相変わらずよく分からず

ココちん、昨日、大学病院で検査。
腫瘍らしきものが見つかって、2週間経ったので、変化を見るのが目的。

検査の結果は

  • エコーで見ると、ボワーっとしていて輪郭が不明瞭
  • 中に核のようなものが見える
  • ボワーっとしている部分は2週間前より少し大きくなっている
  • 核のような部分でみると、2週間前より小さくなっている
  • 肛門から指を入れると、大腸壁を通して触れるものはある

といった感じで、大きくなっているのか、小さくなっているのかよく分からず。
当然、良悪性についても決着つかず。
現状のステロイド投与を維持し、1カ月後に再検査することになった。

掛かりつけ病院で水腎症の兆候を指摘された点については、「腫瘍?の影響と考えられるが現状では問題ない」とのこと。
ただし、腫瘍が大きくなって尿道、尿管や大腸を圧迫する可能性もあるので注意は必要。

なんだかよく分からないね、ココちんの病気は。
心配ではあるが、心配しすぎてもしょうがない。
引き続き、普通に、慎重にいきましょう。

薬がよく効く犬(^_^)

ココちん、昨日、経過観察のため病院へ。

血液検査の結果、CRPは順調に改善していた。
もうしばらくたてば、正常値に戻るであろう。
獣医師も「ココちゃんは薬がよく効くなあ」とニッコリ。
たしかにココちん、原因不明の変調が時々あるが、肝臓の数値が悪い時はウルソ、CRPが高い時はステロイドと、効く薬がだいたい分かっているので助かる。

一方、これまでオムツを着けていればまったく問題なかったオシッコが、気が付くと時々、ポタっと床に垂れるようになった。
どうやらオムツを肌の隙間から少し漏れているもよう。
手術前に毛を剃ったので、今まではオムツと肌がピッタリとフィットしていたが、毛が伸びてきて隙間ができるようになったらしい。
犬用のオムツは高いので、人間用のを使っている。
機能的ですごく便利なのだが、人間の赤ちゃんはこんなに毛深くないからねえ(爆)

とりあえず、皮膚を伝わって漏れ出る前にオムツに吸収させるため、オムツカバーを着けて、より密着するようにしてみた。

CIMG4815
しっぽがないので引っかからず、どうしても下がっちゃう(^^;)
しばらくこれで様子を見るべし。
暑かったら蒸れるかも。
冬で良かったね。

術後1カ月、問題なし♪

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO
変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)