4/4-6のまとめ

仕事を終え、深夜出発、未明に到着。
小屋の中は蓄熱暖房(小)しかONにしていないので少し寒かったが、すぐに寝てしまえば問題なし。
滞在中のみ蓄熱暖房(大)を再稼働。

一夜明けて、

20140405-084237
クリスマスローズが咲き始めていた
 地植えにして2年ぐらい。
だんだん株が大きくなってきた。

20140405-084919
土が露出しているところには未だに霜柱
 まだ朝晩は寒い日がある。

20140405-111208
元ドングリ(コナラ?)を移植
 境界際に植えたドングリの苗がだいぶ大きくなった。
これ以上、大きくなると移植できなくなるので、1本掘り上げて南側に移植してみた。
根をバシバシ切ったがちゃんと根付くかな?
移植しないで残すドングリは、もうちょい育ったらバッサリ切って、株立にして大きさをコントロールする予定。

この日は、あとはひたすら穴掘り(^^;)

さらに一夜明けて、

20140406-070436
ありゃ、4月なのに雪景色
 タイヤをノーマルに交換してしまったので心配したが、道に雪は積もっていなかった。

20140406-114122
境界際にフェンスブロックを設置
 フェンスをつくり、クレマチスを這わせる計画。
風圧による倒壊が心配なので、ステンレスワイヤーを使って隙間だらけのフェンスにする。
でも、将来の改造も見越して、一応、モルタルを使って強度を確保したつもり。
次回、埋め戻して、柱を立て、ワイヤーを張る予定。
今回は支柱3本分の基礎を施工。
腰にキタ~!(^^;)

そうこうするうちに、

20140406-114435
春の雪はあっという間に解けた
芝も緑になり始めた。
もうそろそろ芝にも肥料を撒かねば。
今年は病虫害が発生しませんように!

20140406-114534
タツタソウが咲きそうですよ
 枯葉色の落ち葉の下から、緑が少しずつ出始めていた。
もうすぐ本格的な春ですなぁ。

 

【今回の主な作業】

  • コナラ?移植
  • フェンスブロック設置
  • クラウンベッチ除去続行(もね母)

3/23-26のまとめ

20140325-080747
暖かくなってモグラが動き出した
20140325-081642
快晴
20140326-093121
スノードロップが咲いた
20140326-093714
誰もいないお庭
20140326-093757
クリスマスローズがもうすぐ咲きそう
20140326-115125
久しぶりのアカゲラさん

20140326-123050
木箱、もうちょい待ってね
春なのに…
寂しいなぁ

【今回の主な作業】

  • 雪の重みで歪んだ鹿よけネットを張り直し
  • 寒肥
  • 芝にバナフィン粒剤散布
  • センニンソウ用ワイヤーメッシュフェンス設置
  • センニンソウ植え付け
  • クレマチス(モンタナ・ルーベンス)をミズキの下に植え付け
  • クジャクアスター移植
  • もぐら避け器電池入れ替え&設置
  • もぐら忌避剤設置 by もね母
  • クラウンベッチの除去開始 by もね母
  • クレマチス誘引フェンス用の柱(4×4ウエスタンレッドシダー)、束石など購入
  • 蓄熱暖房(大)OFF

ココちん、またね

ココが17日午後5時半すぎ、静かに息を引き取った。

DSC_9711

わが家で生まれたココ。
もねさんが産んでくれたココ。
何歳になっても子犬みたいで、いつでもニコニコ笑顔だった。
どこに行くにも、何をするにもいつも一緒だった。
本当に可愛くて可愛くて、「目の中に入れても痛くない」というのはこのコのことだと思った。

2年ほど前から、おしっこの出が悪くなり、自己免疫疾患と悪性肉腫の併発で難しい状態になった。
時々、体調を崩しながらも、ステロイド治療や膀胱摘出手術などに耐え、よく頑張った。
病気を抱えながらも、それを感じさせないニコニコ笑顔で、このまま寿命まで持ってくれるのではないかと期待することもあった。
でも肉腫が大きくなってきて、もう限界だった。

最後の2日ほどは食欲もだんだん落ちていた。
急性腎不全で血液の数値が悪化し、音に対して敏感になるなど脳への影響も出始めているようだった。
「ココが苦しい思いをしないように」と、それだけを願った。

17日、「これが最後かもしれない」と、もねさんのカートに乗せて公園に散歩に行った。

CIMG6465
ポカポカ陽気のいい天気だった。
このところ、家と病院の往復ばかりだったので、外に連れ出せてよかった。
ココも気持ちよさそうにしていた。

家に戻り休んでいたが、ワシらの姿が見えないとココが不安がるので、交代で撫でたり抱っこしたりしていた。
夕方、水を飲みたそうにしたので、もね母が抱きかかえて水をあげた。
ペロペロと飲み、少しむせたかと思ったら、す~っと呼吸が止まって、そのまま逝ってしまった。
悲しくて、悲しくて、あふれる涙を止められなかった。
苦しまなかったことだけが救いだった。
あと4カ月で13歳だった。

「元気なココと少しでも長く一緒にいられるように」と治療を頑張りすぎたかもしれない。
入院が長くなったり、毎日通院ばかりになっちゃって、ココちん、ゴメンな。
でもワシも、もね母も、病院の先生も、みんなそれぞれの立場で精一杯がんばったので許してほしい。

ココちん、久しぶりに、もねさんとガウガウやってるかな?
ワシらの気持ちはずっと一緒だよ。
そのうちそっちに行くから待っててな~

ココちん
ありがとう、ココちん また一緒に遊ぼうね!