4月 202009
 

もね母が連れて、いつもの動物病院へ健康診断&rabies予防注射に。

rabiesは哺乳類共通の感染症であり、犬に特有の病気ではない。
だから「狂犬病」という日本語名は誤解を招くので適切でないとワシは思う。
アメリカあたりじゃ予防注射も3年に1回らしいが、日本では医学的に過剰とも思える毎年1回。
まあ、日本は何が正しいかではなく、何事も利害関係者の思惑で動く国だからね。
ETC割引も、定額給付金もまた同じなり。
あー、やだやだ。

健康診断は触診と血液検査。いずれも問題なし。
ココちんの肝臓の数値も正常範囲内だった。
触診と血液検査だけじゃ分からないことも多いが、とりあえず一安心。

もねさんは犬歯の隣りの歯がいつの間にか折れてしまったので、これもついでに診てもらった。
結果はとりあえず、経過観察ということになった。
人間だったら当然治療するところだと思うが、もねさんの場合は全身麻酔で抜歯になるだろうから、そう安易にはできない。
歯磨きの時、折れた断面にブラシが触れると、ちょっと痛そうなそぶりを見せる。
だが、歯磨きの時は常に嫌がってガウるので、本当に痛いのかどうか、いまいちよく分からない(汗)
今のところ化膿や炎症などはないようなので、経過観察は、まあ、妥当な判断といえよう。

ていうか、先生、もねさんの口に触ることができず、ワシが念のために持たせた歯の写真を見て判断したらしい。
ま、そんなことになるだろうと思ったから、写真を持たせたんだけどさ(-_-;)

3月 242008
 

午前中にココちんを連れて病院に行ってきた。
今日で治療終了になると思っていたが、タイトルのように微妙な感じになってしまった。
う~む。
実質的には終わっていると思うので、まぁ、いいんですけど。
お医者さんたちも原因の分からないことに対してはホントに慎重ですね。
原因を追求するのは医者のあるべき姿だとは思うんですが、もうそろそろコチラの懐も痛くなってきたもので・・・(爆)

では本日の診察結果。
まずはX線検査から。昨日飲ませて胃に残っていた錠剤2つはちゃんと腸に移動していた。
ということで、胃の出口(幽門)の閉塞はなくなっていることを確認。
臨床所見も問題ないので、これまで注射や点滴で投与していたステロイドなどの薬を経口投与に切り替えることになった。
これに伴い、足に付けていた点滴用の留置針も抜去。
食事、水も普段のものに戻してOKとなった。

ほとんど治ったように見えるのに、もうしばらく薬を続けるのは、症状が薬で抑えられているだけで、薬を完全に止めたら再発する可能性が捨てきれないかららしい。

先日、内視鏡で採った組織の検査結果があと5日ぐらいで出る。
その結果で、幽門の閉塞が単なる炎症などによるものなのか、あるいは自己免疫疾患など別の要因によるものなのかがはっきりする。
それまで念のため飲み薬を続けるのだそうな。

「自己免疫疾患」なんて言葉まで出てきたのには参ったな(汗)

医者の話しぶりでは、原因がはっきりしないのであらゆる可能性を一応疑ってみる、という感じなので、まあいいですけどね。
組織検査の結果ではっきりするそうだから、それまで待ちましょか。
変な病気じゃないことが確認できれば安心できるしね。

3月 212008
 

まだ吐き気が止まらないので病院へ。
本日はワシが夜勤なので、午前中にワシがお連れした。

病院ではまず体温を測り、持参した朝の便を検査。「悪玉菌がかなり繁殖している。これじゃあ、吐き気も下痢もするでしょう」との判定。

さらに「水を飲んでも吐くというのが少し気になる。でも腸閉塞とかならば飲んでからもっとすぐに吐いてしまう。たぶん大丈夫だろうが、さらに何度も繰り返し吐くようならばすぐに連絡を」とのこと。

で、とりあえず通常の大腸炎の処置をして経過を見ることに。

まずは抗生剤を注射。そして昨日から水分をほとんど取れていないので、脱水状態にならないようにリンゲル液を背中の皮下に注入。血管に直接点滴するのはゆっくりとしかできないので、このような方法に。犬猫は皮膚がたるんでいるので、こういう方法ができるらしい。

500mlリンゲル液を使用。全部は入らなかったようだが、かなり入った。ココちん、背中がもっこりラクダ状態に。時間がたったら重力で徐々に下がってきて、今度はわきの下がポッコリ。少しずつ体内に吸収されて、しばらくするとこぶはなくなるらしい。

前回の抗生剤とか整腸剤が残っており、今日、出された薬はとりあえず胃の保護剤のみ。水は少しずつ与え、与えるときは胃薬を溶かして飲ませる。

たぶんこれでよくなるだろうが、もし何日たっても良くならないようなら、もっと詳しい検査をする。とりあえず本日夕方、病院に連絡し、経過報告と今後の相談をする。

ココちん、全体的に元気はないが、肝臓が悪くなったときのようにグッタリするほどではない。ただ、帰りの車中のケージ内でゲロリン。家に着いてすぐ下痢ピーに。先週のもねの大腸炎のときとほとんど同じ経過である。

一般的には食べ物が怪しいらしいが、心当たりがないな~
先生に聞いても「難しい病気はよく研究されるけど、原因不明の大腸炎は『特発性大腸炎』ってことで、かたずけられちゃうんですよね」だとさ。
「えさを変えただけで、菌のバランスが崩れることもある。人間用のビオフェルミンをえさに入れるといいかも」とも。
まあ、ヘンなものは極力、口に入れさせず、清潔に気をつけるというところですかねえ。

2月 132008
 

ココちんが珍しく今朝からおなかの調子が悪く、午後も嘔吐2回&下痢。
で、アジの練習を休んで、もね母が夕方、病院に連れて行った。

ココちん、前に肝臓が悪くなった時も嘔吐から症状が始ったので若干心配した。
でも今回は血液検査の数値もすべて正常範囲内(肝機能含む)。
検便の結果と合わせて、「腸炎でしょう」との診断となった。
下痢止めの注射をして、薬をもらって、今日は夕食抜き。
元気もあるので、順調にいけば数日で治るだろう。
とりあえず一安心である。

もねさんの方は、ワシの最近の自己流触診で、乳腺が残っている側に何かしこりのようなものがあるような気がして気になっていた。
で、病院に行ったついでに獣医に触診してもらったところ、獣医も「かなり小さいけど腫瘍がありますね」との見立て。
取ってみなければ良悪性は分からず、もうちょい詳しく検査する必要はあるが、いずれにしても近いうちに手術をして取ることになりそう。
もねさんには去年の3月に続く手術で申し訳ないが、せっかく小さいうちに発見できたので、早めに取っちゃいましょう。
もねさんには、まだまだ元気に長生きしてもらわなきゃならないからね!

8月 092006
 

美瑛に寄ってニセコ方面に行く途中、札幌で皮膚科に。ブヨに刺されたと言うと「こんなに腫れちゃうの!?」と驚かれた(^-^;
注射して飲み薬と塗り薬をもらって終了。これから中山峠越えだよん。久しぶりだなあ。それにしても今年の北海道はどこに行っても暑い!

9月 032005
 

先週の軽井沢大会のあと、夏休みで群馬のキャンプ場に行ったら、ブヨにやられた(涙)
ちょっと油断して虫除けを塗らなかったら、左足を集中的にやられ、巨大赤ちゃんの足のようなパンパンの状態になった。
さすがにやばいと思い、帰宅後、皮膚科に行ったら一目見るなり「注射打ちます!」。
さらに、のみ薬5日分と塗り薬をもらった。
刺されてから3日たち、やっと腫れがひいてきた。

六日町もブヨが多いらしいが、のみ薬も塗り薬もまだたっぷり残っている。
薬をのんだ状態で刺されると腫れるのか、それとも腫れないのか。
明日、実験してみる(笑)

6月 012005
 

今朝も仕事前に病院に行って様子を見てきた。
今朝はかなり元気。
待合室で他の犬にうなる元気もあった\(^O^)/
先生も「昨日は元気なかったんですけど、今日は気合が入ってますね」と笑顔だった。

昨日からインターフェロンの注射を開始。
抗生物質を変えた。
そのせいか、白血球はほぼ正常値にまで戻り、黄疸を示すビリルビンの数値もまだ正常よりは高いけど、一気に改善していた。

相変わらず手探りの治療が続いているけど、先生の見解では「最初の中毒?で弱っているところに別の感染が起きて再悪化したのかもしれない。抗生物質を変えたことが効いたのかも」とのことだった。

GPTはまだすごく高くて安心できないが、今度こそ良くなってほしい。

20050601ココ
写真だけだと、どこも悪そうに見えないよね~(汗)

4月 012004
 

 2、3日前に鹿児島市保健所から狂犬病予防注射のお知らせのはがきが来た。注射会場の一覧表などが書いてあるのだが、表の欄外に

●会場には必ず飼い犬制御できる方が連れてきて下さい。

と書いてある。
 きっと暴れる犬とかいるんだろうなあ。獣医さんも大変なんだろうねぇ。
 ちなみに、もねココは毎年、動物病院に行って注射してもらっている。1回だけ冷やかしで注射会場の公園を見に行ったことあるけど、そのときは修羅場にはなってなく、穏便に粛々と注射が進められていました(^_^)

3月 262004
 

 わんどもに狂犬病の話題が載っていた。最近、この手の話題は気になる。

 狂犬病は日本では何十年も発症していないから予防注射不要説の人もいるみたいだけど、どこから入ってくるか分からないし、やっぱり予防しなければならないのだろう。

 わんどもで引用されているBdoggersのtarowanさんは『犬だけでなく、哺乳類はワクチン接種が必要かもしれません』とサラリと触れているけど、『ほんとの狂犬病予防のためなら、哺乳類であるヒトも含め、全恒温動物に毎年、予防注射をすべきでしょう』と主張しているすごいページ(『愛犬と登山』『犬が自然環境に与える影響/病名狂犬病は恣意的誤訳!』 )もある。

 ほんとになんで’rabies’が『狂犬病』と訳されたんだろ。アフリカ、アジア、ラテンアメリカでは確かに犬からの感染が最も多いらしいが、『狂犬病』という病名のままでは、猫、狐、アライグマ、フェレットなどほかの動物は関係ないとの誤解を与えかねないと思うが。

尿検査

 日記  尿検査 はコメントを受け付けていません。
4月 202003
 

先週の狂犬病予防注射に続き、もねココの混合ワクチン注射に行ってきた。
年々種類が増えてきてる気がするワクチン。今年は10種になるんじゃないかと予想していたが9種のまま。(笑)
ふたりとも注射はあまり気にしない性質なので、あっという間に終了。もうすこしじたばたしてくれてもいいけどね。(爆)
んで、今日は健康診断その2と言うことで、尿検査をお願いした。
前回の健康診断の時に「ある程度量を持ってきてください」と言われたもね母。
量っていってもね~(汗)と思いつつ、もねココそれぞれ紙コップ半分ぐらいを採取。
それを両手に持って、もねココを腰に繋いで病院までの道のりの長かったこと。(爆)
途中で「それなんですか?」って声まで掛けられちゃって、メチャ恥ずかしかったよ~。(^^;)
実は尿検査って始めて。どうやって持っていっているのか、誰か教えて~。(--;)

本日のもねココ。蒸し暑い天気の中、公園でフリに明け暮れ、帰宅後爆睡。
寝姿がシンクロしてて、かわいいえ~♪