履歴書:ココ

 履歴書  履歴書:ココ はコメントを受け付けていません。
11月 232009
 
犬種 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク Coco_hyoushi.jpg
性別 メス
毛色 レッド・アンド・ホワイト
HOROKO CARALON EASY DICKENS
MONICA OF T.IMPORTADO JP
誕生日 2001/7/13
y/m/d 経歴
2001/7/13 東京・杉並区のもね家で生まれる
2002/2/24 ドッグショーに初参加。
コーギーのメスのパピークラスで1席獲得
2002/5/28 鹿児島市へ移住
2003/1/19 JFA小型犬大会、初参加で3位入賞
2003/11/1 JFAジャパンファイナルに
ユースオープン鹿児島代表(2位)として参加
2004/4/29 東京・杉並区へ帰還
2005/4/30 JKC家庭犬訓練初等科(CDI)合格
2005/11/27 JKC家庭犬訓練試験中等科(CDII)合格
2006/11/4 JFAジャパンファイナル・スモールドッグチャンピオンシップにノミネート
2007/3/25 OPDESチームテストレベル1合格
2007/6/16 JKCアジリティ2度昇格
2007/9/16 JKCアジリティ3度昇格
2007/9/29 JKCアジリティチャンピオン完成
2007/11/26 OPDESアジリティAG2で初優勝
2007/12/15 OPDESチームテストレベル2合格1度目
2008/11/9 OPDESチームテストレベル2合格2度目、永久資格に
2009/11/21 JKCグランドアジリティチャンピオン完成
2014/3/17 永眠
好き フリスビー、ナマ足なめ、靴下引っ張り
嫌い シャンプー、足拭き
11月 262007
 

2007/11/25 OPDESアジリティー競技会@秋ケ瀬

20071125-1.jpg

ココちんといえばお子ちゃま、お子ちゃまといえばココちんというあのココちんが、ついに、ついに、ついに優勝しましたっ!

AG2 ココ&もね母 1席!!!

20071125-3.jpg
20071125-2.jpg

    ちなみにJP2も2席♪

ディスクでJFAのジャパンファイナルに出たことがある、アジリティもJKCの3度・・・とだけ聞けば運動能力の優れた、すごいアスリートドッグのようである。
でもココちんは違うんですね~、見た目も愛玩犬だし(^_^;)
いままでいっぱいいろんなことに挑戦したけど、1位というものには未だかつて1度もなったことがなかった。ドッグショーの雌のコーギーのパピークラス(参加1頭)を除いて(笑)

ワシの記録によれば、ココちんがこれまでに参加したディスクやアジリティ、ドッグショーなど、順位の付く試合の数は
【ドッグショー】
JKC 2
【ディスク】
JFA 119
SHJ 8
ワンダフルワン 2
朝霧FDG 1
【アジリティ】
ENJOY SPORTS with DOGS 2
FJ杯 6
JKC 34
OPDES 7
アジコン 7
ルモンド杯 14
草アジ、初アジ 18



記録が残っているだけで計220試合である。

これだけ参加して、1位になったことが今まで1度もなかったのである。

種目によって大幅に違うが、1試合の参加チーム数を仮に20とすると、単純計算で1位になる確率は20分の1。
220試合もしていれば10回ぐらいは1位になっていてもおかしくないはずである。

ココちんがどれぐらいすごいかというと、1位になれないのが220回続く確率は、
(19/20)^220=0.0000126・・・=約8万分の1

ホントか? ホントにこんなに低いのか? ワシの計算、合っているのか?

ココちん、まさに奇跡の犬と言えよう(感涙)

[補足]
ちなみに年末ジャンボで1等の当たる確率は1000万分の1だそうですから、ココちんの連敗記録も実はたいしたことないのかもしれません(汗)

JP2=クリーンラン、2席(出走数11)


AG2=クリーンラン、1席(出走数16)


OPDESはバーの高さがちょこっと低いので、ココちん、ラクみたいですな。
次はJKCで頼むよっ!

11月 252007
 

朝はすごく寒かったが、陽が昇ったらポカポカ陽気で暑いぐらい。
ココちん、またまたクリーンランで、今度はなんと16組中1席!
ココちん、ドッグショーやディスク、アジリティーなどこれまで参加したすべての種目を含め、6歳にして犬生初の優勝かもしれん\(^o^)/

2002年前半

 最近のじゃじゃうま  2002年前半 はコメントを受け付けていません。
6月 302002
 
2002/5/31

やって来ました、南国鹿児島!
ちょっと暑いけれど、やっぱり自然は豊か。
車で少し走れば、芝生のきれいな
広~い広~い公園も見つかった。
これから約2年間、都会の喧騒を離れて、
じゃじゃうま度もパワーアップするかも?!



2002/5/25

いよいよ明日は荷出し。
27日、朝、車で東京を出発し、
大阪からフェリーで鹿児島へ。
新居に到着するのは28日昼頃の予定です。

パソコンのセッティングが終わるまでは
日記と掲示板の更新だけになります(たぶん)。

東京周辺のお友達の皆さん、
たくさんの楽しい思い出をありがとう。
2年後に帰ってくるから、また遊んでね。

じゃじゃうまコーギーs鹿児島編もお楽しみに!

それでは…



2002/5/19

フリスビー大会@千葉の小型犬大会に
もね+とーちゃんコンビが参加した。
これが本当に引っ越し前、最後の大会。
とーちゃんはナイススローを連発(^o^);。
もねも、すべてキャッチし、
合計23点で、36チーム中9位と
まずまずの成績だった。
優勝はお友達の尚&のん!
もね家も次からは九州の大会でがんばるぞ~。



2002/5/6-8

『じゃじゃうまコーギーs鹿児島編予告編』

引っ越し先の住宅探しのため
とーちゃんともね母が鹿児島入り。

もね母はさっそく、鹿児島のシンボル、桜島をバックに
フリスビーの投げ練を敢行したのだった。

本来の目的、家探しも無事に終了。
もねちゃん、ココちゃんにも
お喜びいただけることでしょう。



2002/4/26-30
“ゴールデンウィーク”
鹿児島行きを前に伊豆半島一周旅行へ。
伊豆へはしばらく来れなくなるけど、
九州でもいっぱい遊べるといいなぁ。

引っ越し前に現実逃避する
とーちゃん&もね&ココ
@黄金崎



2002/4/14
祝!
“フリスビー大会準優勝(ビギナー大会)”

JFA横須賀大会のビギナー大会で、
もね+とーちゃんコンビが約30チーム中2位に!
初の表彰台で、トロフィーをもらったのだ。



2002/3/20
ココがヒートになった。
これからは「ココちゃま」でなく、
「ココさん」と呼ばねば(^o^);



2002/3/16
『全犬種クラブ展@川越水上公園』
ココちゃまがまたまた紫色のロゼット獲得した。
前回に引き続き、
メスのコーギーのパピークラス(参加1頭)を
1位で突破したのだ(^o^);



2002/2/24
ココちゃまがドッグショーにデビューした。
東京・日比谷シティー広場での
東京南青年愛犬クラブの全犬種クラブ展に
もね母とのコンビで参加。
メスのコーギーのパピークラスで、
参加1頭中、見事1位???を獲得し,
紫色のロゼットをもらったのだった。



2002/1/12-14
3連休を利用して伊豆へ。
シーズンオフの砂浜は人気も少なく、遊び放題。
帰りに寄った山中湖では思いがけず
白鳥さんともご対面した。



2002/1/6
クラブ埼玉のフリスビー大会@秋が瀬に参加。
もね+とーちゃんはチャレンジ大会でまずまずの成績。
ココも、もね母とレトーリーブ大会でデビューしたのだ。

アジア・インターナショナル・ドッグショー2002

 日記  アジア・インターナショナル・ドッグショー2002 はコメントを受け付けていません。
4月 062002
 

東京ビックサイトにアジア・インターナショナル・ドッグショーを見に行った。
昨年は、『へえ~っ、すごいね~』なんてただボーって見てたし、どちらかというと、その後のアジリティーのデモに目を奪われていたんだけど、今年はココがショーに出ていることもあり、とーちゃんも母も関心があって、審査開始からちゃんと見学。
とはいっても、チャンピオンクラスなんて、もね母のシロウト目にはみんな良く見え、どうやって優劣をつけているのか、審査員に一度じっくり聞いてみたいというのが、率直な感想。

一緒に行ったもねとココは、『あたし達には関係ないもんね』と椅子の下で寝こけてた。犬いっぱいの会場で寝れる神経はチャンピオン級か。(笑)

ふたり別々

 日記  ふたり別々 はコメントを受け付けていません。
3月 182002
 

もねとココ、一緒に散歩していると、どうしてもフリ練も訓練もショーの練習も中途半端になる。
以前から悩んでいたんだけど、時間もないし、何より面倒!だったので、これまでは何をするにも一緒だった。
けど、先日のドッグショーで“これではいけない”と一念発起。
朝の散歩だけ(夕方は時間が取れないので)、ふたり別々に行くことにした。

実はもね母は朝が超苦手。
結婚前は休みの日は昼まで、下手すると夕方まで寝てたし、もね達がいなかったら、今でも寝ていると思う。(^^;)
フリ大だってショーだって、午後からならどんなに楽かと思ったことか。
でも、朝しか時間がないので今日は5時半に起床。かなり無理してます。(汗)
こんなんで続くか不安だけど、これでココやもねに変化が現れれば嬉しいし、とにかくやれるだけやってみましょうか。

ドッグショーにて その2

 日記  ドッグショーにて その2 はコメントを受け付けていません。
3月 172002
 

昨日のドッグショー、朝4時起きでココをシャンプー。いざ!と望んだんだけど…。
前回のパピーマッチ同様、ココは口を空けるのを嫌がり、審査員の先生に「歩きは良いから、性格?!直したらもっと良くなるよ」と言われてしまい、喜んで良いのか、悲しんで良いのか。
普段はこんなことで嫌がったりしないココ。
とーちゃんに報告したら、『ココは性格いいぞ』と憤慨していましたが、口を空けなかったのは事実。何でだろうね~。(–;)
それでも一頭中一席だったので、午後のパピーマッチへ進出。
今回のもね母の目標は“ちょこまか歩きをしない”だったのに、グループ分けでやはり先頭にされてしまい、またもやちょこまか歩きに。(汗)
『全然進歩してないじゃん!』ととーちゃんにボロクソに言われ、あえなく撃沈。周りはプロハンドラーばかり。歩きぐらい堂々としないと、勝ち目なんてないよね。(涙)
でも、ショー先輩の空ちゃんのママにいろいろとウラ技(というか常識なんだろうけど)を教えていただいて、すごく勉強になった。
空ちゃんママ、本当にありがとう♪

帰りに、もね母の実家へ。
新しく入れたXPとADSLの調子を見せてもらいに立ち寄った。
実家についた途端に、もね母、もね、ココはバタンキューで爆睡状態。
結局、夕飯までちゃっかりせしめて、『このまま泊まりたいよ~』という気持ちを振り切り、どうにか帰宅。

という訳で、今日は思いっきり寝坊して、武蔵野公園に遊びに行き、阪神大賞典を見てのんびり日曜日してました。

《ドッグショー見聞録》
☆その4☆ 
ココが参加したパピーマッチで、口を見ようとした審査員を噛もうとしたアイリッシュセッターが一発退場させられていました。ココもこのままいったら、退場させられちゃうかも?!

またまたドッグショー

 日記  またまたドッグショー はコメントを受け付けていません。
3月 162002
 

 川越水上公園で行われた、埼玉北ドッグファミリークラブ主催の全犬種クラブ展にココ+もね母コンビが参加した。
 ドッグショー参加は2月24日以来。果たして練習の成果は如何に!と、渋滞を乗り越え会場に着いて、プログラムをもらうと、ん…。ココちゃんが出るメスのコーギーのパピークラスはまたまた参加1頭じゃん!ということで、またしても無条件で紫色のロゼットを獲得してしまった。
 実はこの日は相模湖ピクニックランドでウエルシュ・コーギー・ペンブローク展が開かれており、ショーに出るコーギーPはほとんどそっちに行くだろうと予想。参加コーギーが少なそうな川越のショーを選び、見事、作戦成功!というわけだった。ニャッハッハ!・・・姑息やねぇ。
 午後からは他の犬種グループを勝ち上がってきた20頭とのマッチショー。もね母はまたまたちょこまか歩きが復活してしまい、あえなく撃沈。ま、周りはほとんどプロハンドラーみたいだし、そう簡単にはいかないのだった。

by

ドッグショー見聞録

 日記  ドッグショー見聞録 はコメントを受け付けていません。
2月 262002
 

☆その1☆
ショーでのハンドラーの服装。
男の人は大体スーツ姿で、それもいわゆるビジネススーツじゃなくて、ベージュや白、グレー系にシャツやネクタイも明るめで決めてました。中にはその辺のキャンプ場からそのまま来ちゃったようなラフな方もいましたが…。
問題は女性陣。皆さん、犬が引き立つように?!いろいろとおしゃれして目立っていました。頭にいくつもリボンをつけていたり、ショッキングピンクのスーツだったり、真っ赤な半そで(この寒空に!)のセーターだったり。
中でも目を惹いたのが、すごくきれいなブルーのスーツを着た白髪のおばあ様。(と言っていい年齢だと思う)プリーツミニのスカートにスニーカーを履かれ、北風の吹く中、颯爽と歩いていらっしゃいました。
もねのとーちゃんはその姿に“ハンドラーの根性を見た!”と感心していました。
で、肝心のもね母の服装ですが、
『ミニスカートだと採点が良くなる?!』という話も聞いたのですが、もね母がミニを着ても採点が良くなるとは到底思えず、ショー先輩のステラママのアドバイスも受け、一応春らしいセーターを着てみたのですが…。
当日のあまりの寒さに、その上からオーバー、さらには防寒着(フリ大で着てるやつ)まで着込み、おしゃれなんて程遠いただの着膨れに。
まだまだ根性が足りないようです。(–;)

☆その2☆
午前中の審査を終え、午後の審査を待っていたもね家。
その目前で、男の人達がサークルを立てて、2匹のダックスを連れてきたと思ったら、いきなり2匹を交尾させ始めさせたのだ。ひょえ~!!
どうやら“ここで済ませちゃおう”ということらしいんだけど、それってその犬はヒート中ってことでしょ。
周りには元気な♂もいっぱいいるのに(もねもココも♀でよかった)、そんな犬をショーの会場に連れてきちゃっていいの?
ブリーダーの間ではよくあることなのかもしれないけど、やっぱり理解できない?!

☆その3☆
ココが参加したパピークラス。
“どこがパピーなんじゃ!”って言いたくなるような、体格の立派な大人びた犬が多い中、いましたよ~超可愛いゴールデンのパピー。
ほわんほわんした毛で、目が垂れてて、なんとなく不安そうで、でも一生懸命ポーズとってて、あ~たまらん。
なでなでして、ぎゅーして、はぐはぐ?して、一緒に遊びた~い♪
もね母、怪しいストーカーと化していました。(^^)

初ドッグショーにて

 日記  初ドッグショーにて はコメントを受け付けていません。
2月 252002
 

昨日、初めて参加したドッグショー。
かなり緊張するだろうと思っていたが、出てみると…思ってたより平気?!だった。
周りがなんとなくざわざわしてるし、みんながココ&もね母を見てるわけではないし、審査員も丁寧・親切な人だったのもある。
あと、ポーズもウォーキングも、“まだパピーだし”なんて気軽さで、“きちんとさせなきゃ!”なんて気負いがなかったのも、緊張しなかった要因かな。おかげでかなり見劣りしてたと思うけど。(汗)
緊張度から言ったら、フリスビー大会やもねのCD1試験の時の方がずっと緊張してると思う。

ところが、家に帰ってとーちゃんが撮ったビデオを見て爆笑。
パピーマッチで、20頭が一列に大型犬から順番に並んで、ココはちょうど前から1/3ぐらいのところだったんだけど、審査員がラウンドをちょうどココの前で半分に分けた。
『ということは先頭?』と思ったのもつかの間、もね母の目に飛び込んできたのは、前の組の大型犬のハンドラーさん達が走ってラウンドしている姿。
『え~っ、走ったら、ココも走っちゃうよ~。』
ハンドラーが走ってたのは大型犬ゆえにだったんだけど、“急いで回らなきゃいけないんだ”と完璧に勘違いしたもね母(後ろは小型犬だけなんだから、普通でよかったのに)。
走れないけど急がなきゃと、ココに併せて小股でチョコチョコ歩きでラウンドしてた。歩幅を広げるんじゃなくて、歩数を稼ごうとしたらしい。(注:もちろん無意識。)
当然、そんな歩き方してるハンドラーは誰もいなくて、すごく不自然。どっから見てもド素人。(このビデオ、かなり笑えます。)
やっぱり、少しはあがっていたらしい。(^^;)
でも、いい経験にはなったし、もっと練習してもう一度トライしてみようかな♪