もねさん、DM診察のため大学病院受診


約1年ぶりに麻布大学附属動物病院脳神経科へ。
症状の進み具合などを久しぶりに診てもらおうという趣旨。

以下、付き添いのもね母の説明。

血液と神経反射を調べ、その後、医師の説明があった。
最近、血液検査で変性性脊髄症(DM)の症状の進み具合を調べられるようになった、とか言われたが詳細不明。

検査結果概要

  1. 血液検査:特に異常なし
  2. 神経反射:発症後1年以上たっている割にはかなり良好

検査後の医師の説明要旨

  1. 神経反射がいいのに後ろ脚で立てなくなるのが早過ぎる。リハビリをしましょう。効果があるはず
  2. 最近、マウスを使ったDMの研究でL-カルニチンを投与すると寿命が延びることが報告された。カルニチンを使ってみましょう

リハビリについては、もねの場合はまだ神経反射が良好なので、もっと後肢に体重を掛けるようなリハビリが必要との見解。足をひきずると傷になるのは分かるが、車いすで後肢を浮かせてしまうのはまだ早いとのことだった。車いすの方がよく歩くということであれば、散歩とかは車いすを使ってもいいので、家の中で腰を支えて後肢に体重を掛けさせるようなリハビリを毎日5分でも10分でもしたほうがいい。死んだ神経細胞は元には戻らないが、新たにバイパスができる可能性があるとの説明だった。

L-カルニチンについては、人のサプリとしても使われているので、副作用等の心配はほとんどない。似たような人の病気でも既に使われているとのこと。ただ、血中濃度を調べて高かったら使えない?ので、後日、検査結果が出てから決めましょうということになった。


もね母報告を受けてのワシの見解

  1. 後肢に体重を掛けるリハビリ:同意
  2. L-カルニチン:同意

確かに、もねさん、後ろ脚の力は衰えたとはいえ、動かないわけではない。車いすで遊ぶときとか、腰サポートで支えられてはいるが、普通に走っているかのようにブンブン後ろ脚が動く。リハビリをすれば効果があるはずというのは、うなずける説明。ただ、もねさんは自我が強いオンナなので、納得できないことはやらないタイプ。後肢をもっと使わせるためには、もねさんのモチベーションをいかに高めるかが課題といえよう(^^;)

サプリは既にビタミンC、ビタミンB12、ビタミンEなどを与えているが、神経反射は良好と聞いて一安心。効果があるのかどうかは確認しようがないが、今のところ害はないようなので継続する方針。L-カルニチンもダメもとで試す方向。

以上

10/17-19のまとめ

20101017-01
ワシともねココの写真は誰も撮ってくれないので自分で撮ることにした


20101017-02
ココちん、この日は青のTバック♪


20101017-03
ムラサキシキブに少ないながらも実が付いた!


20101018-01
冷えたね~ 5℃


20101018-02
赤い落ち葉と緑の芝生。なかなか派手な組み合わせですな(^^)


20101018-03
農業大学校で「ワ~イ♪」


20101018-04
「待てぇ~」


20101018-05
いい天気でした~。人もいないし♪


20101018-06
でかいカボチャが4つ!?


20101019-01
洋芝がひどい状態に!

ワシに無断で、夜な夜な盛大なサラダパーティーが開かれているらしい。

庭師さんに意見を求めたところ、「暑さによる病害虫の大発生」ではないかとのこと。

もっと初期の段階で芝が痛み始めていることには気づいていたが、「もねココのシッコのせい」とか「暑さのせい」とか考えていた。
病害虫のことも知ってはいたが、実際の被害を見たことがなかったので、判断がつかなかった。

不覚なり!

このままではイカンので、ついに次回、殺虫剤を撒くことを決断。
野菜にも使える農薬なので適正に使えば問題はないが、念のため、3週間ほど、もねココ立入禁止にする予定なり。
いい季節なのでお出かけして楽しみましょう!


【その他の作業】

  • ヨーロッパブナとカツラの幼苗を植えた
  • ノリウツギとトサミズキの小さな苗を植えた
  • 球根(スノードロップなど?)植えつけ
  • 野鳥の巣箱作製用材料購入
  • 芝枯れの箇所にオルトランを試しに少しだけ散布してみた