ココちん、ステロイド増量

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ
「分かったぁ」
ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

ココちん順調♪

ココちん、昨日、もね母に連れられ、“無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫”の経過観察のため約1カ月ぶりに大学病院へ。(→前回「デキモノ、少し小さくなったかも♪」)

結果は、

血液検査:正常

尿検査:正常

X線&エコー

  • 膀胱を押し込んでいる肉芽はわずかに大きくなっているかもしれないが誤差範囲内
  • 水腎症気味の片方の腎臓は少し悪化か

総合判定は

  • 現在のステロイド投与を継続で問題なし
  • 内臓への悪影響は今のところ全くない。現在のステロイドの量でも大丈夫
  • 筋肉が落ちるのはやむを得ない
  • ステロイドの減量は、かかりつけ医と相談して行えばOK
  • ただし、もしも尿に異常(色、におい、量、頻度など)が見られたら、すぐに受診を

水腎症気味の片方の腎臓については、

  • 悪化して機能が失われるかもしれない
  • ただし、もう片方の腎臓が正常なので、ココの余命には影響しないと考えられる
  • だめになりそうな側の腎臓を救うために尿路変更手術は可能だが、お勧めはしない

―などなど。

で、手術などはせず、ステロイドを慎重に減らしながら経過を見守ることに。

次回、大学病院での検査は2カ月後の予定。

まあ、ワシの見解では、医療は科学と呪術のまぜこぜみたいなものである。
信じすぎず、拒否もせず、よ~く疑いながら、ジワリジワリとやっていきましょう(^^;)

20121206スパゲッちん
スパゲッちん
20121206昼寝ココ
お昼寝ココちん♪

デキモノ、少し小さくなったかも♪

昨日、ココちん、大学病院で経過観察の検査。

エコー検査の結果、膀胱周辺のデキモノは「少し小さくなっているかも」。
水腎症ぎみの左腎は「変化なし」。
2週間前、尿管が少し太くなっているように見えた右腎側は今回は「異常なし」。
ステロイドを減らしたら上がっちゃったCRPは、ステロイドを元の量に戻したところ「低下傾向」。

ということで、「悪性腫瘍ではなく、無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫」という診断を変更する材料はなく、現在の治療を継続することに。
ただし、現在のステロイドの量は多いため、長期間の投与は副作用の懸念がある。
このため、毎日1回投与から2日に1回投与に半減して様子を見る。

膀胱炎については、菌を特定し、効果的な抗生剤を選ぶことになった。
菌が特定され次第、結果の連絡を受け、かかりつけ医で抗生剤を処方してもらう。

大学病院で次に検査を受けるのは1か月後の予定。

20121101朝ココ
頼むよ、ココちん(^^)