ココちん回復、もねさんは?

ココちん、朝のウンチは若干軟らかめではあるがほぼ問題なし。
ほかの犬と出会うと、いつも通りギャンギャン吠えていたし、もう大丈夫でしょう。
なんだったんだろうねえ。
おなかにくる風邪みたいなもんかね。

もねさんは、獣医に「砂粒ぐらい小さいけど乳腺腫瘍があります」と言われ、あらためておなかを触りまくっているのだが、分からん。
以前、左側にできた乳腺腫瘍(良性)は触ると確かに分かった。
大きさ数ミリのプニプニした軟らかい丸いかたまりが皮膚の下にあるのが、指でつまむと分かった。
だが今度は何度触っても分から~ん。
そりゃあ、おなかの中だからなにやらいろいろあるようだが、「腫瘍」って感じがしない。
ホントにあるのか、乳腺腫瘍。
「砂粒ぐらい」なんて触って分かるのか?
信用していないわけじゃないけど、納得できない。
X線やエコーで再度確認するとは思うが、ほんとに分かるのかね、そんなに小さい腫瘍が?
エコーの解像度ってどれぐらいなんでしょ?
はっきり分からなくても、残っている右側の乳腺を予防的に取っちゃうという選択肢もあるとは思うが・・・
悩ましいなあ。

「やっぱり腫瘍じゃありませんでした、エヘッ」でもいいんですけど・・・

20080215.jpg
ワシの力作もねココ電話
仕事で使うのはちと恥ずかしい(^_^;)

ココちん腸炎、もねさん再び乳腺腫瘍か

ココちんが珍しく今朝からおなかの調子が悪く、午後も嘔吐2回&下痢。
で、アジの練習を休んで、もね母が夕方、病院に連れて行った。

ココちん、前に肝臓が悪くなった時も嘔吐から症状が始ったので若干心配した。
でも今回は血液検査の数値もすべて正常範囲内(肝機能含む)。
検便の結果と合わせて、「腸炎でしょう」との診断となった。
下痢止めの注射をして、薬をもらって、今日は夕食抜き。
元気もあるので、順調にいけば数日で治るだろう。
とりあえず一安心である。

もねさんの方は、ワシの最近の自己流触診で、乳腺が残っている側に何かしこりのようなものがあるような気がして気になっていた。
で、病院に行ったついでに獣医に触診してもらったところ、獣医も「かなり小さいけど腫瘍がありますね」との見立て。
取ってみなければ良悪性は分からず、もうちょい詳しく検査する必要はあるが、いずれにしても近いうちに手術をして取ることになりそう。
もねさんには去年の3月に続く手術で申し訳ないが、せっかく小さいうちに発見できたので、早めに取っちゃいましょう。
もねさんには、まだまだ元気に長生きしてもらわなきゃならないからね!