もね母馬術大会

今日は風邪気味だったが、もねココを連れて川辺町まで、もね母の馬術大会を見に行った。
午前11時半ごろに出ると言うので行ったら、午後4時半ごろまで待たされた。
待ち時間に岩屋公園の近くの川がある広場に行き、途中の道の駅で買った豚まんとシフォンケーキをもねココと分かちあった。
馬術大会の結果は、もね母ご不満の様子。終了後、後片付けがあるもね母を残し、もねココと錦江湾公園にフリ練に行った。
もねもココも少しキャッチミスをしていたが、鹿児島ではフリスビードッグはすご~く珍しいので大勢の家族連れの注目の的に。
「どうやってそんなにしつけたんですか?」と、中年のおじさんに真顔で聞かれたので、「根気です、根気!」と答えておいた(^o^);

ココのフリスビー

とーちゃんも書いていたが、これまでココは2番手というポジションだったので、決勝に進めなくても「まあ、仕方ないか」という感じだった。
初めて出た1月の大会以降は、良くて20P台、悪くて一桁の小型犬の成績だったココ。
それがもねの怪我で、急にエースに抜擢されたわけだけど、そんなに世の中甘くない。(汗)
一日目はその甘さをもろに突きつけられて、かなり落ち込んだ飼い主ふたり。(ーー;)

ココはこれまで、しつけだってフリスビーだって「もねに習え!」でやってきた。
だから、ココにとってベストなフリスビーの形を真剣に考えたのは、今回が初めてのような気がする。
もねにはもねの性格や得意分野があるように、ココももねとは違う得意分野があるって、それを伸ばしてあげられるようにじっくりと考えられたことは、もねを欠いて参加したこの大会の大きな収穫だったと思う。
ココをもねとのペアではなく、ココ自身としてみれるようになったこと、これももねの怪我の功名ってやつかな。(^^;)

とりあえず、2日目は目標の40Pを超えることができ、満足の大会になった。
でも・・・・・やっぱりもね母も大会に出たかったな~。(–;)
もねちゃん、早く治そうね!

お母さま~

ヒートが始まってから、なかなか家の中でトイレをしてくれなくなったココ。
とーちゃんや母がいくら言っても、トイレに座り込んで頑として拒否。もねと同じように外でしかしなくなっちゃうのかなと、飼い主は半ばあきらめ気味。
でも….とーちゃんのお母さんとお留守番している時は、ちゃんとトイレしているらしいことが判明。何故???
特別な秘訣でもあるのかと、お母さんに聞いてみると『おし●こしなさいって言うと、自分でトイレに行ってするわよ』と当然の様子。
とーちゃん達が言ってもしないと話すと一言。

『甘く見られてるんじゃないの?』

がーーーん!( ̄□ ̄;)
こんなお子ちゃまに見えるココでさえ、飼い主の甘さをしっかり見抜いていたとは…..ショックを隠し切れない飼い主ふたり。

それにしても、とーちゃんのお母さんはもねに会うまでは犬が苦手で、当然飼ったこともないし、しつけの方法なんて全然知らない。
けど、押さえるとこはちゃんと押さえているんだねぇ。脱帽です。(汗)