9月 272008
 

大雪高原沼めぐりを終え、北海道旅行もいよいよ後半である。

20080915-29

日本離れした雄大な景色の中を一路、然別湖(しかりべつこ)へ!

然別湖に到着したのは午後3時すぎ。

20080915-30

大雪高原で車中留守番が長かったもねココを早速、湖水に漬け込み~

もねさんは、「水、水っ♪」と湖畔へ勝手に一直線(^o^;)
もねさんにはかなわないけど、ココちんも結構意欲的に泳ぐようになりましたね♪

 

泳いだ後は湖畔の草地で、ココちん、思う存分スリスリを満喫。

あっ、もねさんまで(汗)

なんか臭いものでも擦り付けていると嫌だが、特に付けてなさそう。
まあ、付けちゃったとしても、また水に漬けこめば落ちる。
何だか楽しそうなので、好きにさせときましょう。

 

20080915-31

近くの山田温泉に入って、帰ってきてバーベキュー


キャンプ場のおねえさんによると、前日は80人も泊っていたそうだが、この日はガラガラでせいぜい10人ぐらい。
犬嫌いの人もいなさそうで、気が楽だ~
もねココも野放しで楽しそう♪
やっぱり、人が少ないのはいい。
これが東京周辺だったらたぶん芋洗い状態。
というか、こんな自然はとっくになくなっちゃっているだろう。


(一夜明けて)

20080916-01

早朝の然別湖


小雨だが、波はなく、風も弱い。

よしっ、OKだ!この日のために用意したインフレータブルカヌーの進水式だ!

20080916-02
前々から「もねココ乗せて遊べたらなあ」と、ず~っと欲しかったのだ。
値段が結構高くて手が出せなかったのだが、ある日、63%OFF!で売っているのを発見。
今回の旅行を前に、もね母が「然別湖でカヌーをしたい」とぼそっと言ったのを聞き逃さず、すかさずポチっとしたのである(^^;)

足踏みポンプで膨らますこと数分間。
水辺に浮かべ、もねココを乗っけて一緒に乗り込むと、おお、浮いた浮いた!
結構しっかりしているし、安定してるやん♪

水の上は静かで気持ちいい~♪
鳥の声とかがよく聞こえる。

20080916-03

もねココはしばらくごそごそ動いたり、くっついてきたりして、漕ぎにくかったが、時間がたつと慣れてきたのか、縁にあごを載せてボーっと景色を見たり、だいぶ落ち着いてきた。
カヌーとかラフティングとかは何度かやったことがあったので、まあ大丈夫だろうとは思っていたが、思った以上にしっかりと安定していたので、岸沿いにしばらく進んだのち、そのまま1.5キロほど先の弁天島へ。

 

上陸!

20080916-04

両手にもねココ(^^;)

のんびり漕いで30分ぐらいかかったかな。

以前、台風翌日にガイド付きカヌーで釧路川下りをしたとき、南からの強い逆風のため川下りなのに全然前に進めず、2、3時間必死で漕ぎまくって湿原の景色を見るどころじゃなかったことがあった(汗)
その時のことを思えば楽ちん楽ちん。
やっぱ、必死で漕ぎまくるより、のんびりムードの方がいいですな。
これも時間に縛られる「ガイド付き」とかじゃなくて、マイカヌーのおかげと言えよう♪

 

せっかくなので弁天島にて、もねココ水泳。
もねさんはやはりカヌーに乗っているだけより、泳いで遊ぶ方が好きらしい♪
ココちんはカヌーで揺られている方が好きかも(^^;)
湖上の孤島なので、思わぬところから犬や人がやって来る心配がなく、安心して遊べた。

 

帰途に就く。

遠い眼をして、もの想うココちん♪

20080916-05

「あぁ、アタシは犬なのに、なんでこんなところにいるんだろう?」(^^;)

途中、観光遊覧船が接近してきて、結構な波が発生。
横波を受けると沈しそうで怖かったので、念のため、船体を波に垂直に向けてやり過ごす。
ライジャケ着けているとはいえ、沖で沈するとどうなることやら。
一度、安全なところで沈の練習しないといかんですな。

 

岸が近くなってきたので、もねココを湖面に投入! 「さあ、あとは自力で泳いで帰るんですよ」

 

(早朝から遊んだのでお昼寝~)

もね母がキャンプ場から直接行ける遊歩道みたいな小路を発見。

20080916-06

今まで行ったことがなかったので行ってみることに。

 

20080916-07

しばらく進むと分岐があり、ヤンベツ川に出た。


水がきれいで、魚がちょろちょろ見える。
こりゃあ、新兵器投入のチャンスなり!

いやぁ、思った以上にきれいに撮れた。
オショロコマミヤベイワナ)?がいっぱい! すごいね~

 

20080916-08

お魚さんを見たあと、さらに先へ


もねココもこういう自然の中の散歩はご機嫌ですなあ!

途中で結構木が倒れて道をふさいでいた。

もねもココもこれぐらいなら自力で乗り越えられる。
自動車とかが入れないようにわざと倒してあったのかも?







そうこうするうちに








緩いカーブを過ぎて、前方が開けると








あっ、シカだ!









20080916-09










「ココちゃん、シカさんですよっ!」

20080916-10

見えないふり、見えないふり~(爆)

「いいんですか、そんなことでっ!」

 

20080916-11

親子ですかね?

しばらく逃げもせず、じっとこちらを見ていた。

そうこうするうちに、後ろを歩いていたもねさんが追い付いてきてシカさんを発見。

20080916-12

「2対2、親子対決?!」

もねさんはさすが大人。
見えないふりなどはしない(^^;)

そして、シカに反応するもねを真似て、ココちんもいまさらながら「あっ、シカさんっ!」(爆)
もねがずいっと前に出たらシカさん、森の中へ逃げちゃいました。

ふぅ~。
なかなか緊張の一瞬でしたな。

北海道ではシカはよく見るが、こんな誰もいない森の中で、しかももねココ連れで至近距離で出くわすとは思わなかった。
シカさん、元気でね~

シカに遭遇した後、もねさんは野生の血が目覚めたのか、においをクンクン嗅ぎながら「あっちだっ!」「こっちだっ!」と道の両脇の森の中に入りまくる。

そして再び川沿いに出ればこの通り。
もねさん、久しぶりにバカッ走りだぁ!

なんつーか、こみあげてくる衝動を抑えきれないって感じですな。
これぞ、もねさん!
もねさんのこういうところが、ワシは好きです♪
魚の動画を取ろうとちょうどカメラを準備していたので、久しぶりに貴重な映像が撮れてうれしい\(^_^)/

 

20080916-13

川の浅瀬を下ると、然別湖への流入口付近に出た

 秋になると産卵のため、湖から川にミヤベイワナが上ってくるらしい。
さあ、お魚さんの大事なすみかを邪魔しちゃ悪いので、もうそろそろ戻りましょう。
次にいつ来れるか分からないけど、ずっとこのままの自然であってほしいなあ。

キャンプ場に戻って、風が弱まった夕方、再びカヌーで出撃。

20080916-14

今度は一人(+2匹)ずつ交替で。

もねココはカヌーの上から「なんでココ爺(もね母)は乗らないのさっ!」と、ず~っと岸の方を見ている。
慣れない湖上で、群れのメンバーが団体行動の和を乱すと不安なんですかね?(笑)

20080916-15

「なんでそんなとこにいるのさっ!」

20080916-16

「そんなにくっついたら、漕ぎにくいです」

日が暮れたので、この日も山田温泉に行ったのち、連夜のバーベキュータイムに。
風が全くない静かな夜であった。
昼間歩いた森の方から、「ホー、ホー」と低い声が時々聞こえる。
シマフクロウさんでしょうか?

静かないい夜ですねぇと、もねココの熱い視線を浴びつつバーベキューを食していると、何の前触れもなく フワ~ッ と、うちわで扇いだような風?がワシの頭の真上を通過。

「なっ、なんだ?」

次の瞬間、暗がりの中、目の前の木の幹を何かがスルスルッと登っていくのが見えた。

20080916-17

↑この木の幹を、手前から裏側へ何かがスルスルッと。いったい、なんだったんでしょうね~?

 

20080916-18-2

ワシが思うに、こんな感じだったのではないかと…

そうに違いない!
きっとそうだったに違いない(^o^)/

ワイルドな一夜が明けて、今日は苫小牧からフェリーに乗って内地に帰る日。
おっと、その前に最後の早朝カヌーだぁ。

20080917-01

朝霧の立ち込める中、時折、シカさんの「キューーーン」という甲高い声が湖面に響き渡り、いい感じ♪
もねさんも「あの声はっ?!」と色めき立つ(^^;)

こんどはキャンプ場近くの藻場みたいなところで撮影。

いそうだなあ、と思ってカメラを水中に入れたらやっぱりいっぱいいた!

然別湖に来たのは5、6回目ぐらい。
今回はまた新たな魅力を発見したなあ~と余韻に浸りつつ、

20080917-03

「さあ、フェリーに乗り遅れないように撤収しますよ!」
また来ようね~

もねさん、ラクしたいのは分かるけど・・・
手伝ってくれなくてもいいから、邪魔はしないでください。

20080917-04

涼しかった然別湖をあとにし、下界に下りると、「ゲッ、暑い。まだ夏だ」でも景色は広くて北海道らしい~

 

20080917-05

港へ行く前に毎度のノーザンホースパークへ。
もねココ連れて、乗船前の最後の散歩をしていると、馬が遠くからわらわら寄ってきた。

「なんだ、あのちっこいのは?」って感じか?(笑)

20080917-06

どんどん来る来る、わらわらわら。

20080917-07

うまづらですね(爆)

懐っこくて、つぶらな瞳がかわいい♪

 

20080917-08

そうこうするうちに時間がなくなってきたので港へ。おお、今回乗るフェリーはなんだか立派だぞ!
太平洋フェリー「きそ」

20080917-09

船の中の駐車スペースもなんだか余裕の造り。
空いてただけか?(汗)

20080917-10

デッキの端にあるペットルーム

空調完備。
去年乗った太平洋フェリーの別の船は、物置みたいなペットルームだったが、今回の「きそ」はちゃんとした常設の「部屋」だった。

20080917-11

深夜早朝以外はデッキに出られる。
ペット連れじゃない人も時々来る。
犬がいるのを見てビックリする人もいるけど、ここは犬OK。

 

20080917-12

静かな夜間航路

たまには船に乗るのもいいもんすよ。(揺れなければ)

20080918-01

ほれ、客室もきれいだし

(今回7泊8日の旅行で、ちゃんとした部屋で寝たのは往復のフェリー2泊のみ。あとは全部車中泊)部屋はカードキーだし、展望風呂にはサウナもあった。
「シアターラウンジ」で「ラウンジショー」もやっていた。(見なかったけど)
ちょっとした、というか、普通のホテル並み。
テレビ番組のロケにも何度か使われたみたい。

20080918-02

は~い、朝ですよ

もうすぐ仙台に到着。
お疲れさま。もねココちゃん、旅行、楽しかったかな?
蒸し暑くて、狭いけど、「わが家」に帰ろうね~

『2008/9/11-18北海道アジ旅行』はこれにておしまい。

あれっ、アジもしたんだっけ?(汗)

9月 232008
 

昨年に続き、北海道アジに出陣である!
今年は昨年より若干休みを長めに取った。
はるばる北海道まで行くので、アジだけではなく、ほかにもイベントを企画したのである。
ウッシッシッ!

11日夕方、大洗からフェリーに乗船、苫小牧まで約19時間の船旅だ。

もねココはペットルームへ。
相部屋は凶暴そうな?チワワと、おとなしそうなシェルティーのみ。
長時間だががんばれよ~

ジジババは相部屋では疲労が抜けない年齢になったため個室を確保(爆)
快適であ~る。
許せ、もねココ

一夜明けて昼すぎ。
はい、苫小牧に到着です(笑)
長時間お疲れ~
港近くの芝生でシッコしてンコして、まずは支笏湖へ出発!
アジを翌日に控え、ワシの企画第1弾である。

道中、もねさん、助手席で異様に楽しそうな笑顔。

着いたところはいとう温泉。支笏湖畔の露天風呂なのだ。
札幌在住時代に近くの丸駒温泉には来ていたが、いとう温泉は初めて。
「もう、温泉行っちゃったもんね~」と、ふやけて翌日のアジ会場に乗り込もうという作戦である(^^;)

そのまま湖に降りられそうな近さである。
対岸に見えるは風不死岳ですかな。
曇ってはいるが絶景である。
やはり北海道の温泉は良いなあ。

温泉に入れなかったもねココさんは代わりに支笏湖で水遊び。
水が透明できれいだ~
ココちんは明日アジだからほどほどに。
もねさんは存分に泳ぎなされ。

その後、恵庭に下りて、びっくりドンキーででかいハンバーグ食って道の駅で車中泊…

(一夜明けて)
おおっ! 朝日がきれいだ!
早起きは三文の徳と言えよう(もね母爆睡中)

朝飯食って車で数分の会場に着くと、おおっ!
きれいな芝生だ~
天気もいいし最高のコンディションですな、こりゃ。
あとは結果が伴えば言うことなし!
でもココちんの出番は午後遅く。
3度だから仕方がないとはいえ、待ち時間が長い~

暇だな~と会場をぶらついていると、おおっ!
なんとこんなところにイクラ丼が落ちているではないか!
さすが北海道のアジ大会は一味違う!
もねもココも釘付けだあ。
さっそく拾って、おいしくいただきましたよ(^o^)/
もねココにもイクラを一粒ずつおすそ分け♪

===この項、一部ウソあり。スミマセン、暇だったもので(汗)===

そうこうするうちにやっとココちんの出番が来た。

2008/9/13 AG3=失格

 

2008/9/13 JP3=タイム減点

 

(…ビール園でジンギスカン食べて、翌日へ…)

2008/9/14 AG3=タイム減点

 

2008/9/14 JP3=タイム減点

4走してクリーンランゼロであった。
最近のもね母の口ぶりから、ちょっとはうまくなったのかと思いこんでいたが、勘違いだったらしい。
いきなり温泉に行って、ふやけたせいもあったのだろうか?
ココがヒートだったことも影響したのかもしれない(と、ここでようやくココがヒート中だったことを思い出す)。

まあ、いい。
今回の旅行でアジは余興みたいなものである。(ワシにとっては)
明日からが本番だあ!

(続く)

9月 172008
 

明日あさ仙台着のフェリーで帰る予定。

大雪高原一周、然別湖カヌー、各種野生動物との遭遇など、なかなか盛りだくさんであった。面白かったね、もねココちゃん。また来たいね!

〓HTTP://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B42.38.14.733&lon=%2B141.38.07.497&geo=wgs84&x-acc=3&alt=56
9月 122008
 
200809120705000.jpg

あまり揺れてないけど、何となく気分わる〜(-_-;)

〓HTTP://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B40.17.45.984&lon=%2B141.58.04.345&geo=wgs84&x-acc=3&alt=78
9月 112008
 

今回は珍しくワシは徒歩で、もね母&もね&ココが車で乗船なり。

天気はあいにくの雨。揺れないといいなあ。

もねココはちょっと長時間になるが、ペットルームで辛抱ですぞ。

では行ってまいります。

HTTP://docomo.ne.jp/cp/map.cgi?lat=%2B36.18.31.434&lon=%2B140.34.31.620&geo=wgs84&x-acc=2&alt=72
9月 052008
 

中国は数段上回るすさまじさですなあ。

「中国の警察、死体販売で100人以上を殺した容疑者ら逮捕 | 世界のこぼれ話 | Reuters」
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-33557520080902

昔、「世界は一家、人類は皆兄弟」なんて言ってたおじさんがいたけど、価値観を共有したくても、そう簡単にはできない世界があることを痛感させられるお話であります。

ま、政権をポイポイ投げ捨てるような人々に、忍耐強く税金を投入し続ける国民も、か~なり変だとは思いますけどね。

「わたしは自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたとは違うんです」

な~んちゃってね(爆笑)

わたしはこの捨てゼリフを、ぜひ今年の流行語大賞に推挙したいっ!

(以下、昨日の続き)

ナッチャンRera、1回しか乗れなかった。惜しいなあ。


(2007/9/17 乗船前。雨の函館にて)


飛行機みたいなシートで快適であった

9月 232007
 

~ 9/13-18 JKCアジ北海道・恵庭&道南小旅行 ~

ココちん、あれよあれよという間に3度昇格(^_^;)

 北海道旅行を兼ねて参加したJKCアジ@恵庭でなんとなんと、ココちんがAG2を2走ともクリーンランし、あっという間に3度昇格を決めちゃった。
 飼い主もビックリ!! 辛口評論家の口も封じる快挙(珍事?)と言えよう。
 ココは2度でクリーンランする力は十分あるけど、ハンドラー(もね母)がよくミスるので、年内に昇格できればいいな、ぐらいに考えていた。ところが2度参加4回でクリーンラン3回達成。1度から2度に上がる時よりも速いやん。
 なんつーか、地雷が埋まっていることにも気付かずに、地雷原をひょひょひょい~とすり抜けてしまった感じですなあ。まあ、このしっぺ返しは?今後3度で十分味わうことになるでしょう(爆)

20070914-01.jpg
八戸、苫小牧を結ぶフェリー「シルバークィーン」

 13日、勤務を終えて、夕方出発。東北道を北へ。八戸のちょい手前の折爪SAで車中泊。芝生広場もあって、とってもいいSAであった。
 翌朝、八戸から苫小牧行きフェリーに乗船。予約した1等和室はケージから出さなければペット持ち込みOKだった。平日のフェリーはガラガラで風呂も貸し切り状態♪ 昼寝したり、風呂入ったりしているうちに北海道に到着~

20070914-02.jpg
ノーザンホースパーク

 約1年ぶりの北海道はやっぱり広~くて気持ちいい。
 まずは、もねココを遊ばせるためノーザンホースパークへ向かう。途中、ウトナイ湖も遊ぶのに良さそうだったが犬不可。ラムサール条約に登録しているから、犬を野放しにはできないのだろう。ということで予定通りノーザンホースパークへ。
 ちょっと遊ばせるだけで有料なのは嫌だなと思っていたら、ゲートは無人♪ ちゃんと払おうと思っていたんすよ。でも係の人がいなかった。まあ平日の夕方に来る人なんて少なそうだからね。いいんでしょう、たぶん。
 ぴゃ~っと遊んでガス抜きして、翌日に備え、早めに道の駅「花ロードえにわ」にて車中泊。

15日 AG2

 アジ1日目の15日は雨。濡れた芝が滑りやすそうだったけど、涼しくてコンディションは良好だった。
 ドッグウオークを降りたところでコースを間違えそうになったけど大きなミスはなくクリーンラン。もね母は当初、「標準タイムを1秒オーバーした」と言っていたが、あとで「1秒差でセーフ」と判明し、ホッと一安心。

JP2

 続いてJP2もまさかのクリーンラン。
 練習の時よりもスピードがなく、タイム的に入賞はできなかったが、初日から上出来であった♪
 でも、最後のフロントスイッチの連続が、ココを引っ張るというより、むしろココを止めているかのようなぎこちなさ。もっとスムーズにできるはずである。ワシ的には大いに不満である(^_^;)

20070915-01.jpg
AG2で3席入賞
がんばりまちた!
これで3度昇格に王手
16日は雨も上がってまずますの天気。
20070915-02.jpg
会場のドグスポランド恵庭
ふかふかの芝生
常設の巨大ビニールハウスあり
雨でも安心♪
16日 AG2

 なんとまたまたクリーンラン。3度昇格が決まってしまった(汗)
 ちょっと太り気味だった上、ヒート中だったのでスピードが普段にも増してなかったことが幸いしたか?
 また、ヒートのため、順番が最後になり、他ペアの走りを参考にできたこともラッキーだったかもしれない。

16日 JP2

 このコースは標準タイムの設定が厳しかった。クリーンラン率ゼロ。標準タイム内のペアはミスをし、ノーミスのペアはタイムオーバーしていた。
 ココ&もね母ペアはミスとタイムオーバー両方(爆)
 ほんとはもっと速く走れるのにねえ。ディスクのときは「ココちゃん、速~い!」とか言われるのにねえ・・・
 とりあえず堅実にこなして3度まで上がれたのだから、ここから先はリスクを冒してもスピードを求めてほしいとワシは希望します。

20070916-01.jpg
2日目もAG2で2席入賞♪
なんと3度昇格が決まってしまった
こんなにあっさり上がっていいのだろうか・・・
入賞できるのもこれが最後かも(^_^;)
20070917-03.jpg
北限のブナ林を散策

 せっかく北海道まで来たので、1日だけ休みを追加。函館まで南下しながら寄り道することにした。
 まずは黒松内のブナ林散策。
 「ドングリから木を育てよう」キャンペーン?を勝手に実施中のワシとしては、ドングリゴロゴロを期待していたのだが、まだ時期が早かったのか、あまり落ちていなかった。残念。
 もねココはいつもどおり自然の中だとホントによく歩く。鼻を一生懸命上に向けてクンクンし、街のにおいとは違う森林の香りを堪能しておりました。

20070917-02.jpg
ブナ林の川で水遊び(^^;)

 小川の近くに来ると、もねさんスイッチオン!
 ぴゅ~っと大爆走し、時々止まってエヘッと笑い、また大爆走。水の中にまで走り込んで、それはそれは楽しそうでございました。もねさん、北海道まで来たのに、ほとんど遊べていなかったからね~。ちょいとストレス溜まっていたかも(^_^;)

 この後、天候が悪化し本降りに。早めに遊んでおいて正解。

20070917-04.jpg
ハーベスター八雲は雨

 芝生広場で爆走させるはずだったが断念し、もねココは車待機で人間だけ昼食。フライドチキンなんてどこで食べても同じような気がするが、ここで食うとなぜかうまい気がする♪

20070917-05.jpg
大沼。後ろの駒ケ岳は雲の中

 ちょっと小雨になったので北海道最後のお散歩。
 雨なので観光客は少なく、聞こえてくるのは中国語ばかりなり。
 最近、団体がバスツアーで回るような観光地って、中国人、韓国人らしき人々がホントに多い。日本人より多い気がするなあ。

20070917-06.jpg
新型高速フェリー「ナッチャンRera」

 函館―青森で乗ったのは、9月に就航したばかりの新型高速フェリー。在来フェリーで4時間ぐらいかかっていたのが、2時間ぐらいに短縮されたのである。
 港に着くと、高速道路の料金所みたいのを通って、乗船待ちの駐車場所へ。悪天候のため時間が遅れたが、乗船は、ガバッと大きく開いた船体後部から立体駐車場に入るみたいな感じで船内に入る。なんだか鹿児島の錦江湾フェリーを大規模にしたような感じだった。

20070918-01.jpg
北東北は豪雨被害がひどかった

 北海道に行っていた間に北東北はすごい雨になっていて、東北道は各所で通行止め。SAで車中泊して翌朝になってもまだ通行止め。
 でも、まだまだ家まで先は長く、いつまでも待っていられないので、見切り出発。ダメだったら途中で高速を降りるつもりだったが、なんと直前で通行止めが解除に♪ 今回の遠征を象徴するかのようなラッキーさであった。
 ただ風はまだ強く、横揺れしながら走る高速脇の川も増水してすごい状態。これじゃあ通行止めもしょうがなかったと実感した。

20070918-02.jpg
最後は恒例ソフトクリーム♪

 北東北はひどい状況だったが、福島あたりまで来るとなんともなくなり、気温も上昇。あち~ぃ。
 北海道では朝晩は寒いぐらいだったのに、こっちはいまだに冷房が必要。しかたないので、那須SAで、もねココにソフトクリームをなめさせた。
 良かったね、もねちゃん、ココちゃん(笑)

(おしまい)

8月 192006
 

やっほ~!
2年ぶりに北海道に行ってきました。
一時はダメかと思ったけど、何とか行けました。
ちょっと暑かったけど、もねココもいっぱい遊べて良かったぁ!

【8/3】

自宅

北陸自動車道
黒崎PA

 仕事上の不愉快なごちゃごちゃのため帰宅が遅くなったが、午後10時過ぎ自宅を出発。関越道にて新潟へ向かう。北陸道に入り、黒崎PAにて車中泊。
【8/4】


新潟

(フェリー)


 新潟港からフェリーに乗船。午前10時半出航。フェリーに乗るのは鹿児島から戻ってきたとき以来で久しぶり。
 今回は予約するのが遅くて安い部屋が取れなかったため、なんと豪華特等A。テラス付き個室なのであった!
 18時間の長旅になるので、もねココはシッコしてうんちしていざ乗船。

新日本海フェリー「ゆうかり」


 車で乗船できるのは運転手1人だけなので、もねココはもね母と歩いて乗船。受付からドア1枚隔てたところにあるペットルームへ。1部屋8犬のペットルームが3室あった。ほぼ満員だった模様。受付でカギをもらう必要があるが飼い主の出入りは自由(夜中は除く?)。もねココは結局、下船するまでトイレしないで我慢していた。

「ゆうかり」のペットルーム


 カモメと遊ぶにはカッパえびせんが欠かせない。我が家は柿の種しかなかったので苦戦(笑)
 出航したあとは、船内探検して、風呂に入って、メシ食って、寝て・・・の繰り返し。ちょいと高かったが、個室なので非常に楽ちんであった。

新潟のカモメ
【8/5】


(フェリー)

小樽

千歳

日高

野塚峠

さらべつ
カントリーパーク


 午前4時半、小樽に到着。早朝なので人はまばら。
 もねココは元気で問題なし。ワシともね母は早くもケンカしていつも通りで問題なし(爆)
 いよいよ北海道に着いたぞ~

小樽運河


 札幌まで下道を走り、道央自動車道で千歳へ。ノーザンホースパークへ向かう。
 まだ開園していなかったが、第2駐車場近くで遊ぶ。何度も来ているので、第2駐車場の近くにきれいな芝生広場があることを知っているのだ。
 天気もいいし、芝生もきれい。やっぱり北海道は最高だなあ!

ノーザンホースパーク・第2駐車場脇


 ココもニコニコ。

ノーザンホースパーク・第2駐車場脇


 北海道といえば馬でしょう、ということでサラブレッド銀座に寄り道。

新冠・サラブレッド銀座駐車公園


 今春生まれたらしい仔馬がいっぱいいた~。
 「がんばれよ~、しっかり走るんだよ~」

お馬の親子


 気温上昇。北海道なのにかなり暑い。早くも静内川でクールダウン。

静内川


 野塚トンネルを通って十勝へ。大樹で買い物して、さらべつカントリーパークに到着。設営してナウマン温泉に行って、それからバーベキュー。昼間は暑かったけど、夕方になったら涼しい。
(この頃からブヨとの闘い始まる)

十勝の夕焼け
【8/6】


然別湖

糠平湖
タウシュベツ橋梁

屈足湖

さらべつ
カントリーパーク


 快晴。
 南十勝はあまりメジャーな観光地はないけど、ひろくてのびのびして、観光客が少なくて、我が家のお気に入りエリア。

さらべつカントリーパークから見た日高山脈


麦畑とコーギー

じゃがいも畑とコーギー





 高速道路がなぜか一部無料。途中までしかできていないためらしい。でも、無料なのに空いている。空いているのに所要時間は下道と大して変わらない(笑)

無料高速道路


 夏なのに観光客が全然いないなあ、と思っていたら、然別湖には大勢いた。ホテルとか観光施設のあるところには行くらしい。せっかく北海道にきているんだから、もっと人のいないところに行けばいいのにねえ。
 そんな中、もねココは観光客を無視して水へ突進(^_^;)

然別湖

 然別湖の次は糠平湖。
 タウシュベツ川橋梁は以前から見たいと思っていたが、水位が上がる夏はあまり見えないとの事前情報。でも、こっちに来たらすごい暑さで雨もあまり降っていない模様。水位が下がっているかも、とイチかバチか行ってみた。そしたら結構下の方まで見えた!
 ちなみにタウシュベツ川橋梁は旧国鉄士幌線のアーチ橋の一つ。

タウシュベツ川橋梁

屈足湖


 十勝川をせき止めた屈足湖で犬連れカヌー。TOM十勝アウトドアメイツが犬連れカヌー可だった。
 夕暮れの湖に静かにこぎ出し流入部に向かうと、船上のもねココが突然、対岸を凝視して吠え始めた。そこには数匹のエゾシカが水を飲みに来ていた。「あっ!」と声を上げたらあっという間に逃げちゃって残念。
 その後、もねココは湖の真ん中に放り込まれて水泳。カヌーが先に行ってしまいそうになると、さすがのもねココも慌てて必死の形相で追いかけてきた(笑)

【8/7】


帯広

中札内農村休暇村
フェーリエンドルフ


 今日も快晴。
 ディスクのはるか前方を突進するもねさん(笑)

キャンプ場の横の芝生広場


 ほかに誰もいないからもねココ連れでプレーできたのだが、もねさんは「コツン」というボールを打つ音が苦手。打つたびに遠くに逃げていく。逆にココは足下にまとわりついて邪魔(笑)。親子なのになんでこうも違うかねえ。
 あまりの暑さでもねココが危険なため、残り数ホールを残し中止。決着は付かず。

パークゴルフ対決


 前日さんざん泳がせて移動距離も長かったので、この日はあまり動かず休息日に。
 帯広駅前の昼過ぎの気温は33度。北海道といえども内陸は暑くなる。分かっちゃいるけど、やっぱり暑い。
 この日の宿、中札内のフェーリエンドルフに行く途中、何となく幸福駅へ。この近くにはさんざん来たことがあるけど、幸福駅には今まで全く来たことがなかった。たまにはベタな観光地もいいかも。特に何もなかったけど(汗)

幸せ感を演出@幸福駅
【8/8】


狩勝峠

麓合の森

ファーム冨田

望岳台

白銀荘前
キャンプ場


 存在は十数年前から知っていたが、泊まったことがなかったフェーリエンドルフ。人の気配がなく、ホントにやっているのかなあと思っていたが、せっかくなので泊まってみた(笑)。泊まってみたら中身は普通の貸コテージで、ほかのコテージにも結構泊まっている人がいた。買い取って夏だけ住みにくる本州の人とかもいるらしい。

フェーリエンドルフの貸しコテージ


黄芥子(キカラシ)畑


 十勝から空知へ移動する途中、狩勝峠を通過。ここからの十勝平野の眺めはなかなかよろしい。次は冬に来たいなあ。

狩勝峠

ファーム冨田


 「北の国から」は全く見ていないのが自慢?のワシであるが、なぜか麓合の森とやらに行ってみた。でも異常な暑さですぐに退散。写真もなし。
 次に向かったのはファーム富田。ラベンダーの時期は混んでいるのであまり来たことがないが、まだ咲いているというので行ってみた。もねココと中に入ると韓国、中国の団体だらけ。しばらく歩いてラベンダーソフトクリームを食べて外に出るとき「施設内ペット不可」の看板発見。でも中では何も言われなかった(汗)

 下界の暑さを避け、十勝岳中腹の望岳台へ。札幌在住中、なぜかここにも行ったことがなかったのである。
 予想してはいたが最高の眺めだった。手軽に車やバスで行けるところとしては立山室堂からの眺めに匹敵するな。ワシの乏しい経験の中では。

十勝岳・望岳台
【8/9】


美瑛

旭川

札幌

中山峠

ニセコ
サヒナキャンプ場


 標高1000メートル。さすがに涼しく快適。虫が少ない、温泉最高、トイレもきれいとほぼ文句なし。下界に下りるのが惜しいぐらいだった。

白銀荘前キャンプ場


 この日はニセコまで移動する日。十勝岳から下りて、美瑛で記念撮影。ここもかなり暑かったが景色は相変わらずいい。

ヒマワリ畑とコーギー


 その後は旭川から道央道に乗り札幌へ。ブヨに刺された足首の腫れがあまりにひどいので皮膚科に寄って、中山峠越えでニセコに向かった。
 ほぼ移動だけの日になってしまったが、ものすごい暑さだったので、エアコンの効いた車内で、もねココにはかえって良かったかも。

大豆?畑とコーギー
【8/10】


尻別川

グラン・ヒラフ

ホテル
リゾートインニセコ


 朝の散歩でキャンプ場近くのアスパラ畑へ。いつものアスファルトの上の散歩と違って、北海道に来てからもねココともよく歩く♪

アスパラトンネル♪


 昨夜の宿はニセコのサヒナキャンプ場。予約なしで飛び込んだため、オートサイトは空いていなかったが、車中泊でいいと言うと共用スペースの草地の隣に停めさせてくれた。整備しすぎてはいないが、管理が行き届いた、いいキャンプ場だった。

サヒナキャンプ場


 キャンプ場の犬飼いお兄さんに教えてもらって、尻別川の水遊びできるポイントへ。
 何カ所か教えてもらったが、いずれもラフティングの上陸ポイントでもあった。もねココが遊んでいると、ラフティングのゴムボートやカヌーが次々に通過。聞いてはいたがニセコのラフティング人気はすごかった。

尻別川


 泳いだあとは、再び暑さを逃れて山の上へ。羊蹄山は雲がかかって余りよく見えなかったが、標高が高いところはやっぱり涼しいと実感。

グラン・ヒラフのゴンドラ


雲の晴れ間に見えた羊蹄山(蝦夷富士)


もねさん、なにしてんの?(笑)
【8/11】


神仙沼

泊村
堀株海水浴場

神威岬

ホテル
リゾートインニセコ


 まずはパノラマラインを通って神仙沼へ。

神仙沼近くの花畑


 駐車場から木道をしばらく歩くと草地が広がり、池塘のような地形が。その先に広がる神仙沼。ちょっと尾瀬に似た景色だった。

神仙沼


 神仙沼の駐車場の反対側にある展望台から海が見えた。「おっ、あそこで泳げば4つの海を制覇だ!」と思い出し、急遽海へ向かう(^_^;)
 着いた先は堀株海水浴場。砂浜がアチチなので抱っこして水辺へ。あとはいつものように「なにか投げれ!」のエンドレス攻撃。
 太平洋(東京、伊豆など)、オホーツク海(知床)、東シナ海(鹿児島、与論島など)に続き、最期に残った日本海で泳ぎ、ついに4つの海を制覇したのであった\(^o^)/

泊村・堀株海水浴場


 ここまで来ちゃったら積丹半島を回るか、ということになり、神威岬を目指す。駐車場から結構遠いけど、断崖上の遊歩道を歩いて先端まで行ってきた。

神威岬、女犬はOK?


 写真ではよく分からないけど、遊歩道のすぐ横は高さ数十メートルはある結構すごい断崖。ココは怖くてカメラの方向をちゃんと向けなかった(笑)。
 もねは立ち入り禁止の柵の下をくぐって崖の端まで行き、海をのぞき込んで「泳ぐっ♪」と飛び込みそうな勢いだった(汗)

神威岬の先端


 いっぱい歩いたあとは恒例のソフトクリーム。これさえもらえるなら自主フセでもなんでもしちゃう。でも口からは粘度の低い水のようなヨダレがタラーリ・・・

よだれ犬
【8/12】


洞爺湖

倶多楽湖

支笏湖

苫小牧

(フェリー)


 最後に2泊したのはホテル・リゾートインニセコ。目の前が広大な牧草地で、風呂から見える羊蹄山が絶景(のはず=曇っていて下の方しか見えなかった)。教えてもらった寿司屋の「花吉」も質量ともに満足。

ホテル・リゾートインニセコ近くの牧草地


 さて、北海道もいよいよ最終日。今夜、苫小牧からフェリーに乗るのだが、それまでどうするか、ということで、洞爺、倶多楽、支笏の3湖を制覇することに決定。真狩で水を汲んで、留寿都を通って、まずは洞爺湖へ。

洞爺湖


 次はオロフレ峠を越えて倶多楽湖へ。途中、雨が降りだし、やっと着いたと思ったら、湖畔に出られるポイントにあるレストハウスには「敷地内ペット不可」の看板が(怒)。一瞬、3湖制覇断念かと諦めかけたが、敷地外の駐車場側を探すと水辺に下りられる場所があったので、そこからしぶとく水辺へ。2湖目制覇!

倶多楽湖


 最後はかなり遠回りして意地で支笏湖へ。ここは3年前の夏、骨折休養明けに鹿児島から札幌に大遠征して優勝し、そのあとに立ち寄って泳いだ想い出の地なのである。3湖達成、バンザ~イ(笑)
 

支笏湖


 濡れた体を芝生広場で乾かしてから苫小牧港へ。久しぶりの支笏湖畔はずいぶんきれいに整備されていてびっくり。
 さよなら、北海道。またねん!

支笏湖畔

太平洋フェリー「いしかり」のペットルーム


 出港2時間前に苫小牧港に到着すると既にかなりの混雑。急いで手続きをして乗船する。今度のペットルームは船内ではなくデッキ上の物置のような建物。一見、なんじゃこりゃという感じだが、夜中を除いて出入り自由でエアコンも完備。特に問題はなかった。
 ただ、備え付けのケージが6個しかなく、受付の早いもの順。若干遅かったので、すでに5個が埋まっていた。車に残すという手もあるが、車載スペースは空調がない。冬ならばいいが、夏なので暑くなるかもしれない。結局、もねはペットルームの備え付けケージに入れ、ココは持ち込みケージをペットルームの空きスペースに置かせてもらうことにした。
 乗っているのはチワワやシーズーなどの小型犬がほとんど。大型犬だとフェリーの旅もなかなか苦労しそうだなあと感じた。


 デッキ上ペットルームの利点を活かし、出港時にもねココと一緒に北海道に別れを告げる。長いようであっという間だったなあ。また来れるといいなあ。今度はほかの季節にもねココと来てみたいなあ。

ペットルーム前のデッキ
【8/13】


(フェリー)

仙台

自宅

 休み最終日。午前9持20分ごろ仙台港到着。下船にずいぶん時間がかかった。
 下船後、目の前の公園でしっこしてうんちして、ディスクでちょっと遊んで、東京へ出発。東北道の下りは大渋滞だったが、上りは交通量は多いものの流れはスムーズ。渋滞に引っ掛かることもなく、無事帰宅できましたとさ。