履歴書:ココ

犬種 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク Coco_hyoushi.jpg
性別 メス
毛色 レッド・アンド・ホワイト
HOROKO CARALON EASY DICKENS
MONICA OF T.IMPORTADO JP
誕生日 2001/7/13
y/m/d 経歴
2001/7/13 東京・杉並区のもね家で生まれる
2002/2/24 ドッグショーに初参加。
コーギーのメスのパピークラスで1席獲得
2002/5/28 鹿児島市へ移住
2003/1/19 JFA小型犬大会、初参加で3位入賞
2003/11/1 JFAジャパンファイナルに
ユースオープン鹿児島代表(2位)として参加
2004/4/29 東京・杉並区へ帰還
2005/4/30 JKC家庭犬訓練初等科(CDI)合格
2005/11/27 JKC家庭犬訓練試験中等科(CDII)合格
2006/11/4 JFAジャパンファイナル・スモールドッグチャンピオンシップにノミネート
2007/3/25 OPDESチームテストレベル1合格
2007/6/16 JKCアジリティ2度昇格
2007/9/16 JKCアジリティ3度昇格
2007/9/29 JKCアジリティチャンピオン完成
2007/11/26 OPDESアジリティAG2で初優勝
2007/12/15 OPDESチームテストレベル2合格1度目
2008/11/9 OPDESチームテストレベル2合格2度目、永久資格に
2009/11/21 JKCグランドアジリティチャンピオン完成
2014/3/17 永眠
好き フリスビー、ナマ足なめ、靴下引っ張り
嫌い シャンプー、足拭き

ココちんについに「優勝」の2文字が!

2007/11/25 OPDESアジリティー競技会@秋ケ瀬

20071125-1.jpg

ココちんといえばお子ちゃま、お子ちゃまといえばココちんというあのココちんが、ついに、ついに、ついに優勝しましたっ!

AG2 ココ&もね母 1席!!!

20071125-3.jpg
20071125-2.jpg

    ちなみにJP2も2席♪

ディスクでJFAのジャパンファイナルに出たことがある、アジリティもJKCの3度・・・とだけ聞けば運動能力の優れた、すごいアスリートドッグのようである。
でもココちんは違うんですね~、見た目も愛玩犬だし(^_^;)
いままでいっぱいいろんなことに挑戦したけど、1位というものには未だかつて1度もなったことがなかった。ドッグショーの雌のコーギーのパピークラス(参加1頭)を除いて(笑)

ワシの記録によれば、ココちんがこれまでに参加したディスクやアジリティ、ドッグショーなど、順位の付く試合の数は
【ドッグショー】
JKC 2
【ディスク】
JFA 119
SHJ 8
ワンダフルワン 2
朝霧FDG 1
【アジリティ】
ENJOY SPORTS with DOGS 2
FJ杯 6
JKC 34
OPDES 7
アジコン 7
ルモンド杯 14
草アジ、初アジ 18



記録が残っているだけで計220試合である。

これだけ参加して、1位になったことが今まで1度もなかったのである。

種目によって大幅に違うが、1試合の参加チーム数を仮に20とすると、単純計算で1位になる確率は20分の1。
220試合もしていれば10回ぐらいは1位になっていてもおかしくないはずである。

ココちんがどれぐらいすごいかというと、1位になれないのが220回続く確率は、
(19/20)^220=0.0000126・・・=約8万分の1

ホントか? ホントにこんなに低いのか? ワシの計算、合っているのか?

ココちん、まさに奇跡の犬と言えよう(感涙)

[補足]
ちなみに年末ジャンボで1等の当たる確率は1000万分の1だそうですから、ココちんの連敗記録も実はたいしたことないのかもしれません(汗)

JP2=クリーンラン、2席(出走数11)


AG2=クリーンラン、1席(出走数16)


OPDESはバーの高さがちょこっと低いので、ココちん、ラクみたいですな。
次はJKCで頼むよっ!

OPDESアジ秋ケ瀬AG2

朝はすごく寒かったが、陽が昇ったらポカポカ陽気で暑いぐらい。
ココちん、またまたクリーンランで、今度はなんと16組中1席!
ココちん、ドッグショーやディスク、アジリティーなどこれまで参加したすべての種目を含め、6歳にして犬生初の優勝かもしれん\(^o^)/