4月 072012
 
  1. 桜、結構咲いていた♪ もねさんは定期診断のため大学病院へ。 http://t.co/wzcFuneK
    桜

  2. FlipClipが5月でサービス終了しちゃうので、とりあえずアップしてあった動画194ファイル(主にココのアジ大会)をダウンロードした。元のファイルはハードディスクかDVテープを探せばあるはずだが念のため。
  3. 【もねさん、本日の大学病院での検査結果概要】
    ①呼吸機能:異常なし
    ②麻痺:(前回12月より)進んでいる。腰の下あたりまで刺激に対する反応が鈍くなっている
    ③膀胱穿刺による尿検査で菌検出。無症状だが初期の膀胱炎。要治療→かかりつけ医へ

    【その他】
    ①(前脚が動かなくなってから?)2カ月ぐらいで頭を上げられなくなるケースもある。フセの姿勢を維持できず横向きに寝るようにもなってくる。下側の肺に水がたまりやすいので、なるべくフセをさせるか寝返りさせたほうがいい
    ②呼吸機能が落ちてくると、ハアハアするというよりも、舌の色が紫色っぽくなってくる。舌の色に注意するように

    【帰宅後、近医へ】
    ①もねの膀胱炎はとりあえず一般的な抗生剤を1週間分処方。菌が同定できたらそれに効く抗生剤に変更する可能性あり
    ②もね、前回採血したウイルス抗体検査の結果判明。アデノ1型は十分だがジステンバーとパルボ2型は抗体足りず→6種混合ワクチン接種
    ③ココも健康診断。X線とエコーは異常なし。血液検査の結果は次回。6種混合ワクチン接種

Powered by t2b

3月 202012
 
  1. ワラワラと届いた。ロックジャルダン用ポット苗。前列左からキクバクワガタ、千島ラッキョウ、コマクサ。後列左から筑紫カラマツ、姫シャジン、千島ウスユキソウ、タカネビランジ。 http://t.co/6z42qqiA
    山野草ポット苗


  2. もねさん、先日の検査結果を聞きに動物病院へ。血液、X線(胸部、腹部、背骨)、エコー(心臓)いずれも異常なし。DMの影響ははまだ呼吸器まで来ていないとの判定。フィラリア陰性。予防接種が必要か判断するため抗体検査を依頼。
  3. クリスマスローズ「アシュードオレンジペコ」。先日、もね母がミヨシ・ペレニアルガーデンのクリスマスローズ即売会で購入。暖かくなったら庭に植える予定。 http://t.co/383mKzhq
    Helleborus


Powered by t2b

4月 152008
 

ココちん&もねさん、、昨日、もね母に連れられ獣医へ。

ココ、エコー検査の結果、十二指腸の厚さ(1.6ミリ)は問題なし。
やっと治療終了となった(^o^)

もねは狂犬病ワクチンを接種。
ココは来週に予定。

もねさんの乳腺腫瘍再発以来、落ち着かない日が続いていたが、やっと平静を取り戻した感じですね♪

4月 162007
 

もねココを連れて雨の中、動物病院へ。

もねは抜糸+狂犬病ワクチン接種。
ココは狂犬病ワクチン接種。

もねの術後の経過は順調。
乳腺を一部切除した関係でおなかの皮が少したるんだり引っ張られたりしているが、しばらくすれば元通りになるだろうとのこと。
また、おなかの内側も縫っているので触ると“しこり”のように感じられる部分があるが、溶ける糸を使っているので、これもしばらくすればなくなるとの説明だった。

これにて、もねの乳腺腫瘍治療はすべて終了。もう走ったりしてもいいってさ\(^o^)/
また別の場所にできる可能性もないわけじゃないので気を付けなきゃいけないのは変わらないけど、とりあえずはめでたしめでたし。
よかったなあ、もねさん♪

本日の体重 もね=11.15kg、ココ=8.70kg


抜糸に抵抗し、羽交い締めにされるもねさん(笑)

6月 072006
 

ココちん、歯石がひどい。
歯磨きをすごく嫌がるし、歯石を取らせてもくれない。
なので、今日、獣医で麻酔をかけて、取ってもらうつもりで、もね母が連れて行った。

麻酔には若干のリスクもあるので、まず血液検査をした。
そしたらGPTが278[U/l]。参考正常値23-89を大きく超えていた。

当然、麻酔&歯石取りは中止した。
去年、原因不明の急性肝炎で大変な思いをしたココちん。
今回は、体調は全く問題ないが、やっぱり心配だ。

5月31日にワクチン接種前に検査したときも163で、ちょっと高かった。
血液検査の数値なんて、そのときの体調でかなり変わるだろうし、個体差もあるだろうが、高い数値が続くのはやっぱり心配。

念のためエコーで調べてもらったが、特に異常はなし。
薬を飲んで、1週間後に再検査することになった。

自分の血液検査の数字は、ちょっとぐらい正常から外れていても気にならないが、ココの検査結果が悪いとすごく心配だよ。
何ともなければいいなあ。

6月 022006
 

もねココ、31日に、もね母に連れられてワクチン接種に行った。
今回はもね母の希望で、試しにいつもと違う獣医へ。

ワクチンについては、毎回思うが、メリットとデメリットのどちらが大きいか、ワシにはよく分からん。
抗体価を調べようとすると、ワクチンを打つより金がかかる。
結局今回もレプトスピラ抜きの5種混合にしておいた。

ついでに健康診断でX線検査したら、もねが変形性脊椎症?の恐れを指摘された。
もね母からの伝聞なので詳しくは分からないが、背中付近の脊椎の角がおなか方向に少し突起状に出ているらしい。
「年をとると痛くなるかもしれないので、今のうちから関節や軟骨保護のサプリを摂った方がいい」と言われたとのこと。

もう7歳だからなあ。
今は何ともないし、このまま何ともないかもしれないが、念のため、背骨に負担の掛かる運動はなるべくしないほうがいいかもしれん。
とりあえずベッドからの飛び降りは禁止=夜はケージで寝かせる or ワシが床で寝る(^_^;)
サプリの効果はいまいち信用していないが、関節保護サプリ(グルコサミン、コンドロイチンなど)を注文してみた。
過剰でない程度に注意をして、あとは心配が杞憂に終わることを祈る。

ココも頚椎の変形(1個小さい)を指摘されたが、「生まれつきのもので、問題ないでしょう」とのこと。

6月 102005
 

ココちん、退院以来2度目の通院 with もね母

外注していた抗体の検査結果が出ていた。
———-
レプトスピラ・カニコーラ抗体Lep.C      陰性
レプトスピラ・イクテロヘモラジー抗体Lep.I 陰性
レプトスピラ・ヘブドマディス抗体Lep.H    陰性
犬アデノ2型ウイルス中和抗体CAV2    2倍
犬伝染性肝炎ウイルス中和抗体CHV    2倍
———-
レプトスピラ感染は見つからなかったということですな。
アデノ2型と伝染性肝炎が2倍なのは毎年ワクチンを打っているため。

検査委託先はここでした。

今日の血液検査の数値は
TBIL 0.7 mg/dl(正常範囲0.3-0.9)
GPT 242 U/l (正常範囲23-89)
ALP >3500 U/l (正常範囲68-318)

GPTは少しずつ下がっているが、ALPがまだ3500超。
ALPは主に胆管から出る逸脱酵素。炎症などで胆汁の流れが阻害されると血液中に増えるらしい。なかなか下がらないので胆管の薬を2種類追加して様子を見ることになった。

白血球の数値は落ち着いているので、炎症はもう起きていないとみて、抗生物質は打ち切り。
強肝剤は2種類だったのを1種類に。
えさは処方食を続けるが、缶詰からドライに切り替える。

ALPだけちょっと気になるけど、全体的には元気そのものなので大丈夫だろう。
次回通院は1週間後の予定。

5月 282005
 

病院に様子を見に行った。

ワーイと飛びついてくるのを期待していたが、
思ったほど良くなってなかった。

病院の周りを少し一緒に歩いたけど元気がない。
昨日の午後より元気がないらしい。
昨夜はえさを食べたけど、今朝はほとんど食べず。
うんちはでない。
おしっこは普通の色。
吐き気がなくなったのはプラス要素。
でも肝機能の数値は昨日よりも少し悪化。
全体的な元気のなさが気がかり。

点滴と強肝剤の治療を継続。

一時的な中毒などならばもうちょっと良くなりそうなものだが・・・。

原因はいまだ不明。
犬伝染性肝炎は毎年ワクチンを打っている。
レプトスピラはワクチンを打っていない(打っても数カ月で効果がなくなる?)。
でも、この周辺ではほとんど発生していないので可能性は低い。

ココはもともとGPTが少しだけ高めだった。
もしかしたら何か他の原因があるのかもしれないので、
肝生検することにした。
お腹から肝臓に針を刺して肝細胞を採って調べる。
肝生検は肝硬変などの人でよく行われる検査。
稀に出血などのトラブルもあるらしいが、
ココは血小板などの数値は正常なので問題ないという。
今日の昼にやって、一応の結果はすぐに分かる。
夕方また病院に行って結果を聞く予定。
20050528ココ

3月 262004
 

 わんどもに狂犬病の話題が載っていた。最近、この手の話題は気になる。

 狂犬病は日本では何十年も発症していないから予防注射不要説の人もいるみたいだけど、どこから入ってくるか分からないし、やっぱり予防しなければならないのだろう。

 わんどもで引用されているBdoggersのtarowanさんは『犬だけでなく、哺乳類はワクチン接種が必要かもしれません』とサラリと触れているけど、『ほんとの狂犬病予防のためなら、哺乳類であるヒトも含め、全恒温動物に毎年、予防注射をすべきでしょう』と主張しているすごいページ(『愛犬と登山』『犬が自然環境に与える影響/病名狂犬病は恣意的誤訳!』 )もある。

 ほんとになんで’rabies’が『狂犬病』と訳されたんだろ。アフリカ、アジア、ラテンアメリカでは確かに犬からの感染が最も多いらしいが、『狂犬病』という病名のままでは、猫、狐、アライグマ、フェレットなどほかの動物は関係ないとの誤解を与えかねないと思うが。

3月 202004
 

 記録を見ると、もねココとも去年は4月7日に狂犬病ワクチン、4月19日に9種ワクチンを打っている。
 いままで特に深く考えず、獣医に勧められるまま毎年打ってきたが、今年はどうしたものか。
 狂犬病ワクチンは狂犬病予防法で毎年1回受けることが義務付けられている。しかし、効果の持続期間と副作用のリスクを考えれば3年に1回で十分という意見もある。
 ほかのワクチンはジステンバー、肝炎、ケンネルコフ、パラインフルエンザ、パルボ、レプトスピラなどのものがある。以前は種類が多いほどいいのかと思っていた。しかし、そうでもないようだ。副作用のリスクを考えると、毎年接種しないほうがいいらしい。よく勉強しないといかんなぁ。

(参考HP)
TARO’S CONNECTION
KORO
SUPERPUPPY
ペットフード&輸入グッズ ann.(ドッグ&キャット)
など(いずれもトップページではなく該当ページへのリンク)。