1月 122009
 

12月30日にルモンド初企画「おもてなし杯」があり、もねさんが飛び入り参加した。
ワシは行かなかったので見れなかったが、昨日ビデオをもらった。

もねは練習も全くしたことがないが、一応かたちにはなっているような・・・(笑)
ディスクの大会にはさんざん出ているので、場慣れはしているからねえ。
若い時からアジをやっていたら、ココとは全然違って、かっ飛びタイプになっていただろうなあ(^^;

1月 122009
 

すげ~寒いとの予報だったので、行きたくないなあと思っていたが、来てみたら昼間は意外と暖かかった(^^;)20090111

AG2

ドッグウォーク飛び下り防止の自作ガード付きである。
徐々に細く透明に、あるいは輪っかの半径を大きくして、最終的にはガードなしでも飛ばずに駆け下りられるようにするもくろみである。
果たしてうまくいくか?!


JP3

本年初アジは、一応ダブルノーミスであった。

許す!


今年こそ、目が回るような難コースでココちんが真価を発揮することを期待します(笑)

10月 192008
 
2008/10/18 ルモンド杯@寒川

20081018 LeMonde Cup Coco AG3
「がんばりまちたぁ!」

この日は天気が良かったので、いい写真が撮れた!
たまにはココちんのカッコいい写真を撮らんとね♪

最後のJP3だけ、暗くなってきたので写真をあきらめビデオ撮影。

【結果】
AG2
ハードルを逆跳びさせて失格。
不正行為や試合放棄をしなかっただけマシといえよう(゛`O´)/

AG3
久しぶりのクリーンランである!
今年の世界選手権ミディアム個人戦のコースを使い、かなり難しかったためか、ほとんどのペアが失格。
こういう難コースだと逆にココちんの堅実さが生きる!
JKCだとノーミス完走してもタイム減点になる可能性が高いが、この日は標準タイムの設定はなし♪
スモール&ミディアムで、なんと先生も絶句の1位に(爆)
ココちん、お遊びから公式ものまで、あらゆる競技を含めて生涯2度目の1位である!\(^O^)/

JP3
お約束のスラローム入り口失敗。このままでは国に帰れません。どうしましょう!?

次の横須賀でも失敗したら、そのまま黒船に乗せて島流しだぁ(もね母だけ)

10月 182008
 
200810181114000.jpg

AG2逆跳び失格。AG3クリーンラン。午前の出番はこれにて終了。

AG3はこのあいだの世界選手権のコース。ココちん、スピードがない分、難しいコースは相対的に得意♪

〓HTTP://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B35.22.28.984&lon=%2B139.22.27.467&geo=wgs84&x-acc=3&alt=43
5月 052008
 

ビデオをお仲間に撮ってもらったので久しぶりにココちんのアジ写真を撮れたのである。

20080505-01.jpg20080505-02.jpg20080505-03.jpg20080505-04.jpg20080505-05.jpg20080505-06.jpg

静止画だと上手そうに、楽しそうに見えるからいいですね(^^ゞ

20080505-07.jpg
もねさんもディスクで遊べて満足げであった。

では、動画で見ると…

まずはAG2から。(JET家撮影)


スラ抜け&バー落下であった。
「楽にクリーンランできると思ったのに~」とは、もね母の無反省の弁である。
それは、普段からもっとクリーンランしている人が言うセリフだっちゅうの。

次はAG3。(JET家撮影)


またバー落下&スラ失敗であった。
バー落下を除けば、ココの失敗のほとんどはスラロームとタッチものである。
でもココはスラロームもタッチものもちゃんとやらせればできるのである。
もっと丁寧にハンドリングすれば、ちゃんとできるとおもうんだけどなあ。
なんでできないんですかねえ。
やっぱそういうところに、人間のガサツさが出ちゃうんですかねえ(^^;)

最後はJP3。


なかなかのスピードコースであった。
こういうコースは見ていて面白い。
ココちんもワシと一緒にたっぷりお昼寝したら元気になってやる気が出た模様。
元気に走って楽しそうであった。
いつもこうありたいものですなあ(ハンドリングは除く)。

4月 142008
 

ココちん、昨日、ルモンド練習会にてアジ再開。
ドラハのまえ以来だから、ほぼ1カ月ぶりですな。

さすがに動きが若干重く、「ココちゃん、太りましたか?」と先生に指摘されたらしい。
いや、重いのは動きだけで、食べられなかった分、体重は軽くなっているんですけど(汗)

                    (バティパパ撮影)

失敗の原因はやはりハンドラーですな。
バタバタしないで、もうちょい落ち着いて滑らかに足を運べないもんですかねえ。

                    (これもバティパパ撮影)

やりゃあできるのに。
でも本番は常に一発勝負。
やり直しでできても、意味なし!



ココちん、休んでいた間に筋肉が落ちたようなので、本日から階段調教も開始。
効果あるかな~(^o^;)

画像が時々ひっくり返って見にくい点については、もね母撮影なのであきらめてください(汗)

3月 112008
 

ワシは諸般の事情(^_^;)により行かなかったのであるが、結果は以下のようなものだったらしい。

『良かったね、パパいなくて。ハハハハハハ』

ハハハハハハって・・・・・(;一_一)

気を取り直して、最初のJP3を見てみますか。(バティパパ撮影、以下同。毎度謝謝)


あ~ぁ゛
ワシがいなくて命拾いしたな《゚Д゚》ゴルァァァァァァァァァァァァア!!

JP3、2回目


先生はOKと言っているが、ワシは言わせてもらう。「ダメやん」
なんで1回目にできたところを2回目に失敗するのさ!
ココちんのレンガ踏みの秘技に磨きがかかったことだけが心の救いといえよう。

AG3、1回目


またスラロームの入り口か。
スラロームの入り口がちょっと難しそうだからって、なんでいちいちオタオタと慌てるのさ。
あんたがちょっとぐらい慌てたって、宇宙の100億年以上の歴史は何も変わらん。
それに引き換え、晩メシの用意を忘れた時の落ち着きぶりはなんなのさ。
あんたは慌てる場所を間違えているっ!


はぁ・・・
いつでもできると思いながら、なかなかクリーンランできなかった1度の時のようじゃのぉ。
もうそろそろ、ブレークスルーしてほしいですなぁ。
いつまでも子犬みたいなココちんだけど、もうすぐ7歳なんだから、いつまでも待ってはくれないですよ。

1月 182008
 

年末年始は諸般の事情によりあまり休みを取れなかったのだが、その反動でアジとスノーシューの2連発である(笑)

DSC_1894
武井バーナー大活躍♪

 まずは1月14日、寒川にてアジリティのルモンド杯。今回の目玉は、昨年4月以来9か月ぶりのココ&ココ爺コンビの再登場である(^^;)
 前回のOP1、OP2からステップアップし今回はJP1とAG1に参加。まあできるだろうとは思っていたものの、練習量ゼロなだけに、「ココちん、ワシと走ってくれるかなあ?」と若干心配になり、貸しコースで1度だけ練習して臨んだのであった。

20080114ルモンド杯JP1


 イメージトレーニングだけでもここまでできるという見本である。と同時に、イメージトレーニングだけしかしてないと、こういう初歩的なミスもしちゃうのね、という見本でもある(^_^;)
 いや~、初の失敗でしたなあ。なにしろ、ほとんどやったことがないので、いままで失敗というものをしたことがなかったのである(爆)

20080114ルモンド杯JP2


 練習をしている人にはちゃんとやってほしいものですね( ̄ー ̄)

20080114ルモンド杯AG1


 ココちん、スタートでいきなりバー落下。というより、前足からバーに突っ込んでいった(汗)
 体が浮いていなかったようだが、足が滑ったのだろうか。まあ、こういうこともあろう。
 ココちんとの距離の取り方もいまいちぎくしゃくしているが、イメージトレーニングしかしていないので、まあやむを得まい。
 個々の欠点をあげつらうのではなく、練習を全くしていないにもかかわらず完走できたという点を重視すべきであろう。
 自分に対しては甘いのね、という指摘もありそうだが、評論家の仕事は自分を批評することではないので、これでいいのである(^_^;)

20080114ルモンド杯AG2


 いつまでたっても同じ失敗を繰り返していてはいけませんねえ。
 ココちんはちゃんとできるんだから、人が足を引っ張っちゃいけませんよ( ̄ー ̄)

翌日は昼間仕事して、疲労を癒す間もなく、夜には玉原高原に向けて出発。
やっとちょうどいい平日休みが取れたので、待望の今季初スノーシューである。
ココちんがいまだに大量に毛が抜けていて寒々しいので、あんまり寒そうだったら途中までにしようと思っていたのだが、全然元気でブナ平まで行けてしまった♪
予想よりも天気に恵まれたこともラッキーであった。


スキー場下からスタート

沢に入り込み上がれなくなる女1名(汗)

斜面をトラバース

ココちんスマイル♪

広い雪原に来るとやはり爆走

いつものノロノロ散歩はなんなのさ?!(笑)

はしゃいだ後、さらに前進

冬来たりなば春遠からじ

雪原に来るとすぐ寝る女1名(汗)

ブナ平は巨木がいっぱい

雪原を横切って駐車場へ。
いい天気でよかったね♪

今回のコースはこちら

平日なのでスタートからゴールまで誰にも会わず、森の中なので風もほとんどなし。
なかなかよいコースでしたなあ。