10月 072013
 

先日からどうもオシッコの出方がイマイチ。
オシッコポーズをしても出なかったり、家の中でしちゃうことが結構ある。
膀胱&尿道周囲の無菌性脂肪織炎の腫瘍が大きくなっているようだが、ステロイドを増やすと膀胱炎が治らない。
困りましたね、ということで、かかりつけ医の勧めで本日、久しぶりに大学病院へ行った。

エコーで調べたところ、腫瘍の大きさは4センチ×5センチぐらい。
やっぱり、落ち着いていた時よりも1センチぐらい大きくなっていた。
当面、膀胱炎よりも腫瘍を優先しましょう、ということになり、ステロイド1日1錠に増やすことになった。
この量は、普段飲み続けていた量の4倍。
これを2週間続けて様子を見る。

去年同じ量を飲んでいた時期は、内臓への副作用は出なかったが、脚などの筋肉が落ちた。
あっちを立てればこっちが立たずで難しいが仕方がない。
ココちんが生きている限り、付き合わねばならん病気だからな。

調子が悪かったらすぐに言いなさいよ!

20131007ココ

「分かったぁ」

ココちんはもねさんみたいな「調子が悪くてもがんばるタイプ」ではなく、どちらかというと「露骨に元気がなくなるタイプ」(^_^;)
体調が悪いのを見逃す可能性は比較的小さいとは思うが、十分注意して、慎重に行きましょう。

12月 062012
 

ココちん、昨日、もね母に連れられ、“無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫”の経過観察のため約1カ月ぶりに大学病院へ。(→前回「デキモノ、少し小さくなったかも♪」)

結果は、

血液検査:正常

尿検査:正常

X線&エコー

  • 膀胱を押し込んでいる肉芽はわずかに大きくなっているかもしれないが誤差範囲内
  • 水腎症気味の片方の腎臓は少し悪化か

総合判定は

  • 現在のステロイド投与を継続で問題なし
  • 内臓への悪影響は今のところ全くない。現在のステロイドの量でも大丈夫
  • 筋肉が落ちるのはやむを得ない
  • ステロイドの減量は、かかりつけ医と相談して行えばOK
  • ただし、もしも尿に異常(色、におい、量、頻度など)が見られたら、すぐに受診を

水腎症気味の片方の腎臓については、

  • 悪化して機能が失われるかもしれない
  • ただし、もう片方の腎臓が正常なので、ココの余命には影響しないと考えられる
  • だめになりそうな側の腎臓を救うために尿路変更手術は可能だが、お勧めはしない

―などなど。

で、手術などはせず、ステロイドを慎重に減らしながら経過を見守ることに。

次回、大学病院での検査は2カ月後の予定。

まあ、ワシの見解では、医療は科学と呪術のまぜこぜみたいなものである。
信じすぎず、拒否もせず、よ~く疑いながら、ジワリジワリとやっていきましょう(^^;)

20121206スパゲッちん

スパゲッちん

20121206昼寝ココ

お昼寝ココちん♪

11月 012012
 

昨日、ココちん、大学病院で経過観察の検査。

エコー検査の結果、膀胱周辺のデキモノは「少し小さくなっているかも」。
水腎症ぎみの左腎は「変化なし」。
2週間前、尿管が少し太くなっているように見えた右腎側は今回は「異常なし」。
ステロイドを減らしたら上がっちゃったCRPは、ステロイドを元の量に戻したところ「低下傾向」。

ということで、「悪性腫瘍ではなく、無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫」という診断を変更する材料はなく、現在の治療を継続することに。
ただし、現在のステロイドの量は多いため、長期間の投与は副作用の懸念がある。
このため、毎日1回投与から2日に1回投与に半減して様子を見る。

膀胱炎については、菌を特定し、効果的な抗生剤を選ぶことになった。
菌が特定され次第、結果の連絡を受け、かかりつけ医で抗生剤を処方してもらう。

大学病院で次に検査を受けるのは1か月後の予定。

20121101朝ココ

頼むよ、ココちん(^^)

10月 182012
 

昨日は動物病院ダブルヘッダー。

もねさんはわきの下の傷の縫合のため、かかりつけ医へ。
ココちんは、膀胱移行上皮癌ではないことを確定させるため大学病院へ。

で、ココちんがまたしても予想外のことをしてくれた。
検体を取るために全身麻酔をかけて太い針をお腹に刺したのに、なんと検体取れず!
この結果、病理検査による確定診断はできないままとなってしまった。
CTなどほかの検査で、「ほぼ間違いなく悪性腫瘍ではない」となったから、まあいいけどさ(^^;)

まず、朝、もねさんをかかりつけ医に搬送。
こちらは傷の表面の治りの悪い組織を取り除いて縫合するだけ。
治療を待つ間にもねさんが「あ゛~」とか「う゛~」とかうるさかったら、「水っ!」か「寝返りっ!」か「撫でれっ!」なので適当にヨロシクとお願いしてお預けに。

20121017-130322

朝食抜きでゲッソリしたココちん(^^;)

昼からはココちんを連れて大学病院へ。

この日の目的はCTと生検だが、全身麻酔をかけるため、まずは血液検査から。
結果は全く問題なし。CRPも0.1に低下していた。

予定通りCTと生検を行うことになり、待つこと3時間。
説明のため診察室に現れた獣医師は開口一番、「太い針をブスブス刺したんですけど、(検体を)取れませんでした」。
「ブスブス」という表現がちょっと気になったが(^^;)、それは置いといて…
通常ならば刺した針の中に細胞が入るはずなのだが、ココちんの膀胱付近のデキモノは硬く線維化?していて、うまく取れなかったとのこと。
リスクゼロではない全身麻酔までしたのに、検体が取れないのでは目的の病理検査はできない。
「なぬ~?!」と思ったが、「癌ならば細胞が針にポロポロ入るはず。細胞が取れなかったことは、むしろ癌ではない可能性を示している」との説明にひとまず納得した。

ココちんの赤裸々なCT画像

続いてCTの結果説明へ。
モニターに映しながら、「他の臓器への転移見つからず」「リンパ節転移もなし」と、まずは癌ではない可能性を補強する良い材料。
問題の膀胱内のデキモノについては「CTで見る限り、これは膀胱を外側から内側に押している」と獣医師。
やはり、避妊手術の断端にできた肉芽が大きくなった可能性が大で、病名としては「無菌性脂肪織炎」か「無菌性肉芽腫」とのこと。
以前は手術で使った縫合糸に対する免疫反応が原因と言われていたが、最近では手術そのものが刺激となった免疫異常との見方が強いらしい。

ということで、「100%とは言えないが、膀胱移行上皮癌ではないとみて間違いない」との結論に\(^o^)/

ただ手放しで喜べるわけではなく、デキモノによって頻尿などの排尿異常が起きていることに変わりはない。
造影剤を入れてみたところ、膀胱へ尿が流れにくくなっいる右腎は水腎症を起こしており、これ以上デキモノが大きくなると機能を失う可能性が高い。
左尿管もわずかに太く見え、負担がかかっている可能性がある。
ただ、腎臓は2つのうち1つが正常ならば問題なく、左腎そのものは今のところ問題ない。
しかしこちらも、デキモノが大きくなってくると影響を受ける可能性はあるとのこと。

で、提案された選択肢は、

  1. ステロイドを続け、デキモノの大きさや右腎の水腎症の程度などを経過観察する
  2. 開腹手術で右腎からの尿管を膀胱の別の場所につなぎ変えて流れを良くする。同時に、可能ならばデキモノを取り除く

―の2つ。

ステロイドが効いてデキモノがほとんどなくなるケースもあるらしい。
だが、ココの場合は線維化しているようなので、効いてもあまり小さくならないかもしれない。
開腹手術には11歳という年齢が微妙。
手術までしなくても、腎臓が1つ機能していれば、天寿を全うできる可能性はかなりある。
右腎の水腎症が悪化した場合、開腹手術以外の手段として、経皮的に尿管内にステントを留置する方法もある。

…などと考え、直ちに開腹手術はせず、当面はステロイドを続けて経過観察することにした。
デキモノが大きくなったりしなければ、ステロイドを少しずつ減らす方針。

次回は2週間後に大学病院でエコーで経過観察。
そのままいけそうなら、その後、かかりつけ医での経過観察(月1ぐらい?)に移行する予定。

そうこうするうちに外では雨が降り出し、「ありゃ大変、遅くなっちゃった」と、もねさんを迎えにかかりつけ医へ。

到着すると、もねさん、「いい子にしてましたよ~♪」とカートに乗せられて登場。
処置は問題なく終了していた。
皮膚を寄せて少し小さくなっていると思われるが、傷跡は長さ2cm弱で4針縫ってあった。
変に化膿したりしなければこれで大丈夫だろう。
順調ならば10日ぐらい後に抜糸の予定。

ということで、このところのバタバタはこれでおしまいにしてほしいな♪

 

【10/19追記】

9月16日に大学病院で採取した検体の細胞診報告書のコピーをもらった。
それによると、「診断:慢性炎症および線維芽細胞増殖;出血」となっていた。
難解なので分かりそうな場所だけ抜粋すると、

「6枚のスライドの評価を行った。
中等度数の紡錘形細胞などがみられる。
紡錘形細胞は…異形性はなく、おそらく線維芽細胞を示唆する。
病原体は見られない。
コメント:異形細胞や病原体は見られなかった。…」

ってことで、「あれ~っ、癌じゃないのかも?」となったもよう。

10月 112012
 

もねココ、かかりつけ医へ。

まず、ココちんについて。
もね母が「大学病院で無菌性脂肪織炎の可能性大と指摘された」と報告すると、
「えっ!」と担当獣医師ビックリ。
そりゃそうだよね、みんな、癌だと思っていたもんね。
担当獣医師は「う~ん、大学病院の先生がそう言うのなら…」としながらも、「まだ五分五分ぐらいに思っていたほうがいいでしょう」と慎重な様子だったとのこと。

で、今日はエコーと血液検査を実施。
結果は、

  • 腫瘍?の大きさは2.4 x 1.6 x 1.7[cm]。少し小さくなっているかもしれないが誤差範囲かも
  • 癌であるとすれば最初に転移するはずの腰下リンパ節に転移の兆候なし
  • CRPは0.6[mg/dl]で正常範囲

CRPが正常になったのでステロイドは明日から半分に減らし、抗生剤は止めることになった。

もねさんはわきの下の傷の診察。
傷はそれほど大きくないが、肉が盛り上がってきていない。
傷の表面が再生しにくい状態になっているもよう。
薬を変えてさらに様子見に。
それでも改善しない場合は、表面を取り除いて再生を促す必要があるかもしれないとのこと。

もねさんは地道に頑張りましょう。

3月 202012
 
  1. ワラワラと届いた。ロックジャルダン用ポット苗。前列左からキクバクワガタ、千島ラッキョウ、コマクサ。後列左から筑紫カラマツ、姫シャジン、千島ウスユキソウ、タカネビランジ。 http://t.co/6z42qqiA
    山野草ポット苗


  2. もねさん、先日の検査結果を聞きに動物病院へ。血液、X線(胸部、腹部、背骨)、エコー(心臓)いずれも異常なし。DMの影響ははまだ呼吸器まで来ていないとの判定。フィラリア陰性。予防接種が必要か判断するため抗体検査を依頼。
  3. クリスマスローズ「アシュードオレンジペコ」。先日、もね母がミヨシ・ペレニアルガーデンのクリスマスローズ即売会で購入。暖かくなったら庭に植える予定。 http://t.co/383mKzhq
    Helleborus


Powered by t2b

1月 302011
 


禁欲的なワシにも5年に1度ぐらい物欲が襲ってくるが、もねココの健康トラブルも2、3年に一度ドカンとやってくるような気がする。
今がその時期か?

1.もねさん、膀胱炎

1月23日、夕方の散歩を終え小屋に戻ったあと、もねさんが急におしっこを漏らしちゃったり、頻尿になってしまった。

もねさんは、屋内では絶対におしっこをしないオンナなのでかなり異常な事態。外に出すと、もうほとんど出ないのに、1、2分おきに何度も何度もおしっこをしぼりだそうとする。そしておしっこした後の尿道口にはなんとなく赤いしずく。「こりゃ、膀胱炎かも」ということで、急遽早めに東京へ戻り、動物病院へ直行した。

病院ではエコーで膀胱を調べ、カテーテルで採取して尿検査を実施。エコーでは膀胱壁が少し厚くなっているのが分かり、尿検査では潜血が確認された。詳しくは尿を培養して菌が感染しているかどうか調べる必要があるが、とりあえず膀胱炎の可能性が高いということになり、抗生剤と止血剤を処方された。

薬を飲み始めたら、翌日からお漏らしと頻尿はぱたっと止まり排尿は正常に戻った。ただしここで油断して薬をやめると、再発する可能性があるので、最低3週間は薬を飲み続ける必要があるとのこと。現在、外部機関で菌の同定を行っており、結果次第では薬の種類を変えることもあるらしい。

2.ココちん、避妊手術&乳腺腫瘍&卵胞嚢腫

もね母の希望により、28日にココちんの避妊手術を行った。♂のワシにはよく分からんが、ヒート期間中、精神的に不安定になったり、ヒートがなかなか終わらなかったりするのを気にしてのことらしい。

避妊手術は卵巣と子宮を両方取る方法で行われた。獣医師の説明では、すごく大雑把に言うと、アメリカは「卵巣と子宮を両方取る派」で、ヨーロッパは「卵巣だけ取る派」らしい。この病院では最近は卵巣だけ取り子宮を残すことが多いらしいが、ココちんは高齢であり子宮に腫瘍ができている可能性もないわけじゃないので、念のため両方取ることになった。

この病院では腹腔鏡手術も可能だが、ココちんは高齢で内臓脂肪が多いことが予想されるため、通常の開腹術で実施した。

ココちんを病院に預けて家で待機していると、病院から電話。「術前の検査で乳腺に小さなしこりが2箇所あるのが見つかった。乳腺腫瘍の可能性が高いと思う。一緒に取ったほうがいいと思うが、どうしますか?」

しこりが良性か悪性かは切除して検査に出さないと分からない。通常ならしばらく様子をみるという選択肢もありうるが、麻酔をして避妊手術をすることが決まっていたので、一緒に取ってもらうことにした。

乳腺腫瘍は、もねさんも以前見つかり、切除したことがあったので、ココちんについても気にしていた。もねさんの2回目の乳腺腫瘍はワシが自己流触診でかなり早期に見つけたが、ココちんは「女子体操選手」のような小柄だけど筋肉質の体型(^^;)。触っても内臓がパツンパツンに詰まっている感じがして、どうもよくわからなかった。病院での獣医師による触診でもいままで見つからなかったが、今回は手術のためお腹の毛を剃ったら、ポツンとしこりがあるのが見ただけで分かったという。

見つかったしこりはごく小さく、切除のための傷も小さくて済んだ。良悪性が分かるには10日ぐらいかかるが、仮に悪性だとしてもきれいに取れたはずという。(2/4追記)病理検査の結果、良性と判明!

あと、避妊のため卵巣を切除したら、軽度の卵胞嚢腫だったことも判明した。これについては、取ってしまえば問題ないのであまりよく聞いてないが、まあ、結果的に避妊手術をして良かったということになるのだろう。


久しぶりに字をいっぱい書いてしまった。字が多い記事って読まれないんだよね~(^^;)

1月 252011
 
  1. もねさん、やはり膀胱炎の疑い濃厚。昨夜は乗り切ったが朝お漏らし。急に尿意が来て我慢できないらしい。外に出すと数分おきに無理やり出すようにするが数滴しか出ない。出したあと尿道口に少し血が滲んでいる。昨日、ホームセンターで共用のペットカートを使ったのが原因かも? 午後病院へ行く予定。
  2. 病院順番待ち。車内待機中。今日も混んでいる。
  3. もねさん検査中。ココちん車内待機中。
  4. もねさん、尿検査で「潜血+++」、細菌培養の結果は明日以降。膀胱のエコーでは「壁が厚くなっている=炎症がおきている」。ということで「膀胱炎の可能性が高い」との診断結果。抗生剤(ラリキシン)と止血剤(トランサミン)をとりあえず1週間服用することに。
  5. 細菌培養の結果、菌が出なければ1週間で治療終了だが、菌が確認されれば抗生剤を変えてさらに2週間服用の可能性もあるとのこと。薬が効けば症状は2、3日で収まるが、完全に治すため、しばらく薬をのみ続ける必要があるらしい。
  6. 雌の場合、肛門と尿道口が近いので便の菌が感染しやすいらしい。ホームセンターのペットカートについては「そんなにすぐには発症しない」とのことで疑惑解消。もねさん、症状が収まるまでしばらくオムツ犬になってもらうけど許してね。

Powered by t2b

4月 152008
 

ココちん&もねさん、、昨日、もね母に連れられ獣医へ。

ココ、エコー検査の結果、十二指腸の厚さ(1.6ミリ)は問題なし。
やっと治療終了となった(^o^)

もねは狂犬病ワクチンを接種。
ココは来週に予定。

もねさんの乳腺腫瘍再発以来、落ち着かない日が続いていたが、やっと平静を取り戻した感じですね♪

3月 312008
 

 【胃】(3/21にサンプル採取)
 診断=「幽門過形成」
 (コメント)
 「胃の幽門部が採取されている。粘膜は不整となっており、不整に拡張した幽門腺が認められるが、これらの細胞には腫瘍性の変化は認められない。
 粘膜の過形成の病変と考えられる。今回検索した組織は粘膜の表層部に近い組織だが、過形成の程度は比較的軽度と考えられる。
 この病変は良性の過形成の範疇に入る病変であり、腫瘍性病変ではないが、粘膜の増生が顕著になると幽門狭窄を引き起こすこともある。また今回は評価できないが、粘膜下組織に病変が存在し、幽門狭窄が引き起こされることもある。」

 【十二指腸】(3/21にサンプル採取)
 診断=「化膿性炎症および異型性のない腸粘膜上皮の出現」
 (コメント)
 「標本中には血液成分を背景に、好中球を主体とした炎症性細胞が採取されている。好中球には軽度の核の変性が見られ、桿菌が混在している。わずかな腸粘膜上皮が見られるが、悪性腫瘍を示唆する異型性は認められない。今回の標本には化膿性炎症像が観察されるのみ。本標本が二次感染のみを反映している可能性もあり、抗生物質に反応が見られないようであれば、さらに診断を進める必要がある。」

 【本日のエコー検査】
 「十二指腸の厚さは問題なし。厚かったときには6.5ミリあったが、本日は2.5ミリ。食べ物が入っていているため風船のように伸びて薄くなっている可能性もあるが・・・。胃も活発に動いている。」

 【獣医師見解】
 「何らかの細菌感染により幽門の過形成が生じた可能性がある。過形成は1、2週間ではできない。しばらく前に感染していたと考えられる。現在症状がなくても、ちゃんと治るには時間がかかる。もうしばらく抗生物質による治療を続けましょう。」

ということで、もうしばらく抗生物質を続けることになった。
勝手にやめちゃっていたが、ちと早かったらしい。
だが、ステロイドはやめてよいとのことで、おしっこの心配はないので許す(汗)

もね母、急用により本日からしばらく南半球へ。
しっかりミッションを達成してくるように!

ワシらは父娘3人、健気に生きていこうな(^_^;)