ゴールデン寝ウイーク

一応元気です
一応元気です

世間のいわゆるゴールデンウイークも今日あたりで終わりだろうか?
明日から電車が混むのかなあ?
ず~と休んでりゃあいいのに(爆)

わが家はココちんに頚椎ヘルニアor腫瘍疑惑が浮上したので、とにかく安静のため、家の周りの散歩以外何もせず。
ココちんは7日にMRI&CTを撮る予定で、今のところ消炎鎮痛剤を飲んでいるだけ。
一日になんどか小さな悲鳴を上げて痛そうにするが、それ以外はほぼ普通。
どうやら寝ていて急に動いたときなどに痛みを生じるらしい。

仮にヘルニアだとしても、幸いなことに運動機能や感覚の麻痺は今のところないので、軽度だと思われる。
でもいつ麻痺が生じるかもしれないので、今はとにかく安静第一。
ヘルニアだと確定したら、基本的には手術か薬物治療をすることになる。
ココちんの場合は、麻痺も生じていないし、高齢でもあるので、たぶん薬物治療かな。
獣医師と相談して決めることになる。

もし腫瘍だったら、かなり厳しい事態だが、それはそれで、最善の方法を考えるしかない。

ヘルニアでも腫瘍でもなく、原因不明のままかもしれない。
そのまま安静にしていれば、いつの間にか痛みがなくなるということもあるかもしれない。

だけど、ディスクやアジなどのスポーツはもうおしまい。

ココちんはスポーツに不向きな胴長、短足の小さな体で、ずいぶん長いことワシらのお遊びに一生懸命付き合ってくれた。
でも健康の不安を抱えてまでやってはいかん。
リスクが高すぎる。
今回は痛みだけが先に出てくれて、もしかしたらラッキーだったのかもしれない。
痛みがなくてヘルニアの兆候に全然気が付かず、Aフレから飛び降りた途端、いきなり下半身麻痺ってことだってありえたかもしれない。
残念かもしれないが、きっぱりやめるべし。
楽しいことは、ほかにもいっぱいある。

ココちん、頚椎の異常が原因か?

一見元気にも見えるが、一日に何度か悲鳴を上げるのがおさまらないため、もね母が連れて再度病院に検査へ。

以下、もね母報告。

—–

整形の医師に診てもらったところ、頚椎の異常(ヘルニアあるいは腫瘍)が痛みの原因かもしれないとのこと。

触診で圧迫した時、首の右側は反応しないが、左の時、体をこわばらせる。

レントゲンを再度撮ったところ、該当箇所になにか異常が写っているらしい(詳細不明)。

これだけでは判断できないので、ほかの施設でMRIとCTを撮り、その結果で再度検討することになった。

—–

ちょっと時間がないのでとりあえずここまで。