12月 032013
 

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO

変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

12月 122010
 
  • [12:00] ココちん、帰宅。医師の説明「上歯茎の左右2カ所が裂け、上前歯3本が折れていた。折れた歯根を残すと感染の恐れがあるので麻酔かけて除去。裂けた歯茎を縫った。1週間はふやかしたご飯を与え、縫った糸を取らないように注意。1週間後に再診を」 #
  • [12:12] ココちん、社会化に失敗した典型例なんだろうなぁ。兄弟犬が死んじゃって一人っ子になっちゃったし、親がもねさんだし…(汗) #
  • [12:15] とにかくこれ以上危険を放置できないので家の中にベルリンの壁を築かねば。もねさんとワシが“西側”で、ココちんともね母が“東側”(^^;) #
  • [12:23] 医師によると、犬のあごの力はすごく強いので、今回のようなケースでは歯だけでなく上あごを骨折することも時々あるらしい。ココちんも一時、上あご骨折が疑われたが大事に至らなくてよかった。頼むよ、ココちん。もねさんにケンカ売ったらダメですよ! http://ow.ly/i/6jhI #
  • [12:35] もねさんはココちんにケンカを売られるとなるべく逃げようとしているが、後ろ足が不自由なので余裕がない。あまりにしつこいときとか、どうしても反撃しなければならないときもある。世界平和のためにはやっぱりベルリンの壁を作るしかないだろうな。暫定壁→ http://ow.ly/i/6jjj #
5月 032010
 

一見元気にも見えるが、一日に何度か悲鳴を上げるのがおさまらないため、もね母が連れて再度病院に検査へ。

以下、もね母報告。

—–

整形の医師に診てもらったところ、頚椎の異常(ヘルニアあるいは腫瘍)が痛みの原因かもしれないとのこと。

触診で圧迫した時、首の右側は反応しないが、左の時、体をこわばらせる。

レントゲンを再度撮ったところ、該当箇所になにか異常が写っているらしい(詳細不明)。

これだけでは判断できないので、ほかの施設でMRIとCTを撮り、その結果で再度検討することになった。

—–

ちょっと時間がないのでとりあえずここまで。

9月 122009
 

昨日、もね母に連れられ、麻布大学附属動物病院脳神経科を初受診。
病院通いの日記が続いてしまったが、たまたま予約日が近くなっただけで、症状が悪化したわけではないのでご心配なく。
ワシも同行すべきではあったが、2日連続夜勤で前夜は3時間ぐらいしか寝れなかったので、朝いったん起きたが、もね母に任せ二度寝に突入してしまった(^^;)

大学病院なんて行くのは、鹿児島時代に骨折で鹿児島大学農学部附属動物病院へ行って以来である。
その時は鹿児島の動物病院を全然知らなかったので、とりあえず大学病院に行ったのであった。
今回大学病院に行ったのは、かかりつけ病院の紹介があったからである。
もねさんの症状から変性性脊髄症が可能性の一つとして疑われ、麻布大病院なら症例を多く見ているから判断できるであろう、ということであった。

20090911-1

診察では、血液検査、X線撮影(かかりつけ病院から資料が送られていなかったので再撮影)をして歩く様子などをチェック。
診た範囲では変性性脊髄症と特定できる所見はない、ヘルニアでこういう症状になることもある、とのことであった。

ただ、変性性脊髄症ではないと断定もできないので、念のため、アメリカの検査機関に血液サンプルを送って、DNA検査することになった。

DNA検査はアメリカの研究機関が研究目的でやっているものなので、検査費は無料。
ただし血液サンプルを送るのは自費(クール宅急便みたいので送るのでちょっと高い=約1万円?)。

DNA検査の結果が陰性であれば、変性性脊髄症の可能性は否定される。
陽性であれば、変性性脊髄症の可能性は残る。(遺伝的素因を持っていても、発症するとは限らないので、断定はできない)
陰性ならばいいが、コーギーは陽性率がかなり高いらしいから、もねも陽性の可能性は高い。
結果を待たねばならんが、DNA検査をしても原因の確定はあまり期待できないであろう。


もねさん、診察室では、診察台を取り囲んだペーペーの獣医のタマゴをじ~~っとにらんで「ナデレ!」と強要していたらしい(^^;)


その間、ココちんは

20090911-2

お家の近くの神社の裏でこんなことして遊んでおりました。

この切り株、年輪数えたが、30ぐらいしか分からなかった。
30年ぐらいでこんなにぶっとくなるのか?!
ワシの小屋も、成長の速いコナラとか植えたら、ワシが生きとるうちにこんなにデカクなるのだろか???

5月 112009
 

もねさん、折れた歯を診てもらいに、もね母に連れられて動物病院へ。
今日は月1でこの病院に診療に来る犬の歯の専門医O医師の診察日なのだった。


O医師はまず「硬いものを噛んで折れるのは奥歯。前歯は同居犬とケンカして歯が当たったり、ボールやディスクを地面から拾おうとしたりするときに石とかに当たって折れることが多い」と指摘。

…もねさん、完全に当たっているじゃん(爆)

20090511-1
さすが犬の歯の専門医。いきなり図星の指摘。恐れ入りました。

さらに、ちょっと見ただけで、「折れた歯の隣の前歯も折れている」と指摘。
歯髄が露出し歯茎も少し赤く腫れており、「これだと痛みを感じているはず」という。
この歯の方が、折れてから時間たっている分、歯の根元への感染が進んでおり、要治療度は高かったらしい。
20090511-2
この歯が欠けていることにはワシも気付いていたが、歯髄が出ているほどだとは思っていなかった。

さらにさらに、レントゲンを撮ったり詳しく調べた結果、奥歯の一本も折れて歯髄が出ているのが判明。
20090511-3
これも欠けているのはだいぶ前から知っていたが、歯髄が出ているとは全く思ってもいなかった。

ということで、結局、診てもらいたかった1本を含め、計3本が折れて歯髄が露出していることが分かってしまった(汗)

いずれも残すことは可能だが、前歯は「残してもケンカしたら、また折れる可能性が高い」とO医師。
そして残すためには、まず歯根管治療が必要になるが、口の中の治療なんて麻酔をかけなければ絶対にできないもねさんにとって非現実的なのであった。
ということで全部抜くことになり、そのまま麻酔をかけて抜いてもらった。

もねさん、これで昔抜けた1本と合わせ計4本の歯抜けになっちゃいました。
わーい、ワシと一緒だぁ♪(爆)
(ワシ=親知らず3本+前歯1本の歯抜け)

というのは冗談で「う~む」という感じではあるが、「物を食べたりするのには全く支障ない」とのことだし、ほっといて痛くなったりするよりはよかった。
歯科専門獣医師にいろいろ発見してもらってラッキーだったといえよう。

(ワシのフトコロは「あ痛たた」であるが)

とにかくなにはともあれ、ココちんと歯を突き合わせてケンカするのは、もうやめましょう。


(追加)

一番最近のケンカの跡も発見されてしまった(汗)

20090511-4
ココの歯がもねの歯茎に刺さったらしい。
傷からばい菌が歯の根元に入っていると、この歯も抜ける可能性があると言われた。
抗生物質をのませて経過観察に。


とにかく、本当に、ケンカはもうやめてください!


20090511-5
お疲れ、もねさん ゆっくりお休み

12月 282008
 

昨日のことである。

朝、家の中でもねがいきなりびっこになり、右前足を舐めたり気にしだした。
その後、散歩では普通に歩いていたが、念のため動物病院へ。
様子を見るしかないだろうとは思ったが、もねは骨折など足の故障が多いので、ちょっとのことでもすごく心配になってしまうのである。

動物病院では、獣医師の先生が歩く様子を見たり、指を一本ずつ触ったりしたが痛がる様子もなく、問題なし。
前回骨折個所の経過を見ることも兼ねて、一応、レントゲン撮影をすることにした。

20081227x-ray

半年前の前回撮影時(左)には、骨折個所に隙間がはっきりと写っている。
かなり長期間、テーピングで固定していたが、「偽関節になってしまった可能性がある」との判断であった。

それに比べて今回の撮影(右)では、隙間がかなり白っぽくなっている。
この写真だけでは良く分からないらしいが、もしかしたら骨が再生して骨折が治ったという可能性もないわけじゃないらしい。
骨でなく軟組織で隙間が埋まっているだけかもしれないが…。

一時びっこになった点については原因は分からず、予想通り「様子を見ましょう」という結果に(^^;)
まあ、新たな故障が見つからなかったということでよしとしておこう。

8月 272008
 

 昨日、もね母がもねココを動物病院に連れて行った。
 目的は、もねの足のX線検査とココの血液検査。
 もねは偽関節になってしまったとみられる指の骨折個所のその後の状態を調べるため。いったん偽関節になってしまったら、通常は手術しないと骨がくっつくことはないが、「あれっ、いつの間にかくっついちゃっていました!」というかすかな期待がないわけではなかった。
 ココは9月の北海道アジ&旅行を控え、肝機能に異常がないかどうか調べるため。ココは普段から肝機能の数値が正常より高い傾向があり、過去に原因不明で急激に高くなり入院治療したこともあったので、肝臓は数カ月ごとに定期検査することにしているのである。
 結果は、もねの骨折個所は変化なし。くっついていなかった。残念。ただ、痛みなどもなく安定しており、普通に生活する上では全く問題なし。足に負担を掛け過ぎないように注意し、2カ月後ぐらいにまた検査することになった。医者は「いつの間にかくっついちゃうこともあります」と言っていたそうな。まあ、あまり期待しないで様子を見ましょう。
 ココの血液検査はGPT、GOTとも高めながら正常範囲内。良かった! この状態をキープすれば北海道遠征も大丈夫だろう。数日前にヒートが始まっちゃって、北海道アジのころはたぶん終わりきっていないだろうから、アジの出走順は昨年に続き一番最後になってしまうだろうが・・・(^^;)

(おまけ)
 もね母が1か月前にもらい忘れてきたもねの歯肉腫の病理診断書をやっともらってきた。
 内容は以下の通り。

病理組織診断 : 歯肉過形成 gingival hyperplasia

 歯肉の腫瘤部では粘膜下には分化の高い膠原繊維の増生が認められます。表層部の粘膜も過形成を示し肥厚しています。また少数のリンパ球、形質細胞の浸潤が認められます。

 歯肉の病変は歯肉過形成と診断されます。本病変に関しては、外科的な摘出により予後は良好と考えられますが、歯肉炎や歯石などの慢性刺激が続くようであれば、新しく他の部位にも同様病変が形成される可能性があります。

 やっぱり歯はちゃんと磨けということですね。
 もねさんにガウられながら、なだめすかして何とかやっていますよ。
 もね母がやらないのでワシが。

7月 282008
 

 もねさん、つい数日前に金属プレートを当てテープでぐるぐる巻きに固定し直されたばかりだが、おとといあたりからずれて固定の意味をなさなくなっていた。きのうにはかなり斜めにずれてしまったので、かえって悪影響があるのではないかと考え、病院には行かず自主判断でテープとプレートを外してあげた。

 かかりつけの動物病院がきょう、1カ月に1度の整形外科専門医が来る日だったので、もね母が連れて行って診てもらった。

 結果から言うと、固定は全部外して様子を見ることになった。

 もね母によると、レントゲンは撮らず触診しただけだったが、骨折個所が偽関節になっている可能性があるとのこと。偽関節というのは、骨折個所が元通りにつながらず、関節のように曲がる状態になったままのこと。

 今後の対応としては、
(1)手術でプレートを入れて固定する
(2)ギプスで固める
(3)固定しないで様子を見る
―などがあるが、
(1)は、指の細い骨なのできちんと固定できない可能性がある
(2)は、骨折から時間がたっており、骨折個所の間に肉が入り込んでいると固めても骨が付かない可能性がある(「50%ぐらい」)
―とのことで、(3)を選択することになった。

 もねさん自身は、骨折個所を触って動かしても全然痛がらないし、普通に生活する分には問題ないとのこと。また今後、自然に骨がくっつく可能性もないわけではないという。

 今後もしも痛がったりしたらギプスで固めなければならないかもしれないが、そうでなければ1週間後に経過観察、1ヶ月後にレントゲン撮影の予定。

 ただ、指先を引っかけたりするとよろしくないことには変わりないので、ちょうどあした、歯肉腫&歯石取りで麻酔をかけることもあり、前足の爪を血管ごと短く切ってもらうことにした。

 過去3回はちゃんと治ったし、今度も同じように治るだろうと思ってちょっと油断したかもしれない。最初からがっちり固定しておけば良かったという思いもないわけではない。だが、指先の骨折は固定しにくいし、特に足の短いコーギーは固定しにくい。しょうがなかったのかもしれない・・・

 いずれにしても、もねさんももうすぐ10歳だし、どっちにしても激しい運動をさせるつもりはない。いつまでも固定し続けて不自由な生活をさせるより、普通の生活に戻してあげたほうがいいだろう。

 偽関節になっても日常生活には影響ないだろうが、正常な関節よりはやはり炎症を起こしたり痛みが出たりしやすいはず。長距離の山歩きや、ディスク、ボール遊びは一切禁止するつもりだ。

 ディスクやボール遊びは、もねさんの最も好きな遊びである。これまでのもねさんとの本当に楽しかったディスク生活を振り返ればワシとしても忍びないが、こうなっちゃった以上しょうがない。ワシとしてはこうならないように、細く長く続けられるように最大限努力したつもりなんだけどね。

 で、このブログを見ている人にお願い。

もしも、ワシのいないところで、もね母が性懲りもなく、もねとボールやディスクなどで遊ぼうとしているのを見かけたら、やめさせてください!

 今まで、「気をつけろ」「やりすぎるな」「やめろ」と、何十回、何百回、口が酸っぱくなるほど言ってきたが、無視された結果、今回の事態になったのでね。
 今度こそ気をつけるだろうとは思うが、念のため。

7月 212008
 

 もねさん、本日病院でレントゲン撮影。骨のくっつきかたが悪く、金属のブレートでさらにがっちりと固定されてしまった。もうそろそろ外せるかもと思っていたのに、あと数週間は着けたままになりそうだ。今年の夏は始まることなく終わってしまったも同然。かわいそうな、もねさん。

 もねの名誉のためにあえて説明するが、もねは決して脚が悪いわけではなく、骨が弱いわけでもない。その証拠に、普通に遊んでいてけがをしたことはほとんどない。骨折したのはすべてディスクかボールで遊んでいる最中の、キャッチした前後である。

 もねはボールやディスクに対して執着がすごく強いので、スライディングしながらでも根性でキャッチしようとする。きちんと整備された芝生のグラウンドならば問題ないが、スライディングしたときに爪が引っ掛かるような地面だと危ない。何百回に1回、突き指のような状態になってけがをする。そして運が悪いと骨折する。たぶんそういうことである。

 骨折した4回のうち3回は、草がまばらに生えたちょっと硬めの土のグラウンド。もう1回は、表面はふかふかだが下の方が凍ってざくざくになった雪原だった。

 何度も骨折させて、もういい加減、どういうところでどういうことをすると骨折しやすいかは分かっていた。

 だからワシはもう、もねとディスクで遊ぶのはほとんどやめていた。やるとしても、ここなら大丈夫だろうというきれいな芝生の上でだけ。多くても1カ月に4、5投程度にしていた。

 家の中でボールで遊ぶときも気を付けていた。カーペットの上なので爪が引っ掛かる危険は少ないが、それでもスライディングをさせず、走り抜けながらキャッチできるように工夫していた。

 それなのに、ああ、それなのになぜだ?!

 元気なもねさんとあと何回、楽しい夏を迎えられるか分からない。それなのにこんなことにしてしまうなんて・・・

7月 142008
 

もねさん、本日通院。

足はまだテーピングを取るには早いとの判断で、テーピングを巻き直しただけ。
2週間ぐらい巻きっぱなしだったので、若干蒸れていたもよう。
来週、エックス線撮影し、テーピングを取れるか判断する。

歯肉が腫れている件については、「たぶん歯肉炎などからくる過形成で、悪性ではないでしょう」との見立て。
ただ、正確な判定は切除して病理検査しないと分からないとのこと。
で、2週間後に麻酔をかけて切除&歯石取りの予約を入れてもらった。
来週、足のエックス線撮影と同時に麻酔用の事前検査(血液検査など)をする予定。

本日は、もねの骨折後、ワシも初めて付き添い。
骨折当日と11日後のエックス線写真を見せてもらった。

もね母は骨折初診時、「右前足の人差し指」と言っていたが、正確には「右前足の中指」。
来週エックス線撮影するときは、右の写真からさらに3週間以上たっていることになるので、もうちょい、骨がもやもやっと写ることがことが期待されますなあ。

先生たちに「ナデレ」と強要するのはやめてください。
なでてくれないと唸ったり吠えたりするのもやめてください(汗)