ココ入院

腫瘍の放射線治療の相談のため、もね母がココを大学病院に連れて行った。
ところが検査で腎臓の数値が上がっていることが判明。
治療のため、そのまま入院することとなった。

腎臓の数値は直ちに危険なものではないが、腫瘍が大きくなって、尿管と尿道のつなぎ目付近を圧迫しているらしい。
このため、尿の流れを確保するため、すぐにカテーテルを入れることになった。
おむつを交換する際、毎回重さを測定し、尿量に大きな変化はないことを確認していたのだが・・・

主治医の話では、腫瘍は明らかに悪性の肉腫で、少しずつ大きくなっている。
このままでは周囲の腸や脊髄などを圧迫していろいろな症状が出始め、1、2ヶ月しかもたないかもしれないということだった。

放射線治療については、やってみないと効くかどうかは分からないが、残された治療法は放射線ぐらいしかない。
ただ、完治を目指すものではなく、あくまでも肉腫が大きくなるのを遅くするのが目標。
CTと組み合わせて正確な位置に放射線を当てることができる最新の機器があるので、副作用は出ても下痢ぐらいだろうとのこと。

治療は1週間おきに1回で、計4回。
ココの体調が回復したら、やってもらうことになった。

とにかくまずは体調を改善しなければ。
入院はつらいだろうが、がんばれココちん!
ココがなるべく笑顔でいられるよう最善を尽くしたいと思う。

ココ、生還♪

昨日、ココちんが無事退院して、1週間ぶりに帰ってきた。

20131031おかえりココちん♪
おかえり~、ココちん\(^o^)/
全身状態は良好で元気♪
家に入ると、まずは家中を「それ~」って感じでひとっ走りしていた^^;

でも家に着いてしばらくの間、パンツおむつを着けたまま何度もウンチポーズをとり、パンツを外して見ると血便が出ていた。
便が出ちゃうことは先生から聞いていたが、少しずつ改善しているので様子を見てくださいということだった。
血便は出ていなかったはずなのでちょっと驚いた。
手術でお腹の中の癒着をかなり剥がしたり切ったりしたので、その影響で大腸炎的な症状が出ているらしい。

便が付いてお尻が汚れちゃうが、入院期間中は尿道カテーテルを入れていたため十分洗えなかった。
病院の先生はなるべく清潔を保つよう努力してくれていたが、肛門の近くが赤くかぶれてしまった。
お尻が汚れたままだと、尿道を通して、一つになってしまった腎臓へ感染することが怖い。
なるべく頻繁にお尻を洗って、きれいなおむつに変えて、便の状態が良くなるのを待つしかない。

20131030ココちん退院(^_^)v
いろいろあるけど、がんばって乗り切りましょう!
夜も寝る前にも緩い便に血が混じって心配したが、朝、おむつについていた便は正常な色でホッと一息。

かなりの大手術だったので、しばらくはいろいろなことがあるかもしれない。
危ない状態を乗り越えて元気なココちんが帰ってきたことに感謝し、慎重に注意深く様子を見守っていきたい。

ということで、今朝からしばらく絶食。
ココちん、「え~っ!」って顔をしていたが、まずはお腹の状態を良くしなければ。
しばし我慢すべし!

20131031Coco
ふて寝ココちん(^^;

ゆっくり休んで早く良くなろうね!