もねさん、床ずれ?

もねさん、左前脚付け根の外側に床ずれのような傷ができてしまった。

「寝たきり犬は床ずれに要注意。一度できてしまったら簡単には治らない」と言われていたのだが…う~む

20121209もね床ずれができたのは伸縮包帯を巻いている部分。
包帯を外さないと見えないので、気が付かなかった。
同じ脚のわきの下の傷に入れたアクアセルAgがはみ出しちゃったので、今朝、もね母が病院に連れていき、獣医師が新たな傷を発見した。
2日前にはなかったが、少し大きめの傷になっているらしい。

わきの下に傷があるため、なるべく左側が上になるように寝かせていたので、体重がかかっていた時間は短いはず。
右側のほうが体重がかかっている時間が圧倒的に長いのだが、そちら側に床ずれはない。
床ずれ防止マットも使っている。
包帯で巻いているのが長期間になってしまったので、血行が悪くなっていたのか?
包帯の巻き方はかなり緩めなのだが…

とにかく、このままではよろしくないので、次回通院時にわきの下の傷を、ドレーン(排液用のチューブ)を入れて縫ってしまい、包帯をなるべく早く外す方針。
わきの下の傷は、もう少し時間を掛けてもっと良くなってから縫う予定だったが、やむをえまい。
床ずれの傷はいまのところ深くはないという。
様子を見て、こちらも縫うことになるらしい。

寝たきりになると、ちょっとしたことをきっかけにいろいろなことが起こる。
悪循環の連鎖をなんとか断ち切らねば!

ココちん、ステロイドさらに半減へ

昨日、かかりつけ医へ。

まずココちん。
順調なのでステロイドの量をさらに半減することに。免疫抑制効果が十分期待できる量ではなくなってくるので、体調等にさらに注意を払うようにとの指示あり。
ステロイドを減らし始めたら、減っていた後肢の筋肉が戻ってきたような気がする。
膀胱炎用抗生剤は継続。飲み始めから計6週間程度は続ける必要があるらしい。

もねさんの傷もまずまず順調。
大きい傷と小さい傷が1個ずつあるが、小さい方は自然にくっつき始めているとのこと。大きい方も回復傾向だが、大きいだけにもうしばらく時間がかかりそう。

ココちん順調♪

ココちん、昨日、もね母に連れられ、“無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫”の経過観察のため約1カ月ぶりに大学病院へ。(→前回「デキモノ、少し小さくなったかも♪」)

結果は、

血液検査:正常

尿検査:正常

X線&エコー

  • 膀胱を押し込んでいる肉芽はわずかに大きくなっているかもしれないが誤差範囲内
  • 水腎症気味の片方の腎臓は少し悪化か

総合判定は

  • 現在のステロイド投与を継続で問題なし
  • 内臓への悪影響は今のところ全くない。現在のステロイドの量でも大丈夫
  • 筋肉が落ちるのはやむを得ない
  • ステロイドの減量は、かかりつけ医と相談して行えばOK
  • ただし、もしも尿に異常(色、におい、量、頻度など)が見られたら、すぐに受診を

水腎症気味の片方の腎臓については、

  • 悪化して機能が失われるかもしれない
  • ただし、もう片方の腎臓が正常なので、ココの余命には影響しないと考えられる
  • だめになりそうな側の腎臓を救うために尿路変更手術は可能だが、お勧めはしない

―などなど。

で、手術などはせず、ステロイドを慎重に減らしながら経過を見守ることに。

次回、大学病院での検査は2カ月後の予定。

まあ、ワシの見解では、医療は科学と呪術のまぜこぜみたいなものである。
信じすぎず、拒否もせず、よ~く疑いながら、ジワリジワリとやっていきましょう(^^;)

20121206スパゲッちん
スパゲッちん
20121206昼寝ココ
お昼寝ココちん♪