近所迷惑な遠吠え(汗)

意固地といえば もね母、もね母といえば意固地という もね母なので、もねを骨折させたことについて決して謝罪や反省の弁は語らず沈黙を保っている。

だが、内心ではちょっとは反省している模様で、早朝から もねだけを連れてトイレ散歩へ。

ひとり残されたココちんは、なぜ自分だけ残されたのか分からず、早朝から近所迷惑な遠吠え~(汗)

おかあちゃんが怪我をしているんだから、あんたもちょっとはわきまえて大人になりなさい!

では、ココちんの哀愁漂う遠吠えをどうぞ → 20080620coco.mp3(1分52秒、怨霊音量に注意

もね、4度目の骨折

もね母とボール遊びをしている最中に、今度は右前足の人差し指。

大好きなディスクの大会に出るのをやめ、ディスクやボールで遊ぶのもなるべく我慢し、遊ぶときにも怪我をさせないように細心の注意を払ってきたのに・・・

言葉も出ない。詳しい状況を聞く気にもなれない。

もねが初めて骨折したときはかなりショックを受け、なんで骨折したのか考え、ちょっとはほかの人の役に立ちたいと思い経過をHPにまとめたりもしたが、そんなことしてもほとんど意味はなかった。

要するに
飼い主が愚か者だと、犬は何度でも同じ骨折を繰り返す
ということだ。

もねさん、ごめん

20080619骨折.jpg