1月 232014
 

ココちん、昨日、大学病院で検査。
腫瘍らしきものが見つかって、2週間経ったので、変化を見るのが目的。

検査の結果は

  • エコーで見ると、ボワーっとしていて輪郭が不明瞭
  • 中に核のようなものが見える
  • ボワーっとしている部分は2週間前より少し大きくなっている
  • 核のような部分でみると、2週間前より小さくなっている
  • 肛門から指を入れると、大腸壁を通して触れるものはある

といった感じで、大きくなっているのか、小さくなっているのかよく分からず。
当然、良悪性についても決着つかず。
現状のステロイド投与を維持し、1カ月後に再検査することになった。

掛かりつけ病院で水腎症の兆候を指摘された点については、「腫瘍?の影響と考えられるが現状では問題ない」とのこと。
ただし、腫瘍が大きくなって尿道、尿管や大腸を圧迫する可能性もあるので注意は必要。

なんだかよく分からないね、ココちんの病気は。
心配ではあるが、心配しすぎてもしょうがない。
引き続き、普通に、慎重にいきましょう。

12月 142013
 

ココちん、昨日、経過観察のため病院へ。

血液検査の結果、CRPは順調に改善していた。
もうしばらくたてば、正常値に戻るであろう。
獣医師も「ココちゃんは薬がよく効くなあ」とニッコリ。
たしかにココちん、原因不明の変調が時々あるが、肝臓の数値が悪い時はウルソ、CRPが高い時はステロイドと、効く薬がだいたい分かっているので助かる。

一方、これまでオムツを着けていればまったく問題なかったオシッコが、気が付くと時々、ポタっと床に垂れるようになった。
どうやらオムツを肌の隙間から少し漏れているもよう。
手術前に毛を剃ったので、今まではオムツと肌がピッタリとフィットしていたが、毛が伸びてきて隙間ができるようになったらしい。
犬用のオムツは高いので、人間用のを使っている。
機能的ですごく便利なのだが、人間の赤ちゃんはこんなに毛深くないからねえ(爆)

とりあえず、皮膚を伝わって漏れ出る前にオムツに吸収させるため、オムツカバーを着けて、より密着するようにしてみた。

CIMG4815

しっぽがないので引っかからず、どうしても下がっちゃう(^^;)

しばらくこれで様子を見るべし。
暑かったら蒸れるかも。
冬で良かったね。

12月 032013
 

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO

変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

2月 062013
 

もね母に連れられ、もねココ、久しぶりに大学病院へ。
雪が心配されたが、問題なく到着。

まずはもねさんの神経科から。

血液検査はほとんど問題なし。
血液ガス分析は、酸素が前回(9月)よりも少し低下、逆に二酸化炭素が高くなって警戒値に近づいていた。
二酸化炭素が高いのは換気が充分でないことを示しており、さらに高くなるとボーっとしたりするようになるという。

先月、診察の予約を都合によりキャンセルしたため、担当の先生は「もねちゃん、死んじゃったのかと心配していた」らしいが、久しぶりにもねさんの様子を見て「表情に力があって、元気そうでよかったぁ」とのこと。

この先については、ぶっちゃけた話、どうなるかよく分からないが、「朝になっても起きない」みたいなこともあるらしい。
まあ、これについてはあれこれ考えても仕方がない。とにかく苦しまないことを望む。

呼吸が苦しくなさそうでも、定期的に酸素を吸わせたほうが呼吸が楽になるとのこと。
もねさんは酸素マスクから出る風を当てられると嫌がるが、せっかく酸素ハウスを借りたままなので、できる範囲でやってみることに。

最後に先生に「また会おうね、もねちゃん!」と言われて終了。

次はココちんの泌尿器科。

検査を終えて説明に現れた医師は開口一番「ココちゃん、良いですね~♪」\(^o^)/

血液検査は問題なし。
炎症の程度を示すCRPはゼロ。
尿検査も問題なし。
超音波検査の結果、肉芽腫?の大きさは半分程度に小さくなっていた。
ということで、肉芽腫自体の経過は良好。
肝臓などへの副作用も見られないため、ステロイドを現在の量のまま継続することになった。

一方、「悪い話」として、右腎臓は「ほとんど機能していないと思われる」。
でも、左腎臓は異常なし。
心配がないわけではないが、腎臓は片方が正常なら機能上問題ないので、現状をキープできれば大丈夫だろう。

次回検査は2カ月後。
もねもココも元気で検査に来れるようにがんばりましょう♪

12月 062012
 

ココちん、昨日、もね母に連れられ、“無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫”の経過観察のため約1カ月ぶりに大学病院へ。(→前回「デキモノ、少し小さくなったかも♪」)

結果は、

血液検査:正常

尿検査:正常

X線&エコー

  • 膀胱を押し込んでいる肉芽はわずかに大きくなっているかもしれないが誤差範囲内
  • 水腎症気味の片方の腎臓は少し悪化か

総合判定は

  • 現在のステロイド投与を継続で問題なし
  • 内臓への悪影響は今のところ全くない。現在のステロイドの量でも大丈夫
  • 筋肉が落ちるのはやむを得ない
  • ステロイドの減量は、かかりつけ医と相談して行えばOK
  • ただし、もしも尿に異常(色、におい、量、頻度など)が見られたら、すぐに受診を

水腎症気味の片方の腎臓については、

  • 悪化して機能が失われるかもしれない
  • ただし、もう片方の腎臓が正常なので、ココの余命には影響しないと考えられる
  • だめになりそうな側の腎臓を救うために尿路変更手術は可能だが、お勧めはしない

―などなど。

で、手術などはせず、ステロイドを慎重に減らしながら経過を見守ることに。

次回、大学病院での検査は2カ月後の予定。

まあ、ワシの見解では、医療は科学と呪術のまぜこぜみたいなものである。
信じすぎず、拒否もせず、よ~く疑いながら、ジワリジワリとやっていきましょう(^^;)

20121206スパゲッちん

スパゲッちん

20121206昼寝ココ

お昼寝ココちん♪

11月 242012
 

20121124ココちんココちん、昨日、動物病院で尿検査。
わずかに菌が検出されたが、環境中に存在する菌程度のレベル。
膀胱炎の原因菌はほとんどなくなったと考えていいとのこと\(^o^)/
抗生剤を変えたらスカッと効いた!
万全を期すためもしばらく抗生剤を続けるが、今回の膀胱炎はたぶんもう大丈夫。
出が悪かったオシッコもジャ~っと出ている。
デキモノに対するステロイドの効果も出ているもよう。
もうそろそろステロイドの量を減らしても大丈夫かな?

もねさんはわきの下の傷をチェック。
化膿の状態はだいぶ良くなった。
銀イオンの殺菌効果で傷の治りを促進する綿?ゲル?を傷口に入れて様子を見る。
傷があるのはわきの下だけだが、伸縮性包帯がすぐにずれちゃうので、左前足全体をグルグル巻きに(^^;)
なかなか治らないが、化膿は治まり悪化していないので、とりあえず問題はないだろう。

11月 012012
 

昨日、ココちん、大学病院で経過観察の検査。

エコー検査の結果、膀胱周辺のデキモノは「少し小さくなっているかも」。
水腎症ぎみの左腎は「変化なし」。
2週間前、尿管が少し太くなっているように見えた右腎側は今回は「異常なし」。
ステロイドを減らしたら上がっちゃったCRPは、ステロイドを元の量に戻したところ「低下傾向」。

ということで、「悪性腫瘍ではなく、無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫」という診断を変更する材料はなく、現在の治療を継続することに。
ただし、現在のステロイドの量は多いため、長期間の投与は副作用の懸念がある。
このため、毎日1回投与から2日に1回投与に半減して様子を見る。

膀胱炎については、菌を特定し、効果的な抗生剤を選ぶことになった。
菌が特定され次第、結果の連絡を受け、かかりつけ医で抗生剤を処方してもらう。

大学病院で次に検査を受けるのは1か月後の予定。

20121101朝ココ

頼むよ、ココちん(^^)

10月 182012
 

昨日は動物病院ダブルヘッダー。

もねさんはわきの下の傷の縫合のため、かかりつけ医へ。
ココちんは、膀胱移行上皮癌ではないことを確定させるため大学病院へ。

で、ココちんがまたしても予想外のことをしてくれた。
検体を取るために全身麻酔をかけて太い針をお腹に刺したのに、なんと検体取れず!
この結果、病理検査による確定診断はできないままとなってしまった。
CTなどほかの検査で、「ほぼ間違いなく悪性腫瘍ではない」となったから、まあいいけどさ(^^;)

まず、朝、もねさんをかかりつけ医に搬送。
こちらは傷の表面の治りの悪い組織を取り除いて縫合するだけ。
治療を待つ間にもねさんが「あ゛~」とか「う゛~」とかうるさかったら、「水っ!」か「寝返りっ!」か「撫でれっ!」なので適当にヨロシクとお願いしてお預けに。

20121017-130322

朝食抜きでゲッソリしたココちん(^^;)

昼からはココちんを連れて大学病院へ。

この日の目的はCTと生検だが、全身麻酔をかけるため、まずは血液検査から。
結果は全く問題なし。CRPも0.1に低下していた。

予定通りCTと生検を行うことになり、待つこと3時間。
説明のため診察室に現れた獣医師は開口一番、「太い針をブスブス刺したんですけど、(検体を)取れませんでした」。
「ブスブス」という表現がちょっと気になったが(^^;)、それは置いといて…
通常ならば刺した針の中に細胞が入るはずなのだが、ココちんの膀胱付近のデキモノは硬く線維化?していて、うまく取れなかったとのこと。
リスクゼロではない全身麻酔までしたのに、検体が取れないのでは目的の病理検査はできない。
「なぬ~?!」と思ったが、「癌ならば細胞が針にポロポロ入るはず。細胞が取れなかったことは、むしろ癌ではない可能性を示している」との説明にひとまず納得した。

ココちんの赤裸々なCT画像

続いてCTの結果説明へ。
モニターに映しながら、「他の臓器への転移見つからず」「リンパ節転移もなし」と、まずは癌ではない可能性を補強する良い材料。
問題の膀胱内のデキモノについては「CTで見る限り、これは膀胱を外側から内側に押している」と獣医師。
やはり、避妊手術の断端にできた肉芽が大きくなった可能性が大で、病名としては「無菌性脂肪織炎」か「無菌性肉芽腫」とのこと。
以前は手術で使った縫合糸に対する免疫反応が原因と言われていたが、最近では手術そのものが刺激となった免疫異常との見方が強いらしい。

ということで、「100%とは言えないが、膀胱移行上皮癌ではないとみて間違いない」との結論に\(^o^)/

ただ手放しで喜べるわけではなく、デキモノによって頻尿などの排尿異常が起きていることに変わりはない。
造影剤を入れてみたところ、膀胱へ尿が流れにくくなっいる右腎は水腎症を起こしており、これ以上デキモノが大きくなると機能を失う可能性が高い。
左尿管もわずかに太く見え、負担がかかっている可能性がある。
ただ、腎臓は2つのうち1つが正常ならば問題なく、左腎そのものは今のところ問題ない。
しかしこちらも、デキモノが大きくなってくると影響を受ける可能性はあるとのこと。

で、提案された選択肢は、

  1. ステロイドを続け、デキモノの大きさや右腎の水腎症の程度などを経過観察する
  2. 開腹手術で右腎からの尿管を膀胱の別の場所につなぎ変えて流れを良くする。同時に、可能ならばデキモノを取り除く

―の2つ。

ステロイドが効いてデキモノがほとんどなくなるケースもあるらしい。
だが、ココの場合は線維化しているようなので、効いてもあまり小さくならないかもしれない。
開腹手術には11歳という年齢が微妙。
手術までしなくても、腎臓が1つ機能していれば、天寿を全うできる可能性はかなりある。
右腎の水腎症が悪化した場合、開腹手術以外の手段として、経皮的に尿管内にステントを留置する方法もある。

…などと考え、直ちに開腹手術はせず、当面はステロイドを続けて経過観察することにした。
デキモノが大きくなったりしなければ、ステロイドを少しずつ減らす方針。

次回は2週間後に大学病院でエコーで経過観察。
そのままいけそうなら、その後、かかりつけ医での経過観察(月1ぐらい?)に移行する予定。

そうこうするうちに外では雨が降り出し、「ありゃ大変、遅くなっちゃった」と、もねさんを迎えにかかりつけ医へ。

到着すると、もねさん、「いい子にしてましたよ~♪」とカートに乗せられて登場。
処置は問題なく終了していた。
皮膚を寄せて少し小さくなっていると思われるが、傷跡は長さ2cm弱で4針縫ってあった。
変に化膿したりしなければこれで大丈夫だろう。
順調ならば10日ぐらい後に抜糸の予定。

ということで、このところのバタバタはこれでおしまいにしてほしいな♪

 

【10/19追記】

9月16日に大学病院で採取した検体の細胞診報告書のコピーをもらった。
それによると、「診断:慢性炎症および線維芽細胞増殖;出血」となっていた。
難解なので分かりそうな場所だけ抜粋すると、

「6枚のスライドの評価を行った。
中等度数の紡錘形細胞などがみられる。
紡錘形細胞は…異形性はなく、おそらく線維芽細胞を示唆する。
病原体は見られない。
コメント:異形細胞や病原体は見られなかった。…」

ってことで、「あれ~っ、癌じゃないのかも?」となったもよう。

10月 172012
 
  • 今日は検査だから朝ごはん抜きですよ(^_^;) http://t.co/BQENvDwM 07:47:05
    20121017朝ココ
  • もねさん、わきの下の傷の治療のためかかりつけ医へ。なかなか表皮が再生しないため、表面の壊死した?組織を除去し縫合する。と書くと大げさだが、傷は小さいので部分麻酔で済む予定。もねさんの治療の間にココちんを大学病院に連れて行きCT&生検。終了後、夕方もねさんを迎えに行く予定。 09:40:23
  • 病院到着。いい子で頼むよ♪吉報を待つ。 http://t.co/c2BBWKms 13:08:50
    20121017昼ココ
  • ココ、検査終了。確定できなかったが、膀胱移行上皮癌ではなく、無菌性脂肪炎または無菌性肉芽腫でほぼ間違いなし。問題箇所が硬く維化?していて病理検査用サンプル採れず。そのこと自体が悪性腫瘍ではないことを示唆。今後は右腎臓の水腎症対策に移る。遅くなった。もねさんを迎えに行かねば。 18:02:59
  • もねさんを回収し帰宅。傷の縫合は問題なく完了。順調ならば抜糸は約10日後。ココちんも麻酔トラブルなし。家に帰って元気にカーペットにスリスリ(^_^;) これにて本日のミッション終了。 20:22:23
10月 112012
 

もねココ、かかりつけ医へ。

まず、ココちんについて。
もね母が「大学病院で無菌性脂肪織炎の可能性大と指摘された」と報告すると、
「えっ!」と担当獣医師ビックリ。
そりゃそうだよね、みんな、癌だと思っていたもんね。
担当獣医師は「う~ん、大学病院の先生がそう言うのなら…」としながらも、「まだ五分五分ぐらいに思っていたほうがいいでしょう」と慎重な様子だったとのこと。

で、今日はエコーと血液検査を実施。
結果は、

  • 腫瘍?の大きさは2.4 x 1.6 x 1.7[cm]。少し小さくなっているかもしれないが誤差範囲かも
  • 癌であるとすれば最初に転移するはずの腰下リンパ節に転移の兆候なし
  • CRPは0.6[mg/dl]で正常範囲

CRPが正常になったのでステロイドは明日から半分に減らし、抗生剤は止めることになった。

もねさんはわきの下の傷の診察。
傷はそれほど大きくないが、肉が盛り上がってきていない。
傷の表面が再生しにくい状態になっているもよう。
薬を変えてさらに様子見に。
それでも改善しない場合は、表面を取り除いて再生を促す必要があるかもしれないとのこと。

もねさんは地道に頑張りましょう。