなり、表面が少しくっつかずに残っているだけとのこと。
一時は底が見えないぐらい深い傷で、どうなることかと思ったが、もう大丈夫。
治るのは時間の問題だろう\(^o^)/

20130118ココ

唇の上の毛が抜けて少しピンク色

次、ココちん。

「左上唇の上側の毛が少しずつ抜けて、それが少しずつ広がっている」(もね母)というので、診てもらった。
セロテープみたいなものを使って、問題箇所のサンプルを取り調べたところ、「菌はいました」(獣医師)。
でもこれだけでは原因は分からない。
寄生虫が原因の可能性もあるが、それを調べるためには、もっと患部を「ガリガリやる必要がある」とのこと。
現時点で症状は言われなければ分からない程度で、ココも全然気にしていない。
菌が原因であれば、消毒すれば症状が軽くなる可能性があるので、当面、ヒビテンで消毒を続けて様子を見ることになった。
無菌性脂肪織炎?無菌性肉芽種?を抑えるために飲み続けているステロイドの免疫抑制効果で皮膚病が起きやすくなっている可能性があるが、これは仕方がない。
上手く付き合っていくしかないだろう。

12月 202012
 

20121220夜もね

病院では何故かご機嫌だったらしい^^;

もねさん、本日、動物病院にて傷の診察。

まず、わきの下の傷。
4日前の通院時に、傷の中を洗浄できるように隙間をあけて一部を縫ったが、順調に回復しているとのこと。
膿は少し出ているが量は減っており、傷自体も奥のほうからくっついてきて小さくなっている。

年内は無理だが、順調にいけば年明けには傷を全部縫って塞ぐことができそう。

次に外側の床ずれ(包帯ずれ?)的な傷。
こちらも外周から肉が盛り上がってきて傷が小さくなってきた。
このまま順調に回復すれば縫わないでも自然に治るだろうとの獣医師の見通し。

年内はあと2回通院予定。
油断しないでしっかり治しましょう!

12月 092012
 

もねさん、左前脚付け根の外側に床ずれのような傷ができてしまった。

「寝たきり犬は床ずれに要注意。一度できてしまったら簡単には治らない」と言われていたのだが…う~む

20121209もね床ずれができたのは伸縮包帯を巻いている部分。
包帯を外さないと見えないので、気が付かなかった。
同じ脚のわきの下の傷に入れたアクアセルAgがはみ出しちゃったので、今朝、もね母が病院に連れていき、獣医師が新たな傷を発見した。
2日前にはなかったが、少し大きめの傷になっているらしい。

わきの下に傷があるため、なるべく左側が上になるように寝かせていたので、体重がかかっていた時間は短いはず。
右側のほうが体重がかかっている時間が圧倒的に長いのだが、そちら側に床ずれはない。
床ずれ防止マットも使っている。
包帯で巻いているのが長期間になってしまったので、血行が悪くなっていたのか?
包帯の巻き方はかなり緩めなのだが…

とにかく、このままではよろしくないので、次回通院時にわきの下の傷を、ドレーン(排液用のチューブ)を入れて縫ってしまい、包帯をなるべく早く外す方針。
わきの下の傷は、もう少し時間を掛けてもっと良くなってから縫う予定だったが、やむをえまい。
床ずれの傷はいまのところ深くはないという。
様子を見て、こちらも縫うことになるらしい。

寝たきりになると、ちょっとしたことをきっかけにいろいろなことが起こる。
悪循環の連鎖をなんとか断ち切らねば!

12月 082012
 

昨日、かかりつけ医へ。

まずココちん。
順調なのでステロイドの量をさらに半減することに。免疫抑制効果が十分期待できる量ではなくなってくるので、体調等にさらに注意を払うようにとの指示あり。
ステロイドを減らし始めたら、減っていた後肢の筋肉が戻ってきたような気がする。
膀胱炎用抗生剤は継続。飲み始めから計6週間程度は続ける必要があるらしい。

もねさんの傷もまずまず順調。
大きい傷と小さい傷が1個ずつあるが、小さい方は自然にくっつき始めているとのこと。大きい方も回復傾向だが、大きいだけにもうしばらく時間がかかりそう。

12月 062012
 

ココちん、昨日、もね母に連れられ、“無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫”の経過観察のため約1カ月ぶりに大学病院へ。(→前回「デキモノ、少し小さくなったかも♪」)

結果は、

血液検査:正常

尿検査:正常

X線&エコー

  • 膀胱を押し込んでいる肉芽はわずかに大きくなっているかもしれないが誤差範囲内
  • 水腎症気味の片方の腎臓は少し悪化か

総合判定は

  • 現在のステロイド投与を継続で問題なし
  • 内臓への悪影響は今のところ全くない。現在のステロイドの量でも大丈夫
  • 筋肉が落ちるのはやむを得ない
  • ステロイドの減量は、かかりつけ医と相談して行えばOK
  • ただし、もしも尿に異常(色、におい、量、頻度など)が見られたら、すぐに受診を

水腎症気味の片方の腎臓については、

  • 悪化して機能が失われるかもしれない
  • ただし、もう片方の腎臓が正常なので、ココの余命には影響しないと考えられる
  • だめになりそうな側の腎臓を救うために尿路変更手術は可能だが、お勧めはしない

―などなど。

で、手術などはせず、ステロイドを慎重に減らしながら経過を見守ることに。

次回、大学病院での検査は2カ月後の予定。

まあ、ワシの見解では、医療は科学と呪術のまぜこぜみたいなものである。
信じすぎず、拒否もせず、よ~く疑いながら、ジワリジワリとやっていきましょう(^^;)

20121206スパゲッちん

スパゲッちん

20121206昼寝ココ

お昼寝ココちん♪

12月 022012
 

泊まり明けでネムネムの中、お山へGo!

20121128-102956

みんなでネムネム~

20121128-112449

もねさん、目が覚めた!

20121128-124503

ココちんも、もね母がお菓子を食べる音で目が覚めた!(^^;)

まずは久しぶりにアウトレットへ。

20121128-132405

もねさん入店可の靴屋

20121128-133209

こちらのお店はもねココ入店不可(抱っこならば可?)

買い物を済ませ小屋へ到着。

20121128-170218

やうやう黒くなりゆく山際 いとおかし

20121128-175104

電力不要熱源でヌクヌク~♪

20121128-182755

胸膨らますココちん(^^;)

20121128-200026

夕飯は豚しゃぶなり~

一夜明けて、

20121129-081047

お薬タイム

20121129-081157

サプリは嫌いだが、コンビーフの魔力に釘付け(^^;)

次はごはん♪

20121129-081953

真顔ですね(^^;)

20121129-095804

甲斐駒、白くなった!

お天気がいいうちに、清泉寮へお散歩へ。

20121129-111608

ココちんも調子が良くなったので、いっぱい歩きましょう♪

20121129-112824

「富士山とせせらぎの小径」へGo!

20121129-113243

葉っぱが落ちて森の中が明るくなった

20121129-113338

もねさん、ごきげん~\(^o^)/

20121129-114125

ココちんはもね母(のビスケット)とワシ(のササミ)の間を行ったり来たり(^^;)

20121129-114754

展望デッキに到着

20121129-115058

いい眺めですね~

20121129-115239

富士山もよく見えた!

20121129-115351

富士山を見ながらさらに前進

20121129-115652

八ヶ岳南麓はホントに景色がいい!

20121129-115720

これぐらいのガタガタならカートで問題なし!

20121129-120432

ココちんも快調にテケテケ♪

20121129-120434

いいお散歩でしたね♪

20121129-121028

キープ・ファーム・ショップで小休憩

20121129-121934

怪しい藁人形?と記念撮影(^^;)

20121129-122051

ウシさんたちがいた

20121129-122056

もねココを見て、ワラワラと寄ってきた

20121129-122120

「イヤン」と後ずさりするココちん(^^;)

20121129-122203

もねさんは牛追いの名誉にかけてウシさんと対峙!

 

20121129-123143

母娘なのになんでそんなに性格が違うんですかね?(^^;)

20121129-125203

赤い橋。紅葉の赤がなくなって橋の赤がさらにクッキリ

20121129-131145

もねさん、お店に到着

20121129-131818

「アタシも客よ!」

ココちんはテーブルの下でウロウロ焦りの色隠せず(^^;)

20121129-132857

至近距離でした(^^;)

20121129-173222

食後のお口直しに顔舐め(^^;)

20121129-193808

「アタチは食後にポテチ♪」

ちょびっとだけですよ!

一夜明けて、

20121130-064020

朝焼け甲斐駒

20121130-072606

「さあ、朝だ。寝ましょう」のもねさん=未明に騒ぎすぎ(汗)

20121130-085632

ココちん、朝一チッコ

絞りだすような感じはだいぶ減った♪

20121130-092101

「これはアタチのものっ!」

オリーブオイル漬け牡蠣の燻製ができるのは数日後。

20121130-102704

キリリと快晴!

20121130-105714

気持ちいい寒さの中で、もねさんも燻製番

帰宅途中に病院で傷のアクアセルAgを交換。

20121130-182458

「何してんの、このヒトは?」

20121130-182827

このところ安定していて良い感じですね♪

このままでいきましょう!

 

【今回の主な作業】

  • 庭木剪定
  • オリーブオイル漬け牡蠣の燻製作製