10月 072013
 

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ

「分かったぁ」

ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

4月 282010
 

まずは、もね母による報告から。

———-

[触診]
全体と足や腰、肩・首などの関節、異常なし。

カマキリ?

カマキリ?

[レントゲン結果]
ヘルニア等を疑う所見なし。
これだけではヘルニアがないとはいえないが、変形している骨はほとんどなし。
臓器等の大きさ(腫れ等)も問題なし。

[超音波による診断]
内臓の異変なし。
腫瘍なども見つからず、詰まっている個所もなし。

[血液検査の結果]
通常値から外れていたのは、GPT 数値101
ここ数日の体調が悪かったことが影響しているのかも知れないので、しばらく期間を空けて、再検査したほうが良いとのこと。
今回は肝臓の薬の処方なし。
肝臓数値以外は異常なし。

[フィラリア]
問題なし。

検査中、先生が触診しようと手を触れたときと、採血後の止血で押さえているときに、3度ほど、「キャイン」と鳴いた。
声の様子から、精神的なものではなく、やはりどこか痛いのだろうとの所見。
癲癇(てんかん)などの場合は、少なくとも10秒間ほど鳴き続けるので、明らかに鳴き方が違うとのこと。

というわけで、結局原因つかめず。
ただ、元気はあり、またその後は一度も鳴いていないので、快方に向かっているのではないかとのこと。
一応、消炎鎮痛剤(プレビコックス)を3日分出してみるので、明日になっても鳴くようだったら飲ませてみるようにとのこと。
それで、収まるかどうか様子を見て、収まったら薬をやめて、再度様子を見るようにとのこと。

以上

———-


昨日の午前中ぐらいまでは、触られないように部屋の片隅に逃げてうずくまっているような状態だったが、それに比べると明らかに改善してきた。
「遊ぼうっ!」と誘いに来るし、笑顔もだいぶ戻った。
でも平常の50%ぐらいの感じ。
触ろうとすると、微妙に嫌がるような感じも残っている。
まだしばらくは注意が必要そう。


検査しても原因は分からず、痛み止めを出して様子を見るぐらいだろうというのは事前の予想通り。
症状は改善傾向にあるが、原因がはっきりしない以上、再発の恐れは残っている。
できることは、疲労やストレスを貯めないようにすることぐらいか?
ココちんも、もうすぐ9歳。無理のできない年齢になってきたということだろう。


ワシのつたない知識では、今回のココちんの症状は、最もひどいときは、人間の病気の「線維筋痛症」と似ている感じがした。

人の線維筋痛症があまり知られていないぐらいだから、犬の線維筋痛症なんて聞いたことは当然ない。
だが、「原因不明」「血液検査などで異常が出ない」「中高年女性に多い」など、なんとなく類似点が多い。
症状も、最悪のときは線維筋痛症の各種説明とよく似た状態で、かなりつらそうだった。
痛みに強いはずの犬であるココちんがつらそうだったのだから、相当な痛みだったと思われる。

やっとリラックスして寝られるようになった

やっとリラックスして寝られるようになった


二度とあんな状態にならないことを願う。

10月 312009
 

変性性脊髄症(DM)の遺伝子検査の結果が出たことを受け、昨日、もね母に連れられて大学病院を受診。
検査結果のコピーには、
Result: Affected/At Risk
と書いてあった。

英語のテスト結果を解読したところでは、DM発症には2つの遺伝子が関与していることが分かっており、これらの遺伝子が

・2つとも正常だとNORMAL
・1つだけ異常だとCARRIER
・2つとも異常だとAFFECTED

―という判定らしい。

NORMALは、文字通り異常なし
CARRIERは、当該犬は発症はしないが、子孫にDMを遺伝させる可能性
AFFECTEDは、発症の危険あり。通常8歳以降だが、時期を予測する手段は現在ない

―とのこと。


以下、獣医との話し合いの概略。

==========

DMはジャーマンシェパードに多く、コーギーで明らかになったのは最近のこと。

発症すると下肢から麻痺が進んでくる。

症状の進行は犬によって大きく異なり、発症してから死亡するまでだいたい半年から2年ぐらい。

呼吸困難で死亡したり、、別の原因で死亡することもある。

アメリカでの統計では、シェパードの場合、発症から半年程度で死亡することが多い。
(安楽死させた例も含まれるので、「半年」をどう評価するかは微妙)

治療は運動療法が基本。運動には症状の進行を遅らせる効果がある。
散歩で坂道を登らせたり、水泳など。水泳は特にいい。

麻痺が進んできたら、コルセットで固定した方がいいかもしれない。

薬物療法は3種類。

1つめは、人間のALS治療薬「リルゾール(リルテック)」。
DMはALSとよく似ているので、進行を遅らせられるかもしれないが、1か月で数万円かかる。
(補足説明:犬のDMの原因遺伝子変異が、ヒトにALSを引き起こす遺伝子変異と同じものであることが最近示されたという報告あり)

2つめは、ジャーマンシェパードのDMにある程度効果があるかもしれないとされるaminocaproic acidとn-acetylcysteine。
Westlab PharmaciesにDr.Clemmonsによる詳しい説明が載っている。
使う場合は個人輸入することになる。

3つめは、人間の癲癇の薬、ゾニサミド(エクセグラン)。
効果は全く未知数だが、こちらは手に入れやすい。

==========

概略は以上。もね母からのまた聞きなので不正確な点がある恐れあり。要注意!

遺伝子検査だけでDMを発症しているかどうかは分からない。
だが、もねの場合、発症から時間がたっているのに改善の様子が見られないのでヘルニアではなく、総合的に見てDMの可能性が高いとの判断。

今回は説明を受けただけで、薬物治療をどうするかとかは未定。
もねの場合は、まだ日常生活に不自由なほどの麻痺は全くない。
かかりつけの病院と相談して決めるが、基本的には運動と食事療法などでいくことになると思われる。

Dr.Clemmonsの説明は’Last Updated August 27, 2002’なので最新の知見ではないかもしれないが、「DMは犬の多発性硬化症(MS)であるといえる」と書いてあった。
幸か不幸か、人間のMSのことは、ワシは仕事上の関係で個人的にちょいと知っているので、ある程度分かる。
MSのもっとも分かりやすい説明はワシの知っている限りではここ→多発性硬化症情報サイト:特定非営利活動法人MSキャビン
なにかDM治療の参考になる情報はあるだろうか?

Dr.Clemmonsの説明には、DMの解説のほか、運動療法、食事、サプリのことなども具体的に書いてある。
いずれも決定打ではなく、人間の似た病気を参考にしたもののようだが、害のない範囲でできることはやってみようと思う。

10月 222009
 

泊まり明けで帰ってきたら、A大学附属動物病院から留守電が入っていた。
1か月ほど前に、A大学病院を通じてアメリカの検査機関に依頼した、もねさんの変性性脊髄症(DM=Degenerative Myelopathy)の遺伝子検査の結果が出たとの連絡である。

検査結果は陽性だった。

残念ながら予想通りである。
OFAのホームページによると、DMの遺伝子検査を受けたコーギー(ペンブローク)の異常(TOTAL ABNORMAL)率はなんと93%(AT RISK=54%、CARRIER=39%)。正常(CLEAR)率はたったの7%である。
だから、もねさんの場合も、陽性であることはほぼ予想されていた。

だが、遺伝子検査が陽性だからといって発症しているとは限らず、もねさんの症状の原因がDMとは断定できない。
もねさんの場合、後肢の筋肉が衰え、ふらつくなどの症状はかなり合致しているが、MRI検査で軽度の椎間板ヘルニアも確認されており、ヘルニアの可能性も否定できない。

もしDMだったら、現在、根治療法はない。できることは、進行を遅らせようと努力することだけである。
ヘルニアだったとしても、年齢や症状を考慮すれば手術の適応ではない。

だから、検査の結果にかかわらず、ワシとしてはDMやヘルニアなどあらゆる可能性を考えて、食事や運動療法などで対応していこうと考えていた。

ところがA大学病院の獣医師は留守電で「残念ながら陽性でした。これからこの病気とどう付き合うか考えていきましょう」などと、DMと確定したかのようなことを言っている。
「前にも申し上げた通り、MRIを撮ることも考えましょう」などと、とんちんかんなことも言っている。

なんなんでしょね???
MRIは高いカネ出してとっくの昔に撮ってある。
画像データも、もね母がA大学病院に既に渡したはず。
動物病院も、人間の病院と同じで、大病院はこういうふうになっちゃうんですかね?

いつもは信頼できるかかりつけの病院も、症例の少ないDMに関しては経験不足らしく、いまいち手探り状態だし・・・

やはり病院任せにせず、最後は本人と家族ががんばるしかない。

こういうことに関しては、犬の場合も人間の場合も、全く同じですな。


「下の世話が必要になっても、ワシがしてやっから安心してな~」

「下の世話が必要になっても、ワシがしてやっから安心してな~」


だから、歯磨きの時のガウガウはもうそろそろやめてください(汗)


【DMの参考ホームページ】

PWCCJ/DM
ちゃんと載っていた!
さすが!!

ペンブロークウェルシュ コーギーFAQ
もねさんと暮らし始める前(前世紀)に、コーギーのことを調べてすごく勉強になったジョン吉くんのページにもあった。
ありがとう、ジョン吉くん!!

3月 242008
 

午前中にココちんを連れて病院に行ってきた。
今日で治療終了になると思っていたが、タイトルのように微妙な感じになってしまった。
う~む。
実質的には終わっていると思うので、まぁ、いいんですけど。
お医者さんたちも原因の分からないことに対してはホントに慎重ですね。
原因を追求するのは医者のあるべき姿だとは思うんですが、もうそろそろコチラの懐も痛くなってきたもので・・・(爆)

では本日の診察結果。
まずはX線検査から。昨日飲ませて胃に残っていた錠剤2つはちゃんと腸に移動していた。
ということで、胃の出口(幽門)の閉塞はなくなっていることを確認。
臨床所見も問題ないので、これまで注射や点滴で投与していたステロイドなどの薬を経口投与に切り替えることになった。
これに伴い、足に付けていた点滴用の留置針も抜去。
食事、水も普段のものに戻してOKとなった。

ほとんど治ったように見えるのに、もうしばらく薬を続けるのは、症状が薬で抑えられているだけで、薬を完全に止めたら再発する可能性が捨てきれないかららしい。

先日、内視鏡で採った組織の検査結果があと5日ぐらいで出る。
その結果で、幽門の閉塞が単なる炎症などによるものなのか、あるいは自己免疫疾患など別の要因によるものなのかがはっきりする。
それまで念のため飲み薬を続けるのだそうな。

「自己免疫疾患」なんて言葉まで出てきたのには参ったな(汗)

医者の話しぶりでは、原因がはっきりしないのであらゆる可能性を一応疑ってみる、という感じなので、まあいいですけどね。
組織検査の結果ではっきりするそうだから、それまで待ちましょか。
変な病気じゃないことが確認できれば安心できるしね。

3月 212008
 

まだ吐き気が止まらないので病院へ。
本日はワシが夜勤なので、午前中にワシがお連れした。

病院ではまず体温を測り、持参した朝の便を検査。「悪玉菌がかなり繁殖している。これじゃあ、吐き気も下痢もするでしょう」との判定。

さらに「水を飲んでも吐くというのが少し気になる。でも腸閉塞とかならば飲んでからもっとすぐに吐いてしまう。たぶん大丈夫だろうが、さらに何度も繰り返し吐くようならばすぐに連絡を」とのこと。

で、とりあえず通常の大腸炎の処置をして経過を見ることに。

まずは抗生剤を注射。そして昨日から水分をほとんど取れていないので、脱水状態にならないようにリンゲル液を背中の皮下に注入。血管に直接点滴するのはゆっくりとしかできないので、このような方法に。犬猫は皮膚がたるんでいるので、こういう方法ができるらしい。

500mlリンゲル液を使用。全部は入らなかったようだが、かなり入った。ココちん、背中がもっこりラクダ状態に。時間がたったら重力で徐々に下がってきて、今度はわきの下がポッコリ。少しずつ体内に吸収されて、しばらくするとこぶはなくなるらしい。

前回の抗生剤とか整腸剤が残っており、今日、出された薬はとりあえず胃の保護剤のみ。水は少しずつ与え、与えるときは胃薬を溶かして飲ませる。

たぶんこれでよくなるだろうが、もし何日たっても良くならないようなら、もっと詳しい検査をする。とりあえず本日夕方、病院に連絡し、経過報告と今後の相談をする。

ココちん、全体的に元気はないが、肝臓が悪くなったときのようにグッタリするほどではない。ただ、帰りの車中のケージ内でゲロリン。家に着いてすぐ下痢ピーに。先週のもねの大腸炎のときとほとんど同じ経過である。

一般的には食べ物が怪しいらしいが、心当たりがないな~
先生に聞いても「難しい病気はよく研究されるけど、原因不明の大腸炎は『特発性大腸炎』ってことで、かたずけられちゃうんですよね」だとさ。
「えさを変えただけで、菌のバランスが崩れることもある。人間用のビオフェルミンをえさに入れるといいかも」とも。
まあ、ヘンなものは極力、口に入れさせず、清潔に気をつけるというところですかねえ。

8月 212007
 

新聞によると、東京電力は、きょう正念場だそうである。

TEPCO : でんき予報

猛暑で、お盆が明けて、電気がいっぱい必要なのに、新潟の地震で原発が止まっちゃったから電気が足りなくなりそうなのである。
電気が足りなくなると地域ごとに順番に停電になっちゃうのである。
停電になるとエアコンが止まっちゃう。
停電が終わっても、止まったエアコンは自動的にはつかない。
もねココを残して出かけているときにそんなことになったら大変。
窓を閉め切った状態でエアコンが切れたら室内はサウナ状態。
熱中症でくたばってしまうのである。

きょうはワシが夜勤で、出かける前にもね母が帰ってくるから大丈夫。
だが、二人とも留守にしなければいけないときはほんとに困る。
なんとかしてくれい。

金を払って、たらふく食って、病気になって、さらに金がかかる。
エアコンつけて、屋外に熱風を出して、さらに暑くなって、エアコンを止められなくなる。

現代文明の行き詰まりを実感するなぁ。
自分で自分の首絞めてるよ。
どこかで破局が来そう。
もう来ているのに、気が付いていないだけかもしれないが・・・

我慢だ、もねココ
耐えるのじゃぁ!
20070821-1.jpg20070821-2.jpg
停電にならないように、エアコンをつけないで少しでも節電。
すでに室内33度。
どこまで耐えられるか?
あちいけど、もうちょい、がんばってみる。
てか、ホントに停電になっちゃったら、問答無用で、耐えるしかなくなっちゃうのだ。

10月 132005
 

まだまだ弱いな。


毎日新聞 2005年10月13日 12時22分

赤ちゃんペット:販売禁止へ トラブル多く 環境省

 環境省は13日、来年6月から、犬や猫を念頭に生後間もないペットの販売を禁止にすることを決めた。赤ちゃんペットは環境の変化に弱く、輸送途中などで病気になる恐れがあるためで、販売を開始できる具体的な時期は調整中としている。

 販売禁止の方針は、同日開かれた中央環境審議会(環境相の諮問機関)に諮られ了承された。来年6月に施行される改正動物愛護管理法に合わせて実施される。

 国内では、「かわいい」などの理由で幼い時期のペットが人気で、同省の調査では犬、猫の約6割が生後60日以内にペットショップに仕入れられ、販売されている。しかし輸送途中で弱ったり、死ぬなどトラブルは後を絶たない。

 このため、同法の改正で動物取扱業が登録制となるのに合わせ、赤ちゃんペットの販売禁止も条件とすることにした。

 改正法ではこのほか、ペットの状態をよく確かめずにインターネットなどを通じて販売するのを防ぐため、販売前にはペットの状態を2日以上観察し、健康や安全に問題がないか確認することも業者に義務付ける。【江口一】


9月 212005
 

 前半戦のヤマ場、ゴールデンウィークつくば3連戦ではココががんばった。1、3日目に参加して5位と2位に入賞。もねはもうかなりポイントを稼いでいたので、「これからはココとがんばるぞ~」と意気込んだ。
 ところがそのわずか20日後、ココが原因不明の激しい嘔吐を繰り返して病院へ。検査の結果、肝機能の数値が悪く、緊急入院となってまった。
 一度回復しかけたが、再び悪化。発熱、嘔吐、元気消失・・・。黄疸まで出て、肝機能の数値も振り切れるほど悪い。一時は最悪の事態を考えざるを得なかった。フリスビーどころではなくなってしまった。「こんなことでココを失ってたまるか」と必死だった。
 薬物中毒が疑われたが、肝生検しても原因が確定できない。抗生物質、強肝剤、インターフェロンなどあらゆる治療を継続。徐々に回復して12日目にようやく退院にこぎつけた。
 最後まで原因ははっきりしなかったが、やはりなんらかの薬物中毒だったらしい。治り始めたら回復は早かった。退院から約1カ月後には大会に復帰。以前の通り、ニコニコ笑顔で頑張ってくれホッとした。
 もねは一昨年4月と昨年7月に2回も骨折している。だから今年こそ怪我をさせたくないと思っていた。ところが今度はココの番だった。なぜか春から夏にかけて怪我や病気のトラブルが多い。こんなことは二度と御免である。
 休んでいた2カ月の間に、もねの順位は6位から11位に転落。38点あったボーダーラインとの差も半分に縮まり、尻に火がついてきた・・・(続)

6月 302005
 

2005/6/26

久しぶりの大会♪

でも猛暑でフラフラ

ハンドリングファールも炸裂(爆)

JFA公式小型選手権in栃木・足利(2日目のみ)

あまりの暑さでカメラ出す気も起きず
写真は1枚もなし。

ココ爺、1R終了後、頭から水をぶっ掛けて冷やしたが、
気分が悪くなってエアコンつけた車中で1時間ほどダウン。

でも心配だったココちんが猛暑にもかかわらず元気で良かった♪
これで検査結果に異常がなければ、次からは大会復帰しても大丈夫だろう。

結果

1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 6,8,6 3,F,3 26 7/17

もねさんは1R3投が完全に定着。
他チームはほとんど4投以上の中、3投ではさすがに厳しいが、
ミスを減らして頑張るしかない。

2Rは若干の向かい風でチャンスだったが、
ココ爺、1R後、あまりの暑さに気分が悪くなり、
投げ練もほとんどできなかったのでさすがにダメだった。

東京に戻ってきてからは大会当日以外の練習は全くなし。
今回はほぼ2カ月ぶりの参加だったこともあり、
投げ練不足がもろに出た。

しかもハンドリングファールも、またやってしまった。

スタートラインの寸前でもねが止まり、
ディスクだけポトリとライン内に落とした。
「これ拾ったらやばそうだな~」と頭の片隅で思い、
後ろからも「拾うな~」とか声が聞こえた気もするが、
暑さでぼ~っとしていたためか、
まあいっか、と半無意識のうちに手が伸びた(爆)

ジャッジを見ながら拾ったが、やっぱり赤旗が上がった(汗)
で、一瞬動きを止めて、もう一度ジャッジを見たが、やっぱり赤旗がひらひらしていた。
やはりダメだったか(自爆)

これがファールじゃなかったら決勝進出だったんだけどね~。
ま、半確信犯的違反だから自業自得と言えよう。

ココの入院と、もねのヒートで約2カ月ぶりだった今大会。
慣らし運転だったということにして、次からちゃんとがんばろ~っと。

しかし、暑かったな。
「犬の虐待だ~」と非難されても仕方がないような暑さ。
九州にいたときも、ここまで暑い大会はなかった。
というか、こんなに暑いときは大会がなかった。

次はもうちょい涼しいといいなぁ。


2005/5/25-6/6

ココちん、急性肝炎で緊急入院
薬物性の中毒か?
詳しい原因は結局分からず

治りかけに再び悪化して肝臓の数値が測定の上限を超えたときには
もうダメかもしれないと本気で心配した。
無事に治って良かった。

ココが体調を崩したのは5月25日。
もね母が夜、外出から戻ると、ケージの中で吐いていた。
その後も何度も吐いて、水も飲めない状態。
翌日になっても回復しないので、病院に連れて行ったら、
血液検査で肝臓の数値がかなり悪くそのまま入院となった。

感染症の可能性は検査で否定された。
細胞針で採取した肝細胞に空胞が見つかり
何らかの中毒と考えられるが、はっきりした原因は不明。
25日夕方の散歩で、農薬とか何かを舐めてしまったのかもしれない。

入院時は全く元気がなく、黄疸が出るほど状態は悪かったが、
点滴、抗生物質、強肝剤などの治療でいったんは快方へ向かった。

ところが、30日夕方頃から再び急激に悪化。
一時は総ビリルビンが7.1[mg/dl](正常は0.3~0.9)、
GPTが1000超[U/l](同23~89)、
ALPが3500超[U/l](同68~318)
となり、入院直後よりも悪い状態になってしまった。

急性肝炎そのものの原因が分からず、
再悪化の理由も分からないという手探り状態だったが、
「副作用の強くない治療法をとにかく試す」という治療方針に基づき
強肝剤を増やし、抗生物質を変え、新たにインターフェロンも使用。
その結果、翌日から改善し、入院12日目にようやく退院できた。

退院から1週間ほど経ったが、ココは元通り元気になり、
ビリルビンも既に正常値まで下がった。
GPTとALPはまだ高いが
少しずつ下がっているので、もう大丈夫だろう。

ココちんは今まで病気らしい病気をしたことがなかったので
健康上の心配をしたことは今まで全然なかった。
今回の件では、危険はどこに転がっているか分からないと本当に思い知らされた。

ご心配おかけしました


2005/5/3-5

ココちん、久々爆発
「自分のえさは自分で稼ぐっ!」

JFA公式小型選手権in茨城・つくば

ゴールデンウィーク3日連続開催となった茨城・つくば大会。
もねの疲労を考慮して2日目は休みとし、
1、3日目の2日間参加した。

結果は予定通り?ココがファイナルポイント15を獲得!
「今シーズンの残りはココ中心で行く!」と宣言した通りの結果となった。
(たまたまですが・・・大汗)

—–

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 6,6,x 6,6,x 24 6/13
ココ&ココ爺 x,6,x,x 6,4,5,4 4,x,x,x 29 5/13

1日目は、えさを持ってくるのを忘れるという飼い主大失態の中、
ココが2Rにトップのポイントを出して5位に滑り込み、
見事に賞品のえさ1袋をゲットした。
いつもはウヒョウヒョしているしているココだが、
「このままではえさが食べられないっ!」と
火事場の馬鹿力を出したのだろうか(笑)

—–

【2日目】
大会には参加せず
お風呂、公園、買い物など

—–

【3日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 exR 順位
もね&ココ爺 x,x,3,x 6,6,6 21 6/12
ココ&ココ爺 6,3,3 x,4,6,x 16 38 15 2/12

(ココの決勝Rは4投3キャッチ、内訳不明)
(ココのexRは3投3キャッチ、内訳不明)

3日目もギリギリの5位でココが決勝進出。
「わ~い、ココがまた入賞だぁ」と既に終わったような気でいたら、
なんと決勝Rで2位タイに浮上し、エキストララウンドに突入。
ヘロヘロのエキストララウンドは4投入れるのは最初からあきらめて3投勝負。
1投ごとにココの頭をナデナデして
「もう1投だけ頑張ってね」と、やっていたら、なんと3投3キャッチ。
準優勝してしまいましたぁ♪

—–

もねは取れるスローは全部取った。
取れなかったのは投げ手のミスです。
狙ったわけではないが、
2日とも1、2R合計でココを1点下回るという計ったような結果。
もねは不本意だろうが、
不肖の娘にファイナルポイントを取らせてあげたと思って納得してください。


2005/4/30

ココ、CD1試験合格

JKC全犬種クラブ展@栃木・宇都宮

もね母が書く予定ですが、たぶん書かないでしょう(汗)


2005/4/23

もねさん、100ポイント到達

JFA公式小型選手権in栃木・足利

【結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 3,x,6 x,8,8 6,x,x 31 4/11
ココ&ココ爺 x,x,4,x x,x,x,x 4 9/11

土曜日だけの参加。

もねさん、4位のFP6を足して、FP合計100.5に(独自集計)。
ついに100を超えた。

GWのつくば大会の後、しばらくしたらヒートになりそうだし
ヒート明けにはかなり暑くなっているだろうから
今シーズン出られる残り試合は意外と少ないかもしれない。

今シーズン当初は参加数10チーム未満の試合ばかりだったけど
コツコツがんばっておいて良かった。

ファイナルまでまだ半年近くあるし、先のことは分からないが、
100ポイントあればたぶん20位以内には残れるだろう。

ココちんは、現在FP合計31で30位ぐらい。
がんばってるけど、かなり厳しい。
やる気はあるし、戻りも もねより断然いい。
あともうちょっと、高めのスローがキャッチできれば・・・。

追い風で低いスローだと、どうしても追いつけないことが多い。
今回の2Rもそのパターン。
高いと取れないし、低いと追いつけない。

でも今シーズンのハイスコアは
実はココの方がもねよりも上。
一発はまればココだってできるのだ。
がんばれ、ココちん!負けるな、ココちん!
今シーズンの残り試合はココちんに全力投球なのだ!


2005/4/16,17

もねさん、がんばりましたっ!

JFA公式小型選手権in静岡・朝霧

久しぶりの優勝だ!
各ラウンド3投ずつしか入らなかったけど、見事全キャッチしてくれた。
ちょっと体力は落ちてきた気がするけど、まだまだ気力は充実。
2日連続参加はやめて1日に絞ったのも良かったかも。
もねももうじき7歳。
「あとどれだけがんばれるかなぁ」と思うことも多くなったが、
そんな飼い主の弱気を見事に吹き飛ばしてくれた。
ほんとに嬉しい優勝だ。
さすがは もねさん。ありがとう、もねさん!

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
ココ&ココ爺 x,x,x,x (6,6,x,x) 0 4/8

(2Rは順位に無関係)

【2日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
ココ&ココ爺 5,x,x,x x,6,x,x 11 10/14
もね&ココ爺 5,5,5 6,5,6 3,6,6 47 1/14


2005/4/9,10

暑くなってきてしまった

JFA公式小型選手権in東京・夢の島

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
ココ&ココ爺 x,3,4,x x,4,x,x 11 10/15
もね&ココ爺 6,x,6 6,6,x,6 F,3 33 5/15

(Fはドッグファール)

【2日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
ココ&ココ爺 5,6,x,5 x,x,x,x 16 6/16
もね&ココ爺 6,4,4 x,x 14 8/16

ついに暑い季節がやってきてしまった。
試合が終わって家に帰ったら、もねがヘロヘロに疲れていた。
丸一日休んだら元気になったけど、
もう6歳だからしょうがないのかなあ。

もねは最近、1Rに2投しか入らないなど、極端に戻りが悪いことがある。
迎えに行くと逃げようとすることさえある(泣)。
前はこんなことなかったのに・・・。

2日連続で参加すると、あとのラウンドほど戻りが悪い。
疲れて走りたくないのか、
タープに戻ってケージに入れられるのが嫌なのか、
原因はよく分からない。

ディスクで遊ぶこと自体は今まで通り大好きだが、
試合の日は、もねにとっては単調な一日。
出番以外はケージで待たされることが多くて実はつまらないのかもしれない。

寒い間にがんばって、ある程度ポイントが取れたので
ここから先は、ココは2日連続で出しても、もねは1日だけにする予定。
何度も書いているけど、ちょっと大会に出すぎだからねぇ。
怪我も恐いし、ここらで少しペースを落としたほうがいいでしょう。


2005/3/29

newカーが来た!

ありがとうビッグホーン、元気でね

昨年11月に発注した車がやっと来た!
新型ハイエースを改造してベッドや冷蔵庫などを付けた、
いわゆるバンコン(バンコンバージョン)のキャンピングカー。
ベッドが欲しい、冷蔵庫も欲しい、でも買い物など日常の足にも使いたい、
という我が家には、これ以上大きくても小さくてもダメという絶妙のサイズ。
さっそく自宅車庫で車中泊してみたが、家のベッドより良く寝られた(笑)
これで、もねココとどこに行っても泊まれるのだ♪

代わりに、13年、15万キロも乗ったビッグホーンとついにお別れ。
金沢で買って、福島、札幌、川崎、東京、鹿児島、東京と
どこに行くにもいつも一緒だった。
でも、ディーゼル規制のため東京ではもう車検が取れなくなってしまった(怒)。

幸い、下取りしてくれたキャンピングカー屋さんは
廃車にはしないで、第2の“車生”をちゃんと探してくれそう。
誰のものになってもいいから、とにかく大事に使ってあげてください。お願いします。


さよならビッグホーン。もねココも名残惜しそう


新しく来たのは新型ハイエースベースのキャンピングカー。
だんだん普通じゃない車になっていくねぇ(^o^;)
高さはあるけど、長さはビッグホーンとほぼ同じで幅はむしろ狭い。


もともと荷物運び車なので運転席は地味~。
でも車内は広くて、ベッドもゆったり。
ディスクの大会だけじゃなくて、旅行にもいっぱい行きたいね♪


2005/3/26

反省ザル

JFA公式小型選手権in千葉・松戸

1日目のみ参加。
出来不出来の差が激しい一日であった。

最近1R出遅れが続いていたので、
ココ爺、睡眠2時間のボケボケにもかかわらず1Rから激走(笑)
ヘロヘロ、ゼイゼイになりながらも念願の好ダッシュを決める!

強い横風になった2R。
ココの1投目、ココの得意な低くて真っ直ぐなスローを投げたが、
ココちん、ちょ~んと弾き、またまた0点。
これをキャッチしてれば3位だった。残念。FP0.5に終わる。
でも最近、ちょっといい感じが出始めた。
これが3Rそろえばそのうち結果も付いてくる、と信じてるぞ、ココちん!

もねはいつも通り。
猪突猛進しすぎて、完璧と思われるナイススローを見失ったりしていたが(笑)、
2Rまではなかなか良かった。
ところが決勝でココ爺のスローがボロボロ。
こんなにひどかったのはホント久しぶり(号泣)
強い右からの横風に、ディスクが全部左に流された。
いつもなら1投目に失敗しても修正するのだが、
なぜか3投とも同じ失敗を繰り返してしまった。
ディスクの軌道をちゃんとイメージして投げないとダメですな。
何も考えず漫然と投げてしまった。

寝不足なのに朝から走りすぎて脳内酸素不足だったかも(爆)
こんなこともあろうかと?注文しておいたベッドつきNEWカーが29日に納車予定。
次からはぐっすり寝てすっきり頭で頑張りますです(^o^;)

【結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
ココ&ココ爺 5,4,4,x x,x,x,x 13 6/7
もね&ココ爺 6,6,5,x x,4,6 x,x,x 27 3/7


2005/3/19,20

好コンディションだと厳しいなあ(汗)

JFA公式小型選手権in茨城・つくば

1日目は強風悪条件の低ポイント勝負で3位入賞。
2日目は微風の高ポイント争いになり決勝進出逃す。

関東小型チーム、犬は小型だが人間はデカイのが多い(笑)。
コンディションがいいとロングをバンバン投げ込んでくるので
1R30点近い高ポイントが結構ざらに出る。

関東もこれからだんだん風が弱まってくる。
もねさん、5月ごろにはヒート休みもあるし、
今のうちに頑張らないとなぁ。

ココちんはヒート明け、約1カ月半ぶりの参加。
強風の1日目は予想通りお団子だったが、
微風の2日目はうひゃうひゃ頑張った。
ナイスキャッチもナイスキャッチミスもお遊びも一通り披露(笑)
おもろいココちん、次回も頼みまっせ!

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 x,3,x x,x,3,4 x,3,x,x 13 3/10
ココ&ココ爺 x,x,x,x 0 7/10

【2日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 x,6,6,x 6,6,8 32 6/10
ココ&ココ爺 4,4,6,x 4,x,x,6 24 7/10


2005/3/12,13

爆風!

JFA公式小型選手権in静岡・富士川

すげ~爆風だった。富士川、恐るべし!

あまりの爆風にタープを建てることを一時断念。
見かねた隣の人に手伝ってもらい、6、7人がかりで押さえ込んでやっと建てた。
我が家のタープ(ロッジテントのアウター)はスチールパイプだからポールは折れないけど
布が引き裂けるかと思ったよ。

初日は特に爆風で、 場外スローに備えてコートサイドの風下側にはタープを建てず、
フェンスも半分ぐらい撤去(犬が場外にディスクを取りに行きやすくするため(笑)。
公式小型は通常ルールではほとんどのチームが足切りになりそうなため、
1R通過チームが3チーム未満の場合、全チームが2Rに進める特別ルールで実施した。

オープンはさすがに2桁ポイントだったが、
レディースは1桁ポイントで決勝進出だったような・・・。
公式小型1Rは全チーム中、1チームが1キャッチできただけ。
もねは2Rでかろうじて1キャッチし、
同じく2Rで1キャッチしたチームと優勝を決めたかのようにがっちり握手(笑)
でも決勝Rではドロップしたディスクが風にあおられて転がって拾えない(大汗)。
タイムアップギリギリに無理やり投げた3投目は
「どこまで飛んでいっちゃうんですか~」という、とんでもない大場外ホームラン。
爆風のことしか覚えてないな~(汗)

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 x,x,x x,x,x,3 5,x 8 2/8

———-

2日目は朝は嘘のように風がなかった。
でも徐々に風が吹き始め、公式小型の頃には強風に(涙)。
1R1投目、左うしろからの追い風だったので、左寄りに立って投げたら、
もねさん、コーンの外を回ってスタートしてしまった。
キャッチしてたのにな~。
1投目コーン外回り禁止ルールのことをすっかり忘れてた。

2Rは右前からの向かい爆風。
フラットに投げると右に墜落。
ハイザーにしすぎると風にあおられ左に場外ホームラン。
わずかなハイザーで地面すれすれのスローを狙ったが、ちょっと高くなってしまった。
風に負けて距離が出ない。
取れそうなスローもあったけど、もねさん、戻りきれずにノーキャッチ。
キャッチできたとしても1ポイントか2ポイントだから
どっちにしても決勝には届かなかった。
1Rのコーン外回りが悔やまれるな~。
あれがポイントなら決勝進出だったのに。
最近、向かい風好調だけどいくらなんでも風が強すぎた。
やっぱもうちょい1Rにちゃんとやらんとダメですな。

【2日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 F,4,x x,x,x,x 4 7/14


あまりの爆風のためか火事も発生

次は風が弱いといいな~。
無風乞い?でもしましょか。


2005/2/27

4試合連続準優勝(^o^;)

JFA公式小型選手権in埼玉・北川辺

ココちんヒートのため、2日目だけ、もねと参加し、またまたまた準優勝。
1日目はもっとすごい風だったらしいが、この日もかなりの強風だった。

1R、左後ろからの強い追い風。
約1カ月ぶりの大会で、もねとのタイミングが合わない。
もっと思い切って投げればよかったが、追い風が恐くて投げられない(汗)
なんとか1キャッチして、「この強風だし、半分ぐらい足切りかな」と思っていたら、
足切りは2チームだけ。レベル高いわ~。
11チーム中8位からのスタート。

2R、ほとんど横風に近い右からの強い向かい風。
向かい風だと思い切って投げられるココ爺。
3投目だけ、もねを回らせなかったら、ディスクを見失ってしまったが、
それ以外は、全部回らせて、3キャッチ。
これだけ何度も強風の大会に出ると、いい加減、強風に慣れてきた感じがするねぇ(笑)
3位に浮上して決勝へ。

決勝、左からの強い横風。
博打っぽい試合展開(笑)が続く中、
もねさん、1回弾いたものの、堅実に2キャッチし、2位で終了~。
優勝は骨折休養明けのマルちゃん。
ブランクを全く感じさせず圧勝でした。
骨折治って良かったね。

この日は順位もさることながら大きな収穫があった。
ほとんど毎回、ココ爺のうしろを回らせてからスタートさせたにもかかわらず
なんともねさん、3ラウンドとも4投入りましたぁ!
ホントにあの作戦が効いたのかなぁ?
次回も4投できれば本物かも。
毎回4投できるようになればれば大きいねぇ。

【結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 x,x,4,x 6,6,x,5 x,6?,6?,x 33 2/11


2005/1/29,30

もねさん、連続逆転されて準優勝( ̄~ ̄;)

JFA公式小型選手権in栃木・足利

結果は十分満足すべき2日連続準優勝。
でも2日とも決勝で逆転されての準優勝。
野田大会から3回連続逆転されての準優勝。
もうちょいなんだけどな~。

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 3,6,x 8,7,8 x,6,6 44 2/6
ココ&ココ爺 4,x,4 5,6,x 19 5/6

微風の好条件なのに、もねはガジガジ、ココはお遊びで3投しか入らず1R出遅れ。
普通にやっては、もねココとも決勝に残れそうもなかったので、
もねの2R、ロング3投勝負に挑戦してみた。

前からやってみたかったけど、リスクを考えるとなかなかできなかったんだよね。
やってみたらバッチリ成功!
昨シーズンまでの小型犬大会のポイントエリアなら10、9、10の計29点に相当。
すげ~!われながら感動!もねさん、まだまだいけるじゃん!

ココも2R連続キャッチでいい出足。
でもロングに近いミドルだったので、ココちん、息があがったのか3投目を弾いてお遊びモードに。
ココはやっぱり短め4投勝負のほうが良さそうだ。

決勝は、もねが1投目のロングを弾いちゃった。キャッチしてれば優勝だったが・・・。
優勝はショートを5投入れてくるラム君チーム。
ロング3投対ショート5投という極端な戦い(笑)になったが、確実性で負けたな~。
他チームが4投以上入れてくる中、3投勝負では優勝は難しい。
でも、もねにはやっぱりこのやり方のほうが合っている感じだなあ。

【2日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 4,x,x 3,4,6 x,x,x 17 2/10
ココ&ココ爺 x,x,x,x 0 4/10

1日目とうって変わってすごい強風。
試合開始前の投げ練で、向かい風ではオープンの選手もまともに投げられないほど。
向かい風方向のほうが、犬の目に朝日が入らず良かったのだが、
本部の異例の判断で追い風サイドからのスタートとなった。

「1キャッチして足切りを逃れれば入賞決定かも」とか冗談で言っていたが、ほんとにそうなった(汗)
ココちん、風に流され速くて急降下するディスクをキャッチできず0点。
この追い風ではしょうがないとあきらめるしかなかった。
もねは1投目、風に落とされるディスクにピンポイントで合わせてキャッチ成功!
結局、3チームしか1R通過できず、この時点で3位以内決定した(笑)
かなり運に左右された結果ではあるが、もねの根性キャッチがここ一番で出たおかげでもあった。

2R、向かい風との闘い。
ココ爺、ディスクを思いっきり立てて渾身のスロー。
コントロールや投げミスのリスクなんて考えている余裕は全くなし。
これまで何十回も試合に出ているが、
ここまでフルパワーで投げたことはなかったなあ。
声には出さなかったが心の中で「おりゃ~っ!」と叫びながら投げたよ(笑)
幸いディスクは全部コートの中に入り、もねさん全キャッチ!
もねのときわずかに風が弱くなった幸運に助けられた感じも若干あるが、
無心で投げたのが良かったねぇ、いつもこうありたいねぇ(笑)

またまたトップで臨んだ決勝。
今度は強い追い風に、「あれ~っ!そんなに投げたつもりはないのに~」とディスクがすっ飛んでいき、
さすがのもねさんもフォローしきれず0点。
堅実に3キャッチを決めた麿君チームに逆転されました。
2Rとは逆に、もねのときに風も強くなって運もなかったな~。

次回は千葉ポートを休んで、北川辺(2日目だけ?)の予定。
1か月近くあくけど、最近、大会に出すぎているからいい休養でしょ。
調子に乗ってやっていると、怪我も恐いしね。


2005/1/23

ココちん、悲願の初優勝逃す(;-_-;)

JFA公式小型選手権in千葉・野田

ココはがんばった!スローも結構良かった!
でも2点に泣いた。惜しかった~。
ココ爺の心が弱かったよぉ。ごめん、ココちん。

【結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
ココ&ココ爺 4,x,4,6 6,4,6,6 13(?,?,?,x) 49 2/7
もね&ココ爺 4,6,6 x,6,8,x 30 2*/7

(もねは1、2Rまでで2位。
同一オーナーのため決勝出られず)

2日目だけの参加となったJFA野田大会。
初日の強風とうって変わって風は弱く、
足元は悪いものの、最近珍しい好コンディションに恵まれた。

今回は課題の低めで伸びるスローがだいぶできた(2Rまで)。

ココは2Rまで1キャッチミスのみと好調で、36ポイント、1位通過。
ディスクで遊んじゃうことも最近ほとんどないし、
キャッチさえできればいい感じだぁ!

もねは1R1投目のガジガジが長~く、3投しか入らず。
2R1投目キャッチミス。ロングでばん回を図ったが、
ココ爺が4投目をミススローしてココのポイントに届かなかった。
もねさん、1キャッチ目に気合が入りすぎだね。
もうちょっと落ち着こう。もう6歳なんだから(笑)
ディスクを見失うことはなくなってきたので、
落ち着いてキャッチし、ガジガジが少し減れば、
次回は期待できそうだ。

さて、ココちんの決勝ラウンド。2位とは9ポイント差あった。
待ち時間に「あの足切り常連のココちんとついにここまで来たか!」とココ爺ウルウル。
「ウイニングランはどうしよう」とか
「ホームページの見出しはやっぱり“悲願の初優勝”かなあ」とか考えていたら、
決勝で見事にひっくり返されました(大汗)。

2位チームが24ポイントをたたき出し、ココちんが逃げ切るには16ポイント必要に。
普段でも16ポイントなんてなかなか取れないので、ココ爺、一気に弱気。
緊張のためか、思い切りの悪いスローで距離が伸びない。
でもなんとか3キャッチして、あと1キャッチで勝てるとこまでこぎつけた。
そして運命の4投目!(笑)
真ん中に投げたけど、ディスクが浮いてしまった~!
投げた瞬間、頭を抱えるココ爺(痛恨)
キャッチの上手な犬なら問題なく取れるディスクだが、ココにあれはダメだぁ。

それでもココちん、もうちょいで取りそうだった。よくがんばったよ。
取れないかな~というスローもがんばって取っていたし、
少しずつだけどキャッチが上手になってきたような気がする。

リラックスするより、ちょっと緊張したぐらいのほうがいい結果が出ることが多いので、
わざと緊張して決勝に臨んだ(つもりの)ココ爺。
まだまだ修行が足りませんな。

ココちんの夢の初優勝が最後の1スローにかかるなんて!
ディスク大会に出始めてから最大の緊張感だったよ(汗)
次がんばろ~


2005/1/8-10

強風の中、ココちんが快挙!

JFA公式小型選手権in東京・夢の島

あの足切り常連のココちんがやりましたっ!
3日続きの夢の島大会の2日目、
強風荒れ模様の中、得意の低空飛行のディスクに食らいついて、見事3位に入賞!
入賞はこれまで何度かしたことがあるけど、
今回は優勝常連のななちゃん、麿君と一緒のお立ち台。
これはほんとに価値ある3位だぁ!。
点差はだいぶあったけどね(笑)

【1日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 6 10 16 8/14
ココ&ココ爺 0 0 14/14

(各ラウンドの内訳不明)

【2日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 6,6,x,x 1,x,x 13 10/14
ココ&ココ爺 4,4,x,6 3,x,5,x 4,5,x,3 34 3/14

【3日目結果】

公式小型 1R 2R 決勝R 合計 順位
もね&ココ爺 x,5,4 6,7,x x,x,6,x 28 4/10
ココ&ココ爺 6,x,3 x,x,x,x 9 9/10

ココちん、最終日の最後のラウンドはいつも通り0点でした。
MCも、ディスクをキャッチしそうでしないココを見て
「やさしいディスクだが・・・ああ~」と困っていたよ。
ココちん、ふわりと飛ぶナイススローは取らない主義だからねぇ(笑)

もねチームはいまいちだったけど、3日目は何とか4位に入った。
もねはお疲れの様子でマッタリしていたけど、
コートの中では最後まで元気に走り、
ガジガシとディスクにとどめを刺していた(汗)
いろいろ試行錯誤しているが、4投入れようとするより、
思い切って3投ロングにしたほうがいいような気がしてきたなぁ。