もねさんが静かに旅立った

この14年半の間、わが家の原動力であり、かけがえのない宝ものだったもねさんが、15日午前4時ごろ、静かに息を引き取った。

20130615-052730

変性性脊髄症(DM)を発症してから4年超。
症状が進行しながらも、期待以上の粘りを見せ続けてきたもねさん。
最後だけ急だったが、もうちょっとがんばって欲しかったなんて言っちゃいけないよね。

14日夜、ドライフードに鶏がらスープをかけた夕ごはんを、口にスプーンで入れてもらいながらだけどしっかり食べ、お刺身もパクパクと食べた。
立派なウンチも出た。
まさかその夜、急変するとは思いもしなかった。

いつもの夜と同じように時々「アゥアゥ」と騒ぐので、そのたびにもね母が抱っこしたり寝返りを打たせたりしていた。
最後に寝返りを打たせたのが午前3時半。
4時半ごろ、もねさんのお腹が動いておらず、呼吸が止まっているのにもね母が気づいた。
身体はまだ温かく、一見、普通に寝ているようだった。
だが、口を開けると舌が紫色に変色し、コットがオシッコで濡れていた。

慌ててワシはもねさんのマズルを口にくわえて、鼻から息を吹き込み人工呼吸をした。
もね母も胸部を押して心臓マッサージを試みた。
でも反応はなかった。
仮に蘇生に成功したとしてもDMが治るわけではない。
もねさんが逝ってしまったという事実を受け入れるしかなかった。

いつ急変してもおかしくないと頭では分かっていた。
でも、3年程度とされるDMの生存期間を乗り越え、「何とか年越しを」「もう一度、雪遊びができるまで」「もう一度、みんなで一緒にお花見ができるまで」というワシらの勝手な希望を次々とかなえてきてくれたもねさん。
このまま夏も乗り切れちゃうかも、とちょっと期待していた。

今にして思えば、最近少し食欲が落ちていたのが兆候だったのかもしれない。
以前は首を支えてあげれば必ず自分で食べていた。
それが、スプーンで口に入れてあげないと食べないことが増えていた。
ご飯を目の前にしてもなかなか目が覚めないことが多くなっていた。
血中酸素濃度が低下して、少しずつ意識レベルが下がっていたのかもしれない。

数日前から目の瞬膜が少し出たままになっていた。
片目だけだが、1週間ほど前にいったんなり、1日ほどですぐに治ったが、2日ほど前から再び発症していた。
何日か治らなかったら病院で診てもらうつもりだったが、もしかしたら脊髄の変性が進んでいたことを示していたのかもしれない。

今日、ワシともね母とココで見送った。

20130616-134448

いまは小さな骨壷に入っている。
もねさんのいた場所がポッカリと空いて、家の中にスペースができてしまった。

北海道から沖縄まで、いろいろな所に一緒に行った。
海でも雪山でも、どこででも一緒に遊べた。
毎週のように出たフリスビーの大会では悪コンディションの時ほど頼りになるパートナーだった。
強くて優しいもねさんは、いつもワシの誇りだった。

もねさんはワシらと一緒で幸せだったかなぁ?
麻痺が進んで首から上しか動かなくなったもねさんが、何か言いたげにワシの顔をウルウルした目でじっと見つめていた様子が目に浮かぶ。
ワシはもねさんと暮らせて本当に幸せだったよ。
もね母も同じだと思う。
ありがとな、もねさん。

しばしのお別れだけど待っててな
しばしのお別れだけど待っててな~

もねさん、傷の回復順調♪

20121220夜もね
病院では何故かご機嫌だったらしい^^;
もねさん、本日、動物病院にて傷の診察。

まず、わきの下の傷。
4日前の通院時に、傷の中を洗浄できるように隙間をあけて一部を縫ったが、順調に回復しているとのこと。
膿は少し出ているが量は減っており、傷自体も奥のほうからくっついてきて小さくなっている。

年内は無理だが、順調にいけば年明けには傷を全部縫って塞ぐことができそう。

次に外側の床ずれ(包帯ずれ?)的な傷。
こちらも外周から肉が盛り上がってきて傷が小さくなってきた。
このまま順調に回復すれば縫わないでも自然に治るだろうとの獣医師の見通し。

年内はあと2回通院予定。
油断しないでしっかり治しましょう!

もねさん、床ずれ?

もねさん、左前脚付け根の外側に床ずれのような傷ができてしまった。

「寝たきり犬は床ずれに要注意。一度できてしまったら簡単には治らない」と言われていたのだが…う~む

20121209もね床ずれができたのは伸縮包帯を巻いている部分。
包帯を外さないと見えないので、気が付かなかった。
同じ脚のわきの下の傷に入れたアクアセルAgがはみ出しちゃったので、今朝、もね母が病院に連れていき、獣医師が新たな傷を発見した。
2日前にはなかったが、少し大きめの傷になっているらしい。

わきの下に傷があるため、なるべく左側が上になるように寝かせていたので、体重がかかっていた時間は短いはず。
右側のほうが体重がかかっている時間が圧倒的に長いのだが、そちら側に床ずれはない。
床ずれ防止マットも使っている。
包帯で巻いているのが長期間になってしまったので、血行が悪くなっていたのか?
包帯の巻き方はかなり緩めなのだが…

とにかく、このままではよろしくないので、次回通院時にわきの下の傷を、ドレーン(排液用のチューブ)を入れて縫ってしまい、包帯をなるべく早く外す方針。
わきの下の傷は、もう少し時間を掛けてもっと良くなってから縫う予定だったが、やむをえまい。
床ずれの傷はいまのところ深くはないという。
様子を見て、こちらも縫うことになるらしい。

寝たきりになると、ちょっとしたことをきっかけにいろいろなことが起こる。
悪循環の連鎖をなんとか断ち切らねば!