術後1カ月、問題なし♪

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO
変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

12/12のぶつくさ

  • [12:00] ココちん、帰宅。医師の説明「上歯茎の左右2カ所が裂け、上前歯3本が折れていた。折れた歯根を残すと感染の恐れがあるので麻酔かけて除去。裂けた歯茎を縫った。1週間はふやかしたご飯を与え、縫った糸を取らないように注意。1週間後に再診を」 #
  • [12:12] ココちん、社会化に失敗した典型例なんだろうなぁ。兄弟犬が死んじゃって一人っ子になっちゃったし、親がもねさんだし…(汗) #
  • [12:15] とにかくこれ以上危険を放置できないので家の中にベルリンの壁を築かねば。もねさんとワシが“西側”で、ココちんともね母が“東側”(^^;) #
  • [12:23] 医師によると、犬のあごの力はすごく強いので、今回のようなケースでは歯だけでなく上あごを骨折することも時々あるらしい。ココちんも一時、上あご骨折が疑われたが大事に至らなくてよかった。頼むよ、ココちん。もねさんにケンカ売ったらダメですよ! http://ow.ly/i/6jhI #
  • [12:35] もねさんはココちんにケンカを売られるとなるべく逃げようとしているが、後ろ足が不自由なので余裕がない。あまりにしつこいときとか、どうしても反撃しなければならないときもある。世界平和のためにはやっぱりベルリンの壁を作るしかないだろうな。暫定壁→ http://ow.ly/i/6jjj #

ココちん、頚椎の異常が原因か?

一見元気にも見えるが、一日に何度か悲鳴を上げるのがおさまらないため、もね母が連れて再度病院に検査へ。

以下、もね母報告。

—–

整形の医師に診てもらったところ、頚椎の異常(ヘルニアあるいは腫瘍)が痛みの原因かもしれないとのこと。

触診で圧迫した時、首の右側は反応しないが、左の時、体をこわばらせる。

レントゲンを再度撮ったところ、該当箇所になにか異常が写っているらしい(詳細不明)。

これだけでは判断できないので、ほかの施設でMRIとCTを撮り、その結果で再度検討することになった。

—–

ちょっと時間がないのでとりあえずここまで。