もねココ様子

ココちん、痛み止めのNSAIDはまだ飲んでいるが、この2日間で痛そうに鳴いたのはワシの知る限り1回だけ。
鳴き方も以前の悲鳴のような感じではなく、「イテテテッ!」ぐらいの感じ?であった。
本日午後、もね母に連れられ病院へ行く予定。
先日のMRI&CTの結果について整形外科の獣医師と相談する。

もねさんは車椅子の散歩は快調。だいぶ慣れてきた。
腰の高さを一定に保てるので歩きやすそう。
犬用車椅子って使ってみて分かったが、車椅子じゃなくて歩行補助器ですな。
症状が進んだら車椅子的な使い方もできるけど。
で、もねさんの場合は今のところ、歩行補助器的な使い方。
立ち止まったりするときは足がちゃんと前に出ないでナックリング状態になる時もあるが、速足の時は後ろ足もちゃんと地面を蹴っている。
車椅子を付けていることを除けば、ほとんど普通に歩いているようにも見える。

ただし、やはり症状はじわじわと進んでいるもよう。
家の中では左後ろ足を引きずったままのことが多くなってきた。
全く使えなくなったわけではなく、宅配便が来たときなど興奮した時は後ろ足もちゃんと使って吠えながら玄関に走っていく(^^;)
強いて言えば、短距離をゆっくり移動するだけなら、がんばって立ってふらつきながら歩くより、引きずって行っちゃった方が楽ちん、と学んでしまった感じか?

散歩時に足先の保護が必要になってきた

もねさん、後ろ足の引きずり方が徐々に悪化しているらしい。
爪のすり減りだけでなく、爪の付け根の肉の部分がアスファルトの路面ですれて、少し血がにじむ部分が出てきた。
芝生で散歩できればいいんだけど、そんな場所、近所にはない。
傷が大きくなったら散歩に行けなくなっちゃうので、今朝は後ろ足に靴下を履かせて、その上からテーピングしてみた。
靴下だけだとすぐに脱げちゃうので、靴下の上から足首の部分にテープを巻いて固定。
さらに、靴下がすり切れないように足先部分もテープでカバーした。
最初は靴下がずれてうまく歩けず、2回ほど家に戻って着け直すなど、若干苦労した。
でも、きちんと靴下を履かせてしっかりテーピングをしたら、普通に歩けるようになった。

もねココとも家の中ではトイレをしないので、現状では、大雪が降ろうが、台風が来ようが、散歩は不可欠。
今はまだ大丈夫だが、もねさんの症状が進んだら、家の中でトイレができないと困った事態になることも予想される。
もねココがまだ若いころから何度か屋内トイレを教えようとしたことがある
だが、もねさんとココちん、それにもね母が非協力的なこともあり、挫折を繰り返してきた。
介護が必要なときに家でトイレができないと困るだろうなあと思っていたが、それが現実のものとしていよいよ近づいてきた。
今度こそ、本腰を入れて教えねばならん。

幸い、しばらく前から、もねさんに「うんちょ!」と言って、ウンチをしたらササミをあげるのを繰り返している。
そしたら、もねさん、「うんちょ」と聞くとササミ欲しさに無理やりにでもひねり出すようになってきた(^^;)
これを応用すれば、屋内でもできるようになるかも?
うまくいくかなあ?
いや、うまくいかせねばならん!