ステロイド投与開始

ココちん、今日も朝から、もね母に連れられ血液検査へ。
白血球、ヘマトクリットは正常だが、血小板が昨日と同じで正常より少なく、炎症を示すCRPが高かった。

ワシは素人なりに調べ、抗生剤かピロキシカムの影響なのでは?と考えたが、獣医師は免疫系の疾患で骨髄が抑制されている可能性が強いとの見解。
獣医師によると、悪性腫瘍があると免疫系に異常が出ることが多いのだという。
そして、本当に骨髄がやられちゃうと白血球、ヘマトクリット、血小板が全て低下するが、そうではなく血小板だけが減ることもあるのだという。

ワシの当初の考えとは違った。だが、獣医師の説明は納得できた。
ココちんには時間がないので、とにかく手術に向けて血小板の数値を早急に改善しましょうという獣医師の提案に従い、免疫系の異常を抑えるため今日からステロイドを投与することになった。

帰宅して早速ステロイド(プレドニゾロン)の錠剤を飲ませた。
その後、ワシは仕事へ。
夜、帰宅したら、あら、ココちん元気やん!
ココちんに笑顔と食欲、そして元気がだいぶ戻っていた。
すごいな、ステロイドの切れ味は!!
やはり身体のどこかに炎症があって、それがステロイドで抑えられているのだろうか?
このまま血小板も改善するといいなぁ。

ステロイド投与の代償として、ピロキシカムの投与は一時中断した。
ステロイドとピロキシカムの併用は胃潰瘍などが起きやすくなるので禁忌なのである。
ピロキシカムは腫瘍を抑えている可能性があるので使い続けたい。
だが、今はまだ手術を受けられる可能性がある。
ならば、リスクはあるがピロキシカムを切ってステロイドを投与し、血液データの改善を優先して手術を目指そうということである。

治療法の選択はすごく難しい。
ちょっとした違いが予後を大きく変える可能性がある。
大事なココちんのため、判断を誤らないようにしなければ!

20120930昼もねココ
やっぱ、もねもココも笑顔がいいね!

血小板の微減続く

ココちん、午前の血液検査で白血球数とヘマトクリットは正常。
しかし、CRPは依然高く、血小板数の微減が続いていた。
体温は平熱。
少し疲れやすいような感じだけど、ごはんはドライフードを完食。
元気さと食欲は通常の6~7割ぐらいという感じ。
オシッコの出方は調子良く、今日一日、家の中ですることもなかった。ほとんど正常に見える。

さてどうするか。
普通ならばもうちょい様子見でもいいような気がするが、ココちんには時間がない。
何よりも元気さと食欲がなかなか完全に戻らないのが心配。
ワシなりに考えるところがあるので、明日、獣医師に尋ねてみようと思う。(ワシは行けないのでもね母に委任)

20120929もねココ
食欲はそこそこあるんですけどねぇ

まだ血液検査値が若干不安定

ココちん、午前中の主な検査結果は以下の通り。

  • CRPはまだ高いが昨日より少し低下
  • 白血球は昨日よりも減少していたものの正常範囲内
  • ヘマトクリットが正常範囲内ながら少し低下
  • 血小板が今のところ問題ないものの正常範囲以下に減少

まだ数値が安定していない感じ。
元気さや食欲などからみて、全体的には回復しているように見える。
しかし獣医師によると、ヘマトクリットや血小板の減少傾向が今後も続くと自己免疫疾患が疑われるという。
このため、数値の変動が一時的なものか見極めるため今後も経過観察が必要。

移行上皮癌の治療について、獣医師が大学病院の放射線科医に聞いてくれたところでは、関東周辺の病院で放射線治療で実績を上げているところはないもよう。
放射線科医は、ココの状態で外科手術が可能ならば、外科手術が第一選択になるとの見解だったという。

かかりつけ病院の経験では、ココと同じような膀胱移行上皮癌で膀胱と尿道の全摘出手術を大学病院で受けたミックス犬がおり、再発や腎臓の感染などもなく2年以上生きているという。

以上のような情報を総合し、現時点では膀胱と尿道全摘出の外科手術を目指す方向。
ただし、事前のCT検査等で転移などが見つからないことが条件。

ココの今の状態ではCT検査に必要な全身麻酔をするのに不安がある。
まずは、数値を改善し、安定させることが最優先となる。

今日の散歩での印象では、オシッコの出方がだいぶ良い感じ。
ピロキシカムの効果が出ているのかもしれない。

一方、もねさんは特に変化なし。
まだ酸素の必要はないが、酸素ハウスに入るのをすごく嫌がるため、代案として、コットごと塩ビシートで覆う方法を実験してみた。

酸素ビニールハウス
酸素ビニールハウス
密閉度が高すぎるのも逆に不安だが、床との間に少し隙間ができるのでちょうどいいだろう。
時間は若干かかったが、最終的に酸素濃度は40%以上に上昇。
もねさんも、いつものコットのままなので、酸素ハウスのように怒ることもなく、すぐに慣れてくれた。
これならば十分実用に耐えそうである(^^)