2008/9/11-18北海道アジ旅行(2)「大雪高原沼めぐり編」

アジを終えて次に向かったのは大雪高原である。

「日本で最も早く紅葉が訪れる」

「日本一美しい紅葉」

などと称される、大雪高原なのだ!

↓↓↓この辺↓↓↓

{{insert_meta google_map}}

実はここも約10年前の札幌在住中に一度だけ来たことがある。

だがその時は8月中で、まだ紅葉には早かった。

しかも、ヒグマが出没し、沼めぐりの途中までしか行くことができなかった。

大雪高原の紅葉のピークは9月下旬ごろとされるので、今回の旅行は時期的に若干早すぎる。

そして紅葉ピーク時にはマイカー規制が実施されるため、シャトルバスで往復しなければならない。

ところが今年は8月下旬の冷え込みで紅葉が早いとの情報を発見。

旅行の時期は紅葉ピークの直前でマイカー規制に引っ掛からないじゃん♪ということで、10年ぶりに沼めぐり完全制覇を果たしに行くことにしたのである。

ということで、14日夕方、そそくさとアジ会場をあとにし、一路層雲峡へ。

無料駐車場で車中泊し、翌朝、大雪高原へ向かったのだった。

(写真はすべて、クリックすると大きくなります)

20080915-02層雲峡から車で30分弱。大雪湖から大雪高原温泉に向かうダート路の入り口にはホレこの通り。

ヒグマの生息地なので、もねココ連れでは歩けないが、遠く離れた臨時駐車場に残すのは心配だからねえ。

紅葉ピークには早いが、近くまで車で行けて良かった。

20080915-03こんなダートを通って、終点の大雪高原に向かう。

ゆっくり走っても20分ぐらいだった。

すれ違いに苦労しそうな所もあるが、でかいキャンピングカーも来ていた。

20080915-04大雪高原温泉に着いた。

快晴である!

右奥が大雪高原山荘。約10年前に宿泊した。

左に見えるのがヒグマ情報センター。ここでレクチャーを受けなければ沼めぐりに行けないことになっている。

今日は沼めぐりコース一周できるとのこと。

ラッキー!!!(^o^)

車に銀ネット掛けて、窓に換気扇を付けて、ハンドルロックして準備完了。

もねココちゃんはしばらく待っててね~

20080915-05センター内にあるヒグマ情報板。

赤印が「個体確認」、青印が「足跡痕」など。

ヒグマさん、いっぱいいるようですね。

ヒグマのすみかに人間が入っていくのだから当然か。

ちょっとだけ失礼しますよ~

20080915-06沼に向かう道はこんな感じ。

スタート直後は紅葉は見えなかった。

9月に入って暖かい日が続いたせいかな~

20080915-07でもしばらく進むと、ところどころに赤い葉っぱがチラホラ。

標高が上がれば、もっと増えるのかな♪と期待膨らむ。

歩き始めて50分弱。土俵沼に出た!

20080915-08

絶景なり!!

いや~、いいですね~

紅葉が進めばもっと素晴らしくなるはずだが、天気もいいし、これで十分。

さあ、説明は省いて、どんどん行きますよ!

20080915-09

バショウ沼です。

「この沼の中にはミズバショウが咲くのでバショウ沼と名付けられました。ミズバショウは本州では高山に行かなければ見られませんが、北海道では平地でも見られ、ここでは7月頃咲きます。」

20080915-10

滝見沼です。

ここまではるばる来たかいがあるというもの!

紅葉が水面に映えて素晴らしい~

20080915-11

緑沼です。

いいですね~

以前来た時はヒグマ出没のためここで引き返した。

ここから先は未知の領域なり。

20080915-12

エゾ沼です。

さわやかな空だ~!

20080915-13

式部沼と高根ケ原の東斜面が見えてきた。

山岳風景が広がってきましたねえ!

20080915-14

式部沼の畔(ほとり)まで来ました。

青空と紅葉の山と沼。

絶妙なバランスですね。

20080915-15

反対側から見た式部沼です。

20080915-16

大学沼です。

休憩ポイントだが、沼の縁にヒグマの足跡がありそうな雰囲気。

向こう側の斜面にヒグマ個体確認情報多数あり。

20080915-17

高原沼と緑岳です。

スタートしてからここまで2時間。

自信のない人はこの辺で引き返した方がいいらしい。

ワシらは前進あるのみ!

20080915-18

雄大な景色の中を進む。

左が高根ケ原。前方は緑岳。

この辺がコースの最高地点か。

標高約1500メートル。

20080915-19

反対側から見た高原沼です。

20080915-20

青空とナナカマドです。

左上に万年雪が見えます。

20080915-21

左の高根ケ原東斜面には、初夏には餌を食べるヒグマの姿が見られるそうです。

斜面を登っていく三笠新道はヒグマ多数生息のため、冬以外はほぼ閉鎖状態とか。

20080915-22

空沼です。

「この沼はコース中で最大のもので、雪どけの頃は満々と水をたたえていますが、秋になると干上がってしまいます。それで空沼(カラヌマ)と名付けられています。紅葉の頃は特に美しいところです」

<20080915-23
反対側からみた空沼です。

主な沼はこれにて終了。

各ポイントにはヒグマ情報センターの係員?が配置されている。

さあ先に進もうとしたら、近くにいた空沼の係員の無線に連絡が入った。

「この先でヒグマが目撃されました。気を付けてください」

気を付けろと言われても…

「森のクマさん」でも歌いながら行きますか(爆)

20080915-24もねココが車で待っているので、急いで歩いていると、三笠新道の分岐のところにいた係員に追い抜かれた。

「この先でヒグマが出たので確認に行きます」

しばらく進むと、さっき追い抜いて行った係員がいた。

「ここにいたようです」と登山道のすぐ脇を示す。

「斜面を登って行ったようです。この先に高台があるので、そこにいるかもしれないので気を付けてください」

気を付けてくださいと言われても…

「ぼくはくま」でも歌いながら行きますか(最初のところしか知らない~)

20080915-25分かりにくいけど、これが足跡。

幅13センチぐらい。若いヒグマらしい

20080915-26くまさんに出会うこともなく、一応無事に帰ってきた。

所要時間4時間弱。

生還を記念して、くまさんとハイタッチ(汗)


この数日後、大雪高原じゃないけどこんな事故があった。

ヒグマに襲われ死亡 : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

普段じゃたいして気にも留めないが、ヒグマの生息地を歩いた直後だけに生々しいニュースであった。

気を付けていれば、滅多なことじゃ事故は起こらないらしいが、やはり野生動物は甘く見ちゃいかんということでしょうか。


20080915-27急いで車へ。

気温は20度前後とはいえ、晴れていたので、もねココのいる車内の温度が気になっていた。

でも銀ネット&換気扇効果で特に問題なし。

お待たせいたしました~

おかげさまで絶景が見られたよ\^o^/

くまさんのホットな足跡もね(^_^;)

20080915-28沼めぐりから戻ってから、もう一度、ヒグマ情報センターの掲示(写真とは別)を見に行くと、緑沼までしか行けないように変更になっていた。

さっきのヒグマの目撃情報のせいですかな。

早めにスタートしたおかげで一周できた。

ワシらはかなりラッキーだったらしい。

GPSログ

20080915%25E5%25A4%25A7%25E9%259B%25AA%25E9%25AB%2598%25E5%258E%259Fmap.gif

今回は色づきがもう一つだったが、あと1週間もすれば、もっと紅葉が進みそう。

そして何年かに一度、大雪高原はこの世のものとは思われない、すごい紅葉になるのだという。

チャンスがあれば、そういう時期に来てみたいものだ。

今回の紅葉でも十分満足だけどね♪

さあ、雄大な景色の中を歩いて、不甲斐ないアジの結果もすっかり忘れたぞぉ(爆)

ということで、さて、次は然別湖へ移動だぁ

(さらに続く)

2008/9/11-18北海道アジ旅行(1)「アジ編」

昨年に続き、北海道アジに出陣である!
今年は昨年より若干休みを長めに取った。
はるばる北海道まで行くので、アジだけではなく、ほかにもイベントを企画したのである。
ウッシッシッ!

11日夕方、大洗からフェリーに乗船、苫小牧まで約19時間の船旅だ。

もねココはペットルームへ。
相部屋は凶暴そうな?チワワと、おとなしそうなシェルティーのみ。
長時間だががんばれよ~

ジジババは相部屋では疲労が抜けない年齢になったため個室を確保(爆)
快適であ~る。
許せ、もねココ

一夜明けて昼すぎ。
はい、苫小牧に到着です(笑)
長時間お疲れ~
港近くの芝生でシッコしてンコして、まずは支笏湖へ出発!
アジを翌日に控え、ワシの企画第1弾である。

道中、もねさん、助手席で異様に楽しそうな笑顔。

着いたところはいとう温泉。支笏湖畔の露天風呂なのだ。
札幌在住時代に近くの丸駒温泉には来ていたが、いとう温泉は初めて。
「もう、温泉行っちゃったもんね~」と、ふやけて翌日のアジ会場に乗り込もうという作戦である(^^;)

そのまま湖に降りられそうな近さである。
対岸に見えるは風不死岳ですかな。
曇ってはいるが絶景である。
やはり北海道の温泉は良いなあ。

温泉に入れなかったもねココさんは代わりに支笏湖で水遊び。
水が透明できれいだ~
ココちんは明日アジだからほどほどに。
もねさんは存分に泳ぎなされ。

その後、恵庭に下りて、びっくりドンキーででかいハンバーグ食って道の駅で車中泊…

(一夜明けて)
おおっ! 朝日がきれいだ!
早起きは三文の徳と言えよう(もね母爆睡中)

朝飯食って車で数分の会場に着くと、おおっ!
きれいな芝生だ~
天気もいいし最高のコンディションですな、こりゃ。
あとは結果が伴えば言うことなし!
でもココちんの出番は午後遅く。
3度だから仕方がないとはいえ、待ち時間が長い~

暇だな~と会場をぶらついていると、おおっ!
なんとこんなところにイクラ丼が落ちているではないか!
さすが北海道のアジ大会は一味違う!
もねもココも釘付けだあ。
さっそく拾って、おいしくいただきましたよ(^o^)/
もねココにもイクラを一粒ずつおすそ分け♪

===この項、一部ウソあり。スミマセン、暇だったもので(汗)===

そうこうするうちにやっとココちんの出番が来た。

2008/9/13 AG3=失格

 

2008/9/13 JP3=タイム減点

 

(…ビール園でジンギスカン食べて、翌日へ…)

2008/9/14 AG3=タイム減点

 

2008/9/14 JP3=タイム減点

4走してクリーンランゼロであった。
最近のもね母の口ぶりから、ちょっとはうまくなったのかと思いこんでいたが、勘違いだったらしい。
いきなり温泉に行って、ふやけたせいもあったのだろうか?
ココがヒートだったことも影響したのかもしれない(と、ここでようやくココがヒート中だったことを思い出す)。

まあ、いい。
今回の旅行でアジは余興みたいなものである。(ワシにとっては)
明日からが本番だあ!

(続く)