悪性であった

術後2週間、抜糸兼検査で大学病院へ行った。

20131106-093811
「なんかヤダな~」
手術が思い出されるのか、浮かないお顔のココちんであった(^^;)

抜糸と検査は比較的短時間で終了。
呼び出されて診察室へ行くと、簡単な説明の後、摘出した腫瘍の病理検査の結果を告げられた。

「悪性でした」

1年間、無菌性脂肪織炎?を抑えることができていたのに、最近急にステロイドが効かなくなったのは、新たにできたがんが原因だったということになる。

膀胱がんかと思ったら、そうじゃなくて無菌性脂肪織炎。無菌性脂肪織炎かと思っていたら今度は別のがん。
こんなことってあるのかなぁという気はするが、病理検査の結果は確かにそう言っている。

病理検査による診断は「脈管浸潤を伴う悪性間葉系腫瘍(肉腫)」。
報告書の中身は難しくて分かりにくいが、要するに「腫瘍は悪性であり、きれいに切除できているように見えるが、血管浸潤がわずかに認められ、腹腔内や肺などへの転移の可能性も考えられるので、経過観察が必要」ということらしい。

現時点で打てる手はあまりなく、今後は1カ月毎にエコーやレントゲンで検査することになった。
抗がん剤は副作用の割に効果があまり期待できず、予防的な使用は勧められないとのことだった。

悪性だったのは残念としか言いようがない。
だが、結果的に早めの膀胱全摘は正解だった。
難しい局面が続く中、有能な獣医師に恵まれ、かなり的確な対処ができていると思う。
このココちんの強運に期待して、とにかく転移しないことを祈るしかない。

20131106-113500
帰りに大学病院の近くの公園でお散歩♪

今年はなかなか紅葉を見に行けないね。

20131106-113636
来年も紅葉を見れるように頑張りましょう!
 帰る途中、深大寺に寄って蕎麦を食べることにした。
が、その前に、ここにはココちんのきょうだい犬が眠っているので、ココちんの今後の無事を祈ってお参りしましょう。

20131106-130858
ちゃんとお参りしなさい!
そして頭上のコナラの木からドングリ爆弾が降り注ぐ中、深大寺そばを食す。

20131106-132356
ブラックタイガーですか?(^^;)
食欲あり!

ウンチの調子、おしりのかぶれもだいぶ良くなってきた。
ワシがオシッコ垂れ流しになったら、ショボ~ンとしちゃうところだが、ココちんは全然気にせずQOLの低下は全くなし。
イヌは偉いなぁ。
この調子でいきましょう!

ココ、生還♪

昨日、ココちんが無事退院して、1週間ぶりに帰ってきた。

20131031おかえりココちん♪
おかえり~、ココちん\(^o^)/
全身状態は良好で元気♪
家に入ると、まずは家中を「それ~」って感じでひとっ走りしていた^^;

でも家に着いてしばらくの間、パンツおむつを着けたまま何度もウンチポーズをとり、パンツを外して見ると血便が出ていた。
便が出ちゃうことは先生から聞いていたが、少しずつ改善しているので様子を見てくださいということだった。
血便は出ていなかったはずなのでちょっと驚いた。
手術でお腹の中の癒着をかなり剥がしたり切ったりしたので、その影響で大腸炎的な症状が出ているらしい。

便が付いてお尻が汚れちゃうが、入院期間中は尿道カテーテルを入れていたため十分洗えなかった。
病院の先生はなるべく清潔を保つよう努力してくれていたが、肛門の近くが赤くかぶれてしまった。
お尻が汚れたままだと、尿道を通して、一つになってしまった腎臓へ感染することが怖い。
なるべく頻繁にお尻を洗って、きれいなおむつに変えて、便の状態が良くなるのを待つしかない。

20131030ココちん退院(^_^)v
いろいろあるけど、がんばって乗り切りましょう!
夜も寝る前にも緩い便に血が混じって心配したが、朝、おむつについていた便は正常な色でホッと一息。

かなりの大手術だったので、しばらくはいろいろなことがあるかもしれない。
危ない状態を乗り越えて元気なココちんが帰ってきたことに感謝し、慎重に注意深く様子を見守っていきたい。

ということで、今朝からしばらく絶食。
ココちん、「え~っ!」って顔をしていたが、まずはお腹の状態を良くしなければ。
しばし我慢すべし!

20131031Coco
ふて寝ココちん(^^;

ゆっくり休んで早く良くなろうね!