症例研究1「スラローム恐怖症」

まずは再生ボタンを押して症例をご覧ください。
音量にご注意ください。
再生速度0.5で、繰り返し見れるはずです。
(環境によっては見え方が違うかもしれません)

{{insert_meta movie}}

犬はトンネルから飛び出してきた瞬間、「次はどっち?」とハンドラーに注目し、寄って行こうとしているのが分かります。

この瞬間にピシッと「スルー」のコマンドが出ていれば、犬は正しくスラロームに向かったはずです(願望)。

ところがこのハンドラーはスラロームのエントリーに自信がないため、中途半端にラインを作ろうと変な横走りをして、右手による指示も中途半端。犬に正しく伝わっていません。

このため犬は戸惑ったようにスラロームとハンドラーを交互に見ながら、ハンドラーとともになんとなくスラロームに接近。

スラロームにかなり近付いた段階でようやく「スルー」のコマンドが聞こえ、犬は慌ててスラロームに入ろうとしますが、なんとなく半信半疑な様子で、うまく入れませんでした。

ハンドラーの自信のなさが犬に伝わって失敗、さらに自信を失うという悪いパターンですね。

まずはスラロームの基本的な練習を繰り返して自信をつけましょう。
そして自分のパートナーを信じて正しいタイミングでピシッと分かりやすいコマンドを出すことが大事だと思います。

「それが簡単にできれば苦労しないわい」という意見もあろうかと思いますが、まあまあ、
それはそれとして、わが子と苦労を共にするのも楽し、それを批評するのもまた楽し、ということでこれもいわゆる一つのアジリティの醍醐味と申せましょう♪

この症例研究により、さらに症状が悪化しても当方は関知しませんので悪しからず。
苦情が来なければ、次回のテーマは「秘儀秘技に頼らず、基本に忠実に」の予定です(^_^;)

20080126-27JKCアジつくば&OPDESアジ秋ケ瀬

先週末は2日連続アジ。土曜日はつくばでJKC、日曜日は秋ケ瀬でOPDESなのだった。
この寒い中、ようやるわいという感じだが、首都高の中央環状新宿線ができちゃったので、わが家からつくばまでなんと1時間ちょい! 知らん間にすんごい楽チンになっていた♪

20080126.jpg
(つくば・くきざきドッグスポーツ広場)


まずはJKCから。

AG3


コースを見てワシはもね母に「あなたはスラロームの入り口で失敗して、ドッグウオークでも跳ばれる」と予言したのだが、正解は「スラロームの入り口で失敗して、れんがを落とす」であった。ちょっと外れた。惜しかった(爆)
ということで、ほぼ予想通りの失敗。ココちんのせいでは全然なく、もね母のスラローム恐怖症が原因ですね。困ったもんです。ココちん、かわいそ~う。

JP3


今度はもね母のギクシャクしたハンドリングに惑わされてココちん右往左往。さらにスラロームもまたまた失敗。
ココと一緒に練習するのもいいけど、それよりもむしろ、もね母ひとりでフットワークの練習でもしたほうがいいんでないの?とワシは前々から思っているんですけど、どうでしょうねえ?
例えば、満員電車の中で隣のやつが自力で立とうとせずに寄りかかってきたら踏ん張って押し返すとか、それでもさらに寄りかかってきたらスッと身をかわしてよろめかせてやるとか、雑踏の中を華麗なステップでスイスイっと通り抜けて発車間際の電車に駆け込むとか…(笑)

翌日はOPDES。ワシは仕事のため、もね母単独参加。
JP2


またスラロームの入り口失敗(ー”ー)

AG2


今度はやっとスラ入り口成功&クリーンラン。
でもドッグウオークの下りがかなり怪しい。
厳しいジャッジだったら手が上がっていたかも。

ということで、OPDESは減点7以下2回?で昇格なので、ココちん、3度に昇格。チームテストも受かっているので次からは3度に出られるのである♪

まあ、腐っても3度だから難コースの攻略を練習するのもいいけど、いい加減、スラロームとかコンタクトとか基本パーツを確実にできるようにしてくださいよ。

ココちんはスピードはないけど、ハンドラーにすご~く、すご~く集中した、いい子ちゃんなんだから、その適性をちゃんと生かしてあげてください。