10月 262009
 

紅葉がきれいでしたね・・・(写真は無し)


20091025-1

仙台の犬


仙台に来た東京の犬(娘)20091025-3
仙台に来た東京の犬(左:娘、右:母)


1日目AG2=「馬鹿でぇ」のコースミスで失格


1日目JP2 バー落下1


(温泉入って、牛タン弁当食って会場で車中泊)


2日目AG3 「ココちん、石でも踏んじゃったの?」の拒絶1


2日目JP3 やっとノーミス(タイムオーバー)


ということでJKCのAGで11連敗(たぶん)。

今回もいい感じでしたね♪
次も期待してるよぉ!(爆)

9月 272008
 

大雪高原沼めぐりを終え、北海道旅行もいよいよ後半である。

20080915-29

日本離れした雄大な景色の中を一路、然別湖(しかりべつこ)へ!

然別湖に到着したのは午後3時すぎ。

20080915-30

大雪高原で車中留守番が長かったもねココを早速、湖水に漬け込み~

もねさんは、「水、水っ♪」と湖畔へ勝手に一直線(^o^;)
もねさんにはかなわないけど、ココちんも結構意欲的に泳ぐようになりましたね♪

 

泳いだ後は湖畔の草地で、ココちん、思う存分スリスリを満喫。

あっ、もねさんまで(汗)

なんか臭いものでも擦り付けていると嫌だが、特に付けてなさそう。
まあ、付けちゃったとしても、また水に漬けこめば落ちる。
何だか楽しそうなので、好きにさせときましょう。

 

20080915-31

近くの山田温泉に入って、帰ってきてバーベキュー


キャンプ場のおねえさんによると、前日は80人も泊っていたそうだが、この日はガラガラでせいぜい10人ぐらい。
犬嫌いの人もいなさそうで、気が楽だ~
もねココも野放しで楽しそう♪
やっぱり、人が少ないのはいい。
これが東京周辺だったらたぶん芋洗い状態。
というか、こんな自然はとっくになくなっちゃっているだろう。


(一夜明けて)

20080916-01

早朝の然別湖


小雨だが、波はなく、風も弱い。

よしっ、OKだ!この日のために用意したインフレータブルカヌーの進水式だ!

20080916-02
前々から「もねココ乗せて遊べたらなあ」と、ず~っと欲しかったのだ。
値段が結構高くて手が出せなかったのだが、ある日、63%OFF!で売っているのを発見。
今回の旅行を前に、もね母が「然別湖でカヌーをしたい」とぼそっと言ったのを聞き逃さず、すかさずポチっとしたのである(^^;)

足踏みポンプで膨らますこと数分間。
水辺に浮かべ、もねココを乗っけて一緒に乗り込むと、おお、浮いた浮いた!
結構しっかりしているし、安定してるやん♪

水の上は静かで気持ちいい~♪
鳥の声とかがよく聞こえる。

20080916-03

もねココはしばらくごそごそ動いたり、くっついてきたりして、漕ぎにくかったが、時間がたつと慣れてきたのか、縁にあごを載せてボーっと景色を見たり、だいぶ落ち着いてきた。
カヌーとかラフティングとかは何度かやったことがあったので、まあ大丈夫だろうとは思っていたが、思った以上にしっかりと安定していたので、岸沿いにしばらく進んだのち、そのまま1.5キロほど先の弁天島へ。

 

上陸!

20080916-04

両手にもねココ(^^;)

のんびり漕いで30分ぐらいかかったかな。

以前、台風翌日にガイド付きカヌーで釧路川下りをしたとき、南からの強い逆風のため川下りなのに全然前に進めず、2、3時間必死で漕ぎまくって湿原の景色を見るどころじゃなかったことがあった(汗)
その時のことを思えば楽ちん楽ちん。
やっぱ、必死で漕ぎまくるより、のんびりムードの方がいいですな。
これも時間に縛られる「ガイド付き」とかじゃなくて、マイカヌーのおかげと言えよう♪

 

せっかくなので弁天島にて、もねココ水泳。
もねさんはやはりカヌーに乗っているだけより、泳いで遊ぶ方が好きらしい♪
ココちんはカヌーで揺られている方が好きかも(^^;)
湖上の孤島なので、思わぬところから犬や人がやって来る心配がなく、安心して遊べた。

 

帰途に就く。

遠い眼をして、もの想うココちん♪

20080916-05

「あぁ、アタシは犬なのに、なんでこんなところにいるんだろう?」(^^;)

途中、観光遊覧船が接近してきて、結構な波が発生。
横波を受けると沈しそうで怖かったので、念のため、船体を波に垂直に向けてやり過ごす。
ライジャケ着けているとはいえ、沖で沈するとどうなることやら。
一度、安全なところで沈の練習しないといかんですな。

 

岸が近くなってきたので、もねココを湖面に投入! 「さあ、あとは自力で泳いで帰るんですよ」

 

(早朝から遊んだのでお昼寝~)

もね母がキャンプ場から直接行ける遊歩道みたいな小路を発見。

20080916-06

今まで行ったことがなかったので行ってみることに。

 

20080916-07

しばらく進むと分岐があり、ヤンベツ川に出た。


水がきれいで、魚がちょろちょろ見える。
こりゃあ、新兵器投入のチャンスなり!

いやぁ、思った以上にきれいに撮れた。
オショロコマミヤベイワナ)?がいっぱい! すごいね~

 

20080916-08

お魚さんを見たあと、さらに先へ


もねココもこういう自然の中の散歩はご機嫌ですなあ!

途中で結構木が倒れて道をふさいでいた。

もねもココもこれぐらいなら自力で乗り越えられる。
自動車とかが入れないようにわざと倒してあったのかも?







そうこうするうちに








緩いカーブを過ぎて、前方が開けると








あっ、シカだ!









20080916-09










「ココちゃん、シカさんですよっ!」

20080916-10

見えないふり、見えないふり~(爆)

「いいんですか、そんなことでっ!」

 

20080916-11

親子ですかね?

しばらく逃げもせず、じっとこちらを見ていた。

そうこうするうちに、後ろを歩いていたもねさんが追い付いてきてシカさんを発見。

20080916-12

「2対2、親子対決?!」

もねさんはさすが大人。
見えないふりなどはしない(^^;)

そして、シカに反応するもねを真似て、ココちんもいまさらながら「あっ、シカさんっ!」(爆)
もねがずいっと前に出たらシカさん、森の中へ逃げちゃいました。

ふぅ~。
なかなか緊張の一瞬でしたな。

北海道ではシカはよく見るが、こんな誰もいない森の中で、しかももねココ連れで至近距離で出くわすとは思わなかった。
シカさん、元気でね~

シカに遭遇した後、もねさんは野生の血が目覚めたのか、においをクンクン嗅ぎながら「あっちだっ!」「こっちだっ!」と道の両脇の森の中に入りまくる。

そして再び川沿いに出ればこの通り。
もねさん、久しぶりにバカッ走りだぁ!

なんつーか、こみあげてくる衝動を抑えきれないって感じですな。
これぞ、もねさん!
もねさんのこういうところが、ワシは好きです♪
魚の動画を取ろうとちょうどカメラを準備していたので、久しぶりに貴重な映像が撮れてうれしい\(^_^)/

 

20080916-13

川の浅瀬を下ると、然別湖への流入口付近に出た

 秋になると産卵のため、湖から川にミヤベイワナが上ってくるらしい。
さあ、お魚さんの大事なすみかを邪魔しちゃ悪いので、もうそろそろ戻りましょう。
次にいつ来れるか分からないけど、ずっとこのままの自然であってほしいなあ。

キャンプ場に戻って、風が弱まった夕方、再びカヌーで出撃。

20080916-14

今度は一人(+2匹)ずつ交替で。

もねココはカヌーの上から「なんでココ爺(もね母)は乗らないのさっ!」と、ず~っと岸の方を見ている。
慣れない湖上で、群れのメンバーが団体行動の和を乱すと不安なんですかね?(笑)

20080916-15

「なんでそんなとこにいるのさっ!」

20080916-16

「そんなにくっついたら、漕ぎにくいです」

日が暮れたので、この日も山田温泉に行ったのち、連夜のバーベキュータイムに。
風が全くない静かな夜であった。
昼間歩いた森の方から、「ホー、ホー」と低い声が時々聞こえる。
シマフクロウさんでしょうか?

静かないい夜ですねぇと、もねココの熱い視線を浴びつつバーベキューを食していると、何の前触れもなく フワ~ッ と、うちわで扇いだような風?がワシの頭の真上を通過。

「なっ、なんだ?」

次の瞬間、暗がりの中、目の前の木の幹を何かがスルスルッと登っていくのが見えた。

20080916-17

↑この木の幹を、手前から裏側へ何かがスルスルッと。いったい、なんだったんでしょうね~?

 

20080916-18-2

ワシが思うに、こんな感じだったのではないかと…

そうに違いない!
きっとそうだったに違いない(^o^)/

ワイルドな一夜が明けて、今日は苫小牧からフェリーに乗って内地に帰る日。
おっと、その前に最後の早朝カヌーだぁ。

20080917-01

朝霧の立ち込める中、時折、シカさんの「キューーーン」という甲高い声が湖面に響き渡り、いい感じ♪
もねさんも「あの声はっ?!」と色めき立つ(^^;)

こんどはキャンプ場近くの藻場みたいなところで撮影。

いそうだなあ、と思ってカメラを水中に入れたらやっぱりいっぱいいた!

然別湖に来たのは5、6回目ぐらい。
今回はまた新たな魅力を発見したなあ~と余韻に浸りつつ、

20080917-03

「さあ、フェリーに乗り遅れないように撤収しますよ!」
また来ようね~

もねさん、ラクしたいのは分かるけど・・・
手伝ってくれなくてもいいから、邪魔はしないでください。

20080917-04

涼しかった然別湖をあとにし、下界に下りると、「ゲッ、暑い。まだ夏だ」でも景色は広くて北海道らしい~

 

20080917-05

港へ行く前に毎度のノーザンホースパークへ。
もねココ連れて、乗船前の最後の散歩をしていると、馬が遠くからわらわら寄ってきた。

「なんだ、あのちっこいのは?」って感じか?(笑)

20080917-06

どんどん来る来る、わらわらわら。

20080917-07

うまづらですね(爆)

懐っこくて、つぶらな瞳がかわいい♪

 

20080917-08

そうこうするうちに時間がなくなってきたので港へ。おお、今回乗るフェリーはなんだか立派だぞ!
太平洋フェリー「きそ」

20080917-09

船の中の駐車スペースもなんだか余裕の造り。
空いてただけか?(汗)

20080917-10

デッキの端にあるペットルーム

空調完備。
去年乗った太平洋フェリーの別の船は、物置みたいなペットルームだったが、今回の「きそ」はちゃんとした常設の「部屋」だった。

20080917-11

深夜早朝以外はデッキに出られる。
ペット連れじゃない人も時々来る。
犬がいるのを見てビックリする人もいるけど、ここは犬OK。

 

20080917-12

静かな夜間航路

たまには船に乗るのもいいもんすよ。(揺れなければ)

20080918-01

ほれ、客室もきれいだし

(今回7泊8日の旅行で、ちゃんとした部屋で寝たのは往復のフェリー2泊のみ。あとは全部車中泊)部屋はカードキーだし、展望風呂にはサウナもあった。
「シアターラウンジ」で「ラウンジショー」もやっていた。(見なかったけど)
ちょっとした、というか、普通のホテル並み。
テレビ番組のロケにも何度か使われたみたい。

20080918-02

は~い、朝ですよ

もうすぐ仙台に到着。
お疲れさま。もねココちゃん、旅行、楽しかったかな?
蒸し暑くて、狭いけど、「わが家」に帰ろうね~

『2008/9/11-18北海道アジ旅行』はこれにておしまい。

あれっ、アジもしたんだっけ?(汗)

9月 252008
 

アジを終えて次に向かったのは大雪高原である。

「日本で最も早く紅葉が訪れる」

「日本一美しい紅葉」

などと称される、大雪高原なのだ!

↓↓↓この辺↓↓↓


大きな地図で見る

実はここも約10年前の札幌在住中に一度だけ来たことがある。

だがその時は8月中で、まだ紅葉には早かった。

しかも、ヒグマが出没し、沼めぐりの途中までしか行くことができなかった。

大雪高原の紅葉のピークは9月下旬ごろとされるので、今回の旅行は時期的に若干早すぎる。

そして紅葉ピーク時にはマイカー規制が実施されるため、シャトルバスで往復しなければならない。

ところが今年は8月下旬の冷え込みで紅葉が早いとの情報を発見。

旅行の時期は紅葉ピークの直前でマイカー規制に引っ掛からないじゃん♪ということで、10年ぶりに沼めぐり完全制覇を果たしに行くことにしたのである。

ということで、14日夕方、そそくさとアジ会場をあとにし、一路層雲峡へ。

無料駐車場で車中泊し、翌朝、大雪高原へ向かったのだった。

(写真はすべて、クリックすると大きくなります)

20080915-02層雲峡から車で30分弱。大雪湖から大雪高原温泉に向かうダート路の入り口にはホレこの通り。

ヒグマの生息地なので、もねココ連れでは歩けないが、遠く離れた臨時駐車場に残すのは心配だからねえ。

紅葉ピークには早いが、近くまで車で行けて良かった。

20080915-03こんなダートを通って、終点の大雪高原に向かう。

ゆっくり走っても20分ぐらいだった。

すれ違いに苦労しそうな所もあるが、でかいキャンピングカーも来ていた。

20080915-04大雪高原温泉に着いた。

快晴である!

右奥が大雪高原山荘。約10年前に宿泊した。

左に見えるのがヒグマ情報センター。ここでレクチャーを受けなければ沼めぐりに行けないことになっている。

今日は沼めぐりコース一周できるとのこと。

ラッキー!!!(^o^)

車に銀ネット掛けて、窓に換気扇を付けて、ハンドルロックして準備完了。

もねココちゃんはしばらく待っててね~

20080915-05センター内にあるヒグマ情報板。

赤印が「個体確認」、青印が「足跡痕」など。

ヒグマさん、いっぱいいるようですね。

ヒグマのすみかに人間が入っていくのだから当然か。

ちょっとだけ失礼しますよ~

20080915-06沼に向かう道はこんな感じ。

スタート直後は紅葉は見えなかった。

9月に入って暖かい日が続いたせいかな~

20080915-07でもしばらく進むと、ところどころに赤い葉っぱがチラホラ。

標高が上がれば、もっと増えるのかな♪と期待膨らむ。

歩き始めて50分弱。土俵沼に出た!

20080915-08

絶景なり!!

いや~、いいですね~

紅葉が進めばもっと素晴らしくなるはずだが、天気もいいし、これで十分。

さあ、説明は省いて、どんどん行きますよ!

20080915-09

バショウ沼です。

「この沼の中にはミズバショウが咲くのでバショウ沼と名付けられました。ミズバショウは本州では高山に行かなければ見られませんが、北海道では平地でも見られ、ここでは7月頃咲きます。」

20080915-10

滝見沼です。

ここまではるばる来たかいがあるというもの!

紅葉が水面に映えて素晴らしい~

20080915-11

緑沼です。

いいですね~

以前来た時はヒグマ出没のためここで引き返した。

ここから先は未知の領域なり。

20080915-12

エゾ沼です。

さわやかな空だ~!

20080915-13

式部沼と高根ケ原の東斜面が見えてきた。

山岳風景が広がってきましたねえ!

20080915-14

式部沼の畔(ほとり)まで来ました。

青空と紅葉の山と沼。

絶妙なバランスですね。

20080915-15

反対側から見た式部沼です。

20080915-16

大学沼です。

休憩ポイントだが、沼の縁にヒグマの足跡がありそうな雰囲気。

向こう側の斜面にヒグマ個体確認情報多数あり。

20080915-17

高原沼と緑岳です。

スタートしてからここまで2時間。

自信のない人はこの辺で引き返した方がいいらしい。

ワシらは前進あるのみ!

20080915-18

雄大な景色の中を進む。

左が高根ケ原。前方は緑岳。

この辺がコースの最高地点か。

標高約1500メートル。

20080915-19

反対側から見た高原沼です。

20080915-20

青空とナナカマドです。

左上に万年雪が見えます。

20080915-21

左の高根ケ原東斜面には、初夏には餌を食べるヒグマの姿が見られるそうです。

斜面を登っていく三笠新道はヒグマ多数生息のため、冬以外はほぼ閉鎖状態とか。

20080915-22

空沼です。

「この沼はコース中で最大のもので、雪どけの頃は満々と水をたたえていますが、秋になると干上がってしまいます。それで空沼(カラヌマ)と名付けられています。紅葉の頃は特に美しいところです」

<20080915-23
反対側からみた空沼です。

主な沼はこれにて終了。

各ポイントにはヒグマ情報センターの係員?が配置されている。

さあ先に進もうとしたら、近くにいた空沼の係員の無線に連絡が入った。

「この先でヒグマが目撃されました。気を付けてください」

気を付けろと言われても…

「森のクマさん」でも歌いながら行きますか(爆)

20080915-24もねココが車で待っているので、急いで歩いていると、三笠新道の分岐のところにいた係員に追い抜かれた。

「この先でヒグマが出たので確認に行きます」

しばらく進むと、さっき追い抜いて行った係員がいた。

「ここにいたようです」と登山道のすぐ脇を示す。

「斜面を登って行ったようです。この先に高台があるので、そこにいるかもしれないので気を付けてください」

気を付けてくださいと言われても…

「ぼくはくま」でも歌いながら行きますか(最初のところしか知らない~)

20080915-25分かりにくいけど、これが足跡。

幅13センチぐらい。若いヒグマらしい

20080915-26くまさんに出会うこともなく、一応無事に帰ってきた。

所要時間4時間弱。

生還を記念して、くまさんとハイタッチ(汗)


この数日後、大雪高原じゃないけどこんな事故があった。

ヒグマに襲われ死亡 : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

普段じゃたいして気にも留めないが、ヒグマの生息地を歩いた直後だけに生々しいニュースであった。

気を付けていれば、滅多なことじゃ事故は起こらないらしいが、やはり野生動物は甘く見ちゃいかんということでしょうか。


20080915-27急いで車へ。

気温は20度前後とはいえ、晴れていたので、もねココのいる車内の温度が気になっていた。

でも銀ネット&換気扇効果で特に問題なし。

お待たせいたしました~

おかげさまで絶景が見られたよ\^o^/

くまさんのホットな足跡もね(^_^;)

20080915-28沼めぐりから戻ってから、もう一度、ヒグマ情報センターの掲示(写真とは別)を見に行くと、緑沼までしか行けないように変更になっていた。

さっきのヒグマの目撃情報のせいですかな。

早めにスタートしたおかげで一周できた。

ワシらはかなりラッキーだったらしい。

GPSログ

20080915%25E5%25A4%25A7%25E9%259B%25AA%25E9%25AB%2598%25E5%258E%259Fmap.gif

今回は色づきがもう一つだったが、あと1週間もすれば、もっと紅葉が進みそう。

そして何年かに一度、大雪高原はこの世のものとは思われない、すごい紅葉になるのだという。

チャンスがあれば、そういう時期に来てみたいものだ。

今回の紅葉でも十分満足だけどね♪

さあ、雄大な景色の中を歩いて、不甲斐ないアジの結果もすっかり忘れたぞぉ(爆)

ということで、さて、次は然別湖へ移動だぁ

(さらに続く)

9月 232008
 

昨年に続き、北海道アジに出陣である!
今年は昨年より若干休みを長めに取った。
はるばる北海道まで行くので、アジだけではなく、ほかにもイベントを企画したのである。
ウッシッシッ!

11日夕方、大洗からフェリーに乗船、苫小牧まで約19時間の船旅だ。

もねココはペットルームへ。
相部屋は凶暴そうな?チワワと、おとなしそうなシェルティーのみ。
長時間だががんばれよ~

ジジババは相部屋では疲労が抜けない年齢になったため個室を確保(爆)
快適であ~る。
許せ、もねココ

一夜明けて昼すぎ。
はい、苫小牧に到着です(笑)
長時間お疲れ~
港近くの芝生でシッコしてンコして、まずは支笏湖へ出発!
アジを翌日に控え、ワシの企画第1弾である。

道中、もねさん、助手席で異様に楽しそうな笑顔。

着いたところはいとう温泉。支笏湖畔の露天風呂なのだ。
札幌在住時代に近くの丸駒温泉には来ていたが、いとう温泉は初めて。
「もう、温泉行っちゃったもんね~」と、ふやけて翌日のアジ会場に乗り込もうという作戦である(^^;)

そのまま湖に降りられそうな近さである。
対岸に見えるは風不死岳ですかな。
曇ってはいるが絶景である。
やはり北海道の温泉は良いなあ。

温泉に入れなかったもねココさんは代わりに支笏湖で水遊び。
水が透明できれいだ~
ココちんは明日アジだからほどほどに。
もねさんは存分に泳ぎなされ。

その後、恵庭に下りて、びっくりドンキーででかいハンバーグ食って道の駅で車中泊…

(一夜明けて)
おおっ! 朝日がきれいだ!
早起きは三文の徳と言えよう(もね母爆睡中)

朝飯食って車で数分の会場に着くと、おおっ!
きれいな芝生だ~
天気もいいし最高のコンディションですな、こりゃ。
あとは結果が伴えば言うことなし!
でもココちんの出番は午後遅く。
3度だから仕方がないとはいえ、待ち時間が長い~

暇だな~と会場をぶらついていると、おおっ!
なんとこんなところにイクラ丼が落ちているではないか!
さすが北海道のアジ大会は一味違う!
もねもココも釘付けだあ。
さっそく拾って、おいしくいただきましたよ(^o^)/
もねココにもイクラを一粒ずつおすそ分け♪

===この項、一部ウソあり。スミマセン、暇だったもので(汗)===

そうこうするうちにやっとココちんの出番が来た。

2008/9/13 AG3=失格

 

2008/9/13 JP3=タイム減点

 

(…ビール園でジンギスカン食べて、翌日へ…)

2008/9/14 AG3=タイム減点

 

2008/9/14 JP3=タイム減点

4走してクリーンランゼロであった。
最近のもね母の口ぶりから、ちょっとはうまくなったのかと思いこんでいたが、勘違いだったらしい。
いきなり温泉に行って、ふやけたせいもあったのだろうか?
ココがヒートだったことも影響したのかもしれない(と、ここでようやくココがヒート中だったことを思い出す)。

まあ、いい。
今回の旅行でアジは余興みたいなものである。(ワシにとっては)
明日からが本番だあ!

(続く)

8月 192007
 

~8/14、15 尾白川&入笠山~

【今回のGPSログはこちら

お盆はどこへ行っても混むので基本的に休まないことにしているが、今年は土日勤務が多かったので、14、15日が勝手に休みになってしまった。
家にいても暑くて、エアコンの効いた1室に閉じこもっているだけなので、プチお出かけを計画。

テーマは「なるべく近場で涼しいところへ行く♪」

目標は東京の気温よりも10度低いところ(^_^;)
100メートル登れば気温が0.6~0.7度下がるから、10度稼ぐには標高1500メートルは欲しい。
車で手軽に行けて、車中泊できるという条件だと意外と見つからんのだよね~
奥日光はこのあいだ行っちゃったし。
しばし地図とにらめっこ・・・

で、入笠山に決定!

山頂のすぐ下まで車で行けて、登山口にはトイレ付駐車場あり。標高約1800メートル
行く途中には尾白川で遊べるし・・・
完璧ですな♪

13日は夜勤のため、14日未明に帰宅。
お盆渋滞を避けるため、そのまま出発し、八ヶ岳PAで仮眠。
目が覚めたら、ほぼ満車でびっくり。
遅くなるとさらに混みそうなので、早めに出発。8時すぎには尾白川の駐車場に着いた。
ここもほぼ満車状態だったが、もねココに引っ張られてただちに川へ~♪

おっ、川は結構空いてるじゃん
水も冷たくて、涼しい♪
これなら遊べそう♪
しかし、もねココはこのあとに待ち構えている試練をまだ知らないのであった・・・(^_^;)

(しばし遊んだ後に)

せっかくだから?飛び込みの練習をしてみましょう♪
まずは、もねさんから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「・・・・・」

次はココちん♪

おっ、着水成功!

・・・な訳はない(笑)

では、もうちょっと高い位置から

おぉっ!ココちんがなんとなくサマになってきたぞ!
もっと練習すればもっとうまくなるかも(爆)

ここはいつも水がきれいで気持ちいいですね~
さすが南アルプス天然水♪

人が増えてきたし、体も冷えてきたのでもうそろそろ行きましょか?
でもせっかくなので?最後にもう1回練習~

「今度は何をするんですかっ!?」

「あっれ~!なんてことを~!」

「あたしはあんな野蛮なことはイヤッ!」

・・・あんたもやるのっ!

「ええぃ、しゃあない!おりゃぁ!」

水遊びで燃え尽きた後は、農業大学校の芝生広場へ

木陰でまったり毛皮干し~

(もみの湯で温泉に入り、夕食の買い物をして入笠山へ移動)

クネクネ道をぐんぐん上ると、どんどん涼しくなり、途中でエアコンのスイッチOFF!
さわやか~♪
登山口に車を止めて、徒歩30分弱で夕暮れの山頂へ

水泳後の登山はちょっと疲れたけど頑張りました♪

いい眺めでしたね~

きれいな夕日を見ながら、車に戻り車中泊

(一夜明けて・・・)

またまた快晴!
でも気温は20度以下!
よく眠れたぜい\(^o^)/

駐車場の隣の草地にカモシカさん出現!

帰る前に近くを散策

昨日はよく分らなかったけど、入笠山って近くで見るとこんな山なのね

カモシカさんが現れた草地。右奥はたぶん蓼科山、横岳方面

入笠湿原の木道
ココちん、アジのドッグウォークは得意なのに木道はなんとなく苦手(^_^;)

スズラン群生地(6月頃開花?)を登った林の中
ウッドチップを敷いたみたいで歩きやすい
もねココもご機嫌♪

さて、いっぱい遊んだので、渋滞に巻き込まれる前に帰りましょう

帰り道は入笠牧場の中のコース

ウシさん、お食事中、失礼します

快晴だけど、爽やか~
下界に戻りたくな~い
ヒートアイランドに帰りたくな~い(>_< )

途中の千代田湖でもうひと泳ぎしていく予定だったが、千代田湖の直前で林道が工事通行止めに(泣)
近道せずに舗装路を行けばよかった。残念

でも泳がないで早く帰ったので、Uターンピーク日なのに渋滞に全く巻き込まれないで帰れましたとさ

おしまい

【今回のGPSログはこちら
7月 232007
 

~JFA小岩井大会&北東北めぐり~

 昨年の猛暑の北海道旅行の反省を踏まえ、今年の夏休みは暑い時期を避けて夏の前後に分散して取ることに。
 7月14-16日にちょうどJFAの小岩井大会があったので初日だけ参加し、そのまま北東北をまわることにした。

7月13日 自宅→東北道・矢巾PA

7月14日 →JFA小岩井大会→御所湖・手つなぎ広場

20070714-1.jpg
 もね7位、ココ4位(参加12チーム)

 今期はたまにしか出ていないけど調子が良かったので「もねさん、また入賞できちゃうかも」と、たるんだ予想をたてていたが、大甘でございました(^_^;)
 1R、もねのやる気があり過ぎて、マテを無視して勝手にスタート。スローイングのタイミングが遅れ、慌てて投げて距離が伸びず、もねがディスクを見失うという、だめな時のパターンだった。2R、4キャッチで追い上げたが時すでに遅し。
 たまにしかやらないから、やるとなると、もねさん、うれしくて弾けすぎちゃうのね。もうチョイ試合に出たり練習したりするほうがタイミングが合うのだろうが、怪我が怖いからこの程度で我慢してください。
 代わりにココちんが頑張った。グラウンドコンディションがあまり良くなく、落したディスクをくわえ直すのにかなり苦労していたが、走り出せば速い速い。足もちぎれんばかりのコマネズミ走りでぴゅ~っと戻ってきた(^v^)
 ココちん、最近、やる気がすごいのだ。以前は目の前をふわりと落ちるディスクを見送ったりしていたが、今は高めのディスクもかなりキャッチできるようになった!
 この調子なら、ほとんどあきらめていた悲願の初優勝も、がんばれば狙えるかもしれんなあ。

7月15日 →十和田湖→奥入瀬→道の駅「おりつめ」

 台風が勢力を弱めながらも近づいており、午後から雨との天気予報だったので、少しでも天気のいい方向へと北上して十和田湖へ。きれいな芝生の広場と、遠浅の湖があるのに誰もいなくて、まさにもねココ向きでいい感じ♪
 走って泳いで一休みしてから、乙女の像のほうに行ったら、中国人?団体客がいっぱいいた。

 まずは湖へ突進(^_^;)
20070715-1.jpg
 追い駆けっこ♪
20070715-2.jpg
 おやつを目指してまっしぐら(^_^;)
20070715-3.jpg
 エヘッ♪
20070715-4.jpg
 もねさん、朝の御所湖に続いて、この日早くも2回目の水泳(汗)
20070715-5.jpg
 一応、乙女の像で記念撮影
20070715-6.jpg

 次は奥入瀬渓流へ。今にも雨が降りそうだけど、ぎりぎりセーフだった。
 犬不可じゃないか心配だったが、ノーリード禁止としか書いてなくて一安心。
 水辺で、もねココをマテさせて写真を撮っていたら、行儀よく並んで座っている姿を見て観光客が感嘆の声を上げた。
 ―モデル犬なんですか?
 いや、えさが欲しくてマテしているだけです(爆)

 もねさん、流れの穏やかなところでちょっとだけ泳ぎ~
20070715-7.jpg
 でも急流のところがほとんど
 さすがのもねもこれでは泳げませんな
20070715-9.jpg
 あまり泳げなかったもねは不満顔
 ココはいつでも笑顔♪
20070715-8.jpg

 このあと本降りに。温泉に入って、道の駅に行って、ばたんきゅ~

7月16日 →平庭高原→くずまき高原牧場→安比高原ペンション木創天涯

 この日も朝は霧雨で肌寒いくらいだった。
 最初に訪れた平庭高原は霧の中。
 誰もいない~、何も見えない~、だけど、もねココ散歩には好都合(^_^)

20070716-1.jpg
 白樺林をふ~らふら
20070716-2.jpg
20070716-3.jpg
20070716-4.jpg
涼しかったので元気いっぱい
20070716-5.jpg

 くずまき高原牧場に着く頃にはだいぶ晴れてきた。
 ここはなかなかいいところですな。規模はちょっと違うけど、美瑛の丘陵地帯に十勝の牧場を持ってきてラベンダーを植えたような感じ(笑)

 いい景色、いい笑顔♪
20070716-6.jpg
 まじめ顔
20070716-7.jpg
 お上品そうな写真ですな(汗)
20070716-8.jpg

 この日の宿は安比高原のペンション。
 ペンションで大人しくできるように、到着前にもう一暴れしてもらいましょう(^o^;)
 

 10数年前にスキーに来たことがあるが、夏もなかなかいいですねえ
20070716-9.jpg
 もねさんは緑の絨毯ですりすりご満悦
20070716-10.jpg
 ココちん、ヤギに威嚇されて横っ飛び(≧∇≦)
20070716-11.jpg

7月17日 →(アスピーテライン)→八幡平山頂→藤七温泉→(樹海ライン)→松川地熱発電所→松川玄武岩・渓谷→東北道・鶴巣PA

 第1次夏休みも実質最終日。とりあえず八幡平を回って、温泉に入って、ETC夜間割引を使うために高速に乗って、どこかで車中泊しようという適当な計画である。
 この日も曇りで、麓から見た八幡平は雲の中でまったく見えず。ところがアスピーテラインを登っていくと、霧が晴れて視界良好。下界は雲の下、上空も雲に覆われていたが、その中間だけ晴れていた。
 岩手山も見えてラッキーと思っていたら、夕方、下から雲が上がってきてあっという間に霧の中に。今回の旅行は天候にはかなり恵まれましたな。めずらしく。

 アスピーテラインの途中にある「高山植物の宝庫」という御在所園地
 あの沼まで行くのだっ!とスタート
20070717-1.jpg
20070717-2.jpg

 ところが道が整備されてなく、ドロドロ、草ぼうぼう(泣)
 もね母は毎度のごとく「せっかくここまで来たんだから行く!」と言い張ったが、もねココが草を顔でかき分けて歩くかわいそうな状態なので、ワシの英断?で撤退。
 もねココにはダニがくっつき、見つけたものはかなり取り払ったが、後刻、目の周囲に食いついているのを発見。フロントラインをしているのに死なず、帰宅後、獣医に取ってもらう羽目に。
20070717-3.jpg

 でも途中の小川で水遊びはできた。整備すれば良さそうなコースではあった。
 シーズン初めなので、まだ整備してなかったのかな?

 アスピーテラインをさらに登って頂上へ

 駐車場に車を止めて散策
 後ろは八幡沼
20070717-4.jpg
 眼鏡沼にはまだ雪が少し残っていた
20070717-5.jpg
 駐車場に戻ると岩手山がきれいに見えた!
20070717-6.jpg

 駐車場の係のおじさんによると、お盆や紅葉の時期は観光客の列で渋滞になるほどの大混雑になるらしい。
 今回は3連休明けの平日だったので空いててラッキー。やはり平日休みには“お金で買えない価値”がある?(笑)
 樹海ラインを少し下って藤七温泉へ。
20070717-7.jpg

 この温泉、ずばりワシ好みだす\(^o^)/
 ひなびた感じがいい♪
 温泉らしい硫黄の匂いがいい♪
 行ったときは霧の中だったが、晴れていれば景色もいい(らしい)♪
 さらに下って松川地熱発電所へ
 空が曇っていて分かりにくいが、もうもうたる水蒸気
20070717-8.jpg
 さあ、帰りましょと思ったら、途中で良さそうな河原を発見
20070717-9.jpg
 もうすぐ暗くなるというのに、もねさん、最後のひと泳ぎ(汗)
 後で調べたら、対岸の絶壁は松川玄武岩という柱状節理で有名な場所だったらしい。
 きれいな水と、適度な流れで、家の近くにあったら毎週でも行きたいような河原だった。
 ココちんもぽよ~んとひと泳ぎ
20070717-10.jpg

 またいつか来たいね♪

7月18日 →帰宅

7月 172007
 

下界は曇っていたけど、雲海の上はすがすがしい別世界♪
後ろは岩手山。
標高1400メートルのワイルド感あふれる藤七温泉も最高。
東京に帰りたくな~い(^_^;)