10月 082009
 
20091008

↑クリック拡大↑

ワシが中学生の頃、同級生がこの近くの川べりに住んでいて、「床上浸水して家の中を川のコイが泳いでいた」と言っていたのを思い出した(^^;)

縄文時代の遺跡が近くにあるが、みんな高台の上。昔の人は危ないところは避けて住んでいたのね。


お山の小屋と木は無事だろうか…

8月 132009
 

20090813-1昨日は「会社にたどり着けないかも」という腰痛だったので、ボルタレン・テープを初使用。
こいつが効いてくれてなんとか会社に行けたわ~。
仕事の鬼である。サラリーマンの鑑といえよう(嘘)

出勤時間が迫る中、あまりの痛さに、かばんの重さを少しでも減らそうと中身をひっくり返していたところ、小さな錠剤がポロリン。
だいぶ前に歯の治療後、「痛くなった飲んでください」と処方された鎮痛薬ボルタレンの錠剤であった。
さすが、ワシのかばん。もね母に「魔窟」と言われるだけのことはある。
「ラッキー! これを飲んでみよう」と思ったが、副作用があったら嫌だし…とウダウダしているうちに、「そういえばボルタレンの貼り薬が売り出されていたような???」と思いだしたのである。
以前は医師の処方がないと買えなかったが、処方箋なしでも薬局などで買えるようになったのでは…と、うろ覚えながら思い出したのである。(いわゆるOTC医薬品ってやつ)

20090813-2で、近所のマツキヨまで腰を押さえてヨロヨロとたどり着き購入。
家に戻りさっそく腰に貼ったら、アラ不思議?!
完全に痛みが取れたわけではないが、10分ぐらいたったら普通に歩けるようになっちゃいました!
残念、これでは仕事休めないです~(^^;)
(プラセボ効果だったりして…)

1日1回貼ればいいとのことで、昨日の夕方貼ったのに、まだ効いているもよう。
ただし腰痛を治しているわけではなく、痛みを抑えているだけなので、薬が切れたらまた痛くなるかも。
ううっ、ヤクをくれピ~、なんちゃって(爆)

幸い、今日明日休みなので、腰休めの「寝夏休み」にさせてもらいます。

8月 122009
 

今度は、もねさんでなくてワシ(^^;)

ワシは別に腰痛持ちではないのだが、1,2年に1回ピキッとくることがある。
この2,3年は大丈夫だなあと思っていたら、久しぶりに来た。
動かなければたいして痛くないのだが、立ったり座ったりするたびに「うっ!」って感じ。
歩くのも若干腰をかがめ気味にそろりそろりと…

最近、階段の上り下りでもねさんをだっこしているのが影響したか???
今朝の散歩は決死の覚悟で、だっこして上り下りしましたよ!

普段の散歩はワシの後ろをもねさんがとぼとぼ付いてくることが多いが、逆になってしまった(汗)
そういうとぼとぼ散歩のときに限って、通りすがりの人が「仲いいですね~♪」って感じでニコニコしながらこっちを見るが、違うのである。

夜勤続きで仕事を休めず、行きの電車がつらいが、帰りはタクシーorハイヤー(終電後、始発前の時間のため)なのが救い。
でも今朝未明の帰宅は、首都高の段差が腰に響いた。
首都高、段差ありすぎ!

まあ、過去の例からいえば、おとなしくしていれば数日で治るでしょう。

6月 262009
 

通勤割引と平日昼間割引の割引条件を変更します -100kmを超えるご利用の場合も、最大100km相当分に割引を適用します- | NEXCO中日本
http://www.c-nexco.co.jp/info/charge/090618123446_1.html


1週間前の発表ですな。
知らんかった(汗)

自宅から山へ行く時は韮崎ICが100km直前なので、通勤割引とかを使うときはこれまで韮崎で乗り降りして、残りは一般道を走っていた。
7月8日以降は韮崎で降りなくても、割引分を丸々損するということはなくなる。

なんですかね。
システムの変更がやっとできたってことですかね?

まあ、100kmを1区間でも超えたら、割引分を何千円も損するというのは異常な仕組みだったから、ちょっとは改善したということか。

でも、政治主導で行われたETC割引なんて、どうせワシらが払う税金で補てんするんだし、フェリー業界などが大打撃を受けているのはご存じのとおり。

結局、だれが得をして、だれが損をしているのか?

よ~く考えて使いましょう。(「高速なんて使わん!」という選択肢も当然ありうる)

6月 092009
 

某人気獣医師のブログに、はぁ???って感じの内容が書いてあった。
前から変だとは思っていたが、最近特に“変さ”が増している気が…


世の中、いろんな情報が乱れ飛んでいるが、
やっぱり何事も自分で調べて考えなきゃだめだな
との思いを強くさせていただきました。


特定されると信者に袋叩きにされそうなのでこれぐらいでやめときます。弱っ(汗)


いや、信じたい人は信じていればいいんだと思いますよ。
実際、プラセボ効果ってものもあるわけだし。
信じて任せちゃった方が楽チンだしね~

6月 012009
 


(答え)国民に直接選ばれたわけでもなく、公務員試験に合格しただけの外務事務次官!?



東京新聞:核持ち込み密約、外務次官ら管理 首相、外相の一部に伝達:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009053101000320.html


これって本当ならものすごいニュースだと思うのだが、あんまり話題になってないようですねえ。


日本は民主主義国家ではないと言っているようなものだと思うんですけど…


政府も外務省も認めないだろうけどね。
というか、自民党政府は外務省から教えてもらっていないので、認めたくても認められないのか(苦笑)

外務省も、認めたらこれまでの国会答弁や記者会見は全部うそ~ってことになっちゃうもんね。
黙殺するか、「嘘も100回言えばホントになる」方式で、今後もがんばることでしょう。


とりあえず、いまのASOくんが外務省のお眼鏡にかなっているのかどうかを知りたい。
答えを聞かなくても分かるような気はするが…(爆)

5月 042009
 

この間の北朝鮮によるミサイル発射実験の時と似た感じである。
いつもながらのことであるが、日本のこの狼狽ぶりはなんなんであろうか。
まるで国内での患者発生を今か今かと(期待して?)待ち構えているかのようである。
「ゴジラが来るぞ~」と言って、海岸線で自衛隊が迎え撃っているかのようである(爆)

「新型」といっても病原性は今のところ低いとみられている。
ゴジラかと思ったら、どうやら子どものミニラらしい、という状況である。
それなのにこの騒ぎである。
水際作戦なんて本当に意味のあることなんだろうか?

そりゃあ、やらないよりは流入の可能性を小さくできるだろう。
でも、これだけヒトやモノが国境を越えて移動する時代に、新型インフルエンザに対してだけ鎖国状態を保てるはずがない。
そのうち必ず入ってくるだろう。

その時、もしウイルスが強毒性に変異していたらどうなるのか?
ワクチン製造が間に合っていればまだいいが、そうでなければ日本人は強毒性の新型ウイルスにいきなりさらされることになる。

弱毒性のうちに免疫ができていれば、強毒性に変異しても症状が少しは軽くなるのではないだろうか?
もしかして、弱毒性ウイルスへの感染は新型インフルエンザに対する免疫を獲得する「絶好の機会?」ってことはないのだろうか?
日本はそれを必死に阻止しようとしている、なんてことはないのだろうか?
ミニラのうちに付き合うチャンスがあったのに、それを断ったため、大人になったゴジラにいきなり襲われる羽目になった、なんてことにならないだろうか?

…な~んてね。

まあ、所詮、素人の考えです。
もねもココも山に行っちゃってて、今日も仕事のワシ一人、昼まで暇なもので…(汗)

個人レベルで言えば、症状が重くなることもあるだろうし、弱毒といえども当然罹りたくないです。
弱毒のまま強毒にならず、いつの間にかなくなっている、あるいは、季節性インフルエンザの一つになっている、というシナリオが一番いいとは思いますけどね。

5月 022009
 

世間は大渋滞のようだが、ワシは一人、空いた電車に乗って今日もお仕事へ。
そして明日も明後日も…。

つまらないのでココちんの写真でも貼ってみる(^^;)

20090502

ワシも早く行きたいなぁ。