もねココ様子

ココちん、痛み止めのNSAIDはまだ飲んでいるが、この2日間で痛そうに鳴いたのはワシの知る限り1回だけ。
鳴き方も以前の悲鳴のような感じではなく、「イテテテッ!」ぐらいの感じ?であった。
本日午後、もね母に連れられ病院へ行く予定。
先日のMRI&CTの結果について整形外科の獣医師と相談する。… read more

散歩時に足先の保護が必要になってきた

もねさん、後ろ足の引きずり方が徐々に悪化しているらしい。
爪のすり減りだけでなく、爪の付け根の肉の部分がアスファルトの路面ですれて、少し血がにじむ部分が出てきた。
芝生で散歩できればいいんだけど、そんな場所、近所にはない。
傷が大きくなったら散歩に行けなくなっちゃうので、今朝は後ろ足に靴下を履かせて、その上からテーピングしてみた。… read more

もねさん、歯肉腫切除&歯石取り&深爪切り終了

  爪はだいぶ短くなった。爪切り後は止血剤を付けてある。化膿止めに抗生物質を数日飲ませる   歯肉腫もきれいにとれた。出血のあともほとんど分からず。歯も白くピカピカに
取った歯肉腫の組織は念のため病理検査へ。結果は後日   さあ、がんばって歯磨きして、爪切りして、この状態をできるだけキープしなければいけませんな。… read more

もねさん、偽関節になっちゃったかも

もねさん、つい数日前に金属プレートを当てテープでぐるぐる巻きに固定し直されたばかりだが、おとといあたりからずれて固定の意味をなさなくなっていた。きのうにはかなり斜めにずれてしまったので、かえって悪影響があるのではないかと考え、病院には行かず自主判断でテープとプレートを外してあげた。  かかりつけの動物病院がきょう、1カ月に1度の整形外科専門医が来る日だったので、もね母が連れて行って診てもらった。  結果から言うと、固定は全部外して様子を見ることになった。  もね母によると、レントゲンは撮らず触診しただけだったが、骨折個所が偽関節になっている可能性があるとのこと。偽関節というのは、骨折個所が元通りにつながらず、関節のように曲がる状態になったままのこと。  … read more

大きすぎた代償

もねさん、本日病院でレントゲン撮影。骨のくっつきかたが悪く、金属のブレートでさらにがっちりと固定されてしまった。もうそろそろ外せるかもと思っていたのに、あと数週間は着けたままになりそうだ。今年の夏は始まることなく終わってしまったも同然。かわいそうな、もねさん。  もねの名誉のためにあえて説明するが、もねは決して脚が悪いわけではなく、骨が弱いわけでもない。その証拠に、普通に遊んでいてけがをしたことはほとんどない。骨折したのはすべてディスクかボールで遊んでいる最中の、キャッチした前後である。  もねはボールやディスクに対して執着がすごく強いので、スライディングしながらでも根性でキャッチしようとする。きちんと整備された芝生のグラウンドならば問題ないが、スライディングしたときに爪が引っ掛かるような地面だと危ない。何百回に1回、突き指のような状態になってけがをする。そして運が悪いと骨折する。たぶんそういうことである。  骨折した4回のうち3回は、草がまばらに生えたちょっと硬めの土のグラウンド。もう1回は、表面はふかふかだが下の方が凍ってざくざくになった雪原だった。  … read more

もねさん、お帰り

今日はもね母が仕事で、ワシは夜勤なので、ワシがもねさんを病院に迎えに行った。

1日以上絶食だったし、さすがに手術で体力を消耗したのか、帰宅してちょっとご飯を食べたら、すぐに寝てしまった。
お疲れさんでした。
ひどい目に遭ったと思っているだろうなぁ。… read more

リスクの代償?

で、果敢にもリスクを取って、あえなく骨折した親指でございますが、
骨折は順調に治ったようですが、
もうすぐ爪が懐かしの先割れスプーンになってしまいそうでございます。

やだよ~… read more