癌じゃなくて無菌性脂肪織炎?

ココちん、昨日、大学病院附属動物病院にて検査を受けた。
前回、原因不明の白血球減少が治まったため、膀胱移行上皮癌疑いのさらなる検査である。
で、その結果は

癌じゃなくて「無菌性脂肪織炎」かも?

ということでまだ確定していないがとりあえずホット一息(^^ゞ

そういう判断に至った経過は以下に書くが、無菌性脂肪織炎は程度にもよるだろうが癌よりははるかに軽い病気といっていいと思う。
少なくともこの病気による余命は?なんて心配することはない。
本当に無菌性脂肪織炎だとすれば、ココちんはなんとも紛らわしい症状を出してくれたもんだよ。
ホントに不思議ちゃんだよ、この子は!(^^;)

以下、昨日の診察の詳細。

午後、病院に到着し、前回検査後の経過を説明した。
その後、ココちんお預かりとなり、約2時間後に獣医師から検査結果の説明を受けた。
その内容は、

  • 本日行ったのは、血液検査と超音波検査
  • 造影剤を入れての腎臓や膀胱の撮影もやろうとしたが、ココちんがゲロった(お腹が空きすぎたため?)ので念のためやめた
  • 血液検査の結果は①白血球が基準より少ない②肝臓の数値が高い(ステロイドの影響?)③CRPはほぼ正常―など
  • 超音波検査では腫瘍?の大きさはあまり変わっていない(2センチ×1センチ)

―など。

獣医師は、前回の針生検で採取した細胞の病理検査で悪性腫瘍が出なかったことをあらためて説明。
臨床経過や画像診断では、誰がどう見ても膀胱移行上皮癌だが、

  • 画像で場所を確認しながら針を刺しているので細胞は確実に採れている
  • (大学病院の)病理検査の結果は信頼できる。癌であれば悪性の細胞が出ないことは通常ない
  • かかりつけ医が病理検査を依頼した外部の検査センターの先生も信頼できる先生で、そこでも「悪性」が出ていない

―などから悪性腫瘍ではない可能性が高いという。

そして、ステロイドがよく効いていることなどから、やはり何らかの免疫の異常が起きている可能性が高いと推定されるという。
臨床経過、画像診断、病理検査や、ココが数年前に卵巣、子宮摘出の避妊手術を受けていることなどを総合的に判断し、

  • 避妊手術を行った場所に何らかの原因で免疫異常が起きて肉芽が形成し、それが拡大した
  • その場所が膀胱のすぐ近くであるため、大きくなった肉芽が膀胱や尿道をを外側から圧迫し、同時に炎症を起こした

―という可能性が考えられ、その場合の病名は「無菌性脂肪織炎」。
現時点の判断では、移行上皮癌ではなく、無菌性脂肪織炎である可能性のほうが高いという。

ここで獣医師から今後どうするかについて2つの選択肢が提案された。
一つはステロイドなどの投薬を続けながら様子を見る、もう一つは全身麻酔下でCT検査と生検をし無菌性脂肪織炎かはっきりさせる。
で、若干迷ったが、今のところ、CT検査と生検を受ける方向。
生検は針生検よりも太い針を使うので全身麻酔が必要だが、組織を「かたまり」でとるので、針生検よりもさらに詳しいことが分かるのだという。
CT検査では、避妊手術の跡とか、肉芽がどのように膀胱を圧迫しているのかなどがはっきりと分かると思われる。

このまま気が変わらなければ、来週検査を受け、ついにココちんの「不思議病」問題が決着するはず。
無菌性脂肪織炎であればおそらく一生、ステロイドや免疫抑制剤などを使い続けなければならないので、手放しで喜ぶ訳にはいかない。
でも、「余命1、2カ月」に比べればバンバンザイである。

頼むよ、ココちん!
アンタのお母ちゃんも大変なんですからねっ!

20121009もねココ

「もう不思議ちゃんは勘弁してくれ」なのか、「不思議ちゃんで良かった」なのか、なんだかよく分からなくなってきたが、とにかく頼むよっ!(^_^;)

ココ、血液検査ほぼ正常に♪

もねココ、本日、もね母に連れられ動物病院へ。

もねさんは脇の下の傷を診てもらうため。
ココちんはステロイドの効果を見るための血液検査。

まず、もねさんは、傷がちょっと深かった。
抗生剤を飲みながら傷口を清潔に保ち、肉が盛り上がるのを待って縫うことになりそう。
見えにくい場所とはいえ、傷に気が付くのがちょっと遅かった。
体重が掛かるところなので傷が深くなってしまったらしい。
ゴメンゴメン。

ココちんの血液検査の結果は、炎症を示すCRP以外はすべて正常範囲内(^O^)
CRPもあともう少しで正常範囲というところまで下がった。
念のためステロイドの投与量はもうちょいキープし、次回検査で正常範囲に入ったら投与量を減らす予定。
獣医師は手術までに4分の1に減らしたいとしている。

ココちん、血小板改善♪

昨日午前、もね母に連れられココちん動物病院で血液検査。

[主な結果]

  • 血小板 少し低めだが正常範囲内に上昇
  • ヘマトクリット 正常
  • 白血球 基準値を下回る
  • CRP まだ高いが大幅に減少

炎症がおさまり改善傾向だが、ステロイド投与で増えるはずの白血球が減り、依然として獣医師も首を傾げる不思議ちゃんココちん(汗)
とはいえ全体的には白血球がもう少し増えれば手術を受けることも可能なレベルにまで改善した。
元気さ、食欲も問題ない。
ステロイドを投与するため、膀胱移行上皮癌を抑えるための非ステロイド系抗炎症剤ピロキシカムを切っているが、オシッコの出方も今のところあまり悪くはない。
このままステロイドと抗生剤を続けてさらに様子を見ることになった。

もねさん、今朝、左脇の下に傷があるのを発見。
車いすの前脚用サドルが擦れたらしい。
4輪に改造直後に擦れたことがあったが、調整してからは大丈夫だった。
傷ができたのは左前脚がむくんだ時期と重なるような気がするが、関係あるのかないのか?
前脚周辺の筋肉が落ちて体形が変化したことも関係あるかもしれない。

とりあえず傷が治るまでは車いすの使用を中断し、カートでのお散歩に。
今朝は、怪しいサングラスの中年男が犬を乗せたカートをピュ~ッと押して歩くという非日常的光景に、通りがかった人が不審の視線を投げかけていたような(^^;)
もねさんは散歩に行く前、なにやらアウアウわめいていたが、散歩から帰ってきたらスヤスヤとお昼寝。
車いすでもカートでもどっちでもいいから、とにかく散歩に行かないと納得してくれないようですなあ。