やはりヘルニアor脊椎症の疑い

もねさん、もね母に連れられて動物病院へ。

獣医はもねさんの動きを見て「良くなってないですねえ」と一言。
日常生活には今のところ全く問題ないが、なんとなく後ろ足に力が入りにくい感じが消炎剤では改善しなかった。

こういうケースに疑われるのは、やはり椎間板ヘルニアや脊椎の変形による神経の圧迫(変形性脊椎症)?などだという。
(獣医が正確に何と言ったかは不明。もね母の不明確な説明からワシが類推)

今後の治療については、まずは安静第一。
ベッドやソファーからの飛び降りなどは、衝撃でいつ下半身麻痺とかになるかもしれないので厳禁である。
階段の上り下りも、原則、だっこに。

薬は、消炎剤をステロイドに切り替えて、これから1週間様子を見る。

それでも良くならなければ、MRIで詳しく調べ、ヘルニアならば手術を検討する方向。

今の状態が維持できればそれで十分だが、症状が悪化して痛みや麻痺が来るのが怖い。
手術はかわいそうだが、下半身麻痺とかになったらもっとかわいそう。
この1、2週間が分かれ目になりそうである。
まずはステロイドが効いてくれることを祈る。

8歳の子犬

20090712-2



あした誕生日であるが、あしたはできないのでお誕生会をきょう前倒し開催。20090712-3
ヒトの年齢に換算すれば48歳ぐらい?
ついこの間も、病院でギャンギャン騒いで、

ほかの飼い主さん 「子犬だからしょうがないわよね~♪」

もね母 「もうすぐ8歳です」

ほかの飼い主さん 「えっ!(絶句)」

という会話があったらしい。


いつまでも幼く元気なココちんでいてください(^^;)