薬がよく効く犬(^_^)

ココちん、昨日、経過観察のため病院へ。

血液検査の結果、CRPは順調に改善していた。
もうしばらくたてば、正常値に戻るであろう。
獣医師も「ココちゃんは薬がよく効くなあ」とニッコリ。
たしかにココちん、原因不明の変調が時々あるが、肝臓の数値が悪い時はウルソ、CRPが高い時はステロイドと、効く薬がだいたい分かっているので助かる。

一方、これまでオムツを着けていればまったく問題なかったオシッコが、気が付くと時々、ポタっと床に垂れるようになった。
どうやらオムツを肌の隙間から少し漏れているもよう。
手術前に毛を剃ったので、今まではオムツと肌がピッタリとフィットしていたが、毛が伸びてきて隙間ができるようになったらしい。
犬用のオムツは高いので、人間用のを使っている。
機能的ですごく便利なのだが、人間の赤ちゃんはこんなに毛深くないからねえ(爆)

とりあえず、皮膚を伝わって漏れ出る前にオムツに吸収させるため、オムツカバーを着けて、より密着するようにしてみた。

CIMG4815
しっぽがないので引っかからず、どうしても下がっちゃう(^^;)
しばらくこれで様子を見るべし。
暑かったら蒸れるかも。
冬で良かったね。

ステロイド再開

ココちん、おととい(9日)の朝から急に元気がなくなった。
食べないわけじゃないが、がっつく感じではなく、お散歩もトボトボ。
病犬というほどではないが、普段の子犬らしさがなく、普通の老犬っぽくなった。

CRPが上昇した時みたいな感じだな~と思い、しばらく様子を見たが回復しないので、昨日の夕方、もね母が病院に連れて行った。

そしたら、やっぱりCRPが高かった。
感染などの兆候はなく、「自己免疫疾患だろう」との診断。

腫瘍切除後、ステロイドを投与していなかったが、1カ月ちょいたって、やっぱり自己免疫疾患の症状が出てきた。
腫瘍を取っても自己免疫疾患が治ったわけではないので仕方がない。

がんの再発、転移リスクとの兼ね合いもあり、難しいところだが、放置するわけにはいかないので、ステロイドを再開するしかない。

ということで、まずは症状を抑えるためにステロイドを病院で注射したら、あらら、あっという間に元気になった!
すごいね、ステロイドの効果は!

副作用に注意が必要だが、やっぱりこの薬は不可欠。
注意深く様子を見ながら使って、少しずつ減らしてきましょう。
完全に切ることはできないだろうが、普通の生活を維持できればそれでOK。

(おまけ動画)「ココちんのドアの開け(てもらい)方」