健診&rabies予防注射

もね母が連れて、いつもの動物病院へ健康診断&rabies予防注射に。

rabiesは哺乳類共通の感染症であり、犬に特有の病気ではない。
だから「狂犬病」という日本語名は誤解を招くので適切でないとワシは思う。
アメリカあたりじゃ予防注射も3年に1回らしいが、日本では医学的に過剰とも思える毎年1回。
まあ、日本は何が正しいかではなく、何事も利害関係者の思惑で動く国だからね。
ETC割引も、定額給付金もまた同じなり。
あー、やだやだ。

健康診断は触診と血液検査。いずれも問題なし。
ココちんの肝臓の数値も正常範囲内だった。
触診と血液検査だけじゃ分からないことも多いが、とりあえず一安心。

もねさんは犬歯の隣りの歯がいつの間にか折れてしまったので、これもついでに診てもらった。
結果はとりあえず、経過観察ということになった。
人間だったら当然治療するところだと思うが、もねさんの場合は全身麻酔で抜歯になるだろうから、そう安易にはできない。
歯磨きの時、折れた断面にブラシが触れると、ちょっと痛そうなそぶりを見せる。
だが、歯磨きの時は常に嫌がってガウるので、本当に痛いのかどうか、いまいちよく分からない(汗)
今のところ化膿や炎症などはないようなので、経過観察は、まあ、妥当な判断といえよう。

ていうか、先生、もねさんの口に触ることができず、ワシが念のために持たせた歯の写真を見て判断したらしい。
ま、そんなことになるだろうと思ったから、写真を持たせたんだけどさ(-_-;)

治療一段落

午前中にココちんを連れて病院に行ってきた。
今日で治療終了になると思っていたが、タイトルのように微妙な感じになってしまった。
う~む。
実質的には終わっていると思うので、まぁ、いいんですけど。
お医者さんたちも原因の分からないことに対してはホントに慎重ですね。
原因を追求するのは医者のあるべき姿だとは思うんですが、もうそろそろコチラの懐も痛くなってきたもので・・・(爆)

では本日の診察結果。
まずはX線検査から。昨日飲ませて胃に残っていた錠剤2つはちゃんと腸に移動していた。
ということで、胃の出口(幽門)の閉塞はなくなっていることを確認。
臨床所見も問題ないので、これまで注射や点滴で投与していたステロイドなどの薬を経口投与に切り替えることになった。
これに伴い、足に付けていた点滴用の留置針も抜去。
食事、水も普段のものに戻してOKとなった。

ほとんど治ったように見えるのに、もうしばらく薬を続けるのは、症状が薬で抑えられているだけで、薬を完全に止めたら再発する可能性が捨てきれないかららしい。

先日、内視鏡で採った組織の検査結果があと5日ぐらいで出る。
その結果で、幽門の閉塞が単なる炎症などによるものなのか、あるいは自己免疫疾患など別の要因によるものなのかがはっきりする。
それまで念のため飲み薬を続けるのだそうな。

「自己免疫疾患」なんて言葉まで出てきたのには参ったな(汗)

医者の話しぶりでは、原因がはっきりしないのであらゆる可能性を一応疑ってみる、という感じなので、まあいいですけどね。
組織検査の結果ではっきりするそうだから、それまで待ちましょか。
変な病気じゃないことが確認できれば安心できるしね。