おしっこの恐怖

ココちん、その後、いたって快調(^o^)
飲んでも食べても全然平気、ウンチも快便なり!

ただ一つ問題点が・・・

おしっこが多すぎるのよ、あまりにも!

まだステロイドを飲んでいる影響だと思うが、出るわ出るわ!

いつもは朝夕2回の散歩でおしっこすれば、あとは家の中では全くしない。
ところが今は5、6時間ぐらいおきに我慢できなくなって出ちゃう。
赤ちゃん時代に家のトイレをちゃんと教えられなかったツケが今ごろ回ってきた(ToT)

カーペットの上でジョ~
ベッドの上でジョ~

今ごろになって、赤ちゃん犬のいるような生活になろうとは・・・

朝起きると、どこかにおしっこしちゃってないかと気になり、ココが水をガブガブ飲むと「そんなに飲むとまた出ちゃうよ」とまた気になる。

ということで、ステロイドはまだ3日分ぐらい残っているけど、今日からやめることにした。
明日は昼間留守番させねばならんしね。
こんだけ元気で食欲があれば、もう大丈夫でしょう。

治療一段落

午前中にココちんを連れて病院に行ってきた。
今日で治療終了になると思っていたが、タイトルのように微妙な感じになってしまった。
う~む。
実質的には終わっていると思うので、まぁ、いいんですけど。
お医者さんたちも原因の分からないことに対してはホントに慎重ですね。
原因を追求するのは医者のあるべき姿だとは思うんですが、もうそろそろコチラの懐も痛くなってきたもので・・・(爆)

では本日の診察結果。
まずはX線検査から。昨日飲ませて胃に残っていた錠剤2つはちゃんと腸に移動していた。
ということで、胃の出口(幽門)の閉塞はなくなっていることを確認。
臨床所見も問題ないので、これまで注射や点滴で投与していたステロイドなどの薬を経口投与に切り替えることになった。
これに伴い、足に付けていた点滴用の留置針も抜去。
食事、水も普段のものに戻してOKとなった。

ほとんど治ったように見えるのに、もうしばらく薬を続けるのは、症状が薬で抑えられているだけで、薬を完全に止めたら再発する可能性が捨てきれないかららしい。

先日、内視鏡で採った組織の検査結果があと5日ぐらいで出る。
その結果で、幽門の閉塞が単なる炎症などによるものなのか、あるいは自己免疫疾患など別の要因によるものなのかがはっきりする。
それまで念のため飲み薬を続けるのだそうな。

「自己免疫疾患」なんて言葉まで出てきたのには参ったな(汗)

医者の話しぶりでは、原因がはっきりしないのであらゆる可能性を一応疑ってみる、という感じなので、まあいいですけどね。
組織検査の結果ではっきりするそうだから、それまで待ちましょか。
変な病気じゃないことが確認できれば安心できるしね。

明日も通院になってしまった

でも、明日で今度こそ今回の治療は終わりになるはず。
ココちん、もう1日だけ辛抱だ。

本日は朝、もね母がココを病院に預けて、夕方迎えに行った。

病院でやったことは、
1.えさを食べさせても異常ないかの確認
2.点滴
3.食べ物が胃から先に流れるかX線検査で確認
―の3点。

1と2は問題なく終了。ところが3でちょびっと引っかかった。
X線に写る錠剤を飲ませて、数時間後に撮影し、腸に移動したことを確認する方法だった。
で、3粒飲ませて、1粒は確かに胃を通過して腸に移動していたが、2粒胃に残ってしまっていたのだ。

医者の説明によると、胃が空っぽの状態のときにこの錠剤をのませて、その後、食べ物を与えず、約5時間後にX線撮影したとのこと。
2粒、胃に残ってしまったのは、胃が空っぽであまり動かなかったためではないかという。

1粒はちゃんと腸に移動しているのでまず問題ない。
だが、今回、ココの症状が胃の出口が開かないという原因不明のものだったこともあり、念のため、食べ物を与えて胃を動かした上で、残り2粒もちゃんと腸に行くか、明日朝、もう一度検査することになった。

ココちん、既に病院の待合室でほかの犬にギャンギャン吠えるぐらい元気だし、ウンチもちゃんと出たので、そこまでしなくても、もう大丈夫だと思う。
でも、先生が年には念を入れて確認したいというのだからしょうがない。
それぐらい慎重だからこそ、信頼できるとも言えるしね。

で、もね母は所用により明日は行けないため、またまた夜勤のワシが早朝からココちんを病院に連れて行かねばならなくなってしまった。
ワシももう1日だけ辛抱だ。
頼むぞココちん、ちゃんと胃の中身を腸に送り出してね(^_^;)