5月 082013
 

もね母の引率で、もねココ、久しぶりに大学病院へ。

ココちんは無菌性脂肪織炎 or 無菌性肉芽腫の経過観察。
もねさんは変性性脊髄症(DM)の進み具合のチェックが目的。

ココちんは尿、血液ともに異常なし。
ステロイドを飲み続けているが、肝機能の数値も問題なし。
エコー検査の結果、片方の腎臓はもう機能していないようだが、もう一方の腎臓は正常。
肉芽の大きさは前回と変わらず。
線維化して硬くなっているとすると、もうこれ以上、小さくならないかもしれないとのこと。
ということで、現状で問題ないので、今までどおりステロイド投与を継続しましょうとの結論になった。

もねさんは、血中酸素が若干低下、逆に二酸化炭素は若干上昇。
やはりわずかずつ呼吸機能は低下しているらしい。
最近、オシッコ臭が気になったので、膀胱炎かどうか調べてもらったが、尿検査では異常なし。
ニオイは、尿が少しずつ漏れているためかもしれないとのこと。
あと、肝機能の数値が少し高いので、気になるようだったら、かかりつけ医に相談するよう勧められた。

大学病院では、診ているDM犬のデータを整理して、近く学会発表するとのこと。
その中で、もねさんは症状の進み方がかなりゆっくりで、DMを発症してからの生存期間が断トツで長いらしい。
単なる偶然かもしれないが、もしかしたらプール運動やサプリが少しは効いたのかもしれない。
でも一番大きいのは、DMをものともしない、もねさんの気力だと思う。
もねさんが人間だったら、すごくうるさくて鬱陶しい患者だとは思うけどね(^^;)

1月 132013
 

今年初、山へ。

20130107-122346

笹子トンネル事故のおかげ?で中央道ガラ空き

対面通行区間があっても、平常時より所要時間短いかも。
周辺スキー場はプライベートゲレンデ状態らしい。

翌朝、

20130108-081456

1日遅れ?の七草がゆ

20130108-082939

食欲健在、ガツガツ食う!

20130108-083228

その、物欲しげなペロリンはやめなさい(^^;)

お散歩へLet’s go!

20130108-091943

脚の包帯が取れてフセ解禁♪

横に寝たままだと病犬みたいだったが、フセの姿勢に戻って表情イキイキ\(^o^)/

20130108-092156

行ってらっしゃ~い♪

20130108-095039

お帰り~。まだご機嫌ですね(^o^)

20130108-121503

ココちんはハンモックでワシとお昼寝♪

20130108-160835

もねさん夕方散歩。まだ笑ってる(^^;)

 なんか仔犬が後ろから走ってきた~と思ったら、

20130108-161555

ロング散歩から戻ってきたココちんであった(^^;)

20130108-172218

小屋に戻って、夕食待ちのマッタリタイム♪

そして鍋&雑炊。

20130108-191744

一途なコーギー(^^;)

20130109-091956

ココちん、ステロイド減量して脚力がだいぶ回復した♪

20130109-091914

キャッチ!

 脚力が落ちている間はディスクに追いつけなかったが、だいぶキャッチできるようになった(^o^)

20130109-095837

また来たゲラ

毎日のように来るので、常連のコゲラさんを「ゲラ子」、アカゲラさんを「ゲラ美」と命名した。(オスかもしれないが^^;)

天気がいいうちに、原村の八ヶ岳自然文化園に行ってみた。

20130109-121911

ハイ、いい笑顔ですぅ~♪

20130109-123436

団子2きょうだい(^^)

ついでに農業大学校へ。

20130109-132509

快晴で雪がまぶし~ぃ

20130109-181055

薪ストーブ、火の粉がパチパチ

翌日、林の中なら風が弱いだろう、ということで、白州のべるがに行ってみた。

20130110-113034

入り口の池はカチンコチン!

20130110-114711

ココちん、エミューさんとにらめっこ(^^;)

「ポッコン、ポッコン」とおもしろい威嚇音?を出していた。

予想通り、林の中は風なし!

20130110-121943

ハイ、いい笑顔です~(^_^)

20130110-122051

ササミばかり見てないでちゃんと足元を見て歩きなさいっ!

20130111-084432

おつかれ~

20130111-135905

久しぶりにシメさんが来た

くちばしがすんごい丈夫そう。

帰りに動物病院へ。
もねさん、脚の外側の傷はかさぶたが少し残っているだけでほぼ完治。治療終了!
内側の傷も完全に抜糸できるかと思われたが、少しくっついていないところが残っていた。
2針縫って、さらに1週間様子見に。
くっつきが悪いと追加治療が必要になるかもしれないが、もはや完全に治る方向!
だいぶ日数がかかったが、あともうちょいだ、がんばろう!

 

【今回の主な作業】

  • 燻製(牡蠣、ホタテ、チーズ、もねココ用ササミ)
  • 鹿にボキボキに折られたイタヤカエデを、株立にするため根元でバッサリ切った

 

3月 202012
 
  1. ワラワラと届いた。ロックジャルダン用ポット苗。前列左からキクバクワガタ、千島ラッキョウ、コマクサ。後列左から筑紫カラマツ、姫シャジン、千島ウスユキソウ、タカネビランジ。 http://t.co/6z42qqiA
    山野草ポット苗


  2. もねさん、先日の検査結果を聞きに動物病院へ。血液、X線(胸部、腹部、背骨)、エコー(心臓)いずれも異常なし。DMの影響ははまだ呼吸器まで来ていないとの判定。フィラリア陰性。予防接種が必要か判断するため抗体検査を依頼。
  3. クリスマスローズ「アシュードオレンジペコ」。先日、もね母がミヨシ・ペレニアルガーデンのクリスマスローズ即売会で購入。暖かくなったら庭に植える予定。 http://t.co/383mKzhq
    Helleborus


Powered by t2b

4月 142011
 

4/13 麻布大学病院での診断

診察内容

  • もねの病気の進行状態のチェック(立ち会っていないので詳細不明)→前足に進行が進んでいるように見えるとのこと。後ろ足の機能は半年前に比べてかなり落ちてしまっているが、今後もリハビリ(プール・立っての食事等)は続けるようにとのこと。
  • 病気が遺伝的に変異をおこしているかどうかを調べるための血液検査→調査のため、費用は無料。結果判定には時間がかかるとのこと。
  • 呼吸器に進行しているかどうかを調べるため血中の酸素濃度検査→半年前、今回ともに問題なし。

今後の注意点

  • 前足の病気の進行は、後足よりも早い。(通常、発症してから半年ほどで動かなくなるとのこと)
  • 呼吸器に進行すると、たいした運動をしてなくてもハアハアするようになる。胸式呼吸ができなくなるので、腹式呼吸だけになる。舌が青くなったりするので、胸の動きとともに要注意。
  • 昔に比べて声が枯れてきていることについては、声にも病気の進行が現れることもあり、声に現れだすと脳に進行している可能性あり。単に声が枯れているだけかは判断できず。今後、要注意。進行の進み具合は、呼吸器より脳に先に出ることもあるとのこと。

新たな治療法

  • 人間のALSで現在実験的にされている治療法として、カルニチンの大量投与がある。
  • 海外ではネズミに処方したところ、寿命が延びたとの研究発表あり。
  • 副作用としては消化器系への副作用が考えられる。(下痢・嘔吐)
  • 始める場合には、定期的に処方してその効果を見る必要があるので、定期的(1~2ヶ月)に受診してほしいとのこと→膀胱炎が完治してから、再度診察をうけることにすると回答。

次回、こちらで用意すること

  • 飲んでいるサプリの分量の詳細(種類は今回伝えてある)
  • 睡眠中・歩行中のもねのビデオ(前回こちらで用意したユーチューブは見れていないらしい)

4/14 東京動物医療センター

もね

  • 昼近くに病院に連れて行ったが、おしっこが採れなかったため病院に預けて検査。
  • 尿検査の結果、潜血は++。エコーで膀胱が肥厚しているのも確認。
  • 症状は改善しているので、とりあえず同じ抗生剤を続ける。同時に菌を培養して種類を調べ、薬を変えるかどうか検討する。

ココ

  • 先週の土曜日朝には一度元気になったことを考え、昨晩、(残っていた)プレビコックスを私の判断で処方。今日、元気になっていることから、やはりどこかに痛み・炎症があると思われる。(獣医師も同意見)
  • CRP検査に出して、症状が改善されているかをみる。
  • 今朝のうんこは問題なし。採取して、潜血がないか検査→問題なし。
  • 整腸の薬は改善していることもあり、前回処方分を飲み切って終了。
  • プレビコックスで腸を傷めた可能性もあるので、別の消炎剤(後でもねを迎えに行ったときに薬をもらえるため、今は名称不明)に切り替えるとのこと→来週月曜日に再診察。改善していなければ、関節炎等の疑いもあるので、整形の専門科受診が必要とのこと。


以上

1月 302011
 


禁欲的なワシにも5年に1度ぐらい物欲が襲ってくるが、もねココの健康トラブルも2、3年に一度ドカンとやってくるような気がする。
今がその時期か?

1.もねさん、膀胱炎

1月23日、夕方の散歩を終え小屋に戻ったあと、もねさんが急におしっこを漏らしちゃったり、頻尿になってしまった。

もねさんは、屋内では絶対におしっこをしないオンナなのでかなり異常な事態。外に出すと、もうほとんど出ないのに、1、2分おきに何度も何度もおしっこをしぼりだそうとする。そしておしっこした後の尿道口にはなんとなく赤いしずく。「こりゃ、膀胱炎かも」ということで、急遽早めに東京へ戻り、動物病院へ直行した。

病院ではエコーで膀胱を調べ、カテーテルで採取して尿検査を実施。エコーでは膀胱壁が少し厚くなっているのが分かり、尿検査では潜血が確認された。詳しくは尿を培養して菌が感染しているかどうか調べる必要があるが、とりあえず膀胱炎の可能性が高いということになり、抗生剤と止血剤を処方された。

薬を飲み始めたら、翌日からお漏らしと頻尿はぱたっと止まり排尿は正常に戻った。ただしここで油断して薬をやめると、再発する可能性があるので、最低3週間は薬を飲み続ける必要があるとのこと。現在、外部機関で菌の同定を行っており、結果次第では薬の種類を変えることもあるらしい。

2.ココちん、避妊手術&乳腺腫瘍&卵胞嚢腫

もね母の希望により、28日にココちんの避妊手術を行った。♂のワシにはよく分からんが、ヒート期間中、精神的に不安定になったり、ヒートがなかなか終わらなかったりするのを気にしてのことらしい。

避妊手術は卵巣と子宮を両方取る方法で行われた。獣医師の説明では、すごく大雑把に言うと、アメリカは「卵巣と子宮を両方取る派」で、ヨーロッパは「卵巣だけ取る派」らしい。この病院では最近は卵巣だけ取り子宮を残すことが多いらしいが、ココちんは高齢であり子宮に腫瘍ができている可能性もないわけじゃないので、念のため両方取ることになった。

この病院では腹腔鏡手術も可能だが、ココちんは高齢で内臓脂肪が多いことが予想されるため、通常の開腹術で実施した。

ココちんを病院に預けて家で待機していると、病院から電話。「術前の検査で乳腺に小さなしこりが2箇所あるのが見つかった。乳腺腫瘍の可能性が高いと思う。一緒に取ったほうがいいと思うが、どうしますか?」

しこりが良性か悪性かは切除して検査に出さないと分からない。通常ならしばらく様子をみるという選択肢もありうるが、麻酔をして避妊手術をすることが決まっていたので、一緒に取ってもらうことにした。

乳腺腫瘍は、もねさんも以前見つかり、切除したことがあったので、ココちんについても気にしていた。もねさんの2回目の乳腺腫瘍はワシが自己流触診でかなり早期に見つけたが、ココちんは「女子体操選手」のような小柄だけど筋肉質の体型(^^;)。触っても内臓がパツンパツンに詰まっている感じがして、どうもよくわからなかった。病院での獣医師による触診でもいままで見つからなかったが、今回は手術のためお腹の毛を剃ったら、ポツンとしこりがあるのが見ただけで分かったという。

見つかったしこりはごく小さく、切除のための傷も小さくて済んだ。良悪性が分かるには10日ぐらいかかるが、仮に悪性だとしてもきれいに取れたはずという。(2/4追記)病理検査の結果、良性と判明!

あと、避妊のため卵巣を切除したら、軽度の卵胞嚢腫だったことも判明した。これについては、取ってしまえば問題ないのであまりよく聞いてないが、まあ、結果的に避妊手術をして良かったということになるのだろう。


久しぶりに字をいっぱい書いてしまった。字が多い記事って読まれないんだよね~(^^;)

5月 252010
 

もねココ連れて動物病院へ。

ココちんは首イテテ症の経過観察。
消炎鎮痛剤をやめて数日。
特に異常は出ていない。
獣医師が首のあたりを触っても痛がらずなんともなし。
ただ、いつも見てくれている整形外科医がいなかったので、よく分からなかったのかも。
さらに経過観察することに。

もねさんは変性性脊髄症(DM)の新たな治療法の相談に。
といっても、エビデンスのある確立した治療法ではなく、いわば臨床研究的な治療。
ということで、詳しい中身は書けないが、いわゆる再生医療ってやつ。
リスクが極めて少なく、ダメもとで効果が期待できるなら、やってみて損はなかろう、という感じ。
もねさんが若いころからずっと診てもらっている、信頼できる獣医師から提案があった。
公表された実績はないので、さらに安全性などの検討を進め、問題がなさそうなら、もねさんへの適用を試みる。

もねさん、右後ろ足はまだ大丈夫だが、左後ろ足は体重を支えることが難しくなった。
水泳などの理学療法だけでは、進行を遅らすことはできるかもしれないが、止めることはできない。
このまま手をこまねいて症状の進行を見ているよりは、できることは何でもやってみようということ。
ただし、(ベネフィット>>リスク)&(費用<ワシの支払い能力)が大前提。

5月 102010
 

かかりつけ病院に先日のMRI&CT結果を持参、週1の整形外科医が診察した。
以下、もね母報告。

触診で首の左側の付け根付近を押すと、ココちん、体を硬くしてなんとなく痛そうな様子に。
触診の様子とMRI、CTの結果から、頚椎の変形している部分が何らかのきっかけで末梢神経に触って炎症が起き、痛みが出たのではないかとの獣医師見解。
こういうケースは治るまで通常6~8週間かかるので、もう1週間、消炎鎮痛剤を続け、その後、薬を切り、痛みが出ないか様子を見ることになった。
当然その間は安静を継続。

ちなみに、頚椎の変形については、フレンチブルやパグなどの犬種でよく見られるが、コーギーでは珍しいとのこと。「変形があっても痛みが出たりしなければ、気が付かないことも多い」らしい。

5月 072010
 

ココちんの検査に行ってきた。

MRI画像は省略。

以下、CT画像。

20100507-1

くっついているはずのところに亀裂あり


20100507-2

20100507-3

C7とT1、T2がくっついている。T4がつぶれ気味


20100507-4

この断面だとT1が見えない


20100507-5

C7、T1、T2がかなり変形。T2とT4に亀裂


20100507-6


所見

今回の頚部MRI検査では、矢状断像においてC7~T4椎体はT2強調画像とT1強調画像で不整な信号強度が認められる。
横断像においてC1~T9領域の脊髄に明らかな圧迫・炎症・梗塞・腫瘍を疑う所見は認められない。
胸腰部MRI検査では、矢状断像によりT12~L6椎間で腹側脊髄液ラインの消失を認める。
横断像においてT13~L3椎間で腹側から、L3~4椎間で腹側左寄りから軽度の脊髄圧迫所見が認められる。

頚部CT検査では、C7~T3椎体の変形が認められる。
C7・T1椎骨は癒合し、T1椎体はC7椎体右尾側およびT2椎体右頭側に半切存在しており、T1・T2椎骨も一部に癒合が見られる。
これにより肋骨は右側で13本、左側で12本となっている。
またT2椎体とT4またT3~4椎間腹側には骨増生が見られ、この部位では変形性脊椎症が疑われる。


なんだかよく分からんので、ワシなりに簡単にまとめると、

  • 疑われた頚椎の椎間板ヘルニアと腫瘍はなし
  • 腰の方に軽度のヘルニアがある(症状はなし)
  • 頚椎に先天性の奇形あり←これが痛みの原因らしい
  • 一部に変形性脊椎症の疑い(変性性脊髄症=DMとは別物)

てな感じ。

この検査結果を後日、かかりつけ病院に持ち帰り、獣医師に診てもらう。
検査施設の獣医師は、頚椎に奇形があるところに、加齢、疲労が積み重なり、何らかの力が加わったりした結果、炎症などが起きて痛みが出たのではないか?、との見解だった。

しかしまあ、お金かけるといろんなことが分かっちゃうのね。
このように亀裂が入って変形している脊椎は英語だとバタフライ・バーテブラ(蝶形椎体)とか言うらしいです。
ワシの諭吉も蝶のように軽やかに飛んで行った。しかも集団で(爆)

ココちんは以前、普通のレントゲン検査で「首の骨が寸詰まり」と指摘されたことはあるが、まさかこんなことになっていたとは!
小さい時にこういうことが分かっていたら、ディスクもアジもやらなかっただろうなぁ。
何でも分かっちゃうことがいいことなのか、よく分からなくなってきた。

かなり予想外の検査結果で驚いたが、いまさらちょっとぐらい奇形があることが分かってもどうってことはない(^^;)
普通に暮らす分にはほとんど問題ないらしいし、とりあえず重病じゃなくて良かったです。

でも痛くなる素因があることははっきりしたので、もう痛くならないように気をつけようね!

ちょっと疲れましたぁ

ちょっと疲れましたぁ

9月 122009
 

昨日、もね母に連れられ、麻布大学附属動物病院脳神経科を初受診。
病院通いの日記が続いてしまったが、たまたま予約日が近くなっただけで、症状が悪化したわけではないのでご心配なく。
ワシも同行すべきではあったが、2日連続夜勤で前夜は3時間ぐらいしか寝れなかったので、朝いったん起きたが、もね母に任せ二度寝に突入してしまった(^^;)

大学病院なんて行くのは、鹿児島時代に骨折で鹿児島大学農学部附属動物病院へ行って以来である。
その時は鹿児島の動物病院を全然知らなかったので、とりあえず大学病院に行ったのであった。
今回大学病院に行ったのは、かかりつけ病院の紹介があったからである。
もねさんの症状から変性性脊髄症が可能性の一つとして疑われ、麻布大病院なら症例を多く見ているから判断できるであろう、ということであった。

20090911-1

診察では、血液検査、X線撮影(かかりつけ病院から資料が送られていなかったので再撮影)をして歩く様子などをチェック。
診た範囲では変性性脊髄症と特定できる所見はない、ヘルニアでこういう症状になることもある、とのことであった。

ただ、変性性脊髄症ではないと断定もできないので、念のため、アメリカの検査機関に血液サンプルを送って、DNA検査することになった。

DNA検査はアメリカの研究機関が研究目的でやっているものなので、検査費は無料。
ただし血液サンプルを送るのは自費(クール宅急便みたいので送るのでちょっと高い=約1万円?)。

DNA検査の結果が陰性であれば、変性性脊髄症の可能性は否定される。
陽性であれば、変性性脊髄症の可能性は残る。(遺伝的素因を持っていても、発症するとは限らないので、断定はできない)
陰性ならばいいが、コーギーは陽性率がかなり高いらしいから、もねも陽性の可能性は高い。
結果を待たねばならんが、DNA検査をしても原因の確定はあまり期待できないであろう。


もねさん、診察室では、診察台を取り囲んだペーペーの獣医のタマゴをじ~~っとにらんで「ナデレ!」と強要していたらしい(^^;)


その間、ココちんは

20090911-2

お家の近くの神社の裏でこんなことして遊んでおりました。

この切り株、年輪数えたが、30ぐらいしか分からなかった。
30年ぐらいでこんなにぶっとくなるのか?!
ワシの小屋も、成長の速いコナラとか植えたら、ワシが生きとるうちにこんなにデカクなるのだろか???

9月 082009
 

20090908-1

もねさんの後ろ足の麻痺?は特に悪化した様子はないが、改善した様子もない状態。
普通に歩くのには大きな問題はない。
おやつとかおもちゃとかを見せたり、興奮したりすればかなりの勢いで走ることもできる。
でも、なんとなく後ろ足だけフラフラしている。
ごく大雑把に言うと、前後方向の動きはあまり問題ないが、横方向の踏ん張りが利かない感じ。
よく分からんですなあ。

今のところ、基本的な治療方針は、神経の修復・再生に役立つとされるビタミンB群などの投与のほかに、軽い運動によるリハビリが中心。

で、日々の散歩のほかに、時々もね母に連れられてマッサージや水中歩行のためのプールに行ったりしている。

針灸が効くこともあるらしいが、これはまだ試していない。

昨日はかかりつけ動物病院に理学療法士が来る日だったので、事前に予約しておいて受診。
足の裏などを刺激すると反応の悪いところがあるので、つねったりして?刺激して神経の再生を待ちましょうということになったらしい。

どれもこれも決め手に欠ける感じではあるが、人間のリハビリと同じで、地道に続けるしかないんでしょうなあ。

20090908-2

小屋に行って、クリのイガの上を歩くといい刺激になるかも(^^;)

20090908-3