2月 012015
 

うにちゃんを雪遊びに連れ出すべく、サンメドウズ清里スキー場に行ってみた。
数年前、もねココちゃんと一緒にスノーシューに行った場所である→2008年プチ冬休み
もねココちゃんと行ったのはスキー場の南隣の林の中だったが、今回は北側に行ってみた。
まずはスノーシューは車に置いて下見に。

20150129-105452

おっ、良さげですよ♪

 正面は池。雪が積もってまっ平ら。
凍っているようだが、上に乗るのは無謀といえよう(^^;

 

20150129-105458

池の向こう側でシカが走りだした!

 十数頭はいたかな。
かなり距離はあったが、ワシらの雰囲気を察知して逃げた。

 

20150129-105546

「シカさんっ!」

 うにちゃん、その先は池だから行っちゃダメ~!

 

20150129-105731

ふりかえると富士山。 いい天気!

 いったん車に戻り、スノーシューを持って出直し。

 

20150129-111908

雪の斜面を登って出発!

 

20150129-112508

正面に赤岳

 

20150129-113039

うにちゃん、うれしそう(^^

 

20150129-113312

 

20150129-113313

ヒャッホウ!

 

20150129-113708

鹿よけ電柵があったが、電気は流れていなかった

 

20150129-114243

電柵のゲートを通って林の中へ

 

20150129-114427

エヘッ♪

 

20150129-114548

雪に埋もれた小川に沿ってテケテケ

 

20150129-114943

ザラメ状の固めの雪。うにはほとんど沈まず歩けた

 

20150129-115258

ワ~イ♪

 

20150129-115328

ウレチ~(^^

 

20150129-115443

前方を横切るスキーヤーが見えてきた

 ゲレンデに突き当たっちゃうので、きょうはここまで。

 

20150129-115839

「エーっ!」

 今度、もっとフカフカのところに連れて行ってあげるから我慢しなさい!

 

20150129-115923

道を外れ、林の中を通って引き返す

 

20150129-120442

あっちこっちへ野犬のよう(汗)

 どこかへ行っちゃたりはしないけど、もねココよりはだいぶ行動半径が広い。

 

20150129-120503

少しは後ろについて歩くけど、

 

20150129-120643

スノーシューを踏んで、歩く邪魔をしてみたり、

 

20150129-121210

凹みに落っこちたりして(^^;

 

20150129-121548

全体としては勝手気ままにあっちこっちへ

池の近くまで戻ってきた。

20150129-121746

以下、はしゃぐうに子(^^

 

20150129-121748

 

20150129-121749

 

20150129-121807

 

20150129-121809-1

 

20150129-121809-2

 

20150129-121815

 

20150129-122040

はい、もうそろそろ行きますよ

 

20150129-122117

楽しそうで、良かったね♪

 

20150129-122503

ゴール到着

 小屋から近いし、スキー場のすぐ脇だし、お手軽&便利なコースであった。

20150129サンメドウズスノーシュー

今回のコース(google mapを利用して作成)

 

あまりに天気が良いので、飯盛山にも登れるかな?と、飯盛山方面へ行ってみた。
しかし主要道を外れると雪は多く、野辺山から獅子岩に登る道が途中から全面通行止めで断念。
反対側からなら行けたのかな?

ここまで来てしまったので、ということで?焼肉店へ。

 

20150129-140504

食べた!(^^;

 

20150129-160803

小屋に戻ってグースカ

 翌日、未明から雪の天気予報だったが、少し積もっただけだった。
でも、念のため早めに帰ることに。

 

20150130-091922

帰る前にひとっ走り

 

20150130-102949

これぐらいなら雪道弱車FRハイエースでも問題なし

 

おまけ動画

餌が少ないのか、鳥さんたちも必死(^^
2月 132014
 

7日未明に到着。

20140207-103722

いい天気。お庭で「それっ!」


そして10時現在、-7℃、50%offで、いざ出陣!

が、1店目は50%off商品既に売り切れ。
客が増えるだけで儲からないのか、商品数を限定している店が増えている気がする。
別の店へ転戦。

20140207-132626

食後写真のみ(汗)

 こちらの店はガラガラであった。
寒いほどお得フェアも宣伝的には成功しているが、経営的にはあまり貢献していないのかも。

20140207-134237

ココちん、お待たせ~

20140207-134540

八ヶ岳ブルー!

翌日の雪予報が「ホントかな~」という感じの快晴であった。

20140207-153412

せっかくなので谷戸城址へ

昨春、もねさんと来て以来である。

20140207-153914

寒いね。また桜の時期に来ようね

小屋に帰り昼寝したら、もね母が「風邪引いた」とダウン。
翌日の悪天候予報を聞き、この晩東京に戻ることも検討したが、もね母が「無理!」。
晩飯も作らず寝込んでしまったので、ワシが作って、ココちんと食した。

20140207-202747

煮こむ前の炒めがちょっと足りませんでしたね

美味しかった?

20140207-203658

ご機嫌犬

美味しかったらしい(^^;)

翌朝、

20140208-070013

予報通り雪

朝散歩へ。

20140208-084832

ラッセル、ラッセル!

だいぶ降ってはいたが、まだ長靴で歩けた。

20140208-094351

小鳥たちがエサを争い大騒ぎ!

雪で食べ物が埋まっちゃったのか?

20140208-123811

ココちん、怒ってる?(^^;

20140208-125917

昼すぎ、車が埋まってきた

やばそうなので、早めの夕方散歩へ。
久しぶりに小屋からスノーシューで出発。

雪まみれ

 

20140208-141911

誰も歩いていない

ココちん、かわいい(^^)

 

スノーシューでも膝ぐらいまで潜り、ご近所散歩も重労働であった。

20140208-145914

薪小屋から薪を持ってくるのも一仕事

20140208-150259

「雪がなくてヘン!」とか言い過ぎたかな(汗)

中央道も通行止めに。

20140208-164039

雪景色はイイね~

翌日の東京帰宅が若干心配になり始める。
夕方から仕事なので帰らねばならぬのだが…

一夜明けて、雪は止んだみたい。

20140209-065650

雪景色、最高!

20140209-070531

ココちんは、ワシの寝床で巣ごもり(^^;

20140209-074103

見慣れぬモヒカン鳥が来た

「ミヤマホオジロ」らしい。

20140209-074643

もね母復活。ココちん、朝ごはんにワクワク(^^

20140209-074654

久しぶりに甲斐駒が見えた!

しかし、

20140209-084734

雪が深すぎ、進めないココちん

帰宅へ向け、雪かき開始。

20140209-092015

何とか車は掘り出した

20140209-095546

ココちんともね母は小屋の前の道を踏み踏み

20140209-095826

埋もれちん(^^;)

20140209-115621

気温が上がり、屋根の雪がずり落ち始めた

昼ごろ、東京へ向け小屋を出発!
が、小屋の前でいきなりスタック。
下り坂だし、スノーシューで踏み固めたから大丈夫だと思ったが、前輪が雪に埋まって全然ダメ。
さすが、雪道弱車FRハイエース。
フロントヘビーの後輪駆動だから、こういう時はどうにもならんですな。
タイヤを掘り出し、チェーンを付けてやっとこさ脱出できた。

北陸、東北、北海道と約10年の雪国暮らしで、FF、クロカン4駆を乗り継いできた経験から言うと、FRハイエースの悪路性能は、FF、4WD車と比べ、比較にならないぐらい弱い。
「えっ、この程度でスタックしちゃうのか」ということがたびたびである。
チェーン、スコップ、タイヤの下に敷くスノーヘルパー、滑り止めの砂などを常に積んでなんとか対処している。
4WDのハイエースならばフロントヘビーで前輪が十分グリップするだろうから、かえって雪道に強いような気もするけどね。

さて、予想以上の大雪に緊張運転を強いられたが、なんとか国道20号まで到達。
中央道は通行止めのままだったが、この時点では、なんとか夜の仕事に間に合うかもという希望を持っていた。

20140209-145758

富士山きれい♪

なんて言っている場合ではなかった。

20号は片側交互通行区間は一部あるものの、通行止めはなくなったので、大丈夫だろうと思ったが、笹子トンネルを抜けたらピタリと停止。
なんでこんなに動かないのか、情報がなく全然分からない。
夕方になり、この日の仕事は断念。職場に連絡を入れたが、その後もほとんど動かず、深夜に。
路面が凍結し始め、危険を感じたので、大月のコンビニ駐車場で久しぶりに車中泊することにした。

20140209-231516

ココちんに逃避するもね母(^^;)

走行性能は悪いが、こういう時は無敵の強さを発揮する我がハイエースちゃん♪
ベッド、FFヒーター、冷蔵庫完備。緊急用のトイレまであるでよ(^^)
この便利さと、走行性能と乗り心地の良さを兼ね備えた車があるといいんですけどね~

一夜明けて、チェーンを再装着し、7時大月出発した。
大月を過ぎてからは道は悪いが渋滞はあまりなく、スピードは出ないながらも順調に進行。
だが、上野原、藤野でまたまた大渋滞。
普段中央道を通っている大型トラックが20号に迂回してきて、狭いカーブですれ違うのにすごく時間がかかる。
今まで、中央道通行止めの時は国道411号「大菩薩ライン」経由か、野辺山から佐久へ抜けて関越道経由で帰っていたので、20号がこんな状況だとは知らなかった。

20140210-094907

そこでそのすれ違いは無理ですよ!

今回も、国道137号「御坂みち」で河口湖へ抜け、御殿場から東名で帰ることを検討したが、雪道弱車で雪の富士山の麓へ登ることをためらってしまった。

結局、自宅へ辿り着いたのは小屋を出発してから約24時間後。
久しぶりの大旅行であった(^^;)

まあ、45年ぶりの大雪だから、ある程度はしょうがないが、次はこういう事態に陥らないように気をつけないとね。
一番いいのは「こういう時は行かない」だが、こういう時に限って行きたくなる。
特に「大雪」とか聞くと、無性に行きたくなる。
困ったもんですなあ(^^;)

3月 132010
 

もねココとワシが車で昼すぎに先着。
雪がだいぶ降っていたが、着いたときはまだこんな感じ。

 

もねさん、大喜び♪ 嬉しい時は後ろ足もまだ動く!


夕方、バスで到着するもね母を長坂ICまで迎えに。
その頃には路面も真っ白に覆われており、小屋目前の上り坂で、我がFRハイエースは予想通りスタック(汗)
スノーヘルパーを使ってなんとか乗り切って小屋にたどり着いた。

 

遊ぶ3匹。 このころはまだ遊べた。


夜は大雪。

20100309-04

湿った重い雪



そして一夜明けて翌朝。

20100310-01

デッキの上に巨大かまぼこ



玄関から出るのも一苦労

20100310-02

ココ隊長はこの後直ちに小屋への退却を決断(^^;



お庭に出ても・・・

 

湿った重い雪にもがくココちん(^^;)


小屋周辺の状況調査へ。
今季初スノーシュー。
こんなところでスノーシューが役立つとは(笑)

20100310-04

ワシがスノーシューで付けた跡をたどる3匹


このままでは車で出るのは無理と判断。

とりあえず庭で遊ぶことに。

20100310-06

遊ばれるココちん(^^;)


20100310-07

もねさん、重い雪にもがく。 「直ぐ目の前にササミがあるのに・・・」


20100310-08

やっとたどり着いたぁ!


20100310-09

遊んだら寝る


20100310-10

起きたら働く


20100310-11

地面が見えてきた。晴れたので溶けるのも速い


20100310-12

働いたら寝る

この後、ワシとココちんはお散歩へ。
スノーシューでなく長靴で行ったので、ココちん、足跡の穴から穴へ、モグラ叩きのモグラのようにピョコンピョコン!
かなりいい運動になったらしい(笑)

もねさんは足場が悪いとかわいそうなので、お庭で済ます。


翌朝。

20100311-01

晴れ。暖かい。どんどん溶けそう


前日、ココちんとワシが開拓したルートに、みんなでお散歩へ。

 

雪がボコボコだと、もねさんが歩きにくいので、横歩きでならした。


小屋へ戻って一休みしていたら、工務店の社長さんが大雪後の見回りに来た。
大雨とか大風とか大雪などの後には必ず見回りに来てくれる。
今回、わが小屋は異常なかったが、よそでは雪で倒れた木でボイラーが破損したところもあったらしい。


20100311-02

屋根から雪が下がってきた

雨どいが壊れないか心配だったが、雪の「板」は雨どいの上を通過してから垂れ下がっていた。
うまく作ってあるなあと感心。


20100311-03

時々、「ドカーン」という音がして雪が落下!


20100311-04

なにやら作成中


20100311-05

アップルパイ、でけた! 「ちょうだい!」

今回これにて終了。

またすぐ行きますよ!

2月 042009
 
玉原高原ブナ平
玉原高原ブナ平

今季、スノーシュー第2弾で、昨年に続き玉原高原に行ってきた。

2日夜、仕事から帰宅後出発し、赤城高原SAにて車中泊。
翌朝、あまり寒くなく、高速を降りても雪は全然ない。

20090203-01

が、スキー場が近づいてくると雪道に。

20090203-02

ワシの後ろについていたアメ車みたいな車が、ヘアピンカーブの直後の急坂を登れず脱落。
ルームミラーから消えていく。さようなら~
と余裕こいていたが、スタッドレスを履いているものの雪道に圧倒的に弱いFR車ハイエースのワシも徐々に不安に(^^;)
そしてチェーンを付けずになんとかたどりつけるかと思われた残り3キロほどの急坂でついにスタック!
路面は表面に雪がのっているが、その下は氷でつるつるな感じ。
暖かい日があったので、いったん溶けて、その後凍って滑りやすくなったとみられる。
去年はちゃんと登れたのに! 無念!!
と、そこへ登場したのがスタック救助の雪道「お助け隊」
おおっ! 神さま、仏さま、お助け隊さまって感じ(^o^)
お助け隊のおっちゃんは「もっと勢い付けていけば登れたのに」とかブツクサ言いながら、ささっと牽引ロープをつないで、ぐいぐい引っ張ってくれた。
頼もし~い。ありがとう。また次もよろしくね(爆)
(次は早めにチェーン付けて自力でがんばりますです、はい)

そんなこんなで若干のタイムロスはあったものの、スキー場へたどりつき、スノーシュースタート。
もねさんは駐車場内から既に子犬のようにはしゃぎ、「ワンちゃん、かわいい~」と黄色い声を浴びて、ご満悦に(^^;)

はい、それでは出発しましょう。

20090203-03

もねココも足跡をたどれば楽チンと知っているので、一列縦隊で整然と前進(^^;)

20090203-04

しばらく歩いて、ホイ着きました。
第1のチェックポイント「オオヤマザクラの標識」。

20090203-05

さらに前進。ホイ着きました。
第2のチェックポイント「東銅金沢のトチの巨木」。

20090203-07

この辺、基本的に登り坂だけど傾斜はきつくないのでラク。
こんな感じ。

上の方はかなりなだらか。

20090203-08

誰もいない静かな森。
小雪の舞う中を進む。

20090203-09

もねさん、雪で少し白くなっちゃいましたね。
寒くないですか?

20090203-10

そうこうするうちに「熊棚丘」に到着。
初めて来た去年は結構遠い気がしたが、今回はあっという間。
これ、熊棚ですかね?

20090203-11

ここから先はなだらかな下り坂をブナ平へ。

この辺から雪がやんできた。
またまた一列縦隊でブナ平へ到着。

20090203-12

「大」の字になって寝る女

20090203-13

遊ぶもねココ

20090203-14

ココちん、もねにつきまといすぎて、どやされないように警戒か?(^^;)

20090203-15

もねさん、ひゃっほう!

20090203-16

ワシも足だけ登場。
スノーシューのおかげでここまで来れました。

20090203-17

もう一つの必須アイテムはコチラ→ワシのガミ子です(笑)
日本に帰化したガミ子は異常にお高いので、米国から個人的にお招きしました。
そのため、日本語は全く通じませんが意思の疎通はなんとか可能(笑)
ガミ子なしでは白銀の世界で途方に暮れることでしょう。
地図とコンパスを持っていても、たぶん道に迷うと思われる(汗)

さて、遊んだあとは雪をハミハミ。

20090203-18

もねさんはその後も行ったり

20090203-19

来たり

20090203-20

するうちに、ピタッと立ち止まり「向こうに何かいるっ!」

20090203-21

「だめだあ、もねさん。ワシには分からん」

20090203-22

「何かいるのに!」

20090203-23

もねさんにつられてココちんも「なにっ?」

20090203-24

「と思ったけど、分かんないから、とりあえずオシッコしとこっと」(爆)

20090203-25

冬来たりなば春遠からじ
春も近そうな、穏やかな天気であった。

20090203-26

さあ、いっぱい遊んだのでそろそろ戻りましょう。

20090203-27

道なき斜面を下って…

20090203-28

はい、もうすぐゴールですよ。
お疲れ様でした。

今回のGPSログ→20090203e78e89e58e9fe382b9e3838ee383bce382b7e383a5e383bc(クリックすると拡大)

(参考:山と渓谷社「スノーシュー・コースプランGUIDE」

帰り道は高速代を節約するため前橋まで下道を走り、途中で、もつ煮のお店へ。

20090203-30

いつも混んでる有名店らしいが、時間が中途半端だったので比較的すいていた。
「普通」が山盛りで、「半ライス」が普通盛りであった。ビックリ!

20090203-29

8月 212008
 

 今年の夏は、もねが骨折したので、もともとあまり出かけないつもりだったが、ぺきんオリンピックのせいで仕事も忙しく、休みらしい休みはなし。

 でも全くどこにも行かないのもつまらないので、㊙プロジェクトYのついでに入笠山と千代田湖に行ってきた。

 千代田湖は昨夏も行こうとしたが、直前まで行きながら、林道が通行止めのため断念した因縁の場所である。今回はちゃんと行けたかな?

20080814-00

 用事を済ませ、13日夜は入笠山にて車中泊。標高約1800メートルはやはり涼しいですな~。
 一夜明けて午前6時前の気温が15.6度。高度が100メートル上がると0.6~0.7度ぐらい下がるから、1800メートルだと下界より11~13度ぐらい低いはずである♪

20080814-01

 千代田湖へ行く前に近くの牧草地をお散歩。ここはこの間の冬にスノーシューで来たところである。冬の景色はこんなでしたなあ→ここをクリック

20080814-03
もねさんもお目目がキラキラしてますね♪

さて千代田湖へ

20080814-04

 30分ほど山道をくねくねと走って今度こそ千代田湖に到着。水辺ぎりぎりまで原っぱが広がっていていい感じですねえ。ココちん、車から降りて原っぱをクンクンしながら歩いていたら、いきなり地面がなくなり湖に落っこちちゃった。ココちんらしいですなあ(爆笑)

20080814-05 もねさんは早速ひと泳ぎ。
 今年の夏はどこにも連れて行ってあげられなくて申し訳なかったが、これで少しは満足してくれたかな?
 もねさんはまだ足に若干不安があるので、ここは一つ、ココちんに活躍してもらいましょう!

20080814-0620080814-0720080814-0820080814-0920080814-1020080814-1120080814-1220080814-1320080814-14

 ちっちゃくて何だかよく分からないという人は、写真をクリックしてください。’PLAY’ボタンを押すとスライドショーで見れます。
 水遊びに来ると最近いつもこうですな。変な恒例行事ができちゃいましたね。ココちんも強くなったなあ(爆)

20080814-15
「ふぅっ、ひどい目にあったぁ」

20080814-16

 岸辺の原っぱはテントサイト。
 お盆休み中だが、空っぽのテントがいくつか張ってあったほか、数人いただけ。
 途中でコーギーの姿が遠くに見えたが、すぐに行っちゃったので、気兼ねすることなく遊べて良かった。
 いい場所なのにずいぶん空いていた。ちょっと不便な場所だからですかね? それとも知られていないだけですかね?

20080814-17

 休憩した後は、もねさん、またひと泳ぎ。
 いい感じですねえ。カヌーが欲しいですねえ。
 もねココ乗せて、時々、落っことしたりして遊んだら楽しいだろうなあ(爆)

20080814-18
もねさん、ご満悦

 最後にココちんにもう1回頑張ってもらいましょう

20080814-20
20080814-21
20080814-22
20080814-23
踏ん張れっ!
20080814-24
駄目かぁ(^o^;)
20080814-25
20080814-26
20080814-27
20080814-28
20080814-29
浮上っ!
20080814-30
20080814-31
20080814-32
20080814-33
生還!\(^O^)/
(不確実な追加情報)
千代田湖キャンプ場は「新宿区指定キャンプ場のため、区利用中は使用不可」「一般利用も可能だが、7、8月の混雑する時期は要問い合わせ」らしい。
2月 052008
 

2/1-3 入笠山&サンメドウズ スノーシュー

玉原高原に続き今冬2度目のスノーシューイングは入笠山&サンメドウズへ。
八ケ岳方面と軽井沢方面のどちらにするか迷いに迷ったが、直前の天気予報を見て、天気の良さそうな八ケ岳周辺に決定した。
夜勤明けのネムネムをこらえ、早朝の中央道を一路、西へ!

DSC_2108入笠山ふもとの
富士見パノラマスキー場
に到着し、ゴンドラで一気に標高1780mへ登る。
もねココも一緒に乗れることはもちろん事前調査済み♪
ゴンドラ内で、もねさんは余裕のフセ待機。ココちんはちょっと震えてあくび連発。
あっという間に頂上駅へ着くと・・・快晴かつ絶景なり。
ゲレンデを後にし、スノーシューを着けて、さっそく山頂方面へ出発!
もねさんは紫外線対策で最初はゴーグル着けたけど、プルプルしてすぐにずれちゃうので断念(汗)
DSC_2113
歩き始めたとたん、もねさん、スイッチが入って前へ後ろへ歓喜の大爆走。ところがその後いきなりビッコに。
「うわっ、またやっちゃったか!」と思ったが、しばらく様子を見ると、雪面から浮かせている足が左前だったかと思えば右前になったり、いつの間にか後ろ足になっていたり(爆)
不審に思い足をよく見ると、肉球の間に雪が固まって気にしているだけのようであった。
肉球の雪を取ってやるとスタスタ歩き、しばらくして雪がくっつくと、また立ち止まる。
しょうがないので時々雪を取ってやりつつ前進~
林を抜けると急に目の前が開けて、入笠湿原に到着。
DSC_2140
DSC_2155
入笠湿原を横断し、雪に覆われた林道らしき道を進む。雪は登山客に踏み固められていて、スノーシューなしでも歩けるレベル。でもせっかくなのでスノーシューは着けたまま(笑)
しばらくすると山頂まで約30分の登山口に到着。大丈夫そうとはいえ、もねさんの脚も若干気になるので今回は入笠山頂は目指さず、夏の牧場?にて遊んだ。
風が強くて寒いけど、まっさらな新雪で、たのすぃ♪ 
後ろに見えるのは中央アルプス(たぶん)。
DSC_2172
P1000007
遊んだ後は近くのマナスル山荘で、きな粉もち♪
もね母が「どうしても食べるっ」と言い張ったのである。
もねココは外で待ちぼうけ。
きな粉もちは微妙に塩味がきいていて、噂どおりうんまかった。

マナスル山荘の人によると、最近はこども連れより、犬連れのほうが多いらしい。
ゴンドラに犬が乗れるところってなかなかないからねえ。

DSC_2218
DSC_2208
帰りは遊歩道を通り、入笠湿原の間を登って、行きと違う道でゴンドラ駅へ。
往復の間に見かけたのは、5人ぐらいのおばさんグループと、長靴でガシガシ歩いていたおじさん2人だけ。
やっぱ平日に限りますな♪
DSC_2231
ゴンドラで下に降りる前に記念撮影。
後ろの八ケ岳が青空に映える。
一日晴れていて良かったね
20080201NYUGASAYAMA_route.gif
本日の行程はコチラ→

(カシミール3Dで作成)

道の駅「こぶちざわ」で車中泊し、2日目は清里方面へ。
氷点下の中、車の横にテント張って泊っている人がいた。
わが家はFFヒーターで、ぬくぬく快眠♪

DSC_2243
DSC_2264
DSC_2265
DSC_2279
まずは冬期閉園中のまきば公園でひと遊び。
中には入れない?ので、駐車場の近くでボール遊びなど。
ヒツジかウシがいたと思われる囲いの中で草を食べているシカの群れ発見!
もねココがボール遊びでギャアギャア騒いだら、こっちを見て警戒していた。
ごめん、ごめん(汗)
DSC_2289
清泉寮の向かい側にある、やまねミュージアムに寄った後、美し森でスノーシューしようかと思ったが、雪が少なく断念。
もうちょい上って、サンメドウズの駐車場からスノーシューを履いてスタート。
DSC_2291
林の中を進み、沢を越え、斜面を登ると、オッといつの間にか羽衣の池に到着していた.

登山道や遊歩道ではなく、雪がない時期にはササが生い茂って通れないと思われる、道なき道を通って行った。
そんなところでも、雪がある程度積もっていると、スノーシューでどんどん入って行けちゃうのである。
DSC_2300

もうじき春ですねえ。
雪があるうちにガンガン行かねば。
DSC_2327
ココちん、雪の中では結構、先頭でラッセルして頑張る。
でも、ふと気が付くと、後ろに誰も付いてきていなくて慌てることも(笑)
もねさんは皆が一緒にいるように見張っているので、列の後ろになることが多い。
リーダーの役割といえよう。さすがもねさん♪
DSC_2348
DSC_2380
DSC_2387

そうこうするうちに、ちょっとしたスキーのコース?のような場所に出た。
でもここもまっさらな雪で誰も滑った形跡なし。
最後にここで遊びましょう!
DSC_2398
沢を渡って、スタート地点のスキー場下に到着。
おつかれ~

スキー場の駐車場は土曜日なのでかなり混んでいたけど、本日もスノーシューイングの途中では誰にも出会わず!
中には犬嫌いな人もいるので、誰にも出会わないと気が楽であるなあ♪

20080202SUNMEADOWS_route.gif
本日のコースはこちら→

(カシミール3Dで作成)

またまた定宿=道の駅「こぶちざわ」にて車中泊♪
一夜明けると、あっれ~、白銀の世界。寝る前は雪なかったのに。

DSC_2443
この日も駐車場でテント泊の強者グループがいた(汗)
この雪じゃ山には行けない、というか、ここで十分ということで道の駅の周りをお散歩。


(↑再生ボタンを押すべし)
P1000020

談合坂SAは臨時のスノードッグラン?

中央道相模湖―八王子が通行止めだったので早めに東京に向け出発。
途中、談合坂SAで雪遊び♪するまでは順調だった。
ところが上野原を過ぎて、相模湖ICまでが全然動かない。
ようやく相模湖ICから降りられたと思ったら、今度はタイミング悪く(良く?)通行止めが解除。
もう一度、高速に乗りなおしてようやく帰れましたたとさ。

<<<大きい写真のスライドショーを見たい人はこちら→ここをクリック>>>

(注)
 最近、雪山遭難が相次いでいることから分かるように、雪山遊びには危険がつきものです。
 天気が悪くなくても、白銀の世界では方向が分からなくなりやすいです。
 スキー場の近くとか一見安全そうなところでも、最低限、地図やコンパスなどの準備を怠らないようにしましょう。

1月 182008
 

年末年始は諸般の事情によりあまり休みを取れなかったのだが、その反動でアジとスノーシューの2連発である(笑)

DSC_1894
武井バーナー大活躍♪

 まずは1月14日、寒川にてアジリティのルモンド杯。今回の目玉は、昨年4月以来9か月ぶりのココ&ココ爺コンビの再登場である(^^;)
 前回のOP1、OP2からステップアップし今回はJP1とAG1に参加。まあできるだろうとは思っていたものの、練習量ゼロなだけに、「ココちん、ワシと走ってくれるかなあ?」と若干心配になり、貸しコースで1度だけ練習して臨んだのであった。

20080114ルモンド杯JP1


 イメージトレーニングだけでもここまでできるという見本である。と同時に、イメージトレーニングだけしかしてないと、こういう初歩的なミスもしちゃうのね、という見本でもある(^_^;)
 いや~、初の失敗でしたなあ。なにしろ、ほとんどやったことがないので、いままで失敗というものをしたことがなかったのである(爆)

20080114ルモンド杯JP2


 練習をしている人にはちゃんとやってほしいものですね( ̄ー ̄)

20080114ルモンド杯AG1


 ココちん、スタートでいきなりバー落下。というより、前足からバーに突っ込んでいった(汗)
 体が浮いていなかったようだが、足が滑ったのだろうか。まあ、こういうこともあろう。
 ココちんとの距離の取り方もいまいちぎくしゃくしているが、イメージトレーニングしかしていないので、まあやむを得まい。
 個々の欠点をあげつらうのではなく、練習を全くしていないにもかかわらず完走できたという点を重視すべきであろう。
 自分に対しては甘いのね、という指摘もありそうだが、評論家の仕事は自分を批評することではないので、これでいいのである(^_^;)

20080114ルモンド杯AG2


 いつまでたっても同じ失敗を繰り返していてはいけませんねえ。
 ココちんはちゃんとできるんだから、人が足を引っ張っちゃいけませんよ( ̄ー ̄)

翌日は昼間仕事して、疲労を癒す間もなく、夜には玉原高原に向けて出発。
やっとちょうどいい平日休みが取れたので、待望の今季初スノーシューである。
ココちんがいまだに大量に毛が抜けていて寒々しいので、あんまり寒そうだったら途中までにしようと思っていたのだが、全然元気でブナ平まで行けてしまった♪
予想よりも天気に恵まれたこともラッキーであった。


スキー場下からスタート

沢に入り込み上がれなくなる女1名(汗)

斜面をトラバース

ココちんスマイル♪

広い雪原に来るとやはり爆走

いつものノロノロ散歩はなんなのさ?!(笑)

はしゃいだ後、さらに前進

冬来たりなば春遠からじ

雪原に来るとすぐ寝る女1名(汗)

ブナ平は巨木がいっぱい

雪原を横切って駐車場へ。
いい天気でよかったね♪

今回のコースはこちら

平日なのでスタートからゴールまで誰にも会わず、森の中なので風もほとんどなし。
なかなかよいコースでしたなあ。