12/7-9のまとめ

すべての写真はクリックすると大きくなります。
大きい状態で画面下の”PLAY”をクリックするとスライドショーになります。

実はわが小屋は、八ヶ岳、富士山、南アルプスがすべて見える絶景ポイントなのだった。
ただし、周囲に木が全然生えていなければ(汗)
いい眺めと森は両立がなかなか難しいのである。
眺めのいいところは周辺の木を切っちゃったところが多い。
わが小屋は、木優先なので夏は眺望なし。
でも、冬になると木々の間からカッコいい雪山がちょびっと見えるようになるのである♪

20091208-01
北岳


20091208-02
甲斐駒ケ岳

薪割りはこんな感じ。

20091208-03
へっぴり腰だけどいいの!(汗)

空振りして自分の足を割るとシャレにならんので、へっぴり腰である。
でもだいぶまともに割れるようになった。
節のない木はホントに気持ちいいぐらいパリンと割れる。
でも節がある木は全然割れない。
木の種類や乾き具合によっても全然違う。
単純労働に見えるが、実際にやってみると、なかなか奥が深いものなのであった。

 


天気が良かったので、久しぶりに清泉寮へ。
森の中には、何日か前に降った雪が残っていた。

20091208-04
八ヶ岳自然ふれあいセンター Aトレイル

ワシが渾身の入札でゲットして庭に植えたサラサドウダンが、そこらじゅうに雑草のように生えていた(^^;)

20091208-05
真面目顔


20091208-06
滑りやすいけどがんばれ!


清泉寮からは雲に浮かぶ富士山が丸見え!

20091208-07
もねココは富士山には目もくれず、ササミを凝視(^^;)


清泉寮から八ヶ岳倶楽部へ寄って帰宅。
途中で赤い橋をパチリ。
快晴~

20091208-08
赤い橋

赤い橋の手前の日陰には雪が残っており、ハイエースの今季初滑りも体験。
八ヶ岳倶楽部のお兄さんに、「FRでこのへんの雪道を走るのはチャレンジャーですよ!」と言われた(汗)
わが小屋はもうちょい標高が低いし、南斜面なので大丈夫だろう(願望)


そんなこんなで薪小屋に手持ちの木を全部積んだ。
まだ割っていない木もあるが、もう木がない。
薪小屋全部は全然埋まらなかった(汗)

20091209-01
薪小屋初作品は薪の重みに耐え、今のところ無事


薪割りをとりあえず一段落し、もね母は落葉掃き。

20091209-02
もねさん、またまたゴロゴロ(^^;)


20091209-03
焼き芋 「にらめばもらえるかも」


もねさん、よろめきながらもまだ走れる。
まだまだ、遊べるぞっ!

20091209-04
お庭で「ワーイ♪」


幾度もの植え替えを余儀なくされたどんぐりs
一時的に玄関前に仮植えされていたが、このたび、アズマシャクナゲに場所を奪われることが決まり、またまた植え替え。
今度こそ、安住の地か?

20091209-05
何度枯れたと思ったことか! どんぐり、しぶといぞぉ!!


もね母、あまりの量に、落葉掃きは途中で断念。

20091209-06
左:落葉掃き前、右:落葉掃き後 by もね母

手作業の落葉掃きはあきらめ、バズーカ砲を導入したらしい。
次回、お披露目か?


春に木立の中にぶら下げたままになっていたスズメバチトラップを回収。

20091209-07
スズメバチトラップ、放置半年後

うじゃうじゃ、いっぱい入っているが、なんだかもう、佃煮のようになっちゃって分かりませ~ん。
発酵したような、えも言われぬカホリが漂う~(オエッ)



八ヶ岳倶楽部で買った屋外用の温湿度計を、車のウインドーフィルムの要領で、北側の窓の外にペタリ(水貼り)。

20091209-08
屋外温湿度計を窓の外にペタリ

昼間は10度ぐらいまで上がっていたが、夜はみるみる下がって氷点下に。
でも屋内は蓄熱暖房で20度ぐらいにキープされていた。
さすが高気密、高断熱の小屋。
はたして電気代はどれぐらいかかっているのだろうか?

もねさん、脳神経科受診

昨日、もね母に連れられ、麻布大学附属動物病院脳神経科を初受診。
病院通いの日記が続いてしまったが、たまたま予約日が近くなっただけで、症状が悪化したわけではないのでご心配なく。
ワシも同行すべきではあったが、2日連続夜勤で前夜は3時間ぐらいしか寝れなかったので、朝いったん起きたが、もね母に任せ二度寝に突入してしまった(^^;)

大学病院なんて行くのは、鹿児島時代に骨折で鹿児島大学農学部附属動物病院へ行って以来である。
その時は鹿児島の動物病院を全然知らなかったので、とりあえず大学病院に行ったのであった。
今回大学病院に行ったのは、かかりつけ病院の紹介があったからである。
もねさんの症状から変性性脊髄症が可能性の一つとして疑われ、麻布大病院なら症例を多く見ているから判断できるであろう、ということであった。

20090911-1

診察では、血液検査、X線撮影(かかりつけ病院から資料が送られていなかったので再撮影)をして歩く様子などをチェック。
診た範囲では変性性脊髄症と特定できる所見はない、ヘルニアでこういう症状になることもある、とのことであった。

ただ、変性性脊髄症ではないと断定もできないので、念のため、アメリカの検査機関に血液サンプルを送って、DNA検査することになった。

DNA検査はアメリカの研究機関が研究目的でやっているものなので、検査費は無料。
ただし血液サンプルを送るのは自費(クール宅急便みたいので送るのでちょっと高い=約1万円?)。

DNA検査の結果が陰性であれば、変性性脊髄症の可能性は否定される。
陽性であれば、変性性脊髄症の可能性は残る。(遺伝的素因を持っていても、発症するとは限らないので、断定はできない)
陰性ならばいいが、コーギーは陽性率がかなり高いらしいから、もねも陽性の可能性は高い。
結果を待たねばならんが、DNA検査をしても原因の確定はあまり期待できないであろう。


もねさん、診察室では、診察台を取り囲んだペーペーの獣医のタマゴをじ~~っとにらんで「ナデレ!」と強要していたらしい(^^;)


その間、ココちんは

20090911-2

お家の近くの神社の裏でこんなことして遊んでおりました。

この切り株、年輪数えたが、30ぐらいしか分からなかった。
30年ぐらいでこんなにぶっとくなるのか?!
ワシの小屋も、成長の速いコナラとか植えたら、ワシが生きとるうちにこんなにデカクなるのだろか???