祝、フセ解禁♪

もねさん、本日、動物病院にて傷の抜糸完了!

最初にわきの下の傷に気づいたのが10月5日だから、治るのに4カ月弱かかったことになる。
薬剤耐性菌のせいで随分と時間が掛かってしまった。

傷保護のため、一日中ほとんど横向きに寝かせていたが、これでフセもOKとなった。
ごはんも食べやすそうだし、水も飲みやすそうになった♪
よかった、よかった\(^o^)/
もねさん、頑張った!

20130125もね

1/20-22のまとめ

先日の大雪の後、初めて山へ。
雪道弱車のFRハイエースだが、道路にほとんど雪は残っていなかった。
が、小屋直前、最後の緩やかな登り坂だけ除雪されておらず、予想通りスタック!
FFや4WDならば全然気にすることもないような傾斜なんだけどね。
まあいい。この程度の坂ならば、ペットボトルに常備の砂を少しまいて、ちょいと押して脱出成功!
FRハイエースのスタックにもだいぶ慣れたな(^_^;)
ワシの拙い経験では、雪道に行くときはシャベルは必携。
そして、滑り止めとして最も役立つのは砂ですな。

20130120-151713
小屋雪庇、崩落寸前!
20130120-163345
半分ぐらいは溶けたのかな?

20130121-101320
道はほとんど除雪されていたのでカート散歩できた♪
小屋へ戻って、ソリ大会。

20130121-110937
もねさんスタート! ココちんもやりたい?
20130121-110942
側壁に衝突し雪かぶり!
20130121-110945
「てへっ」
20130121-111901
雪の小山に衝突して停止(^^;)
20130121-112420
なぜかココちんも初出走。神妙な耳つき(^_^;)
20130121-112425
淡々と横転
20130121-112430
脱走!
20130121-113309
一番喜んでいる女と迷惑そうな仔犬(^^;)
20130121-113750
やっと解放されてストレス発散爆走!
20130121-175008
焼きマシュマロに釘付け犬
20130122-081032
ゲラ美が薪小屋に来た。虫いる?
20130122-091536
最終日は朝から雨。これ幸いとネムネム(^^)
20130122-094535
デッキにリンゴを置いたら、さっそくヒヨドリさん?が来た

20130122-100520
雨の中、常連のゲラ子さんも来た
 シジュウ・カラ子さんとカワラ・ヒワ子さん達もワラワラと来ていたですよ♪

20130122-111405
ココちんは薪ストーブから「おいしいもの」が出てくるのを待ちくたびれ(^^)
帰る間際、ちょっと晴れたら小屋の中が暑くなって窓を開けた。
住宅の断熱&気密性能の差は本当にすごい。
東京の家に帰ったら冷えきっていてブルブル(汗)

 

 

【今回の主な作業】

  • ベーコン仕込み

 

もねさん、傷の回復あともうちょい♪

昨日、もねココ病院へ。

20130118もね
もね専用「どこでもベッド」@待合室(^^;)
まず、もねさん。

左前足外側の傷は、もう小さなかさぶたが残っているだけで、放置してもOK♪

わきの下の傷は、1週間前よりも傷口の大きさがさらに小さくなり半分ぐらいに。
ただ、縫合糸が緩んだのか、傷口が少し開いていたため、一針縫い直してさらに1週間様子を見ることになった。
完治目前に若干足踏みが続くが、傷の奥の方はほとんどくっついた。
深さはほとんどなくなり、表面が少しくっつかずに残っているだけとのこと。
一時は底が見えないぐらい深い傷で、どうなることかと思ったが、もう大丈夫。
治るのは時間の問題だろう\(^o^)/

20130118ココ
唇の上の毛が抜けて少しピンク色
次、ココちん。

「左上唇の上側の毛が少しずつ抜けて、それが少しずつ広がっている」(もね母)というので、診てもらった。
セロテープみたいなものを使って、問題箇所のサンプルを取り調べたところ、「菌はいました」(獣医師)。
でもこれだけでは原因は分からない。
寄生虫が原因の可能性もあるが、それを調べるためには、もっと患部を「ガリガリやる必要がある」とのこと。
現時点で症状は言われなければ分からない程度で、ココも全然気にしていない。
菌が原因であれば、消毒すれば症状が軽くなる可能性があるので、当面、ヒビテンで消毒を続けて様子を見ることになった。
無菌性脂肪織炎?無菌性肉芽種?を抑えるために飲み続けているステロイドの免疫抑制効果で皮膚病が起きやすくなっている可能性があるが、これは仕方がない。
上手く付き合っていくしかないだろう。