ココちん、またね

ココが17日午後5時半すぎ、静かに息を引き取った。

DSC_9711

わが家で生まれたココ。
もねさんが産んでくれたココ。
何歳になっても子犬みたいで、いつでもニコニコ笑顔だった。
どこに行くにも、何をするにもいつも一緒だった。
本当に可愛くて可愛くて、「目の中に入れても痛くない」というのはこのコのことだと思った。

2年ほど前から、おしっこの出が悪くなり、自己免疫疾患と悪性肉腫の併発で難しい状態になった。
時々、体調を崩しながらも、ステロイド治療や膀胱摘出手術などに耐え、よく頑張った。
病気を抱えながらも、それを感じさせないニコニコ笑顔で、このまま寿命まで持ってくれるのではないかと期待することもあった。
でも肉腫が大きくなってきて、もう限界だった。

最後の2日ほどは食欲もだんだん落ちていた。
急性腎不全で血液の数値が悪化し、音に対して敏感になるなど脳への影響も出始めているようだった。
「ココが苦しい思いをしないように」と、それだけを願った。

17日、「これが最後かもしれない」と、もねさんのカートに乗せて公園に散歩に行った。

CIMG6465
ポカポカ陽気のいい天気だった。
このところ、家と病院の往復ばかりだったので、外に連れ出せてよかった。
ココも気持ちよさそうにしていた。

家に戻り休んでいたが、ワシらの姿が見えないとココが不安がるので、交代で撫でたり抱っこしたりしていた。
夕方、水を飲みたそうにしたので、もね母が抱きかかえて水をあげた。
ペロペロと飲み、少しむせたかと思ったら、す~っと呼吸が止まって、そのまま逝ってしまった。
悲しくて、悲しくて、あふれる涙を止められなかった。
苦しまなかったことだけが救いだった。
あと4カ月で13歳だった。

「元気なココと少しでも長く一緒にいられるように」と治療を頑張りすぎたかもしれない。
入院が長くなったり、毎日通院ばかりになっちゃって、ココちん、ゴメンな。
でもワシも、もね母も、病院の先生も、みんなそれぞれの立場で精一杯がんばったので許してほしい。

ココちん、久しぶりに、もねさんとガウガウやってるかな?
ワシらの気持ちはずっと一緒だよ。
そのうちそっちに行くから待っててな~

ココちん
ありがとう、ココちん また一緒に遊ぼうね!