明日も通院になってしまった

でも、明日で今度こそ今回の治療は終わりになるはず。
ココちん、もう1日だけ辛抱だ。

本日は朝、もね母がココを病院に預けて、夕方迎えに行った。

病院でやったことは、
1.えさを食べさせても異常ないかの確認
2.点滴
3.食べ物が胃から先に流れるかX線検査で確認
―の3点。

1と2は問題なく終了。ところが3でちょびっと引っかかった。
X線に写る錠剤を飲ませて、数時間後に撮影し、腸に移動したことを確認する方法だった。
で、3粒飲ませて、1粒は確かに胃を通過して腸に移動していたが、2粒胃に残ってしまっていたのだ。

医者の説明によると、胃が空っぽの状態のときにこの錠剤をのませて、その後、食べ物を与えず、約5時間後にX線撮影したとのこと。
2粒、胃に残ってしまったのは、胃が空っぽであまり動かなかったためではないかという。

1粒はちゃんと腸に移動しているのでまず問題ない。
だが、今回、ココの症状が胃の出口が開かないという原因不明のものだったこともあり、念のため、食べ物を与えて胃を動かした上で、残り2粒もちゃんと腸に行くか、明日朝、もう一度検査することになった。

ココちん、既に病院の待合室でほかの犬にギャンギャン吠えるぐらい元気だし、ウンチもちゃんと出たので、そこまでしなくても、もう大丈夫だと思う。
でも、先生が年には念を入れて確認したいというのだからしょうがない。
それぐらい慎重だからこそ、信頼できるとも言えるしね。

で、もね母は所用により明日は行けないため、またまた夜勤のワシが早朝からココちんを病院に連れて行かねばならなくなってしまった。
ワシももう1日だけ辛抱だ。
頼むぞココちん、ちゃんと胃の中身を腸に送り出してね(^_^;)

多尿頻尿


本日、ワシは朝のお仕事なり。

ココちん、昨夜は念のためご飯抜き。
水はかなり飲んだが、吐き気なし!

ただ、家の中で床にオシッコ2回。
外でかなりさせたにもかかわらず、である。
これはステロイドの影響なのか?

もね母に、医者に聞かせねばならんな。

ココちん帰宅

明日、もう一度病院に連れて行くけど、とりあえず開腹じゃなくて回復したもよう(笑)
20080322coco.jpg
食欲も戻ってきた。
今日は病院で缶詰の餌を4回に分けて与えたそうだが、「食い付きが良かった」らしい(^_^;)
吐いてもいないので、食べたものがちゃんと胃から先に流れているのだろう。
膵炎の可能性も検査結果では否定的。
結局、胃の出口が閉じていた直接の原因は分からないままだが、食欲が戻ればとりあえず一安心。
今晩は帰宅できることになった♪

あす朝もう一度病院に連れて行き、念のため炎症を抑える薬?を点滴をする。
そして、造影剤を飲ませて、胃の先にちゃんと流れていくか確認する予定。

今日は、医者に昨日の内視鏡検査の動画などを見せてもらいながら説明を受けた。
胃の出口が閉じているのがどれほどのものかワシには評価できないが、医者は「これほどきっちり閉じて開かないのは見たことがない」と強調していた。
昨日の、開腹したほうがいいかもという話にはかなり驚いたが、このまま胃の出口が閉じたままだったら、確かにかなりヤバい状態だったことは間違いないようだ。

とにかく、にこにこココちんが戻ってきてホッとした。

前に肝臓が悪くなった時も最悪のケースを想像したが、今回も一時はかなり心配したぞ。
ココちんのせいで、これまで何度、枕を涙で濡らしたことか。(この時期だから鼻水かも?)
とにかく、ほんとに良かった!
いつかはお別れの日が来てしまうのは分かっているが、まだまだ早すぎる。
まだまだ一緒にやることがいっぱいあるのである。

今回、反省点があるとすれば、まだ吐いてはいなかったが食欲がなく、元気もなかったココを、ドラハまで連れて行ってしまったことだ。
往復10時間以上の道のりは、やはりかなり負担になった可能性がある。
食欲がないというだけで、もねココにとってはあり得ない事態なのだから、もっと気を付けるべきであった。