6月 162013
 

この14年半の間、わが家の原動力であり、かけがえのない宝ものだったもねさんが、15日午前4時ごろ、静かに息を引き取った。

20130615-052730

変性性脊髄症(DM)を発症してから4年超。
症状が進行しながらも、期待以上の粘りを見せ続けてきたもねさん。
最後だけ急だったが、もうちょっとがんばって欲しかったなんて言っちゃいけないよね。

14日夜、ドライフードに鶏がらスープをかけた夕ごはんを、口にスプーンで入れてもらいながらだけどしっかり食べ、お刺身もパクパクと食べた。
立派なウンチも出た。
まさかその夜、急変するとは思いもしなかった。

いつもの夜と同じように時々「アゥアゥ」と騒ぐので、そのたびにもね母が抱っこしたり寝返りを打たせたりしていた。
最後に寝返りを打たせたのが午前3時半。
4時半ごろ、もねさんのお腹が動いておらず、呼吸が止まっているのにもね母が気づいた。
身体はまだ温かく、一見、普通に寝ているようだった。
だが、口を開けると舌が紫色に変色し、コットがオシッコで濡れていた。

慌ててワシはもねさんのマズルを口にくわえて、鼻から息を吹き込み人工呼吸をした。
もね母も胸部を押して心臓マッサージを試みた。
でも反応はなかった。
仮に蘇生に成功したとしてもDMが治るわけではない。
もねさんが逝ってしまったという事実を受け入れるしかなかった。

いつ急変してもおかしくないと頭では分かっていた。
でも、3年程度とされるDMの生存期間を乗り越え、「何とか年越しを」「もう一度、雪遊びができるまで」「もう一度、みんなで一緒にお花見ができるまで」というワシらの勝手な希望を次々とかなえてきてくれたもねさん。
このまま夏も乗り切れちゃうかも、とちょっと期待していた。

今にして思えば、最近少し食欲が落ちていたのが兆候だったのかもしれない。
以前は首を支えてあげれば必ず自分で食べていた。
それが、スプーンで口に入れてあげないと食べないことが増えていた。
ご飯を目の前にしてもなかなか目が覚めないことが多くなっていた。
血中酸素濃度が低下して、少しずつ意識レベルが下がっていたのかもしれない。

数日前から目の瞬膜が少し出たままになっていた。
片目だけだが、1週間ほど前にいったんなり、1日ほどですぐに治ったが、2日ほど前から再び発症していた。
何日か治らなかったら病院で診てもらうつもりだったが、もしかしたら脊髄の変性が進んでいたことを示していたのかもしれない。

今日、ワシともね母とココで見送った。

20130616-134448

いまは小さな骨壷に入っている。
もねさんのいた場所がポッカリと空いて、家の中にスペースができてしまった。

北海道から沖縄まで、いろいろな所に一緒に行った。
海でも雪山でも、どこででも一緒に遊べた。
毎週のように出たフリスビーの大会では悪コンディションの時ほど頼りになるパートナーだった。
強くて優しいもねさんは、いつもワシの誇りだった。

もねさんはワシらと一緒で幸せだったかなぁ?
麻痺が進んで首から上しか動かなくなったもねさんが、何か言いたげにワシの顔をウルウルした目でじっと見つめていた様子が目に浮かぶ。
ワシはもねさんと暮らせて本当に幸せだったよ。
もね母も同じだと思う。
ありがとな、もねさん。

しばしのお別れだけど待っててな

しばしのお別れだけど待っててな~

12月 202012
 

20121220夜もね

病院では何故かご機嫌だったらしい^^;

もねさん、本日、動物病院にて傷の診察。

まず、わきの下の傷。
4日前の通院時に、傷の中を洗浄できるように隙間をあけて一部を縫ったが、順調に回復しているとのこと。
膿は少し出ているが量は減っており、傷自体も奥のほうからくっついてきて小さくなっている。

年内は無理だが、順調にいけば年明けには傷を全部縫って塞ぐことができそう。

次に外側の床ずれ(包帯ずれ?)的な傷。
こちらも外周から肉が盛り上がってきて傷が小さくなってきた。
このまま順調に回復すれば縫わないでも自然に治るだろうとの獣医師の見通し。

年内はあと2回通院予定。
油断しないでしっかり治しましょう!

12月 092012
 

もねさん、左前脚付け根の外側に床ずれのような傷ができてしまった。

「寝たきり犬は床ずれに要注意。一度できてしまったら簡単には治らない」と言われていたのだが…う~む

20121209もね床ずれができたのは伸縮包帯を巻いている部分。
包帯を外さないと見えないので、気が付かなかった。
同じ脚のわきの下の傷に入れたアクアセルAgがはみ出しちゃったので、今朝、もね母が病院に連れていき、獣医師が新たな傷を発見した。
2日前にはなかったが、少し大きめの傷になっているらしい。

わきの下に傷があるため、なるべく左側が上になるように寝かせていたので、体重がかかっていた時間は短いはず。
右側のほうが体重がかかっている時間が圧倒的に長いのだが、そちら側に床ずれはない。
床ずれ防止マットも使っている。
包帯で巻いているのが長期間になってしまったので、血行が悪くなっていたのか?
包帯の巻き方はかなり緩めなのだが…

とにかく、このままではよろしくないので、次回通院時にわきの下の傷を、ドレーン(排液用のチューブ)を入れて縫ってしまい、包帯をなるべく早く外す方針。
わきの下の傷は、もう少し時間を掛けてもっと良くなってから縫う予定だったが、やむをえまい。
床ずれの傷はいまのところ深くはないという。
様子を見て、こちらも縫うことになるらしい。

寝たきりになると、ちょっとしたことをきっかけにいろいろなことが起こる。
悪循環の連鎖をなんとか断ち切らねば!

11月 262012
 

もねココ、動物病院へ。

21121126夜もねまず、もねさんから。
わきの下の傷は「劇的に回復」\(^o^)/
銀イオン被覆保護材(アクアセルAg)による治癒促進がうまく作用しているもよう。
傷の底が盛り上がってきて、新しい組織ができつつあるらしい。
経過が順調なのでこのまま治療を継続して様子見。
伸縮包帯がどうしてもずれてしまうので今回はさらに多めに巻き巻き(^^;)

21121126夜ココ次、ココちん。
尿検査は今回はなし。
炎症の程度を示すCRPは0.25で正常\(^o^)/
抗生剤は念のためもう少し続けるが、ステロイドを半減し、2日に1回にすることになった。
ココちん、ステロイドの副作用のうち、「筋肉が落ちる」が出始めている。
具体的な悪影響は今のところないが、両目の外側の筋肉が落ちて少し凹んだ。
この場所や頬の筋肉が落ちやすいらしい。
膀胱炎による炎症はなくなったはずなので、今度はステロイドを減らしても前回のようにはCRPが再上昇しないことを期待したい。

11月 112012
 

もねさんの誕生日の9日、もねココ&もね母で東高根森林公園に行ったらしい。

東高根森林公園は、もねさんがご幼少のみぎりにお住まいになられていた川崎・梶が谷のマンションから車で10分ほどのところにある大きな公園である。

20121109-114833

毎日のように通ったけど、覚えているかなぁ

20121109-121206

芝生広場でお友達のみんなと走り回っていたんだよ

20121109-130231

いい誕生日になりましたね♪

11月 092012
 

ついにここまでたどり着いた。
もねさん、おめでとう。そしてありがとう。
まだもうちょいがんばろうな。

20121109-201324

もね母の“ほぼ手作りケーキ”でお祝い♪

20121109-201843

がっつくもねさん(^^;)

20121109-201855

お相伴のココちん。掃除機並みの吸引力!

20121109-185912

もねさんと同じ1998年産のワインは微妙な味わいであった

なにせ980円だったからな。
安いのにはやはり理由があったということか(^^;)

11月 032012
 

もねココ、昨日、動物病院へ。

もねさんは、わきの下の傷の菌の培養結果が出ていた。
それによると、同定菌名は「コアグラーゼ(-)Staph」。
コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)という、よくある常在菌らしい。
だが、もねさんから検出されたのは、効く抗生剤があまりない、いわゆる耐性菌というやつ。
どうりで治りが悪いわけだ、という結果だった。
でも、ヒビテンで日夜バシャバシャと傷口を洗浄している効果か、膿の出方は減り、だいぶきれいになってきた。
抗生剤をビブラマイシンに換え、傷の洗浄を徹底して、さらに様子を見る。
傷は少し深くなってしまったが、膿が出なくなれば自然にくっつき始め、縫うことも可能になるという。

ココちんは、先日大学病院でステロイドを2日に1回にするように言われた。
だが、かかりつけ医はCRPが完全に正常値まで下がってからにした方がいいという慎重な意見。
確かにココちんの場合、ステロイドの減量を急ぐと、元気がなくなったり、CRPが再上昇したりする恐れがある。
ステロイドの影響で肝臓の数値は高いが、まだ問題になるほどではないという。
今回はかかりつけ医の意見を尊重し、もうしばらく1日1回投与でいくことにした。

昼もね

頼むよ、もねさん(^^;)

10月 182012
 

昨日は動物病院ダブルヘッダー。

もねさんはわきの下の傷の縫合のため、かかりつけ医へ。
ココちんは、膀胱移行上皮癌ではないことを確定させるため大学病院へ。

で、ココちんがまたしても予想外のことをしてくれた。
検体を取るために全身麻酔をかけて太い針をお腹に刺したのに、なんと検体取れず!
この結果、病理検査による確定診断はできないままとなってしまった。
CTなどほかの検査で、「ほぼ間違いなく悪性腫瘍ではない」となったから、まあいいけどさ(^^;)

まず、朝、もねさんをかかりつけ医に搬送。
こちらは傷の表面の治りの悪い組織を取り除いて縫合するだけ。
治療を待つ間にもねさんが「あ゛~」とか「う゛~」とかうるさかったら、「水っ!」か「寝返りっ!」か「撫でれっ!」なので適当にヨロシクとお願いしてお預けに。

20121017-130322

朝食抜きでゲッソリしたココちん(^^;)

昼からはココちんを連れて大学病院へ。

この日の目的はCTと生検だが、全身麻酔をかけるため、まずは血液検査から。
結果は全く問題なし。CRPも0.1に低下していた。

予定通りCTと生検を行うことになり、待つこと3時間。
説明のため診察室に現れた獣医師は開口一番、「太い針をブスブス刺したんですけど、(検体を)取れませんでした」。
「ブスブス」という表現がちょっと気になったが(^^;)、それは置いといて…
通常ならば刺した針の中に細胞が入るはずなのだが、ココちんの膀胱付近のデキモノは硬く線維化?していて、うまく取れなかったとのこと。
リスクゼロではない全身麻酔までしたのに、検体が取れないのでは目的の病理検査はできない。
「なぬ~?!」と思ったが、「癌ならば細胞が針にポロポロ入るはず。細胞が取れなかったことは、むしろ癌ではない可能性を示している」との説明にひとまず納得した。

ココちんの赤裸々なCT画像

続いてCTの結果説明へ。
モニターに映しながら、「他の臓器への転移見つからず」「リンパ節転移もなし」と、まずは癌ではない可能性を補強する良い材料。
問題の膀胱内のデキモノについては「CTで見る限り、これは膀胱を外側から内側に押している」と獣医師。
やはり、避妊手術の断端にできた肉芽が大きくなった可能性が大で、病名としては「無菌性脂肪織炎」か「無菌性肉芽腫」とのこと。
以前は手術で使った縫合糸に対する免疫反応が原因と言われていたが、最近では手術そのものが刺激となった免疫異常との見方が強いらしい。

ということで、「100%とは言えないが、膀胱移行上皮癌ではないとみて間違いない」との結論に\(^o^)/

ただ手放しで喜べるわけではなく、デキモノによって頻尿などの排尿異常が起きていることに変わりはない。
造影剤を入れてみたところ、膀胱へ尿が流れにくくなっいる右腎は水腎症を起こしており、これ以上デキモノが大きくなると機能を失う可能性が高い。
左尿管もわずかに太く見え、負担がかかっている可能性がある。
ただ、腎臓は2つのうち1つが正常ならば問題なく、左腎そのものは今のところ問題ない。
しかしこちらも、デキモノが大きくなってくると影響を受ける可能性はあるとのこと。

で、提案された選択肢は、

  1. ステロイドを続け、デキモノの大きさや右腎の水腎症の程度などを経過観察する
  2. 開腹手術で右腎からの尿管を膀胱の別の場所につなぎ変えて流れを良くする。同時に、可能ならばデキモノを取り除く

―の2つ。

ステロイドが効いてデキモノがほとんどなくなるケースもあるらしい。
だが、ココの場合は線維化しているようなので、効いてもあまり小さくならないかもしれない。
開腹手術には11歳という年齢が微妙。
手術までしなくても、腎臓が1つ機能していれば、天寿を全うできる可能性はかなりある。
右腎の水腎症が悪化した場合、開腹手術以外の手段として、経皮的に尿管内にステントを留置する方法もある。

…などと考え、直ちに開腹手術はせず、当面はステロイドを続けて経過観察することにした。
デキモノが大きくなったりしなければ、ステロイドを少しずつ減らす方針。

次回は2週間後に大学病院でエコーで経過観察。
そのままいけそうなら、その後、かかりつけ医での経過観察(月1ぐらい?)に移行する予定。

そうこうするうちに外では雨が降り出し、「ありゃ大変、遅くなっちゃった」と、もねさんを迎えにかかりつけ医へ。

到着すると、もねさん、「いい子にしてましたよ~♪」とカートに乗せられて登場。
処置は問題なく終了していた。
皮膚を寄せて少し小さくなっていると思われるが、傷跡は長さ2cm弱で4針縫ってあった。
変に化膿したりしなければこれで大丈夫だろう。
順調ならば10日ぐらい後に抜糸の予定。

ということで、このところのバタバタはこれでおしまいにしてほしいな♪

 

【10/19追記】

9月16日に大学病院で採取した検体の細胞診報告書のコピーをもらった。
それによると、「診断:慢性炎症および線維芽細胞増殖;出血」となっていた。
難解なので分かりそうな場所だけ抜粋すると、

「6枚のスライドの評価を行った。
中等度数の紡錘形細胞などがみられる。
紡錘形細胞は…異形性はなく、おそらく線維芽細胞を示唆する。
病原体は見られない。
コメント:異形細胞や病原体は見られなかった。…」

ってことで、「あれ~っ、癌じゃないのかも?」となったもよう。

10月 172012
 
  • 今日は検査だから朝ごはん抜きですよ(^_^;) http://t.co/BQENvDwM 07:47:05
    20121017朝ココ
  • もねさん、わきの下の傷の治療のためかかりつけ医へ。なかなか表皮が再生しないため、表面の壊死した?組織を除去し縫合する。と書くと大げさだが、傷は小さいので部分麻酔で済む予定。もねさんの治療の間にココちんを大学病院に連れて行きCT&生検。終了後、夕方もねさんを迎えに行く予定。 09:40:23
  • 病院到着。いい子で頼むよ♪吉報を待つ。 http://t.co/c2BBWKms 13:08:50
    20121017昼ココ
  • ココ、検査終了。確定できなかったが、膀胱移行上皮癌ではなく、無菌性脂肪炎または無菌性肉芽腫でほぼ間違いなし。問題箇所が硬く維化?していて病理検査用サンプル採れず。そのこと自体が悪性腫瘍ではないことを示唆。今後は右腎臓の水腎症対策に移る。遅くなった。もねさんを迎えに行かねば。 18:02:59
  • もねさんを回収し帰宅。傷の縫合は問題なく完了。順調ならば抜糸は約10日後。ココちんも麻酔トラブルなし。家に帰って元気にカーペットにスリスリ(^_^;) これにて本日のミッション終了。 20:22:23
10月 152012
 

もねさんが大学病院での検査で「動脈血の酸素分圧がかなり下がっている」と指摘され、「短い場合は1カ月程度しかもたないこともありうる」と告げられたのが9月5日。

さらに、ココちんがかかりつけ病院で膀胱移行上皮癌の疑いを指摘され、「何もしなければ余命1、2カ月」と言われたのが9月18日。

ダブルショックに打ちのめされてから早くも約1カ月たった。
でも、もねさんもココちんも元気に生きている!

もねさんは先日の検査でなぜか?酸素分圧が正常値に回復(^o^)
暑くて「ハアハア」することはあるが、呼吸自体が苦しそうな様子はない。

ココちんも、一時体調が悪化したが、癌ではない可能性が浮上\(^o^)/
体調もステロイド投与で劇的に回復し、以前と同じようにニコニコ笑顔で過ごしている。

ありがたいことであるなぁ。
神さま、ありがとうですよ、ホントに。

20121015もねココ

このままGo!Go!ですよ~