3月 172015
 

ココちんが旅立って、早くも1年が過ぎた。
もねさんと仲良くしているかな?

20150317-165527

もねさんとココちんの遺骨は自作の木箱に入れて自宅に置いていたが、思うところあってペット霊園に仮納骨した。
いいお墓を考えるから、しばらく待ってね。

20090803Coco@農業大学校

2009/8/3@原村・農場

3月 202014
 

ココが17日午後5時半すぎ、静かに息を引き取った。

DSC_9711

わが家で生まれたココ。
もねさんが産んでくれたココ。
何歳になっても子犬みたいで、いつでもニコニコ笑顔だった。
どこに行くにも、何をするにもいつも一緒だった。
本当に可愛くて可愛くて、「目の中に入れても痛くない」というのはこのコのことだと思った。

2年ほど前から、おしっこの出が悪くなり、自己免疫疾患と悪性肉腫の併発で難しい状態になった。
時々、体調を崩しながらも、ステロイド治療や膀胱摘出手術などに耐え、よく頑張った。
病気を抱えながらも、それを感じさせないニコニコ笑顔で、このまま寿命まで持ってくれるのではないかと期待することもあった。
でも肉腫が大きくなってきて、もう限界だった。

最後の2日ほどは食欲もだんだん落ちていた。
急性腎不全で血液の数値が悪化し、音に対して敏感になるなど脳への影響も出始めているようだった。
「ココが苦しい思いをしないように」と、それだけを願った。

17日、「これが最後かもしれない」と、もねさんのカートに乗せて公園に散歩に行った。

CIMG6465
ポカポカ陽気のいい天気だった。
このところ、家と病院の往復ばかりだったので、外に連れ出せてよかった。
ココも気持ちよさそうにしていた。

家に戻り休んでいたが、ワシらの姿が見えないとココが不安がるので、交代で撫でたり抱っこしたりしていた。
夕方、水を飲みたそうにしたので、もね母が抱きかかえて水をあげた。
ペロペロと飲み、少しむせたかと思ったら、す~っと呼吸が止まって、そのまま逝ってしまった。
悲しくて、悲しくて、あふれる涙を止められなかった。
苦しまなかったことだけが救いだった。
あと4カ月で13歳だった。

「元気なココと少しでも長く一緒にいられるように」と治療を頑張りすぎたかもしれない。
入院が長くなったり、毎日通院ばかりになっちゃって、ココちん、ゴメンな。
でもワシも、もね母も、病院の先生も、みんなそれぞれの立場で精一杯がんばったので許してほしい。

ココちん、久しぶりに、もねさんとガウガウやってるかな?
ワシらの気持ちはずっと一緒だよ。
そのうちそっちに行くから待っててな~

ココちん

ありがとう、ココちん また一緒に遊ぼうね!

 

2月 262014
 

腫瘍の放射線治療の相談のため、もね母がココを大学病院に連れて行った。
ところが検査で腎臓の数値が上がっていることが判明。
治療のため、そのまま入院することとなった。

腎臓の数値は直ちに危険なものではないが、腫瘍が大きくなって、尿管と尿道のつなぎ目付近を圧迫しているらしい。
このため、尿の流れを確保するため、すぐにカテーテルを入れることになった。
おむつを交換する際、毎回重さを測定し、尿量に大きな変化はないことを確認していたのだが・・・

主治医の話では、腫瘍は明らかに悪性の肉腫で、少しずつ大きくなっている。
このままでは周囲の腸や脊髄などを圧迫していろいろな症状が出始め、1、2ヶ月しかもたないかもしれないということだった。

放射線治療については、やってみないと効くかどうかは分からないが、残された治療法は放射線ぐらいしかない。
ただ、完治を目指すものではなく、あくまでも肉腫が大きくなるのを遅くするのが目標。
CTと組み合わせて正確な位置に放射線を当てることができる最新の機器があるので、副作用は出ても下痢ぐらいだろうとのこと。

治療は1週間おきに1回で、計4回。
ココの体調が回復したら、やってもらうことになった。

とにかくまずは体調を改善しなければ。
入院はつらいだろうが、がんばれココちん!
ココがなるべく笑顔でいられるよう最善を尽くしたいと思う。

1月 232014
 

ココちん、昨日、大学病院で検査。
腫瘍らしきものが見つかって、2週間経ったので、変化を見るのが目的。

検査の結果は

  • エコーで見ると、ボワーっとしていて輪郭が不明瞭
  • 中に核のようなものが見える
  • ボワーっとしている部分は2週間前より少し大きくなっている
  • 核のような部分でみると、2週間前より小さくなっている
  • 肛門から指を入れると、大腸壁を通して触れるものはある

といった感じで、大きくなっているのか、小さくなっているのかよく分からず。
当然、良悪性についても決着つかず。
現状のステロイド投与を維持し、1カ月後に再検査することになった。

掛かりつけ病院で水腎症の兆候を指摘された点については、「腫瘍?の影響と考えられるが現状では問題ない」とのこと。
ただし、腫瘍が大きくなって尿道、尿管や大腸を圧迫する可能性もあるので注意は必要。

なんだかよく分からないね、ココちんの病気は。
心配ではあるが、心配しすぎてもしょうがない。
引き続き、普通に、慎重にいきましょう。

12月 112013
 

ココちん、おととい(9日)の朝から急に元気がなくなった。
食べないわけじゃないが、がっつく感じではなく、お散歩もトボトボ。
病犬というほどではないが、普段の子犬らしさがなく、普通の老犬っぽくなった。

CRPが上昇した時みたいな感じだな~と思い、しばらく様子を見たが回復しないので、昨日の夕方、もね母が病院に連れて行った。

そしたら、やっぱりCRPが高かった。
感染などの兆候はなく、「自己免疫疾患だろう」との診断。

腫瘍切除後、ステロイドを投与していなかったが、1カ月ちょいたって、やっぱり自己免疫疾患の症状が出てきた。
腫瘍を取っても自己免疫疾患が治ったわけではないので仕方がない。

がんの再発、転移リスクとの兼ね合いもあり、難しいところだが、放置するわけにはいかないので、ステロイドを再開するしかない。

ということで、まずは症状を抑えるためにステロイドを病院で注射したら、あらら、あっという間に元気になった!
すごいね、ステロイドの効果は!

副作用に注意が必要だが、やっぱりこの薬は不可欠。
注意深く様子を見ながら使って、少しずつ減らしてきましょう。
完全に切ることはできないだろうが、普通の生活を維持できればそれでOK。

(おまけ動画)「ココちんのドアの開け(てもらい)方」

12月 032013
 

ココちん、数日前から手作りごはんに変えた。

20131127COCO

変な顔でがっつく(^^;

もね母がついに重い腰を上げたのである。
『山が動いた!』という感じである(^^;)

ごはんを変えたら、ウンチもりもりに!
たまにオムツの中にポロッと小さいのが転がっていることがあるが、ここまでもりもり出れば快便と言ってよかろう。

膀胱全摘後のオムツ生活も1カ月ちょい経ったが、意外なほどの苦労なし。
困った点といえば、オムツを長時間替えずにいるとオシッコを吸って重くなり、ずり下がっちゃうことぐらいか(^_^;)

昨日(12/2)は術後1ヶ月の大学病院での検診。
胸部、腹部レントゲンや血液検査など。
腫瘍の再発、転移は認められず、血液データも全て正常範囲内。
ということで「問題なし」♪

取り残した腫瘍が既に大きくなり始めている、なんてことも心配していたが、とりあえず大丈夫だった!
小さくて写っていないだけという可能性もあるが、あまり心配しすぎてもしょうがない。
今後も1カ月毎の検査を継続する予定。

追加病理検査の結果も出ていたが、腫瘍は子宮由来とは確認されなかった。
消去法的に「膀胱由来の疑い」と指摘していたが、前回の検査では「間葉系腫瘍」だった。
「間葉」はwikipediaによると「非上皮性組織」。
膀胱由来だとしても膀胱移行上皮がんではない膀胱がんということになり、その確率はかなり低い。
ということで、どこに由来するがんなのか不明のまま。

ココちんらしくなんだか分からないことが多いけど、このままズリズリズリ~っといきましょう(^^;)

10月 242013
 

17日
ココのオシッコが急にすごく出にくくなった。
体調自体は悪くなく、普段通り元気。食欲もある。
だけど、お散歩中、何度オシッコポーズをとっても一滴も出ない。
それまでも出にくいことは出にくかったが、何度かに分けて出せていた。
でも、出るのは緩いウンチだけで、オシッコがほとんど出なくなった。
お腹を触ってみると硬くてパンパン。
たまに屋内で不定期に少量のオシッコは出たものの、十分出ているようには到底思えない。
「これはおかしい!」ということで、翌日、もね母が掛かり付けの病院に連れて行くことにした。

18日
病院でエコーで調べたところ、膀胱のまわりの肉芽がさらに少し大きくなっていた。
ステロイドを増やしているのに効いていない。
これが尿道を圧迫して狭くし、オシッコが出にくいらしい。
獣医師が膀胱圧迫で排尿させたら、全部は出せなかったが、200mlぐらい出た。
週明けに大学病院に予約が入れてあったので、それまで毎日通院して膀胱圧迫でオシッコを出してしのぐことになった。

19日
昼間はなんとか家で圧迫排尿で少し出させ、夕方、病院でさらに獣医師が圧迫排尿。

20日
圧迫排尿でもやはりオシッコが出しきれないので、病院で尿道カテーテル挿入。
かなり大量のオシッコが出て、張っていたお腹がスッキリした。
X線撮影をしたところ、肉芽が膀胱を圧迫しているだけでなく、反対側にも大きくなり、大腸を圧迫していることがわかった。
これがウンチがユルユルに少しずつ出る原因らしい。
掛かり付け病院の医師は「ステロイドで内科的に抑えるのは難しくなってきました。手術が必要だと思いますが、どれぐらい肉芽を取れるかはやってみないと分かりません」と状況を説明した。

21日
もね母が連れて、大学病院へ。
ここでも掛かり付け医とほとんど同じ見解で、手術が必要との判断。
23日に手術することになった。
ただし癒着していることが予想され、開けてみないとどの程度取れるかは分からないとの説明。
お腹を開けて状態を見てから方針を相談するので、手術中は近くで待機してほしいと言われた。

22日
ココは尿道にカテーテルを入れたままだが、特に気にした様子もなく至って元気。
オシッコが抜けてお腹の張りがなくなったためか、ウンチの出方も若干改善した感じ。

23日
いよいよ手術日。

20131023-110216

病院に到着。朝から絶食で不機嫌顔

20131023-110920

がんばるんですよ!

ココを預けるとき、執刀医(教授)から説明があった。

右腎は既に機能していないが、元気な方の左腎も危ない状況。
腫瘍が大きくなって、左腎側の尿管に迫り、既に尿管が少し太くなっている。
このままだと1カ月もかからず、左腎もやられてしまうかもしれない。
開けてみないとわからないが、癒着がひどいと腫瘍をほとんど取れないかもしれない。
取れないと、どんどん大きくなって、尿も便も出なくなる可能性が高い。
そうなると、人工尿道が必要になる。
人工肛門も必要になるが、犬の場合、管理が難しく、そこまでやるかどうかは飼い主次第。

―などなど。
とにかく、開けてみて、その場で判断ということになった。

前の患犬の処置が長引いて、午後3時すぎ、手術スタート。
手術室の上に中2階的な見学室があり、そこに案内された。
麻酔を掛けられ、ひっくり返ったカエルのように仰向けに寝かされたココちんがガラス越しに見えた。
がんばれっ!
手術部位以外を布で覆って、準備完了。

カッターナイフのようなメスを持った執刀医の右手がココちんのお腹をスーッとなぞった。
と思ったら、パクっと皮膚が開いた。
すんごい切れ味!
出血もあまりない。
少し血が出ても電気メスみたいので押さえるとすぐに止まる。
開き終わって、執刀医がお腹の中に指を入れて、いろいろ探っているもよう。
しばらくして不意に手術室から出て行ったと思ったら、見学室に現れた。

やはり腫瘍は膀胱にくっついていて、はがすのは難しい。
腫瘍をとるためには、膀胱も一緒に取らなければならないだろう。
その場合は、尿管と尿道を直接つなぐ。
幸い、腫瘍は大腸側には癒着していない。
腫瘍を取れば、大腸は助かる。

との説明だった。
目の前にお腹を開いたままのココちんが待っていることもあり、ゆっくり考えている時間はない。
「なるべく、一部でもいいから膀胱を残してほしいが、無理ならば全摘で構わない」と返答。
執刀医はすぐに手術室に戻り、手術を再開した。

20131023-161535

大勢で頑張ってくれています!(画像加工済み)

剥がせるところは剥がし、剥がせないところは少しずつ切っては止血、切っては止血。
忍耐強い、慎重な作業の繰り返しで、摘出しようとしている塊が少しずつ周囲の組織から離れてきた。
やっぱり膀胱は残せないらしい。
太めの血管らしき管は糸で縛ってから切断。
ついにボコっとした塊が取れた。

さらに手術は継続し、次は尿管と尿道をつなぐ作業。
右腎は既に機能していないため、尿管を縛るだけ。時間が経つと収縮していくという。
左腎側は、
「左腎」→「尿管」→「膀胱」→「尿道」→「尿道口」となっていたのを、
「左腎」→「尿管」→「尿道」→「尿道口」とつなぎ替える。
直径5ミリぐらい?の尿道と尿管に1本のカテーテルを通し、返しのない小さな釣り針みたいのを鉗子でつかんで、チクチクと縫い始めた。

すんごい器用!

ほどなく縫いもの完了。
最後にお腹の中を生理食塩水みたいのできれいにして、内側をチクチク縫って、さらに表面をホチキスみたいのでパチンパチンと留めて終了。
所要時間1.5時間ほどであった。

終了後、またすぐに執刀医が来て結果を説明。

膀胱は残せなかったが、腫瘍は全部取れた。
腫瘍は脚に行く血管も巻き込みそうになっていて、もう少し遅かったら全部取れなかったかもしれない。
尿道はきれいに残せたので、尿管を膣ではなく尿道につなぐことができた。
オシッコがポタポタ出ちゃうので家ではオムツが必要だが、散歩の時は外しても構わない。
川で泳がせたりしても問題ない。
尿道を残せたので、膣につなぐより感染を起こしにくい。
尿の色やニオイに注意が必要。もし感染したら抗生剤で治療することになる。
縫合には溶ける糸とナイロンの糸を使った。ナイロンの糸は免疫反応を起こしにくい。
1年間ステロイドで抑えられていたのに最近急に大きくなったのは、自己免疫疾患による肉芽とは別のものだからかもしれない。
例えば残っている膣の平滑筋腫とか。
周辺のリンパ節は大きくなっていなかったし、悪性ではないと思う。(このあたり、ちょっとワシの記憶があやふや)
いずれにしても病理検査に出して調べる。

執刀医の先生は汗だくであった。
かなり大変だったらしい。
本当にどうもありがとうございました。

待合室に戻って少し待っていたら診察室に呼ばれた。
急いでいくと、ココちんが台の上に寝かされていた。

20131023-173219

「が、がんばりまちたぁ」

よくがんばりました!
これでまだまだ一緒にいられますよっ!!

まだ麻酔から覚めきっていないのでトロンとした感じ。
ちょっと震えていたが、開腹するとお腹の中から体温を奪われて寒く感じるんだそうな。

若手獣医師?が持ってきてくれたのは摘出した腫瘍と膀胱。

20131023-172914

クリックすると大きくなるので注意!

ゴルフボール2~3個ぐらいの大きさ。
重さ約130グラム。
ココちんの体でこの大きさなら、人間の大人に換算したら重さ1キロぐらいの塊がお腹の中にできていたようなものか。
いやはや、ココちんも本当にお疲れ様でした。

このあとは1週間ぐらい入院の予定。
まだ術後間もないし、膀胱を取ったことの影響も気になるが、とりあえずは一安心というところである。
ふうっ、まったくココちんは心配かけてくれるよ!

お金もたぶんかなりかけてくれたとみられる(^^;)

10月 072013
 

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ

「分かったぁ」

ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

7月 152013
 

今日も朝から暑いが、

20130715-074920

ワクワク顔のココちん♪

その視線の先では、

20130715-074956

もね母がケーキの仕上げ中

20130715-075919

でけた!

でもその前に、

20130715-082716

メロンですっ

20130715-083038

あげないと下白眼

20130715-083123

あげると上白眼になる(^^;)

そしてついに、

20130715-084415

12歳のお誕生日(+2日)おめでと~♪

20130715-084820

ケーキ入刀

きょうはおかあちゃんがいなくなってちょうど1カ月の日でもありますよ。

20130715-085204

寂しいけど健気に生きていこうね

20130715-085231

秒殺!

  その食欲で暑い夏を乗り切りましょう(^^;)

12月 062012
 

ココちん、昨日、もね母に連れられ、“無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫”の経過観察のため約1カ月ぶりに大学病院へ。(→前回「デキモノ、少し小さくなったかも♪」)

結果は、

血液検査:正常

尿検査:正常

X線&エコー

  • 膀胱を押し込んでいる肉芽はわずかに大きくなっているかもしれないが誤差範囲内
  • 水腎症気味の片方の腎臓は少し悪化か

総合判定は

  • 現在のステロイド投与を継続で問題なし
  • 内臓への悪影響は今のところ全くない。現在のステロイドの量でも大丈夫
  • 筋肉が落ちるのはやむを得ない
  • ステロイドの減量は、かかりつけ医と相談して行えばOK
  • ただし、もしも尿に異常(色、におい、量、頻度など)が見られたら、すぐに受診を

水腎症気味の片方の腎臓については、

  • 悪化して機能が失われるかもしれない
  • ただし、もう片方の腎臓が正常なので、ココの余命には影響しないと考えられる
  • だめになりそうな側の腎臓を救うために尿路変更手術は可能だが、お勧めはしない

―などなど。

で、手術などはせず、ステロイドを慎重に減らしながら経過を見守ることに。

次回、大学病院での検査は2カ月後の予定。

まあ、ワシの見解では、医療は科学と呪術のまぜこぜみたいなものである。
信じすぎず、拒否もせず、よ~く疑いながら、ジワリジワリとやっていきましょう(^^;)

20121206スパゲッちん

スパゲッちん

20121206昼寝ココ

お昼寝ココちん♪