ココちん、ステロイド増量

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。… read more

もねさん、DM遺伝子検査陽性

泊まり明けで帰ってきたら、A大学附属動物病院から留守電が入っていた。
1か月ほど前に、A大学病院を通じてアメリカの検査機関に依頼した、もねさんの変性性脊髄症(DM=Degenerative Myelopathy)の遺伝子検査の結果が出たとの連絡である。 検査結果は陽性だった。… read more

治療一段落

午前中にココちんを連れて病院に行ってきた。
今日で治療終了になると思っていたが、タイトルのように微妙な感じになってしまった。
う~む。
実質的には終わっていると思うので、まぁ、いいんですけど。… read more

ココちん、通院覚書

まだ吐き気が止まらないので病院へ。
本日はワシが夜勤なので、午前中にワシがお連れした。 病院ではまず体温を測り、持参した朝の便を検査。「悪玉菌がかなり繁殖している。これじゃあ、吐き気も下痢もするでしょう」との判定。 さらに「水を飲んでも吐くというのが少し気になる。でも腸閉塞とかならば飲んでからもっとすぐに吐いてしまう。たぶん大丈夫だろうが、さらに何度も繰り返し吐くようならばすぐに連絡を」とのこと。… read more

回顧(2)「ココ緊急入院、2カ月お休み」

前半戦のヤマ場、ゴールデンウィークつくば3連戦ではココががんばった。1、3日目に参加して5位と2位に入賞。もねはもうかなりポイントを稼いでいたので、「これからはココとがんばるぞ~」と意気込んだ。
 ところがそのわずか20日後、ココが原因不明の激しい嘔吐を繰り返して病院へ。検査の結果、肝機能の数値が悪く、緊急入院となってまった。
 一度回復しかけたが、再び悪化。発熱、嘔吐、元気消失・・・。黄疸まで出て、肝機能の数値も振り切れるほど悪い。一時は最悪の事態を考えざるを得なかった。フリスビーどころではなくなってしまった。「こんなことでココを失ってたまるか」と必死だった。
 薬物中毒が疑われたが、肝生検しても原因が確定できない。抗生物質、強肝剤、インターフェロンなどあらゆる治療を継続。徐々に回復して12日目にようやく退院にこぎつけた。… read more