「劇的に回復」

もねココ、動物病院へ。

21121126夜もねまず、もねさんから。
わきの下の傷は「劇的に回復」\(^o^)/
銀イオン被覆保護材(アクアセルAg)による治癒促進がうまく作用しているもよう。
傷の底が盛り上がってきて、新しい組織ができつつあるらしい。
経過が順調なのでこのまま治療を継続して様子見。
伸縮包帯がどうしてもずれてしまうので今回はさらに多めに巻き巻き(^^;)

21121126夜ココ次、ココちん。
尿検査は今回はなし。
炎症の程度を示すCRPは0.25で正常\(^o^)/
抗生剤は念のためもう少し続けるが、ステロイドを半減し、2日に1回にすることになった。
ココちん、ステロイドの副作用のうち、「筋肉が落ちる」が出始めている。
具体的な悪影響は今のところないが、両目の外側の筋肉が落ちて少し凹んだ。
この場所や頬の筋肉が落ちやすいらしい。
膀胱炎による炎症はなくなったはずなので、今度はステロイドを減らしても前回のようにはCRPが再上昇しないことを期待したい。

ココちん、膀胱炎の菌消えた♪

20121124ココちんココちん、昨日、動物病院で尿検査。
わずかに菌が検出されたが、環境中に存在する菌程度のレベル。
膀胱炎の原因菌はほとんどなくなったと考えていいとのこと\(^o^)/
抗生剤を変えたらスカッと効いた!
万全を期すためもしばらく抗生剤を続けるが、今回の膀胱炎はたぶんもう大丈夫。
出が悪かったオシッコもジャ~っと出ている。
デキモノに対するステロイドの効果も出ているもよう。
もうそろそろステロイドの量を減らしても大丈夫かな?

もねさんはわきの下の傷をチェック。
化膿の状態はだいぶ良くなった。
銀イオンの殺菌効果で傷の治りを促進する綿?ゲル?を傷口に入れて様子を見る。
傷があるのはわきの下だけだが、伸縮性包帯がすぐにずれちゃうので、左前足全体をグルグル巻きに(^^;)
なかなか治らないが、化膿は治まり悪化していないので、とりあえず問題はないだろう。

11/21-22のまとめ

ワーイ、山がクッキリ!

20121121-123932
空気が澄んでいて山がよく見える♪
いよいよ冬ですなあ。

ところが、

20121121-155352
もねさんが一瞬呼吸困難に(>_<)
いつも通り抱っこしていたら、急に様子がおかしくなり、口から泡を吹いて舌が白っぽい変な色に…
慌てて抱っこをやめて、コットに寝かせたらすぐに回復したが、念のためしばらく酸素テントに入れた。

いつも通りに抱っこしてお庭を見せてあげようとしただけなのに…(泣)
抱っこで胸やおなかに体重が掛かり、圧迫されて呼吸できなかったのかもしれない。
やはり呼吸機能が落ちているということなんだろうなぁ。
普通にしていればまだ大丈夫だが、これまで以上に気をつけねば。

(ピンクの包帯は、わきの下の傷に当てたガーゼ固定用。
すぐにずれちゃうので足全体に巻いてある。
傷自体は回復傾向)

20121122-093645
ヤマモミジ、だいぶ散っちゃった
 今年も紅葉のピークは見逃してしまった。

20121122-094104
イタヤカエデがまたシカに折られていた
折られたのはこれで3回目か?
春になればまた伸びる。
ガンバレ!

イタヤカエデ以外にもいろんな木が折られていた。
ウルフピーはシカ避け効果があっても、蒸発したり凍ったりすると効かないので、定住じゃないと管理が難しい。

20121122-102615
お散歩帰りのもねココちゃん
もねさん、大丈夫なようですね。
よかった、よかった。

20121122-111153
ココちんは気持ちよさそうにお昼寝♪
20121122-114019
ワシはベーコン燻製、もね母は庭の手入れ、もねココはベーコン監視(^^)
20121122-124534
もねさん、もうすぐ雪ですよ。 もう一度、雪遊びしましょうね!

20121122-140430
スパゲッチココちん
なんとなく芸術的な構図である(^^;)

20121122-140515
「もねもがんばる~」
20121122-140638
食欲はある。 まだまだいけるぞ!
20121122-153723
ココちんはベーコンの横でマテをさせられ、こわばった顔つき(^^;)
20121122-161538
食べさせてあげるから、しばし待つべし!(^^)

 

【今回の主な作業】

庭木の剪定
庭木にシカ避け布巻き
シカ避けネット掛け
ベーコン燻製
凍結防止のため蓄熱暖房を常時ONに