5月 102010
 

ココちん、痛み止めのNSAIDはまだ飲んでいるが、この2日間で痛そうに鳴いたのはワシの知る限り1回だけ。
鳴き方も以前の悲鳴のような感じではなく、「イテテテッ!」ぐらいの感じ?であった。
本日午後、もね母に連れられ病院へ行く予定。
先日のMRI&CTの結果について整形外科の獣医師と相談する。

もねさんは車椅子の散歩は快調。だいぶ慣れてきた。
腰の高さを一定に保てるので歩きやすそう。
犬用車椅子って使ってみて分かったが、車椅子じゃなくて歩行補助器ですな。
症状が進んだら車椅子的な使い方もできるけど。
で、もねさんの場合は今のところ、歩行補助器的な使い方。
立ち止まったりするときは足がちゃんと前に出ないでナックリング状態になる時もあるが、速足の時は後ろ足もちゃんと地面を蹴っている。
車椅子を付けていることを除けば、ほとんど普通に歩いているようにも見える。

ただし、やはり症状はじわじわと進んでいるもよう。
家の中では左後ろ足を引きずったままのことが多くなってきた。
全く使えなくなったわけではなく、宅配便が来たときなど興奮した時は後ろ足もちゃんと使って吠えながら玄関に走っていく(^^;)
強いて言えば、短距離をゆっくり移動するだけなら、がんばって立ってふらつきながら歩くより、引きずって行っちゃった方が楽ちん、と学んでしまった感じか?

3月 172010
 

もねさん、後ろ足の引きずり方が徐々に悪化しているらしい。
爪のすり減りだけでなく、爪の付け根の肉の部分がアスファルトの路面ですれて、少し血がにじむ部分が出てきた。
芝生で散歩できればいいんだけど、そんな場所、近所にはない。
傷が大きくなったら散歩に行けなくなっちゃうので、今朝は後ろ足に靴下を履かせて、その上からテーピングしてみた。
靴下だけだとすぐに脱げちゃうので、靴下の上から足首の部分にテープを巻いて固定。
さらに、靴下がすり切れないように足先部分もテープでカバーした。
最初は靴下がずれてうまく歩けず、2回ほど家に戻って着け直すなど、若干苦労した。
でも、きちんと靴下を履かせてしっかりテーピングをしたら、普通に歩けるようになった。

もねココとも家の中ではトイレをしないので、現状では、大雪が降ろうが、台風が来ようが、散歩は不可欠。
今はまだ大丈夫だが、もねさんの症状が進んだら、家の中でトイレができないと困った事態になることも予想される。
もねココがまだ若いころから何度か屋内トイレを教えようとしたことがある
だが、もねさんとココちん、それにもね母が非協力的なこともあり、挫折を繰り返してきた。
介護が必要なときに家でトイレができないと困るだろうなあと思っていたが、それが現実のものとしていよいよ近づいてきた。
今度こそ、本腰を入れて教えねばならん。

幸い、しばらく前から、もねさんに「うんちょ!」と言って、ウンチをしたらササミをあげるのを繰り返している。
そしたら、もねさん、「うんちょ」と聞くとササミ欲しさに無理やりにでもひねり出すようになってきた(^^;)
これを応用すれば、屋内でもできるようになるかも?
うまくいくかなあ?
いや、うまくいかせねばならん!

12月 132009
 

【症状など】
後肢がよろける。特に横方向に。
後肢を少し引きずる。左後肢の爪のすり減りが早い。
後肢の筋肉はだいぶ落ちた。
階段は安全のため、抱っこして上がり下り。
若干ふらつくが、自力歩行は問題なし。
モチベーション(食べ物、ボール、敵?など)があれば走ることも可能。
アスファルト、土、カーペットなどは滑りにくいので、歩行に問題なし。
フローリングの上などでは滑って尻餅をついたりしやすい。滑り止めが付いた靴下が有効。


20091213-2【運動など】
毎日朝夕の散歩。時々、山でロング散歩。
週1回程度、プールへ。歩行運動や水泳など。
2週間に1回程度、マッサージへ。


【食事】
ワシが作れるときは手作り中心。ドライフードだとサプリを混ぜると嫌がる。
・肉(ヒツジ、ウマなど赤身&内蔵)
・穀物(オートミール、コメなど)
・野菜(ブロッコリー、ニンジン、セロリ、キャベツ、アルファルファ、ニンニク、ショウガ、シイタケなど)
・豆類(主に納豆)
・その他いろいろ
※納豆以外はすべて加熱調理


【サプリ】
参照->The DM Shopping List

・ビタミンE 夕1000IU
・ビタミンC 朝夕少々
・ビタミンB50s 朝夕1カプセル
・ビタミンB12 夕1000mcg
・セレニウム 夕100mcg

・リプロフレックス 朝夕半錠


【とりあえずのまとめ】
症状に気がつき始めた6、7月ごろ、ヘルニアを疑い、一時、運動をかなり制限した。その間に筋肉が落ちて、一気に後肢が弱った。
その後、変性性脊髄症(DM)の可能性が強まったため、運動を増やし、サプリを与え始めた。改善はしないものの、症状の進行は遅くなったような気がする。
サプリの効果は不明だが、ほかに有効な治療法もなく、今のところ悪影響もないようなので、現状の運動、食事、サプリを当面継続する予定。


以上

 

(注)上記の運動、食事、サプリなどは、飼い主の独自判断で試行錯誤しているものであり、ほかのワンちゃんにお勧めするものではありません

7月 292008
 

 

爪はだいぶ短くなった。爪切り後は止血剤を付けてある。化膿止めに抗生物質を数日飲ませる

 

歯肉腫もきれいにとれた。出血のあともほとんど分からず。歯も白くピカピカに
取った歯肉腫の組織は念のため病理検査へ。結果は後日

 

さあ、がんばって歯磨きして、爪切りして、この状態をできるだけキープしなければいけませんな。
麻酔はもうなるべくかけたくないんでね。
頼むよ、もねさん!

7月 282008
 

 もねさん、つい数日前に金属プレートを当てテープでぐるぐる巻きに固定し直されたばかりだが、おとといあたりからずれて固定の意味をなさなくなっていた。きのうにはかなり斜めにずれてしまったので、かえって悪影響があるのではないかと考え、病院には行かず自主判断でテープとプレートを外してあげた。

 かかりつけの動物病院がきょう、1カ月に1度の整形外科専門医が来る日だったので、もね母が連れて行って診てもらった。

 結果から言うと、固定は全部外して様子を見ることになった。

 もね母によると、レントゲンは撮らず触診しただけだったが、骨折個所が偽関節になっている可能性があるとのこと。偽関節というのは、骨折個所が元通りにつながらず、関節のように曲がる状態になったままのこと。

 今後の対応としては、
(1)手術でプレートを入れて固定する
(2)ギプスで固める
(3)固定しないで様子を見る
―などがあるが、
(1)は、指の細い骨なのできちんと固定できない可能性がある
(2)は、骨折から時間がたっており、骨折個所の間に肉が入り込んでいると固めても骨が付かない可能性がある(「50%ぐらい」)
―とのことで、(3)を選択することになった。

 もねさん自身は、骨折個所を触って動かしても全然痛がらないし、普通に生活する分には問題ないとのこと。また今後、自然に骨がくっつく可能性もないわけではないという。

 今後もしも痛がったりしたらギプスで固めなければならないかもしれないが、そうでなければ1週間後に経過観察、1ヶ月後にレントゲン撮影の予定。

 ただ、指先を引っかけたりするとよろしくないことには変わりないので、ちょうどあした、歯肉腫&歯石取りで麻酔をかけることもあり、前足の爪を血管ごと短く切ってもらうことにした。

 過去3回はちゃんと治ったし、今度も同じように治るだろうと思ってちょっと油断したかもしれない。最初からがっちり固定しておけば良かったという思いもないわけではない。だが、指先の骨折は固定しにくいし、特に足の短いコーギーは固定しにくい。しょうがなかったのかもしれない・・・

 いずれにしても、もねさんももうすぐ10歳だし、どっちにしても激しい運動をさせるつもりはない。いつまでも固定し続けて不自由な生活をさせるより、普通の生活に戻してあげたほうがいいだろう。

 偽関節になっても日常生活には影響ないだろうが、正常な関節よりはやはり炎症を起こしたり痛みが出たりしやすいはず。長距離の山歩きや、ディスク、ボール遊びは一切禁止するつもりだ。

 ディスクやボール遊びは、もねさんの最も好きな遊びである。これまでのもねさんとの本当に楽しかったディスク生活を振り返ればワシとしても忍びないが、こうなっちゃった以上しょうがない。ワシとしてはこうならないように、細く長く続けられるように最大限努力したつもりなんだけどね。

 で、このブログを見ている人にお願い。

もしも、ワシのいないところで、もね母が性懲りもなく、もねとボールやディスクなどで遊ぼうとしているのを見かけたら、やめさせてください!

 今まで、「気をつけろ」「やりすぎるな」「やめろ」と、何十回、何百回、口が酸っぱくなるほど言ってきたが、無視された結果、今回の事態になったのでね。
 今度こそ気をつけるだろうとは思うが、念のため。

7月 212008
 

 もねさん、本日病院でレントゲン撮影。骨のくっつきかたが悪く、金属のブレートでさらにがっちりと固定されてしまった。もうそろそろ外せるかもと思っていたのに、あと数週間は着けたままになりそうだ。今年の夏は始まることなく終わってしまったも同然。かわいそうな、もねさん。

 もねの名誉のためにあえて説明するが、もねは決して脚が悪いわけではなく、骨が弱いわけでもない。その証拠に、普通に遊んでいてけがをしたことはほとんどない。骨折したのはすべてディスクかボールで遊んでいる最中の、キャッチした前後である。

 もねはボールやディスクに対して執着がすごく強いので、スライディングしながらでも根性でキャッチしようとする。きちんと整備された芝生のグラウンドならば問題ないが、スライディングしたときに爪が引っ掛かるような地面だと危ない。何百回に1回、突き指のような状態になってけがをする。そして運が悪いと骨折する。たぶんそういうことである。

 骨折した4回のうち3回は、草がまばらに生えたちょっと硬めの土のグラウンド。もう1回は、表面はふかふかだが下の方が凍ってざくざくになった雪原だった。

 何度も骨折させて、もういい加減、どういうところでどういうことをすると骨折しやすいかは分かっていた。

 だからワシはもう、もねとディスクで遊ぶのはほとんどやめていた。やるとしても、ここなら大丈夫だろうというきれいな芝生の上でだけ。多くても1カ月に4、5投程度にしていた。

 家の中でボールで遊ぶときも気を付けていた。カーペットの上なので爪が引っ掛かる危険は少ないが、それでもスライディングをさせず、走り抜けながらキャッチできるように工夫していた。

 それなのに、ああ、それなのになぜだ?!

 元気なもねさんとあと何回、楽しい夏を迎えられるか分からない。それなのにこんなことにしてしまうなんて・・・

9月 232007
 

~ 9/13-18 JKCアジ北海道・恵庭&道南小旅行 ~

ココちん、あれよあれよという間に3度昇格(^_^;)

 北海道旅行を兼ねて参加したJKCアジ@恵庭でなんとなんと、ココちんがAG2を2走ともクリーンランし、あっという間に3度昇格を決めちゃった。
 飼い主もビックリ!! 辛口評論家の口も封じる快挙(珍事?)と言えよう。
 ココは2度でクリーンランする力は十分あるけど、ハンドラー(もね母)がよくミスるので、年内に昇格できればいいな、ぐらいに考えていた。ところが2度参加4回でクリーンラン3回達成。1度から2度に上がる時よりも速いやん。
 なんつーか、地雷が埋まっていることにも気付かずに、地雷原をひょひょひょい~とすり抜けてしまった感じですなあ。まあ、このしっぺ返しは?今後3度で十分味わうことになるでしょう(爆)

20070914-01.jpg
八戸、苫小牧を結ぶフェリー「シルバークィーン」

 13日、勤務を終えて、夕方出発。東北道を北へ。八戸のちょい手前の折爪SAで車中泊。芝生広場もあって、とってもいいSAであった。
 翌朝、八戸から苫小牧行きフェリーに乗船。予約した1等和室はケージから出さなければペット持ち込みOKだった。平日のフェリーはガラガラで風呂も貸し切り状態♪ 昼寝したり、風呂入ったりしているうちに北海道に到着~

20070914-02.jpg
ノーザンホースパーク

 約1年ぶりの北海道はやっぱり広~くて気持ちいい。
 まずは、もねココを遊ばせるためノーザンホースパークへ向かう。途中、ウトナイ湖も遊ぶのに良さそうだったが犬不可。ラムサール条約に登録しているから、犬を野放しにはできないのだろう。ということで予定通りノーザンホースパークへ。
 ちょっと遊ばせるだけで有料なのは嫌だなと思っていたら、ゲートは無人♪ ちゃんと払おうと思っていたんすよ。でも係の人がいなかった。まあ平日の夕方に来る人なんて少なそうだからね。いいんでしょう、たぶん。
 ぴゃ~っと遊んでガス抜きして、翌日に備え、早めに道の駅「花ロードえにわ」にて車中泊。

15日 AG2

 アジ1日目の15日は雨。濡れた芝が滑りやすそうだったけど、涼しくてコンディションは良好だった。
 ドッグウオークを降りたところでコースを間違えそうになったけど大きなミスはなくクリーンラン。もね母は当初、「標準タイムを1秒オーバーした」と言っていたが、あとで「1秒差でセーフ」と判明し、ホッと一安心。

JP2

 続いてJP2もまさかのクリーンラン。
 練習の時よりもスピードがなく、タイム的に入賞はできなかったが、初日から上出来であった♪
 でも、最後のフロントスイッチの連続が、ココを引っ張るというより、むしろココを止めているかのようなぎこちなさ。もっとスムーズにできるはずである。ワシ的には大いに不満である(^_^;)

20070915-01.jpg
AG2で3席入賞
がんばりまちた!
これで3度昇格に王手
16日は雨も上がってまずますの天気。
20070915-02.jpg
会場のドグスポランド恵庭
ふかふかの芝生
常設の巨大ビニールハウスあり
雨でも安心♪
16日 AG2

 なんとまたまたクリーンラン。3度昇格が決まってしまった(汗)
 ちょっと太り気味だった上、ヒート中だったのでスピードが普段にも増してなかったことが幸いしたか?
 また、ヒートのため、順番が最後になり、他ペアの走りを参考にできたこともラッキーだったかもしれない。

16日 JP2

 このコースは標準タイムの設定が厳しかった。クリーンラン率ゼロ。標準タイム内のペアはミスをし、ノーミスのペアはタイムオーバーしていた。
 ココ&もね母ペアはミスとタイムオーバー両方(爆)
 ほんとはもっと速く走れるのにねえ。ディスクのときは「ココちゃん、速~い!」とか言われるのにねえ・・・
 とりあえず堅実にこなして3度まで上がれたのだから、ここから先はリスクを冒してもスピードを求めてほしいとワシは希望します。

20070916-01.jpg
2日目もAG2で2席入賞♪
なんと3度昇格が決まってしまった
こんなにあっさり上がっていいのだろうか・・・
入賞できるのもこれが最後かも(^_^;)
20070917-03.jpg
北限のブナ林を散策

 せっかく北海道まで来たので、1日だけ休みを追加。函館まで南下しながら寄り道することにした。
 まずは黒松内のブナ林散策。
 「ドングリから木を育てよう」キャンペーン?を勝手に実施中のワシとしては、ドングリゴロゴロを期待していたのだが、まだ時期が早かったのか、あまり落ちていなかった。残念。
 もねココはいつもどおり自然の中だとホントによく歩く。鼻を一生懸命上に向けてクンクンし、街のにおいとは違う森林の香りを堪能しておりました。

20070917-02.jpg
ブナ林の川で水遊び(^^;)

 小川の近くに来ると、もねさんスイッチオン!
 ぴゅ~っと大爆走し、時々止まってエヘッと笑い、また大爆走。水の中にまで走り込んで、それはそれは楽しそうでございました。もねさん、北海道まで来たのに、ほとんど遊べていなかったからね~。ちょいとストレス溜まっていたかも(^_^;)

 この後、天候が悪化し本降りに。早めに遊んでおいて正解。

20070917-04.jpg
ハーベスター八雲は雨

 芝生広場で爆走させるはずだったが断念し、もねココは車待機で人間だけ昼食。フライドチキンなんてどこで食べても同じような気がするが、ここで食うとなぜかうまい気がする♪

20070917-05.jpg
大沼。後ろの駒ケ岳は雲の中

 ちょっと小雨になったので北海道最後のお散歩。
 雨なので観光客は少なく、聞こえてくるのは中国語ばかりなり。
 最近、団体がバスツアーで回るような観光地って、中国人、韓国人らしき人々がホントに多い。日本人より多い気がするなあ。

20070917-06.jpg
新型高速フェリー「ナッチャンRera」

 函館―青森で乗ったのは、9月に就航したばかりの新型高速フェリー。在来フェリーで4時間ぐらいかかっていたのが、2時間ぐらいに短縮されたのである。
 港に着くと、高速道路の料金所みたいのを通って、乗船待ちの駐車場所へ。悪天候のため時間が遅れたが、乗船は、ガバッと大きく開いた船体後部から立体駐車場に入るみたいな感じで船内に入る。なんだか鹿児島の錦江湾フェリーを大規模にしたような感じだった。

20070918-01.jpg
北東北は豪雨被害がひどかった

 北海道に行っていた間に北東北はすごい雨になっていて、東北道は各所で通行止め。SAで車中泊して翌朝になってもまだ通行止め。
 でも、まだまだ家まで先は長く、いつまでも待っていられないので、見切り出発。ダメだったら途中で高速を降りるつもりだったが、なんと直前で通行止めが解除に♪ 今回の遠征を象徴するかのようなラッキーさであった。
 ただ風はまだ強く、横揺れしながら走る高速脇の川も増水してすごい状態。これじゃあ通行止めもしょうがなかったと実感した。

20070918-02.jpg
最後は恒例ソフトクリーム♪

 北東北はひどい状況だったが、福島あたりまで来るとなんともなくなり、気温も上昇。あち~ぃ。
 北海道では朝晩は寒いぐらいだったのに、こっちはいまだに冷房が必要。しかたないので、那須SAで、もねココにソフトクリームをなめさせた。
 良かったね、もねちゃん、ココちゃん(笑)

(おしまい)

6月 112007
 

~2007/6/10 くきざきアジコン~

クリーンランをするには羞恥心しゅうちしんなどかなぐりすてなければいけないという意味である。
もね母の言葉ではございません。
もね母にもこれぐらいの気合いを見習ってほしいものでございます。

以上、今週の“心に残る言葉”でした。

【JP1】
スタート直後にコースを間違え失格

(この間、突然の激しい雷雨で競技一時中断)

【AクラスAG】
スラロームのエントリーを失敗。タッチものも飛びそう。学習効果なし

【AG1】
撮影準備が遅れスタートを撮れず(汗)
この日3走目にしてようやくクリーンラン
やりゃあできるんだから、最初からちゃんとやってほしいものです

【AG2】
まずまず良かったが終盤のシーソーでなぜかココが横に飛び降り。あとはハチャメチャ
よく分らんけど、とにかくもっときちんと丁寧にハンドリングしてほしいものですな。もったいない

となりではJFAの大会をやっていて、当初は、もねさんと参加するつもりであった。
だが前回の山形大会後、これまで3回骨折したことのある前足小指の爪に打撲?の痕跡を発見。
これ以上、もねに骨折でもさせたら悔やんでも悔やみきれないので、大事をとって参加をやめた。
参加しても99%問題なかったとは思うが、少しでも不安があるなら安全優先である。
結果的には、途中で雷雨もあったし、夜勤明けのため眠くて車中で爆睡しちゃったし、ココちんのビデオ撮影で忙しくもあったので、不参加で正解であった(ということにしておこう)。

4月 062007
 

今日はもね母が仕事で、ワシは夜勤なので、ワシがもねさんを病院に迎えに行った。
20070406-1.jpg
1日以上絶食だったし、さすがに手術で体力を消耗したのか、帰宅してちょっとご飯を食べたら、すぐに寝てしまった。
お疲れさんでした。
ひどい目に遭ったと思っているだろうなぁ。
ごめんなぁ~

次は5日後に経過観察のために通院。1週間から10日後に抜糸の予定。
病院が忙しそうだったので、詳しい話を根掘り葉掘り聞くことはできなかったが、とりあえず周囲への転移などは見当たらなかったらしい。
組織検査の結果が出るのは来週になるとのこと。

手術されたお腹は毛刈りされてツルツル。
乳腺腫瘍切除のためと、避妊手術のため、2カ所傷がある。
麻酔をかけたついでに、長くなっていた前足の爪も短く切ってもらった。
20070406-2.jpg

ちょっと痛々しいけど、しばらくしたら、元気なもねにまた戻ってくれるだろう。

4月 012007
 

で、果敢にもリスクを取って、あえなく骨折した親指でございますが、
骨折は順調に治ったようですが、
もうすぐ爪が懐かしの先割れスプーンになってしまいそうでございます。
20070401.jpg
やだよ~
爪、切りたくないよぉ~(>_<)