ココちん、ステロイド増量

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ
「分かったぁ」
ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

ココちんの昨日の検査結果など

まずは、もね母による報告から。

———-

[触診]
全体と足や腰、肩・首などの関節、異常なし。

カマキリ?
カマキリ?

[レントゲン結果]
ヘルニア等を疑う所見なし。
これだけではヘルニアがないとはいえないが、変形している骨はほとんどなし。
臓器等の大きさ(腫れ等)も問題なし。

[超音波による診断]
内臓の異変なし。
腫瘍なども見つからず、詰まっている個所もなし。

[血液検査の結果]
通常値から外れていたのは、GPT 数値101
ここ数日の体調が悪かったことが影響しているのかも知れないので、しばらく期間を空けて、再検査したほうが良いとのこと。
今回は肝臓の薬の処方なし。
肝臓数値以外は異常なし。

[フィラリア]
問題なし。

検査中、先生が触診しようと手を触れたときと、採血後の止血で押さえているときに、3度ほど、「キャイン」と鳴いた。
声の様子から、精神的なものではなく、やはりどこか痛いのだろうとの所見。
癲癇(てんかん)などの場合は、少なくとも10秒間ほど鳴き続けるので、明らかに鳴き方が違うとのこと。

というわけで、結局原因つかめず。
ただ、元気はあり、またその後は一度も鳴いていないので、快方に向かっているのではないかとのこと。
一応、消炎鎮痛剤(プレビコックス)を3日分出してみるので、明日になっても鳴くようだったら飲ませてみるようにとのこと。
それで、収まるかどうか様子を見て、収まったら薬をやめて、再度様子を見るようにとのこと。

以上

———-


昨日の午前中ぐらいまでは、触られないように部屋の片隅に逃げてうずくまっているような状態だったが、それに比べると明らかに改善してきた。
「遊ぼうっ!」と誘いに来るし、笑顔もだいぶ戻った。
でも平常の50%ぐらいの感じ。
触ろうとすると、微妙に嫌がるような感じも残っている。
まだしばらくは注意が必要そう。


検査しても原因は分からず、痛み止めを出して様子を見るぐらいだろうというのは事前の予想通り。
症状は改善傾向にあるが、原因がはっきりしない以上、再発の恐れは残っている。
できることは、疲労やストレスを貯めないようにすることぐらいか?
ココちんも、もうすぐ9歳。無理のできない年齢になってきたということだろう。


ワシのつたない知識では、今回のココちんの症状は、最もひどいときは、人間の病気の「線維筋痛症」と似ている感じがした。

人の線維筋痛症があまり知られていないぐらいだから、犬の線維筋痛症なんて聞いたことは当然ない。
だが、「原因不明」「血液検査などで異常が出ない」「中高年女性に多い」など、なんとなく類似点が多い。
症状も、最悪のときは線維筋痛症の各種説明とよく似た状態で、かなりつらそうだった。
痛みに強いはずの犬であるココちんがつらそうだったのだから、相当な痛みだったと思われる。

やっとリラックスして寝られるようになった
やっとリラックスして寝られるようになった


二度とあんな状態にならないことを願う。

もねさん、大学病院受診

変性性脊髄症(DM)の遺伝子検査の結果が出たことを受け、昨日、もね母に連れられて大学病院を受診。
検査結果のコピーには、
Result: Affected/At Risk
と書いてあった。

英語のテスト結果を解読したところでは、DM発症には2つの遺伝子が関与していることが分かっており、これらの遺伝子が

・2つとも正常だとNORMAL
・1つだけ異常だとCARRIER
・2つとも異常だとAFFECTED

―という判定らしい。

NORMALは、文字通り異常なし
CARRIERは、当該犬は発症はしないが、子孫にDMを遺伝させる可能性
AFFECTEDは、発症の危険あり。通常8歳以降だが、時期を予測する手段は現在ない

―とのこと。


以下、獣医との話し合いの概略。

==========

DMはジャーマンシェパードに多く、コーギーで明らかになったのは最近のこと。

発症すると下肢から麻痺が進んでくる。

症状の進行は犬によって大きく異なり、発症してから死亡するまでだいたい半年から2年ぐらい。

呼吸困難で死亡したり、、別の原因で死亡することもある。

アメリカでの統計では、シェパードの場合、発症から半年程度で死亡することが多い。
(安楽死させた例も含まれるので、「半年」をどう評価するかは微妙)

治療は運動療法が基本。運動には症状の進行を遅らせる効果がある。
散歩で坂道を登らせたり、水泳など。水泳は特にいい。

麻痺が進んできたら、コルセットで固定した方がいいかもしれない。

薬物療法は3種類。

1つめは、人間のALS治療薬「リルゾール(リルテック)」。
DMはALSとよく似ているので、進行を遅らせられるかもしれないが、1か月で数万円かかる。
(補足説明:犬のDMの原因遺伝子変異が、ヒトにALSを引き起こす遺伝子変異と同じものであることが最近示されたという報告あり)

2つめは、ジャーマンシェパードのDMにある程度効果があるかもしれないとされるaminocaproic acidとn-acetylcysteine。
Westlab PharmaciesにDr.Clemmonsによる詳しい説明が載っている。
使う場合は個人輸入することになる。

3つめは、人間の癲癇の薬、ゾニサミド(エクセグラン)。
効果は全く未知数だが、こちらは手に入れやすい。

==========

概略は以上。もね母からのまた聞きなので不正確な点がある恐れあり。要注意!

遺伝子検査だけでDMを発症しているかどうかは分からない。
だが、もねの場合、発症から時間がたっているのに改善の様子が見られないのでヘルニアではなく、総合的に見てDMの可能性が高いとの判断。

今回は説明を受けただけで、薬物治療をどうするかとかは未定。
もねの場合は、まだ日常生活に不自由なほどの麻痺は全くない。
かかりつけの病院と相談して決めるが、基本的には運動と食事療法などでいくことになると思われる。

Dr.Clemmonsの説明は’Last Updated August 27, 2002’なので最新の知見ではないかもしれないが、「DMは犬の多発性硬化症(MS)であるといえる」と書いてあった。
幸か不幸か、人間のMSのことは、ワシは仕事上の関係で個人的にちょいと知っているので、ある程度分かる。
MSのもっとも分かりやすい説明はワシの知っている限りではここ→多発性硬化症情報サイト:特定非営利活動法人MSキャビン
なにかDM治療の参考になる情報はあるだろうか?

Dr.Clemmonsの説明には、DMの解説のほか、運動療法、食事、サプリのことなども具体的に書いてある。
いずれも決定打ではなく、人間の似た病気を参考にしたもののようだが、害のない範囲でできることはやってみようと思う。