今朝の様子

もね母が病院に電話して、今朝の様子を聞いた。

ココちん、今朝は昨夜よりは状態良いらしい。
流動食などを少し食べさせて、吐かないかどうか、胃から先に通過するかどうかを試してみるとのこと。
夕方、結果を聞きにいく予定。

一体どうなっているんだ!

ワシが仕事に行っている間に、ココちん、検査を山ほどされて入院になってしまった。
訳が分からん。
もね母の説明を聞いても全然納得できん。
明日病院に行ってしっかり聞いてくる。

ワシが仕事に行った後に、ココに何があったかといえば、

1.夕方、水を飲んでいないのに3回、かなりの量の黄色い液体を吐いた
2.もね母が病院に連絡を取り、ココを連れていった
3.血液検査=異常なし
4.造影剤を飲んでのX線検査で、いつまでたっても胃から先に造影剤が流れていかない
5.麻酔をかけて内視鏡検査。胃の出口が開かない。胃自体は出口近くに少し出血あり
6.胃の出口を開ける薬を使い、ようやく少し開いた
7.胃の先の十二指腸にも炎症あり
8.十二指腸の細胞をおなかの表面から針を刺して採取、検査に出した

もね母の話によると、ざっとこんなところか。

水を飲んでいないのにかなりの量を吐いたというのはよく分からないが、もね母の話を聞いて、ワシは胃腸炎がちょっと重くて、胃が一時的に働いていないだけではないかと思った。

だが、もね母によると医者の見方は

1.こんなに胃の出口が開かないのは見たことがない
2.胃の出口周辺および十二指腸の炎症で出口がふさがっている可能性がある
3.あるいは近くにある膵(すい)臓が膵炎で腫れて出口を押してふさいでいる可能性もある
4.または、どこか近くにがんができて出口を押してふさいでいる可能性も考えられる

などだという。

で、開腹して確かめる方法もあるが、とりあえず炎症を抑えるためにステロイドを使って様子を見ることになったという。

ただの大腸炎だと思っていたのが、何でこんなことになっちゃったのか! 開腹だなんて!!
胃腸炎で胃が動かないなんてよくあることかと思っていたが、どうやら医者は胃の出口が開かないことをかなり重視しているらしい。

ココちん、ついこの間までニコニコ元気だったのに。
まさかとは思うが、ちょっと心配だ。
判断を誤らないように、がっつり医者と話し合ってくる。