2008/9/11-18北海道アジ旅行(3)「然別湖編」(完)

大雪高原沼めぐりを終え、北海道旅行もいよいよ後半である。

20080915-29
日本離れした雄大な景色の中を一路、然別湖(しかりべつこ)へ!

然別湖に到着したのは午後3時すぎ。

20080915-30
大雪高原で車中留守番が長かったもねココを早速、湖水に漬け込み~
もねさんは、「水、水っ♪」と湖畔へ勝手に一直線(^o^;)
もねさんにはかなわないけど、ココちんも結構意欲的に泳ぐようになりましたね♪

 

泳いだ後は湖畔の草地で、ココちん、思う存分スリスリを満喫。

あっ、もねさんまで(汗)

なんか臭いものでも擦り付けていると嫌だが、特に付けてなさそう。
まあ、付けちゃったとしても、また水に漬けこめば落ちる。
何だか楽しそうなので、好きにさせときましょう。

 

20080915-31
近くの山田温泉に入って、帰ってきてバーベキュー

キャンプ場のおねえさんによると、前日は80人も泊っていたそうだが、この日はガラガラでせいぜい10人ぐらい。
犬嫌いの人もいなさそうで、気が楽だ~
もねココも野放しで楽しそう♪
やっぱり、人が少ないのはいい。
これが東京周辺だったらたぶん芋洗い状態。
というか、こんな自然はとっくになくなっちゃっているだろう。


(一夜明けて)

20080916-01
早朝の然別湖

小雨だが、波はなく、風も弱い。

よしっ、OKだ!この日のために用意したインフレータブルカヌーの進水式だ!

20080916-02
前々から「もねココ乗せて遊べたらなあ」と、ず~っと欲しかったのだ。
値段が結構高くて手が出せなかったのだが、ある日、63%OFF!で売っているのを発見。
今回の旅行を前に、もね母が「然別湖でカヌーをしたい」とぼそっと言ったのを聞き逃さず、すかさずポチっとしたのである(^^;)

足踏みポンプで膨らますこと数分間。
水辺に浮かべ、もねココを乗っけて一緒に乗り込むと、おお、浮いた浮いた!
結構しっかりしているし、安定してるやん♪

水の上は静かで気持ちいい~♪
鳥の声とかがよく聞こえる。

20080916-03

もねココはしばらくごそごそ動いたり、くっついてきたりして、漕ぎにくかったが、時間がたつと慣れてきたのか、縁にあごを載せてボーっと景色を見たり、だいぶ落ち着いてきた。
カヌーとかラフティングとかは何度かやったことがあったので、まあ大丈夫だろうとは思っていたが、思った以上にしっかりと安定していたので、岸沿いにしばらく進んだのち、そのまま1.5キロほど先の弁天島へ。

 

上陸!

20080916-04
両手にもねココ(^^;)
のんびり漕いで30分ぐらいかかったかな。

以前、台風翌日にガイド付きカヌーで釧路川下りをしたとき、南からの強い逆風のため川下りなのに全然前に進めず、2、3時間必死で漕ぎまくって湿原の景色を見るどころじゃなかったことがあった(汗)
その時のことを思えば楽ちん楽ちん。
やっぱ、必死で漕ぎまくるより、のんびりムードの方がいいですな。
これも時間に縛られる「ガイド付き」とかじゃなくて、マイカヌーのおかげと言えよう♪

 

せっかくなので弁天島にて、もねココ水泳。
もねさんはやはりカヌーに乗っているだけより、泳いで遊ぶ方が好きらしい♪
ココちんはカヌーで揺られている方が好きかも(^^;)
湖上の孤島なので、思わぬところから犬や人がやって来る心配がなく、安心して遊べた。

 

帰途に就く。

遠い眼をして、もの想うココちん♪

20080916-05
「あぁ、アタシは犬なのに、なんでこんなところにいるんだろう?」(^^;)
途中、観光遊覧船が接近してきて、結構な波が発生。
横波を受けると沈しそうで怖かったので、念のため、船体を波に垂直に向けてやり過ごす。
ライジャケ着けているとはいえ、沖で沈するとどうなることやら。
一度、安全なところで沈の練習しないといかんですな。

 

岸が近くなってきたので、もねココを湖面に投入! 「さあ、あとは自力で泳いで帰るんですよ」

 

(早朝から遊んだのでお昼寝~)

もね母がキャンプ場から直接行ける遊歩道みたいな小路を発見。

20080916-06

今まで行ったことがなかったので行ってみることに。

 

20080916-07
しばらく進むと分岐があり、ヤンベツ川に出た。

水がきれいで、魚がちょろちょろ見える。
こりゃあ、新兵器投入のチャンスなり!

いやぁ、思った以上にきれいに撮れた。
オショロコマミヤベイワナ)?がいっぱい! すごいね~

 

20080916-08
お魚さんを見たあと、さらに先へ

もねココもこういう自然の中の散歩はご機嫌ですなあ!

途中で結構木が倒れて道をふさいでいた。

もねもココもこれぐらいなら自力で乗り越えられる。
自動車とかが入れないようにわざと倒してあったのかも?







そうこうするうちに








緩いカーブを過ぎて、前方が開けると








あっ、シカだ!









20080916-09










「ココちゃん、シカさんですよっ!」

20080916-10
見えないふり、見えないふり~(爆)
「いいんですか、そんなことでっ!」

 

20080916-11
親子ですかね?
しばらく逃げもせず、じっとこちらを見ていた。

そうこうするうちに、後ろを歩いていたもねさんが追い付いてきてシカさんを発見。

20080916-12
「2対2、親子対決?!」
もねさんはさすが大人。
見えないふりなどはしない(^^;)

そして、シカに反応するもねを真似て、ココちんもいまさらながら「あっ、シカさんっ!」(爆)
もねがずいっと前に出たらシカさん、森の中へ逃げちゃいました。

ふぅ~。
なかなか緊張の一瞬でしたな。

北海道ではシカはよく見るが、こんな誰もいない森の中で、しかももねココ連れで至近距離で出くわすとは思わなかった。
シカさん、元気でね~

シカに遭遇した後、もねさんは野生の血が目覚めたのか、においをクンクン嗅ぎながら「あっちだっ!」「こっちだっ!」と道の両脇の森の中に入りまくる。

そして再び川沿いに出ればこの通り。
もねさん、久しぶりにバカッ走りだぁ!

なんつーか、こみあげてくる衝動を抑えきれないって感じですな。
これぞ、もねさん!
もねさんのこういうところが、ワシは好きです♪
魚の動画を取ろうとちょうどカメラを準備していたので、久しぶりに貴重な映像が撮れてうれしい\(^_^)/

 

20080916-13
川の浅瀬を下ると、然別湖への流入口付近に出た
 秋になると産卵のため、湖から川にミヤベイワナが上ってくるらしい。
さあ、お魚さんの大事なすみかを邪魔しちゃ悪いので、もうそろそろ戻りましょう。
次にいつ来れるか分からないけど、ずっとこのままの自然であってほしいなあ。

キャンプ場に戻って、風が弱まった夕方、再びカヌーで出撃。

20080916-14

今度は一人(+2匹)ずつ交替で。

もねココはカヌーの上から「なんでココ爺(もね母)は乗らないのさっ!」と、ず~っと岸の方を見ている。
慣れない湖上で、群れのメンバーが団体行動の和を乱すと不安なんですかね?(笑)

20080916-15
「なんでそんなとこにいるのさっ!」

20080916-16
「そんなにくっついたら、漕ぎにくいです」
日が暮れたので、この日も山田温泉に行ったのち、連夜のバーベキュータイムに。
風が全くない静かな夜であった。
昼間歩いた森の方から、「ホー、ホー」と低い声が時々聞こえる。
シマフクロウさんでしょうか?

静かないい夜ですねぇと、もねココの熱い視線を浴びつつバーベキューを食していると、何の前触れもなく フワ~ッ と、うちわで扇いだような風?がワシの頭の真上を通過。

「なっ、なんだ?」

次の瞬間、暗がりの中、目の前の木の幹を何かがスルスルッと登っていくのが見えた。

20080916-17

↑この木の幹を、手前から裏側へ何かがスルスルッと。いったい、なんだったんでしょうね~?

 

20080916-18-2
ワシが思うに、こんな感じだったのではないかと…
そうに違いない!
きっとそうだったに違いない(^o^)/

ワイルドな一夜が明けて、今日は苫小牧からフェリーに乗って内地に帰る日。
おっと、その前に最後の早朝カヌーだぁ。

20080917-01

朝霧の立ち込める中、時折、シカさんの「キューーーン」という甲高い声が湖面に響き渡り、いい感じ♪
もねさんも「あの声はっ?!」と色めき立つ(^^;)

こんどはキャンプ場近くの藻場みたいなところで撮影。

いそうだなあ、と思ってカメラを水中に入れたらやっぱりいっぱいいた!

然別湖に来たのは5、6回目ぐらい。
今回はまた新たな魅力を発見したなあ~と余韻に浸りつつ、

20080917-03

「さあ、フェリーに乗り遅れないように撤収しますよ!」
また来ようね~

もねさん、ラクしたいのは分かるけど・・・
手伝ってくれなくてもいいから、邪魔はしないでください。

20080917-04

涼しかった然別湖をあとにし、下界に下りると、「ゲッ、暑い。まだ夏だ」でも景色は広くて北海道らしい~

 

20080917-05

港へ行く前に毎度のノーザンホースパークへ。
もねココ連れて、乗船前の最後の散歩をしていると、馬が遠くからわらわら寄ってきた。

「なんだ、あのちっこいのは?」って感じか?(笑)

20080917-06

どんどん来る来る、わらわらわら。

20080917-07
うまづらですね(爆)
懐っこくて、つぶらな瞳がかわいい♪

 

20080917-08

そうこうするうちに時間がなくなってきたので港へ。おお、今回乗るフェリーはなんだか立派だぞ!
太平洋フェリー「きそ」

20080917-09

船の中の駐車スペースもなんだか余裕の造り。
空いてただけか?(汗)

20080917-10
デッキの端にあるペットルーム
空調完備。
去年乗った太平洋フェリーの別の船は、物置みたいなペットルームだったが、今回の「きそ」はちゃんとした常設の「部屋」だった。

20080917-11

深夜早朝以外はデッキに出られる。
ペット連れじゃない人も時々来る。
犬がいるのを見てビックリする人もいるけど、ここは犬OK。

 

20080917-12
静かな夜間航路
たまには船に乗るのもいいもんすよ。(揺れなければ)

20080918-01
ほれ、客室もきれいだし
(今回7泊8日の旅行で、ちゃんとした部屋で寝たのは往復のフェリー2泊のみ。あとは全部車中泊)部屋はカードキーだし、展望風呂にはサウナもあった。
「シアターラウンジ」で「ラウンジショー」もやっていた。(見なかったけど)
ちょっとした、というか、普通のホテル並み。
テレビ番組のロケにも何度か使われたみたい。

20080918-02
は~い、朝ですよ
もうすぐ仙台に到着。
お疲れさま。もねココちゃん、旅行、楽しかったかな?
蒸し暑くて、狭いけど、「わが家」に帰ろうね~

『2008/9/11-18北海道アジ旅行』はこれにておしまい。

あれっ、アジもしたんだっけ?(汗)

2008/9/11-18北海道アジ旅行(1)「アジ編」

昨年に続き、北海道アジに出陣である!
今年は昨年より若干休みを長めに取った。
はるばる北海道まで行くので、アジだけではなく、ほかにもイベントを企画したのである。
ウッシッシッ!

11日夕方、大洗からフェリーに乗船、苫小牧まで約19時間の船旅だ。

もねココはペットルームへ。
相部屋は凶暴そうな?チワワと、おとなしそうなシェルティーのみ。
長時間だががんばれよ~

ジジババは相部屋では疲労が抜けない年齢になったため個室を確保(爆)
快適であ~る。
許せ、もねココ

一夜明けて昼すぎ。
はい、苫小牧に到着です(笑)
長時間お疲れ~
港近くの芝生でシッコしてンコして、まずは支笏湖へ出発!
アジを翌日に控え、ワシの企画第1弾である。

道中、もねさん、助手席で異様に楽しそうな笑顔。

着いたところはいとう温泉。支笏湖畔の露天風呂なのだ。
札幌在住時代に近くの丸駒温泉には来ていたが、いとう温泉は初めて。
「もう、温泉行っちゃったもんね~」と、ふやけて翌日のアジ会場に乗り込もうという作戦である(^^;)

そのまま湖に降りられそうな近さである。
対岸に見えるは風不死岳ですかな。
曇ってはいるが絶景である。
やはり北海道の温泉は良いなあ。

温泉に入れなかったもねココさんは代わりに支笏湖で水遊び。
水が透明できれいだ~
ココちんは明日アジだからほどほどに。
もねさんは存分に泳ぎなされ。

その後、恵庭に下りて、びっくりドンキーででかいハンバーグ食って道の駅で車中泊…

(一夜明けて)
おおっ! 朝日がきれいだ!
早起きは三文の徳と言えよう(もね母爆睡中)

朝飯食って車で数分の会場に着くと、おおっ!
きれいな芝生だ~
天気もいいし最高のコンディションですな、こりゃ。
あとは結果が伴えば言うことなし!
でもココちんの出番は午後遅く。
3度だから仕方がないとはいえ、待ち時間が長い~

暇だな~と会場をぶらついていると、おおっ!
なんとこんなところにイクラ丼が落ちているではないか!
さすが北海道のアジ大会は一味違う!
もねもココも釘付けだあ。
さっそく拾って、おいしくいただきましたよ(^o^)/
もねココにもイクラを一粒ずつおすそ分け♪

===この項、一部ウソあり。スミマセン、暇だったもので(汗)===

そうこうするうちにやっとココちんの出番が来た。

2008/9/13 AG3=失格

 

2008/9/13 JP3=タイム減点

 

(…ビール園でジンギスカン食べて、翌日へ…)

2008/9/14 AG3=タイム減点

 

2008/9/14 JP3=タイム減点

4走してクリーンランゼロであった。
最近のもね母の口ぶりから、ちょっとはうまくなったのかと思いこんでいたが、勘違いだったらしい。
いきなり温泉に行って、ふやけたせいもあったのだろうか?
ココがヒートだったことも影響したのかもしれない(と、ここでようやくココがヒート中だったことを思い出す)。

まあ、いい。
今回の旅行でアジは余興みたいなものである。(ワシにとっては)
明日からが本番だあ!

(続く)