症例研究2「押しちゃった!」

今回のテーマは「押しちゃった!」です。
「秘技に頼らず、基本に忠実に」の予定でしたが、症例にインパクトがなかったので変更しました(^^ゞ

ではまずは症例を見てみましょう。

{{insert_meta movie}}

ま、一目瞭然、「押してるんじゃねえよ!」ってことですね(爆)

「止まったり走ったりギクシャクしてないで、もっとスムーズに動けよっ!」とも言えます。

もうちょいていねいに説明すると、ハンドラーがいったん止まってから走りだしたので、犬もそれに反応して進行方向に加速。しかもハンドラーが最後にグイッと一歩踏み込んだので、ハンドラーは右に曲がりたかったのに犬は「押されて」そのまま行っちゃった~というところでしょうか。

「なんでそっちに行っちゃうの~」というふうにも見えますが、次に右に曲がろうと思っているのはハンドラーだけです。犬はそうは思っていません。

犬と人が一緒にやる競技なのに、犬と人が右と左に泣き別れ~じゃ、ちょっと困りますよね。

さあ、そんなことにならないように、もう一度、この症例をよく見て目に焼き付けておきましょう

そしてこのハンドラーがどこかでまた同じことをやっているのを見て、「あ、またやってら」と思い出してくれたら、この症例研究は成功したと申せましょう(爆)

症例研究1「スラローム恐怖症」

まずは再生ボタンを押して症例をご覧ください。
音量にご注意ください。
再生速度0.5で、繰り返し見れるはずです。
(環境によっては見え方が違うかもしれません)

{{insert_meta movie}}

犬はトンネルから飛び出してきた瞬間、「次はどっち?」とハンドラーに注目し、寄って行こうとしているのが分かります。

この瞬間にピシッと「スルー」のコマンドが出ていれば、犬は正しくスラロームに向かったはずです(願望)。

ところがこのハンドラーはスラロームのエントリーに自信がないため、中途半端にラインを作ろうと変な横走りをして、右手による指示も中途半端。犬に正しく伝わっていません。

このため犬は戸惑ったようにスラロームとハンドラーを交互に見ながら、ハンドラーとともになんとなくスラロームに接近。

スラロームにかなり近付いた段階でようやく「スルー」のコマンドが聞こえ、犬は慌ててスラロームに入ろうとしますが、なんとなく半信半疑な様子で、うまく入れませんでした。

ハンドラーの自信のなさが犬に伝わって失敗、さらに自信を失うという悪いパターンですね。

まずはスラロームの基本的な練習を繰り返して自信をつけましょう。
そして自分のパートナーを信じて正しいタイミングでピシッと分かりやすいコマンドを出すことが大事だと思います。

「それが簡単にできれば苦労しないわい」という意見もあろうかと思いますが、まあまあ、
それはそれとして、わが子と苦労を共にするのも楽し、それを批評するのもまた楽し、ということでこれもいわゆる一つのアジリティの醍醐味と申せましょう♪

この症例研究により、さらに症状が悪化しても当方は関知しませんので悪しからず。
苦情が来なければ、次回のテーマは「秘儀秘技に頼らず、基本に忠実に」の予定です(^_^;)