1月 302011
 


禁欲的なワシにも5年に1度ぐらい物欲が襲ってくるが、もねココの健康トラブルも2、3年に一度ドカンとやってくるような気がする。
今がその時期か?

1.もねさん、膀胱炎

1月23日、夕方の散歩を終え小屋に戻ったあと、もねさんが急におしっこを漏らしちゃったり、頻尿になってしまった。

もねさんは、屋内では絶対におしっこをしないオンナなのでかなり異常な事態。外に出すと、もうほとんど出ないのに、1、2分おきに何度も何度もおしっこをしぼりだそうとする。そしておしっこした後の尿道口にはなんとなく赤いしずく。「こりゃ、膀胱炎かも」ということで、急遽早めに東京へ戻り、動物病院へ直行した。

病院ではエコーで膀胱を調べ、カテーテルで採取して尿検査を実施。エコーでは膀胱壁が少し厚くなっているのが分かり、尿検査では潜血が確認された。詳しくは尿を培養して菌が感染しているかどうか調べる必要があるが、とりあえず膀胱炎の可能性が高いということになり、抗生剤と止血剤を処方された。

薬を飲み始めたら、翌日からお漏らしと頻尿はぱたっと止まり排尿は正常に戻った。ただしここで油断して薬をやめると、再発する可能性があるので、最低3週間は薬を飲み続ける必要があるとのこと。現在、外部機関で菌の同定を行っており、結果次第では薬の種類を変えることもあるらしい。

2.ココちん、避妊手術&乳腺腫瘍&卵胞嚢腫

もね母の希望により、28日にココちんの避妊手術を行った。♂のワシにはよく分からんが、ヒート期間中、精神的に不安定になったり、ヒートがなかなか終わらなかったりするのを気にしてのことらしい。

避妊手術は卵巣と子宮を両方取る方法で行われた。獣医師の説明では、すごく大雑把に言うと、アメリカは「卵巣と子宮を両方取る派」で、ヨーロッパは「卵巣だけ取る派」らしい。この病院では最近は卵巣だけ取り子宮を残すことが多いらしいが、ココちんは高齢であり子宮に腫瘍ができている可能性もないわけじゃないので、念のため両方取ることになった。

この病院では腹腔鏡手術も可能だが、ココちんは高齢で内臓脂肪が多いことが予想されるため、通常の開腹術で実施した。

ココちんを病院に預けて家で待機していると、病院から電話。「術前の検査で乳腺に小さなしこりが2箇所あるのが見つかった。乳腺腫瘍の可能性が高いと思う。一緒に取ったほうがいいと思うが、どうしますか?」

しこりが良性か悪性かは切除して検査に出さないと分からない。通常ならしばらく様子をみるという選択肢もありうるが、麻酔をして避妊手術をすることが決まっていたので、一緒に取ってもらうことにした。

乳腺腫瘍は、もねさんも以前見つかり、切除したことがあったので、ココちんについても気にしていた。もねさんの2回目の乳腺腫瘍はワシが自己流触診でかなり早期に見つけたが、ココちんは「女子体操選手」のような小柄だけど筋肉質の体型(^^;)。触っても内臓がパツンパツンに詰まっている感じがして、どうもよくわからなかった。病院での獣医師による触診でもいままで見つからなかったが、今回は手術のためお腹の毛を剃ったら、ポツンとしこりがあるのが見ただけで分かったという。

見つかったしこりはごく小さく、切除のための傷も小さくて済んだ。良悪性が分かるには10日ぐらいかかるが、仮に悪性だとしてもきれいに取れたはずという。(2/4追記)病理検査の結果、良性と判明!

あと、避妊のため卵巣を切除したら、軽度の卵胞嚢腫だったことも判明した。これについては、取ってしまえば問題ないのであまりよく聞いてないが、まあ、結果的に避妊手術をして良かったということになるのだろう。


久しぶりに字をいっぱい書いてしまった。字が多い記事って読まれないんだよね~(^^;)

11月 262008
 

久しぶりに動物病院へ。

もね、触診異常なし。
2月に切除した乳腺腫瘍については、現時点で再発の兆候はなく、「早く発見できたので良かったのでしょう」(獣医師)。
足の偽関節も「言われなければ分からない状態」で、痛みなどが出なければ問題なし。

ココも触診異常なし。

今年最後のフィラリアの薬をもらって終了。

4月 152008
 

ココちん&もねさん、、昨日、もね母に連れられ獣医へ。

ココ、エコー検査の結果、十二指腸の厚さ(1.6ミリ)は問題なし。
やっと治療終了となった(^o^)

もねは狂犬病ワクチンを接種。
ココは来週に予定。

もねさんの乳腺腫瘍再発以来、落ち着かない日が続いていたが、やっと平静を取り戻した感じですね♪

3月 032008
 

もね、術後検診。
病理検査の結果は悪性だった。
だが「予後は良好と考えられる」とのこと。
追加の乳腺摘出もしないで、定期的な検査で様子を見ることに。
安心とは言い切れないが、早く発見して対処できて良かった。
できうる範囲でベストの対応ができたと思う。

これから出かけるので病理検査の概要だけ以下に載せる。

『摘出された乳腺部には、悪性の乳腺腺癌が認められます。腫瘍の境界は明瞭で、初期の段階で摘出されています。摘出状態は良好であり、今回の摘出により予後は良好と考えられますが、念のため、定期的なモニターをお勧めします』

2月 262008
 

え~とっ、結局、病院は駅から遠くてケージ持って歩くのは大変だし、タクシー待たせても診察の順番までどれだけ待たされるか分からないし、タクシーをいったん放すと呼ぶのが大変だし・・・てなことでレンタカー送迎にした。
ワシの見積もりではタクシー往復より若干高いが、交通手段を心配するより、執刀医の話をじっくり聞こうということで。

20080226-1.jpg

もねさんは帰ってくるなり「はら減った~」とうるさい。
病院でご飯もらってなさそうだな。
手術前よりうるさいです(汗)
変わったのはおなかの傷とエリザベスカラーを着けていることぐらいか。

とりあえず獣医の話を簡単にまとめると、
・手術は順調、問題なし
・抜糸は約10日後
・病理検査の結果は早ければ今週中に判明
・もしも悪性ならば転移の可能性があるので、残っている周辺の乳腺をさらに切除したほうがいい(乳腺腫瘍は取って病理検査しないと良悪性が分からない。今回は腫瘍とその近傍を検査用に切除)
―などなど。

20080226-2.jpg

傷は前回、避妊手術と同時にやった時よりもだいぶ小さい。
とりあえずは無事終了でほっと一息。
あとは病理検査の結果次第ですな。

2月 202008
 

本日、動物病院で事前検査。
触診と血液検査、心電図、エックス線。
やはり乳腺腫瘍だとのこと。
血液検査や心電図に異常はなく、当初の予定通り25日に手術することになった。
摘出後に病理検査に出し、良悪性を調べる。
歯石も少し付いているので、ついでに取る予定。

で、腫瘍の場所を教えてもらい触ってみたが、確かにあった。
でもコメ粒ぐらいの大きさ。
ワシが「これは?」と考えていたのと違う場所であった(汗)
前に取った腫瘍も小さかったが、今回はさらに小さい。
言われなきゃ分かりませんな、こんなに小さいのは。

朝、病院に連れて行って手術。
順調ならば当日退院の予定だが、麻酔の覚め方によっては1泊入院する可能性もあり。

2月 152008
 

ココちん、朝のウンチは若干軟らかめではあるがほぼ問題なし。
ほかの犬と出会うと、いつも通りギャンギャン吠えていたし、もう大丈夫でしょう。
なんだったんだろうねえ。
おなかにくる風邪みたいなもんかね。

もねさんは、獣医に「砂粒ぐらい小さいけど乳腺腫瘍があります」と言われ、あらためておなかを触りまくっているのだが、分からん。
以前、左側にできた乳腺腫瘍(良性)は触ると確かに分かった。
大きさ数ミリのプニプニした軟らかい丸いかたまりが皮膚の下にあるのが、指でつまむと分かった。
だが今度は何度触っても分から~ん。
そりゃあ、おなかの中だからなにやらいろいろあるようだが、「腫瘍」って感じがしない。
ホントにあるのか、乳腺腫瘍。
「砂粒ぐらい」なんて触って分かるのか?
信用していないわけじゃないけど、納得できない。
X線やエコーで再度確認するとは思うが、ほんとに分かるのかね、そんなに小さい腫瘍が?
エコーの解像度ってどれぐらいなんでしょ?
はっきり分からなくても、残っている右側の乳腺を予防的に取っちゃうという選択肢もあるとは思うが・・・
悩ましいなあ。

「やっぱり腫瘍じゃありませんでした、エヘッ」でもいいんですけど・・・

20080215.jpg
ワシの力作もねココ電話
仕事で使うのはちと恥ずかしい(^_^;)
2月 132008
 

ココちんが珍しく今朝からおなかの調子が悪く、午後も嘔吐2回&下痢。
で、アジの練習を休んで、もね母が夕方、病院に連れて行った。

ココちん、前に肝臓が悪くなった時も嘔吐から症状が始ったので若干心配した。
でも今回は血液検査の数値もすべて正常範囲内(肝機能含む)。
検便の結果と合わせて、「腸炎でしょう」との診断となった。
下痢止めの注射をして、薬をもらって、今日は夕食抜き。
元気もあるので、順調にいけば数日で治るだろう。
とりあえず一安心である。

もねさんの方は、ワシの最近の自己流触診で、乳腺が残っている側に何かしこりのようなものがあるような気がして気になっていた。
で、病院に行ったついでに獣医に触診してもらったところ、獣医も「かなり小さいけど腫瘍がありますね」との見立て。
取ってみなければ良悪性は分からず、もうちょい詳しく検査する必要はあるが、いずれにしても近いうちに手術をして取ることになりそう。
もねさんには去年の3月に続く手術で申し訳ないが、せっかく小さいうちに発見できたので、早めに取っちゃいましょう。
もねさんには、まだまだ元気に長生きしてもらわなきゃならないからね!

12月 182007
 

もねさん、びっこはその後すぐに治ったが、「左の下腹部にしこりのようなものがある」と、もね母が言う。
ワシも触ってみたが、そう言われればそうかな、という程度。
左は乳腺腫瘍を切除した側なので、そのせいじゃないかと思ったが、もね母の希望で念のため獣医に診てもらいに行った。

獣医が触診しても、最初はどこにしこりがあるのか分からなかったが、もねさんに大股開きであおむけに寝てもらい、再度触診したところ、「ああ、これですか」とやっと分かった様子。
エコーなどでも調べたが、「たぶん脂肪のかたまりでしょう」とのこと。
以前切除した乳腺腫瘍は良性だったのでまず問題ないが、コーギーはリンパ腫が多いので、大きさなどが変化しないか念のため注意しましょう、との結論となった。

20071218.jpg
   大股開きで寝るのは得意♪

11月 092007
 

この一年は乳腺腫瘍の手術以外は大きな健康問題もなく、無事に9歳の誕生日を迎えることができた。
よかったね、もねさん(^_^)
まだまだ元気で頼むよ!

20071109-1.jpg

もね母の手づくりケーキでお祝い

ついでにココちんもアジリティーチャンピオン登録用に写真撮影

20071109-2.jpg

おすまし顔で決めてみた(^^;)